この世界にあるすべてのものは感謝するために存在する

わたしは、地球にグラインドしています。 わたしの意識は地球に同調しています。 わたしの想いは地球の想いです。 わたしの叫びは地球の叫びです。 わたしの言葉は地球からのメッセージです。 少しでも、みなさんに 地球の想いを感じていただけたら幸いです。

カテゴリ: 人生


人は、不自由があって良いのだと思います。

ひとりが楽と あまりに自由過ぎると、人は他者と過ごすことすら不自由と考えるものです。

不自由があって 学びがあり成長できます。
また、感謝できるのだと思います。

先記事で強い意思が必要と書きました。



弱い意思と強い意思の違いって何だと思いますか?


それは、意思の自由さです。



強い意思を持つことしか選択肢がなかったら、強い意思しか持たないです。

だけど 強い意思と弱い意思 どちらでもいいよ♪自由だよ♪と言われているから、意思が弱いのです。


わたしは いつも、愛しか選択しません。


選択肢がないから、自由意思ではないのです。



わたしには自由意思は必要ないからです。



意思の弱い人は自由意思の中で生きています。


どんな選択でも自由だよ と言われて、自由に過ごしています。



自由だから選択肢がたくさんあって迷うのです。

選択肢がなくて迷わなかったら、それしかないのです。



意思を強く持とうと思ったら選択しないことです。


できる♪できない♪なら、できる♪しかないのです。



自分でやる!と決めたことは 石にかじりついてでもやることです。



選択肢のある生活をしているから、成長ができないのだと思います。



これしかない!と決めたら、やるしかないのです。



結局 自由でだらけきった生活をしている人は、意思は弱いのだと思います。

それなりに 自分を律して生きてきた人は 少し、自由を経験したとしても戻ることができるのだと思います。



自由でだらけた生活をしていては いつまでたっても成長はできないですし、自己受容できないと思います。


癒しは、 今まで真面目過ぎて生きてきた人には必要だと思いますが 元々、だらけた生活をしている人には必要はないと思います。


結局 今の時代は だらけた生活をしている人がその自由さを人に見せて、真面目な人をそそのかしているだけだと思います。

だらけることがいかに癒されるかを伝えてそそのかしているだけだと思うのです。


それに騙された人が癒しを求めて、不真面目になっていく。。。


それに気づいて欲しいですね。



真面目な方の中には癒しを嫌う方もお見掛けします。


それは そんなことがわかっているからなのかもしれませんね。

結局、人とつるまないことだと思います。


自己成長というのは、ひとりで黙々とすることだと思います。


学校の勉強や資格試験の勉強にしても 自宅学習をいかにしているかですから。


誰かに頼っていたり、仲間仲間と仲間にすがっていては成長は出来ないと思います。


競争しあうのは良いと思います。


だけど 仲良しこよしでじゃれあっていては成長していかない。



まずは、それなりに成長してからなのです。


自己受容できるのは。


人を見下ろしてから、人と仲良くできるのです。


自分の通ってきた道だから、受け入れられるのです。


人を見下ろしてみて、人をバカにしたりするのは、まだまだ 成長できていない証拠です。


人を見下ろしてみて、自分との違いでジャッジするのは 見下ろしているのではなく、同じ位置にいる証拠です。


人を見下ろしてみるとわかるのですが 良いところがたくさん見えるものです。


良いところが見えないのは、上にいない証拠です。


人の良いところがよく見えるから、受け入れることができるし、同じ道を通ってきた自分も受け入れることができるのです。

そうやって 自己受容を深めることができるのです。




だから まず、人から離れて 黙々と自分を高めることをすることです。


人より上に立つことです。


そのためには、強い意思が必要ですね。

自己受容を深めるために 何をしたら良いのか?




自分を信じた。

とことん、信じた。


アホだとかバカだとか言われながらも、自分をとことん信じた。


周りにはバカにされ続けたけれど。。。


あと、わたしは けったいな人間とは付き合わなかった。


寂しいからと、友達を作らなかった。


自分をバカにしてくる人は相手にしなかったし、自分から誰かにすり寄ることもしなかった。


悪口を言う人や変な信仰している人やスピスピしている人は避けたし、まともな人しか相手にしなかった。


ヤバイなと思うと、すぐに手を引いた。


それも 自分の直観を信じるってことだと思う。




結局、人を見る目がない人が自分に自信がないと言ったり、自己受容できないのではないのかなあ。。。



友達はつくらない主義ではないが 自分を高められない人と居てもつまらないと感じたから、すぐに嫌になった。



わたしは 自分を成長させてくれる人が好きだ。


今では、誰といても成長させていただけると思えるけど 以前のわたしは、成長させてもらえる人を厳選して付き合っていたと思うなあ〜



イベントもアホな集まりには顔を出さなかった。

講演会でも わざわざ、お金を取る必要あるのかと思えるような内容もあり、 ダメだと思ったら すぐに引く、という姿勢でいました。


わざわざ 人とつるまなくても寂しくはなかったよ。


結局 自信がないと言ってる人は、付いてる相手が悪いんだよ。


自分の悪口を言われていても離れられなかったりとか ただ、だべ話しかしないとかお金に汚い人とか、わかった時点で付き合わないことだと思う。


自分の身の役に立たないと思った時点で離れることだと思う。



変な人に近寄らないように最善を払うことだと思うな♪



それが 自己受容を深める第一歩だと思います。

生きがいを見つけたんだ。



今まで、暗闇の中にいた。


やっと、抜け出せたんだ。

やっと、居場所を見つけたんだよ。




それが 魂が進みたい道じゃないとしても、魂はちゃんと寄り添うんだ。


魂は、それを受け入れ、許すんだよ。。。


どんなに、辛くても許すんだ。。。



宇宙の法則により落とされようとも、共に 生きるんだ。

最近、スピリチュアルに導かれている方々がたくさんいらっしゃいますが

この世の中を人的視点でしか見られていない、そこで留まっている方々が大変多いです。



スピリチュアルリーダーと呼ばれる方の多くは、そこで留まっています。



人には人的使命、宇宙的使命を持って生まれてきます。



わたしのフルネーム鑑定では、未来を教えていきますが、宇宙的使命と人的使命を視ながら、そこに到達するように導いているのです。


宇宙的使命がわかると、自分の生まれてきた意味や辿ってきた道のりの意味がわかるので 過去に感謝をすることができるのです。


また、わたしは フルネーム鑑定をした方に、グラウディングの方法を教えていますが すべての方に教えているわけではありません。


グラウディングがすべてではないからです。


最終的に、宇宙的使命に繋がるように導いていく過程において グラウディングが必要な人、瞑想が必要な人、何もしなくてよい人など魂によって違いがあります。



人的使命というと、簡単に言えば 野球選手になりたい、警察官になりたいといった職業的なものです。

また、宇宙的使命というのは わたしのように導き手であったり、癒すだけの使命であったり浄化担当であったり、生きているだけの使命であったり祈りを捧げるために生まれている人だったりします。



どこにフォーカスして生きるか!というと、やはり 宇宙的使命ではないかとわたしは感じるのです。

それは、
宇宙的使命がわかると、すべてが繋がるからです。




宇宙的。。。と聞くと、人は エネルギーでとかヒーリングをするとか、短絡的に考えられる方もいらっしゃいますが

宇宙的というのは、宇宙全体、神視点から観て。。というものなので

ヒーリングして人を癒すことが使命だと感じたり、サイキックに開けていくことが使命に繋がるということでは、まったくありません。




わたしたちは、人として生まれてきているのですから、いつまでも人として、現実世界に根差して生きていくことを目的としています。



ですが 宇宙真理に目覚めると、サイキックは徐々に開けてくるのが一般的です。



それは、特別なことではありません。


だから、否定することでもないのです。




しかし 最近、人的使命に目覚めた人は グラウディングを推進するあまりサイキックを否定する傾向がみられます。



わたしは コテコテのグラウディング人間ですが サイキックにも長けています。



グラウディング!グラウディング!と言いながら、指先ひとつでエネルギーを動かします。



オールマイティです♪




そして、話しは戻りますが

わたしはフルネーム鑑定で、未来を教えながら、宇宙的使命と人的使命を教えて、そこに到達するように導いている と書きました。

また、宇宙的使命がわかると、自分の生まれてきた意味や辿ってきた道のりの意味がわかるので 過去に感謝をすることができるということも書きました。

これで、すべてが導かれていて、 現在の悩みは その道中の出来事だということが理解できてくるのです。


そして、長年抱えてきた病や悩みの意味もわかります。


わかるとスッキリ します。



みなさん、未来がわからないからモヤモヤするのではないですか?


なぜ、今 こんな悩みを抱えているのかわからない。。。だから、前に進めないのですね。



それにね、宇宙人さんのイタズラ?で病におかされている方もいらっしゃいます。。。


おかされているというのはオーバーですが、その人にとっては切実で 入院、手術に発展しかねないので 重大です。



だから

早く、人的視点から物事を見るのではなく、そこを超えていただきたいのです。



わたしの宇宙的使命のひとつは『導く、花を開かせる』です。


わたしが育てて、花を開かせます。


脱落者も多少ありますが わたしの中には脱落するという文字はありません。


どこまでも、引きずり上げる強い意思があります。


わたしが目をかけたら最後、離しません。



わたしがアセンションを牽引します。


だから、離しません。



強い意思の元、地球に転生してきました。



みなさんも同じです。


これからの未来をつくっていくのはわたしたちです。

そ、言えばね


例えば の話です



あるAさんと言う人がスピリチュアル好きな看護師さんだとする。


Aさんはお仕事は一生懸命します。

お仕事もよく出来るし、間に合います。

患者さんからも好かれます。

だけど、毎日 毎日忙しくて 殺人的忙しさなんです。


たまの休みの日には、家のお掃除もせずに すたこらさっさと スピリチュアルな導き?により、神社に行ったりワークに参加して楽しく過ごす。


で また、翌朝 お仕事に出掛けて 忙しく働き、ぐったりして家に戻る。



これ 根本的に変です。


ゆっくりおやすみしていないです。


だから、身体は疲れて(憑かれ)いるんです。


憑かれているから 同じ人を引き寄せます。


お仕事先で憑かれている人を引き寄せます。。。

このAさんの行いが 病気になる人をつくっているんですよ。


Aさんは お外に出掛けて、病人をつくるために憑かれてきて
その疲れをとらないまま、お仕事をするから 結果、病人を引き寄せて 忙しくなるんです。



このAさんが 神社めぐりやワークをやめて

ゆっくりと休んで疲れをとったら

お仕事でも そうそう重度の病人はやってこないですし、仕事が楽になってきます。



世の中って 実は、こんな風に回っているんですよ♪



自分の行いが すべて世の中に反映されるのです。



自分の行いひとつで、病人を減らせるのです。



だから

まず、自分の身の回りのことをするとが先決なんです。


自分の身の回りのことせずに 大きいことをやりたがる、奉仕、奉仕と動きたがる。


地球のためにと、大きいことをやりたがる。



目の前のゴミを拾わずに、これみよがしに ほうきを持って 遠いところまで行きたがる。



わたしは 普通に歩いていても、困っている人ってたくさんいらっしゃいますよ。


喫茶店で隣の席の人がお水をこぼしたり
お年寄りが缶ジュースの蓋を開けれなかったり


浮浪者の人が自販機の前でウロウロしていたら

お金を差し出して、一緒にコーヒー飲もうよ♪って声かけますよ。


そんなことで 人を癒すことはできるのです。



何をやりたいんだろう。。。




人は

ただ、お役に立ちたいという気持ちがあるだけで 生まれてきているんだと 思うのですが。。。

身の丈に合ったことをする


人にはそれぞれ自分の器というものを持って生まれてきます。


それを知らずに、大きなことをしようとすると 必ず、潰れます。


何度も失敗を繰り返し、自分の身の丈がわかるようになります。



借金をしてでも大きな車に乗りたい、ブランド品を買いたい。。。


そんな人が溢れている世の中です。


見栄張りですね。


また、自分はその器ではないにも関わらず、事業を拡げようとする。


結果、潰します。



わたしのことで言えば

わたしは大変、憑依を受けやすい人間でした。


だけど、それをわかっていても ヒーリングやリーディングを無償で行っていました。


結果、日常生活ができなくなるくらいまで 体力がなくなり、苦しみました。


その頃には少しですが、借金を背負いました。


やはり、お金関係に出ます。


その後、ヒーリングやリーディングをすることをやめて 今日があります。



それで 自分の身の丈がわかったのです。


無理をしない。


自分をよく見せようとしない。



そして 目の前のことを真摯に行うことで 足元を固めていったのです。



病気ばかりしている。

仕事が忙しすぎる。

お金問題がある。



そんな方は、自分の身の丈をわきまえず、やっているのだと思います。


頑張るってなにを頑張るのでしょう。


器以上のことを頑張っても潰れるだけでしょう。



自分の身の丈を知って、控えることが 本当の強さだと思います。



自分に降りかかることはしない。


自分を大切にするということはこういうことです。


自分に守るべき者、子供がいて、
余計なことに手を出す人が多すぎます。


結果、破綻、子供が不登校になる、うつになる。


自分に降りかかるなら、仕方がない、失敗しちゃったと笑っていられるかもしれませんが
我が子に表れるのです。


ゲーム依存症、引きこもり、うつ。。。典型です。



守るべき者がいながら、何をしているのでしょうか。。。



子供をほっぽりだして、ギャンブルに手を出したり 奉仕?に精を出す。



奉仕?

ただの依存症、中毒でしょう。



もっと、足元を見つめてください。


親として何をすべきか


人間として、個人として 輝くのは、子供をきちんと育ててから考えるべきことです。



人生を生きる上での優先順位を間違えないように生きてほしいと思います。

わたしは まったく持って 計画性のない人間だったんだ。


まさに その時ばったりを楽しむタイプ。


そして わたしは、それを押さえ付けられて生きてきたんだ。


だから
自由になりたい!自由になりたい!と生きてきた。


本当は やりたいことをやっていたにも関わらず、押さえ付けられていたから より自由を求めていたんだ。


その結果

自分を強制終了させられることになる。


今までの行いを改め、修業の道を歩むことになるんだ。




今でも わたしは その時ばったりで生きている人を見ると、うらやましく感じる。


いいなあ〜 と思うんだ。

でもね

その反面 戻りたいとは思わないんだ。



ただ、いいなあ〜って思うぐらいで

心底から思っていない。。。


心底から思っている時は、やはり できないことへの苛立ちがあったんだよ。

でもね

今は、ないなあ〜。



やり尽くした感があるから。。。



やっぱり

やりたいって思うことは、やっておくのもいいのかもしれない。


実際には
その欲求は、解放すべきものだけど

最初から 解放していたんでは、つまらないから。



だから

解放したり、進めたりしていけばいいんだと思うよ。


やり方を間違えると、

実際にやりたい方向と真逆にいくけどね。


その見極めが大切だね。



娘から『20歳の私から』とお手紙をもらったんだ。



その中にね


『わたしがめいっぱいやってきたように、お母さんも残りの人生やりたいように生きてください。それはわたしの幸せであります。』


と 書かれていました。



わたしは 本当に、娘には 娘のやりたいことをさせていました。


小さなうちから おしゃれは一生懸命、お勉強も一生懸命、遊びも一生懸命 習い事も一生懸命にさせていました。

だから 自分の保護下に置いていた時はそれでもいいけど 高校生になり、送り迎えがなくなり、友達と過ごす時間が多くなり始めてから、やり過ぎる傾向が強くなりました。


自分の欲求に際限がなくなり 友達ではストップをかけてくれなくて 自分の判断で行動することになりました。

わたしに聞いて判断することがなくなってきたんです。

いつも 一緒にいられるときは 会話の中で それがわかりますが

一緒にいる時間が少なくなると 会話そのものがなくなり 報告的なものに変わります。

お願いだけされるという関係にもなります。

親子間は、それでは良くないと思います。


一緒にいる時間が長いと 報告もお願いも会話の中に含まれるので なんでもわかりあうことができますが 短いと、そういうわけにはいきませんね。


だからね〜

会話は重要です。


主人との会話は十分すぎるくらいあるのに、娘との会話は少ないです。


だから 娘ともメールアドバイス?をするようになったんです。


娘は わたしを気遣って、残りの人生をやりたいように生きてください と書いてありましたが


わたしは やり尽くしました。



やり尽くした結果

次は

学んだことを、お伝えしていきたいなあ と思っているんです。




昨日は

感謝して生きることを書かせていただきましたが

やはり


人に対して

ありがたいなあ という気持ちは大切ですね。



娘に対しても

わたしの娘に生まれてきてくれてありがとう と感謝の気持ちでいっぱいです。



娘からの手紙に


『〜お母さんが育て上げたかった子とは全く違うように育ったと思います。 それだとしても わたしはお母さんを選んで生まれてきたので 許してください。お母さんはわたしの誇りだと思います。怒られた時、なんでこんなに怒られなきゃいけないんだと心の中で思う時があります。でも お母さんが怒った後に座って 二人で話し終わると お母さんがこの人でよかったと素直に感じます。その瞬間が 一番 わたしが素直な時です。』



わたしも 素直に、この娘でよかったと 心からそう思います。


そして

学ばせていただきありがとうございます と思えるのです。


そして また、 まだまだ この娘を育てていかなくては!とも思えるのです。



子育ては 永遠です。


ここまで がないです。


手がかからなくなったから、子育てが終了ではなく
手がかからなくなってから 本当の子育てが始まるのです。



それまでは 自分育てだったのでしょうね。



これから、二十歳からの子育ての始まりです。

人生を計画性を持って進めるならば 人との付き合いも、計画に基づいた付き合いになるだろう。



人生をその時ばったりで進めるならば 人との付き合いもその時、楽しむだけの付き合いになるだろう。


この世界は、
それに 良いも悪いもない世界なんだ。



自分さえ 納得していれば いいのだと思う。



計画性のない人というのは、その時ばったりのスリルを楽しみたいのかもしれない。


その時ばったりで生きて、その時ばったりで人と付き合い、基本 一人を好むんだ。


自分が一番、好きだから。


我、関せずで進むんだ。

そんな人生もいいものだと思う。。。


そして それをやり尽くした時に

人生を計画性を持って進めれるのかもしれない。


やり尽くした時に。。。

このページのトップヘ