この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

「わたし」が今、なぜ、ここで生きているのか。 人は本来この世の中でただ一つの命として、自然で無垢な、すがすがしくも清らかな存在です。 しかし現代では、その姿を保つには相当の努力が必要なことのようです。 心身を清浄に保つためには、神や祭り、自然の力をかりて謙虚な気持ちに立ち返ることが必要です。 自分の目の前に差し出されたことを真摯に受け止めてください。 出来ないことは求められないものです。 息の本体に帰ってください。 息の本体に帰り、愛となれば、望んだことは一寸の狂いもなく叶えられるもので、望みが叶えられないのは、我が身が愛でない証拠。 だから、息の本体に帰ってください。 ご自身の「根っこ」を見極めるために、父母 をこえる存在として神や仏、自然の世界やご先祖様の存在が解ると、大きな心のよりどころを得ることになるものです。 日本の文化や風習、特に日本人のこころに脈々と受け継がれてきている信念を取り戻すことは、古くからある豊かな心をとりもどさせてくれるだけでなく、新たな価値観を生み出す大きな手段ともなるものなのです。 そのために出来ることを日々、お伝えしています。

カテゴリ: 神様

神々の秩序というものがあります。 


秩序は、物事を行う上での正しい順序。また,社会・集団を正しい状態に保つための順序や決まり、を指します。 

神々の、であるから 
このように、神々がこの世を治めるための物事を行う上での正しい順序や社会・集団を正しい状態に保つための順序や決まりがある、ということです。 



そして、それが 日本は古来より連綿と受け継がれていて、 それが伝統もあり、和文化に受け継がれているものです。 



最近 着物や和文化に関心を寄せる方々が多いのは、魂が神々の秩序を思い出すためでもあるのです。 


しかし、着物や和文化にはしきたりや礼儀が関係しますが その中には、個人的に人間が創り出した秩序があるかもしれません。

受け継がれていくのは神々の秩序であり、個人的に人間が創り出した秩序ではありません。 


そこを知らずに、人間が創り出した秩序を伝統という方々がいらっしゃるようです。 


神々の、とつくくらいなので、畏れ多くて尊いものなのです。 

神々を軽んじている者は伝統を受け継ぐことは出来ないものです。 



魂が神々の秩序を思い出すために和文化に関心を寄せるだけのことを和文化に関心を寄せることが選ばれていると錯覚している者もいるようです。 

選民意識甚だしい。 



本当に和文化を受け継いでいく者は謙虚さがあり紳士的であり勤勉さがあるものです。 


新しい物を受け入れ古い物も受け入れ、残っていくものは 神々の秩序に沿った物なのです。 



考え違いされてる者が少なくないと感じる今日この頃です。 





ここ最近、立場が上の人の視点や価値観を受け入れるよう促されている感触があります。


また そんなお話しを聴くことも少なくないです。 




人が感謝を感じる基準はそれぞれ違うものです。 

だから 自分が何か人にして差し上げたからといって それが相手の感謝の対象になるかどうかはわからないですね。 



仕事でプロ意識を持ち相手と接している場合、感謝されたからといって、それで一喜一憂しないものですが、自分が認められたことにたいしては嬉しいもので感謝が溢れて逆に、「こちらこそありがとうございます。」という気持ちになるものです。 



また 自分にたいして相手が感謝を感じていないことを不思議に感じ、相手の体調を心配される方もいらっしゃいます。


それは相手を信じているが故の心配ですね。 


それを心配性と断定するのは、いかにも感謝がないことですが 
それはわたしたちを生み出してくださった創造主とわたしたちの関係でも同じように思います。 


わたしたちを生み出してくださった創造主は前世の記憶をなくして転生していくわたしたちを記憶をなくしているけれども繋がりだけは覚えてくれているだろうと信じて見守っていてくださっているのではないだろうかということです。


地上に転生してきたわたしたちをいつかは思い出して戻ってきてくれることを信じてくれているのだと思うのです。 


実際には、完全に忘れて 地上でやりたい放題やっている悪と呼ばれる存在もいるのですが 自分が生み出した我が子であることは間違いないのです。 

やりたい放題やって完全に忘れてしまっていては 思い出すこともないでしょう。 


創造主としてみたら 
我が子が自分と繋がっていると感じていないことに理解できないでいるように感じているのではないかとわたしは思えるのです。 



そんな創造主(神様)の遣いをさせていただいておりますわたしには 同じ働きをするために一緒に転生してきた仲間もいるのですが その仲間が好き放題して、霊的成長もしていないのを見聞きしますと わたしは不思議に思うのではなく悲しくなります。感情があるからです。


だけど 相手はそんなわたしの気持ちはわからず よけいにやりたい放題していて こちら側が悪いと言わんばかりに攻撃してきたりもします。 


生み出した創造主からしたら、まさか忘れてしまっていると想いもよらないでしょう。 


それに気づかない魂がどれだけ多いことか。 



これを人間の親子に置き換えることもできるなあとも思えます。 


子供を心配する親にたいして子供は心配はいらないと疎ましがりますが その心配とは、感謝を忘れてしまった我が子が変わってしまったことが理解できないからではないでしょうか?


親に対する感謝を忘れやりたい放題していても、親からしたら子供が自分への感謝がなくなったとは思えないから、どこか体調が悪いのではないだろうか?心を病んでいるのではないだろうかと気を病むのではないでしょうか? 



感謝がないなんて思えない。 
繋がりを忘れたなんて思えない。 



神様や上の立場の者達は、そう感じているようにわたしは思います。 




今日は獅子座の新月です。



神様、仏様の想いを感じてみてはいかがですか?


ご両親やご先祖様へ想いを馳せてみてはいかがですか? 


自分より立場が上の人の視点や価値観を感じてみてはいかがですか? 





これからは、土や微生物、植物からメッセージを受け取る時代になるようです。 




人や世界は人工的なもので変えられてしまいました。 


日本古来の考え方も歪められてしまい、受け継がれているものが少ない状態です。 


残されているものはDNAに刻まれています。 




目に見えるようには残されていないのです。 



だから 目に見えないものに意識を向けましょう。 


土や微生物、植物からメッセージを受け取りましょう。 


日本は神宿る国と言われています。


それは、日本国の土壌そのものにメッセージが刻まれている証拠です。 




神宿る国、日本。


資本主義社会は『お金』さえあれば豊かになれるという世界をつくりだした。 


しかし 心は豊かになれなかった。 


そのため それは間違いだと気づく人が増えた。 


しかし その気付いた人を虐殺しようと企む人が現れた。 



『お金こそすべて』『お金が王者のシンボル』と考えてる人種だ。 



そもそも 地球はその人種に地球を貸してあげてるに過ぎなくて、期限が過ぎたから返してもらうように動いてる。 

それは宇宙もわかってること。 



地球に任せておけば、その人種は滅びるのだ。 
しかし その人種はしぶとい。 


宇宙には宇宙連合という組織があり愛で成り立っている。 


愛だから彼らが気づくのを待ってる。気の長い話だ。 


コロナウイルスとやらもその人種が造り撒き散らした、殺人兵器だ。 


しかし 生粋の日本人というのは不思議で、どんな悪と呼ばれるものでもそこから学び、新しいものを生み出す力がある。 



困ったもんだ〜 



それが日本が神国と呼ばれる由縁だと思う。 





金には確かに価値はあるけれど 価値あるのは金だけではなくて、銀も銅も菌も茶もこの世界にあるすべてのものは価値がある。 



これは、思想でもなく宗教でもなく真実なんだ。 






節度、自制心ない方はいらっしゃいます。 


いくら自由な世の中だからと言え奔放過ぎる話を見聞きします。 


先日も書いたのですが、人にバレなくてもご先祖様は見ているもので、宇宙の法則が働くものです。 

御天道様は見ている 

因果応報 


わたしの幼少期はそう教えられたものですが、最近は聞かないです。 



そんなこと言われなくても自制心が備わっていれば良いだけですが。


自制心がないから自由で好きな生活をして楽しく暮らしてる人を見掛けます。 

一方で、自制心があるため、心が苦しく過ごしてる方もおられます。 


どちらが神様から引き立てられるかといったら苦しみながらも過ごしている方なのです。 


楽しく苦しみ感じていなくても、節操なく過ごしてるといずれ天罰が下るものですしバレるものですね。 



その時に気付くのでしょうが公にならないと気付けないのは、あまりに幼稚といえるのでないでしょうか? 


恥ずかしいという気持ちをなくすことで失うものがあるのです。 




先日、わたしの元に集まってきていると書きましたが、自然霊がわたしに言葉にならない叫びを届けにやってきています。 




ただ わたしは話しを聞いてるだけですが、とにかく一見、愚痴とも思えるような叫びを訴えられます。 



王さまの耳はロバの耳に出てくる穴のようなわたしです。 




どの存在のお話しも同じようなことを仰られます。 



古代からある自然を敬う心を大切にしなさい。 


古代、遥か2万年前からの祈り。 



お釈迦様がお生まれになられた遥か昔からの叡知を思い出してください。。。 


日本という国はもっと前から存在していて 仏教だ神道だと区別はありませんでした。 


ただただ、自然を愛し自然を敬い自然に教えられる。そんな世界が在ったのです。 



口にすることも畏れ多い存在に、ただただ守られている時代があったのです。 



しかし、今は
日本古来から受け継がれている伝統をなくすからおかしな世の中になっています。 



自分では、受け継いでいるつもりでも、偽りであることが多々あります。 


レッテルに騙されるのではなく、自分自身に確かめていかないと本当のことはわからないのです。


誰かから聞いたことが真実とは限らなくて、自分自身でないと自分自身の真実はわからないのです。 


知識をつけることも大切ですが自分の感覚を呼び覚ませば、真実が見えてきます。 


そして 自然の叡知に繋がることができるのです。 





神様というのは、その存在を感じると、ひれ伏してしまうものです。 


畏れ多くて、顔など到底、上げられません。 


そんな存在からお言葉を頂戴したら、有り難くて涙が止まらなくなるものです。 



それがいわゆるリラックスというものです。 




しかし 皆さんは、逆に畏れ多い存在だからと緊張してしまいませんか?


畏れ多いは怖いではないですよ。 



ただただ、存在そのものがもったいなくて有り難くて緊張が緩んでしまうのです。 



何か気付きを得た時ってそうなりませんか? 

その感覚です。 


そんな時には神様がそばに居てくださっている証拠です。 





神様の前でリラックス出来ないときは心が何か歪んでいる証拠です。 
参考になさってください。




黄泉の国に足を踏み入れてしまったから霊が穢れ、祓いが必要になってしまった。 



本来 霊は省みるという機能を持っているものですが、黄泉の国に踏み入れてしまったことで霊が邪悪に転ぶようになってしまった。 


それは、神が欲望、感情という感覚を許したということもあり、必然であったとも言えるのです。 


必然ではありましたが、それは、霊を成長させるためでもありました。 


霊を祓いに祓うことで霊を正常に保ちながら成長させていただく。 



それが神の働きの目的だと言えるのです。 



祓うことと成長することはセットなのではないでしょうか?


仕事の出来不出来、お金の有るナシで階級を定める制度が過去にはありました。(今でもあると思う) 

そこにどっぷり浸かっていたような人は、そこからなかなか抜け出せなくて、能力差にこだわりジャッジする。 


そんな考えは今では古いのに未だにそれに固執する。 




神々にも階級がありそれを神々の秩序と呼ぶ。 


それは愛の含有量によるものだと言う。


階級が高くなればなるほど愛情が増すのだ。 



さて 能力差、お金の有るナシでの階級はどうだろうか? 


階級が上がれば上がるほど愛情は増すのだろうか?





階級は秩序というものが備わっていなくてはならないものだ。 


秩序とは、 
物事を行う上での正しい順序。また,社会・集団を正しい状態に保つための順序や決まり、とある。


「正しさ」が根底に有る。 

果たして、仕事の出来不出来、お金の有るナシで階級を定める制度は「正しい」ことだろうか?



自分の「正しさ」で人を振り分けることは秩序と呼べるだろうか? 



秩序ある世界をつくっていきたいものです。 




ここは地球。神々が住まう地球なのだから。 





そうやって内側の神様との関係を築いてきたわけですが、その内側の神様とわたしがくっつくと またまた、その奥から神様が現れてきました。 



先に書いた内側の神様をままのままさんと呼んで後から現れた神様をアルさんと呼んでます。 



このままのままさんとアルさんは上下関係が在りアルさんの方が上です。 

しかし ままのままさんの方が強いです。 
物事を動かす力が強いです。 



わたしという体はアルさんとままのままさんで共有していて いわば取り合いしています。 



大概、わたしとままのままさんはくっついていますがたまにわたしの体をアルさんが乗っ取り走り出します。 


その時、ままのままさんは吸収されてるようです。 


また 今年の夏、神様の遣いのお役を少しお休みしていましたが その間は、わたしとアルさんがくっついていたように感じます。 


しかし、ある日突然、ままのままさんが目覚めた感じがしたので休みが解けたのでしょう。 



自分の内側の神様に繋がるというのは、一回繋がったらそのまた奥、そのまた奥と深く深く繋がるものです。 




これは、日月神事に書かれています。 


自分に起きてることがわからなかった時に偶然、図書館である本を手に取ったら、自分に起きてることが書かれていました。




こうやって わたしたちは進化をとげていく存在なのです。



暑苦しいくらい愛されているので、毎日が忙しく過ぎていきます。 


そんなだから わたしは神社でのお詣りは控えています。 
自分に手を合わせるのはおかしいでしょ。 
だけど 遣いとしてご奉仕はさせていただいております。

このページのトップヘ