この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

わたしは、地球にグラインドしています。 わたしの意識は地球に同調しています。 わたしの想いは地球の想いです。 わたしの叫びは地球の叫びです。 わたしの言葉は地球からのメッセージです。 少しでも、みなさんに 地球の想いを感じていただけたら幸いです。

カテゴリ: 宇宙の法則

🌷八つの法則

1、スピリットの法則
人間がこの世である物質界に生まれるのは、多くの感動を味わうためだと言います

様々な感動体験を味わって、自身の魂を磨いていき、成長していくことが、地上に降りてきた人間の使命

この世に存在する人間は全員、偉大なる神へと向かい、切磋琢磨しながら魂を向上させていく

魂を向上させ成長するために必要なのが、様々な体験であり、感動だといいます

この感動というのは、喜びばかりではなく、喜怒哀楽のすべての感情を味わいつくすためのものなので、人生には様々な出来事が起こってきます

そして魂の故郷であるあの世・スピリチュアルワールドにもって帰れるのは、お金や地位などではなく、この世にて経験した体験や感動と、成長した魂のみだと説きます


2、ステージの法則
人間の魂は、最終目標である偉大な神様へと向上していく旅路を歩んでおりますが、その道筋には幾つかの段階(ステージ)があると言います

この世で学んだ質が、あの世での階層に関連しているということですね

人生において様々な体験を積んで、そのなかで挫けずに日々精進し、魂を向上させ、人々への愛の思いで溢れる者となっていけば、高い魂のステージに上がっていき、

逆に起こる出来事に不平不満ばかり並べ、社会や他人に不満や愚痴ばかり言っている人は、低いステージにしかいけません

この世でお金持ちになったとか、有名になったとか、社会的に成功したとかは、魂のステージに関係なく、

人生の中で様々に起こる出来事の中で、どれだけ感動と経験を積み、深い学びに結びついていったか、他人や社会への貢献へと向かって行ったかが重要


3、グループ・ソウルの法則
あの世(霊界)には、自身の魂の故郷があり、その魂の故郷から私たちはやってきた

この魂の故郷をグループソウルと表現しています。魂の家族です

地上の世界には、血の繋がった肉親がいますけど、それとは別に、魂の故郷には、自身の魂と深く繋がったグループソウルがいます

江原啓之さんはよくグループソウルを説明するのに、コップの中の水でたとえます

コップの中の水から一滴が地上に落ちて、その一滴が私たち肉体を持った人間で、亡くなるとまたコップの中へと帰っていくと例えます


4、ガーディアン・スピリットの法則
皆さんには守護霊と言ったほうが理解は早いでしょう

この世での、肉体を持った私たちを影で見守り、魂の成長や、人生をサポートしてくれる霊的な存在である守護霊を、ガーディアン・スピリットっと言います

この守護霊は、先ほど述べた魂の家族であるグループソウルのなかの存在です

5、カルマの法則
「蒔いた種は刈り取らねばならない」という言葉の通り、私たちが人生で行ってきた思いや行いが原因となり、次の結果を生み出す法則です

仏教でよく言われる因果の法則がこれに当たるでしょう

2500年前に仏陀の説かれた真理は、過去も、未来にも、永遠に真理であり続けるのでしょう

簡単に言うと、いい事をすれば回りまわって自分にいいことが帰ってきて、悪いことをすれば悪いことが還ってくる法則を言います

今日でしたか、小保方晴子さんを論文偽造で糾弾していたグループのトップの方が、その方の論文にも切り貼りが見つかったとニュースが流れていました

このように人の足を引っ張るようなことをしていたら、自分も誰かから足を引っ張られるということです

江原さんの説に補足して説明すると、この世だけを見たら必ずしも因果の法則は完結しておらず、中には悪いことをした人が得をして、正直者が損をするように見えることもあります

カルマの法則、因果の法則は、過去世や来世を含めなければ完結していません

前世でした行いの結果を今世で受けることもありますし、今世でおこなった行為が来世で結果を出すということもあります

6、波長の法則
近年、引き寄せの法則がブームになっておりますけど、この波長の法則が引き寄せの法則とほとんど同じような理屈であると思います

類は友を呼ぶとも言いますが、同じような思いを持ったもの同士は同通しあい、仲間となって行きます

人の悪口ばかり言っている人の周りには、同じく悪口の好きな人が集まりますし、不満ばかり言っている人の周りには、同じく不平不満ばかり言っている人が集まります

逆にポジティブなことを思ったり言っている人の周りには、ポジティブな人があつまってきます

事業などで成功している人の周りには、やはり同じく成功者が集まるでしょう

そのように思いの性質によって、その思いと同通するものが引き寄せられるのです

こちらも補足すると、この世の人ばかりではなくて、あの世の存在も自身の考えや思いと同通するものが近づいてきます


7、運命の法則
江原氏の説明によれば運命と宿命は別なもので、宿命とは、性別や家族など、自分では変えられないものをさし。運命とは、宿命を受け入れて前向きに努力すれば、かえていけるものといいます

宿命が食材だとすれば、運命はその食材をどう料理するかだと説明していました

自分が持って生まれた宿命。国籍や性別や容姿や家族など、自分ではどうしようのない宿命を受け入れて、その宿命の中で何を学んでいくか、どう魂の向上に役立てていくか、自分で運命を切り開いていくことができる

8、幸福の法則
自らの幸せは自身で作っていくもの。そのために自身を深く知り、人生でおこる様々な体験、喜怒哀楽の体験をもとに、魂を磨いていって成長していくことが本当の幸福と説きます

お金持ちになったり、地位が得られたり、長生きすることが幸せなのではなく、本当の幸福は、各自がこの世に生まれ持ってきた役割・使命を果たし、魂を成長させること

自身を深く知り、様々な体験から学びを深めていく、そうした経験が出来ることが本当の幸福だと言います





宇宙の兄弟たちへ@スピリチュアルブログより引用させていただきました。






指紋認証が何故、できるかといったら、個の特定ができるから。 

顔もみんな違うし当たり前じゃね? 

だから、それで管理できるのは当たり前じゃね? 

たぶん、神様はそうやって管理してるんだと思うから。 

というか管理したいから個々をつくったわけではなくて、個々を擦り合わせて成長させるために同じものをつくらなかった。 

個々バラバラな人間を統括する意識が神様という存在なだけで、管理はしていない。 

宇宙は、軌道から外れていく個までは面倒はみない。
だけど、宇宙の法則があって軌道から外れていく個にたいしても受け皿があるものだ。 

だから、結果、神様がすべての個を管理しているようなものだ。 


結局は、統括する力というものは個を管理できてしまうものなんだ。 



一方、マイクロチップというものは人間に埋め込み、情報を管理することで神様がやってることを悪用してる。 
なぜなら、軌道から外れたものを取り締まるためにつくられたものだからだ。 

そのうち指紋認証でソレができるようになるかもしれない。 


軌道内にいたら問題はない。 
軌道から外れるから問題がある。 


これは、どんな思想で管理されているかによると思う。 
また 自分がその思想にどんな感情を抱いているかにもよると思う。 



しかし こうやって考えてみると、 個である人間がどう管理しようと、それを宇宙や神様が管理しているのです。 


人にとって不利益に繋がる思想は大概が管理する個には悪神がついているものですが、ソレさえも神様が管理しているものなのです。 



人は大概が生きている間のことしかわかりませんが、神様は人が亡くなったあとのことも管理されているものだから、もし悪人がいたとしても、人であるわたしたちは、生きてる間に懲らしめたいと思い煩うことはないのです。 



管理されることが自由でないとかきゅうくつだとか思われる方もいらっしゃいますが、本当に自由なのは神様なのですよ。 

それ以外は誰も自由ではありません。 

神様の統括される中で、個として、どう自分を輝かせていくのかに意識を向けるだけなのです。 


神様を実感できなくても神様を信じなくても統括されていることには間違いはないのです。 



統括されてる中で、いかに個を発揮していくかですね。 


個である自分に目を向けて生きることですね。





たましいの尊厳を守ることはたましいにとっては当たり前のこと。 

しかし 尊厳を守られない場合には、たましいが立ち上がる。

尊厳を守るために。 


**********************


たましいの尊厳とたましいの関係はまるで男女のようだ。 


たましいの尊厳が女性でたましいは男性。 


男性は女性であるたましいの尊厳を守るために立ち上がる。 


男性であるたましいは健全に立ち上がると言い訳しません。
 


男性であるたましいは自分の大切な女性であるたましいの尊厳を守るためには、全責任を負う強さと謙虚さになります。



男性であるたましいは、大切な人たちや大切なこと(女性)を『守る』ためには、自我から離れた存在になります。


それが結果、たましいの尊厳を立ち上がらせ、新たな創造が誕生するのです。
 

これは、赤ちゃんの誕生と同じ原理です。 



たましいが精子でたましいの尊厳が卵子です。 

精子が卵子にまっすぐに進み受精をし、赤ちゃんが生まれるのです。 



魂の尊厳である卵子を育てるためには、女性として生まれて子宮をいたわり卵子が育つのを待つのです。 

育てられた卵子は、子宮の中で準備ができたら男性である精子に出逢うのです。 


子宮で育まれた受精卵はひとつのたましいとして誕生するのです。 





先記事の通りに、これからの時代は自己責任の時代で 今まで、自分の不始末の責任も取ったこともなく過ごしてきた人でも これからはそうはいかない時代に入りましたね。 


ミスなく正確に、が当たり前です。 


そのために、自由を求める人が増えていました。 

結局は、本来の自分の責任領域へと向かっていたわけです。 

そのために、感情というものがあるのです。


自己責任領域は自由な領域です。 



ヌクヌクした生活を自由がないと飛び出て、自己責任を学ぶ人も増えました。 



本当に自由になって初めてわかるのです。 


今までどれだけ守られてきたのか、愛されてきたのかを。 



自己責任の時代は、同時に感謝を学ぶ時代です。 




愛されていることにあぐらをかいて感謝なく飛び出るのは、そこは自分の責任領域ではないということです。 

だから、本来の自分の領域に移動するのです。 


そこで自己責任を持ち感謝を学ぶことで、今まで愛してくれた人に感謝ができるのです。 


また 離れたいのに離れられないのは、そこが本来の自分の領域だということです。 


そこで、学びがないからといって離れられないのは、そこが自分本来の領域だということです。 


自己責任を発揮する場所だということです。 




わたしたちは、誰もが生まれる前に決めてきています。 


ひとつだけでなく、二つ、三つと決めてきている人は、自己責任領域も変わっていくものです。 




自己責任を学び、いずれは AIを越える人になっていくのです。 


脱落することないよう腹を据えて取り組んでくださいね。


これからの時代は完全に自己責任の時代に入りました。 


というのは、わたしたちは生まれる前に自分の領域を決めてきています。 

そして それが自分の責任の領域です。 


今まで、そこを誰かに手伝ってもらっていた人は、これからは自分の責任にかかってきますし、逆に 手伝っていた人は外されます。 


自分の領域ではないということですね。 


そして 本来の自分の領域を自己責任で守ることになるのです。 


それこそが役割なのです。 



今までは、手伝っていただけ。。。 


本来の自分の領域に居るときには、自然と責任感が生まれるものです。 



今まで、自分の領域にいなかったから責任が持てなかったけれど 本来の自分の領域では責任が生まれるものですよ。 


だから、不安になることはありません。 


自分が決めてきたのですから、責任感が生まれるのです。 


自然に委ねてくださいね。 



わたしは、自分はこうやって生きてるんだ!って実感しているだけで、自慢したいわけでもないのです。


だけど 人によっては、自慢しているようにとられる人もいます。


わたしは 自分を知りたい、今の自分を知って生きたいだけなんです。


生まれてきて、どんな課題を持って生きていくかは、皆それぞれ違うものです。


だから、誰もが自分を知って自分を認めて生きていればよいのだと思うのです。


だけど 人は、自分を知らずに突っ走って無茶したり、自分を知らずに立ち止まったりしている。


それを見ていると、自分を知るだけなのに〜ってお節介根性が顔を出してしまい、記事にしてしまうわたしがいます。


わたしもまだまだ、なんです。



どんな自分も認めるって、まずは自分を知らなきゃ始まらない。


自分のことを知らない人はたくさんいますね。




わたしは、いつも携帯を握って ポチポチ、打っています。


内神様の言葉が降りてくるときもあるけど
自分がわからなくなると、自分の状況を文字にして、自分を知ります。


それをして、やっと動けるのです。


だから わたしはスタートが遅いのです。



まずは、自分を知ることです。


自分を知れば何も怖くないよ。


知らないから、怖くて動けないのかもね。



自分のその状況や目の前に起きている現実は、今の自分を知る手がかりになるのです。

だから、生きていく上で自分を見つめることが大切なのです。



また、毎日、日記をつけることによってわかっていくものですね。




毎日、真剣に生きているからこそ、人のことが気になります。


一緒に歩んでいきたいから。


誰一人、はぐれることはわたしは嫌なのです。


宇宙の自由意思と言っても、わたしは自分が掴んだ手を離さないです。


ど根性で離さない主義なの。


だから、しつこい!



しつこくてナンボのままのままです。

今まで精神世界に導かれて、ある目的に向かって歩みを進めてきました。

その目的はもうあと少しで手が届く距離にあります。


だけど 何故か、今 気付いたのですが
目的に辿り着くのは『今じゃない』のです。



そこに向かうために引っ張られてきたのですが だけど、今じゃないのです。



よく上から言われる言葉が 『あなたの歩みで進めてください』なのです。

その意味がやっとわかりました。


魂の目的はそこに辿り着くことだけど、今じゃなくていいんだよ、と言われていたのです。


わたしは脇目もふらず、一心に進んできましたが もう少し、遊びがあっても良いみたいです。


反省をするから、だと思います。

また、遊んでも 遊びすぎて戻れなくなることはないから、だと思います。

毎日のメンテナンスさえきちんとしていれば、あとは自由です。



だから わたしは今まで、神様に遣われたり、人に尽くしたりしてきたのでしょうね。


神様に遣われたり人に尽くしたりすることは本来の目的ではないですが、それをしても目的から外れることはないから。



宇宙においての自由意思とは、信頼されているから自由を認められているのですね。


自由にさ迷っても、ちゃんと本来の道に戻るという信頼の元にあるのですね。


自由意思って素敵です。

信頼されているから、少し地球を楽しみます♪


軌道修正できる自分ってなかなかだわ〜^^

この世界の大抵の人は 一日に一度ぐらいは ごほうびがいただけるようになっています。


しかし そのごほうびをごほうびと受け取らなかったら、感謝はできません。


当たり前にしていたら感謝できません。



毎日を意識して生きていたら、身の回りの変化に敏感になるはずです。


そこで 感動を覚え、感謝できるのです。



でも 意識して生きていなかったら 神様からのごほうびを素通りしたり、気付かなかったり、当たり前にすることになるのです。



それって 人として情けないことだと思いませんか?




神様は 誰にも平等に愛を降り注いでくださるものです。


それを気付かないなんて、神様に申し訳ないと思いませんか?



誰にも平等に愛を降り注いでくださるのです。



風を使い、花々の薫りを使い、人を使い、神様はごほうびをくださるのです。

この地球に生きていてくれてありがとうと、神様はごほうびをいつも与えてくださっているのです。



人は与えられることに無関心で、人に与えることをしたがる。



与えられることに感謝が出来ない人が与えられる人になれるわけがないのです。



自身の分をわきまえなさい。



神様から与えられることを意識して生きてください。


人の役に立ちたいとか認められたいとか、感謝できる人になってからです。



与えられることに無関心でいないでください。




神様は平等に愛を降り注いでくださるものです。

信じていてくれる。。。という確信があることが 中心で居ることだと思います。

宇宙の自由意思も信じていてくれるという確信の元にあるものです。

信じていてくれる確信

愛されているという確信

この確信が、人を強くする。

自分の想いや願いを強くするのです。

この確信を持ってください。

それが ブレない自分をつくる方法です。

最近のわたしは 『責任感』というワードをよく出しますが この『責任感』というものは、創造主と交わした魂の誓願と直結しています。



人が『責任感』を求められる時は、その出来事が魂の誓願と関係している時です。


しかし、その責任感から逃げるという行為は 創造主に誓った契りから逃げることと同じことなのです。


だから、逃げる行為は 自分にとっても自分の故郷の星にとってもこの地球にとっても マイナスに働くことになるのです。



しかし 宇宙の法則という 魂の自由意思という法則があります。


魂の行いによってプラスに働こうがマイナスに働こうが 宇宙は介入しないです。


魂が逃げようが取り組もうが宇宙は介入できないのです。


だから、魂の未来は 魂の自由意思によって選択可能です。



これは 魂の契りを交わした創造主がその魂を信頼しているからある法則なのです。



宇宙は創造主との信頼の元にあるのです。



わたしたちはすべて創造主との信頼関係があるから この地球に生まれてきているのですよ。。。



知っていましたか?

このページのトップヘ