この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

わたしは、地球にグラインドしています。 わたしの意識は地球に同調しています。 わたしの想いは地球の想いです。 わたしの叫びは地球の叫びです。 わたしの言葉は地球からのメッセージです。 少しでも、みなさんに 地球の想いを感じていただけたら幸いです。

カテゴリ: 病気

春分に向けて〜気づきと病の関係

結論から先に申し上げますと、 
気づきが起こるまで病は治らないものです。 

そのため、気づきが起こるまでひとりで考える時間が必要だとわたしは考えます。 



それが寂しさに打ち勝つことだったり人の有り難みに触れることだったり自分の好きなことに目覚めることだったり、様々です。 



しかし 越えた先には、必ず 新しい自分が居るはずです。 



 
これから春分にかけては、なにか新しいスタートを始める「準備の期間」です。
 
 
まずは、ゆったりと、エネルギーを充電をしながら、2020年の本格スタートを切れるよう、
春分に向けて準備していって下さい。
 



春分に向けては、誰もが何らかの違和感を持つようです。 


自分を見つめる期間ですね。 


また エネルギー調整のために、人間関係のズレが明確になりやすい時期です。
 
 
このタイミングで起きる別れやトラブルに、心を煩わせることなく過ごしてください。
 
 
新しい出会いの準備のために起きること。 





わたしにも別れや出会い、再会がありました。 


忘れていた気持ちを思い出させてくれました。 




わたしはお蚕だった記憶があります。 


人の手で大切に大切に育てられました。 


その頃の記憶を感じさせてくれるご著書です。 
IMG_5524

生き方を見直すために病気になることがありますが、病気にならなければそのことに気付かないのは 自分を大切にしていないということです。


本来なら、病気になる前に気付くものです。


病気になるまで無茶をし続け、身体や精神を酷使し続ける。



大きなことになる前に、今 見直ししてください。


病気にならなければわからない、起きてみなければわからない のではなくて、事前にわかることが自分のため人のためになることなのです。



病気になってから、人生が変わった!
だから、人に伝えたい!と言われる方もいらっしゃいますが、人に迷惑や心配をかけさせてから気付くようでは人間の出来が悪いとは思いませんか?


普段から 日々の生活の反省をし、見直すことをお勧めします。



自分の最大限の力を発揮しながら、身体や心の健康を保つのです。


それが この世に生かされている者の務めです。

最近 迷惑メールが多いです。

わたしのアドレスは公表しているため、いたずらでどこかのサイトに登録をされてしまったようです。


そのため メールアドレスをやむなく表示できなくなりました。


これ以上、迷惑メールが多いのであれば メールアドレスを変えることも考えております。



世間には いたずらであれなんであれ 人を困らせよう人を陥れようというヒネた心を持つ方がおられるようです。


このようなことをされると、本当にわたしに依頼をしてきてくださる方のメールを間違って消してしまうかもしれません。


申し訳なく感じます。



また、迷惑メールではありませんが わたしの鑑定を受けたのに、変化がないとの報告をいただきました。


一度、鑑定をしたからって それだけですぐに治すのは、魔物の力でしかありません。

神は治さない。

一度で治るのは毒薬を使うからです。


永年かかってひづみが出来たものは、一度やそこらのヒーリングで治るものではないのです。


毎日の心がけ、積み重ねで治していくものなのです。


わたしがグラウディングをしてね というのはそのためです。


日々の積み重ねが大切だからです。


勉強においては自宅学習が大切ですよね?

いくら、良いとされる先生の講義を受けたところで自宅学習を怠っている人は力がつかないです。

それと同じです。

このブログにはグラウディングの方法は載せてあります。


わたしの鑑定やヒーリングを受けなくても わたしが書いていることを実践して成功されている方も数多くいらっしゃいます。



自分の力で実践することです。


毎日の積み重ねが大切です。


毎日、愚痴の積み重ねでひづみはできます。

毎日の感謝の積み重ねでひづみはなくなっていくものです。




まあ、魔物の力も使いようですが、人の学びを取ってしまうことになるので 一旦は、良くなっても後は魔物に支配されることになりますね。

魔物に支配されながら生かされている方も現にいらっしゃいます。


何が良いのかわかりません。

そうなのです。


ちまたで 話されるオドロオドロしい話しも憑依もウツも


わたしはアッケラカーンと 紐解きをするので、結局は怖くないのです。



ついこないだも

去年、浅間神社でお逢いしたソウルメイトさんから久しぶりに お電話があり

娘がおかしくなった!

独り言をブツブツ急に言い出す!


と、相談を受けました。



憑依です。

すぐに、わたしの名刺を送りました♪


その後、電話で やっぱり霊能者さんに浄霊をしてもらったほうがいいかなあ なんて話をしていたのですが


フルネーム鑑定して、ご家族すべての方とお電話で話をして、紐解きしたら、消えました^^


あら、びっくり♪


結局、30分ぐらいおしゃべりしていただけなのですが

いろんなことはわかったので、お伝えしたら 消えてなくなっていきました〜




人間って なるほど!と納得したら 恐怖心がなくなるから 憑依も外れるんですね〜



電話する前は 家族共、心が病んでいたのですが

電話後は、びっくりするくらい 明るい声になりました。




病は気からです。



憑依も気からです。


勝ち負けにこだわる人ほど、ガンになりやすい。


病気に勝つ!

って、勝っちゃダメ!




仲良くするの。



仲良くするって、あきらめることではないのです。



病気だから、ガンだから と 自分を制限しないことなのです。



心の持ち方なのです。



怖さはあると思う。


だけど、怖いなら怖い!と思いきって叫ぶの。


イヤならイヤ〜!って叫ぶの。


泣いていいの。


笑わなければいけない。。。なんて、思わなくて 無理しないのよ。



寂しいなら、寂しいって すがって抱きつけばいい。




それが 仲良くするということ。



自分の内側の叫びを聴いてください。



もっともっと、涙を流してください。。。



そうやって 自分の魂と仲良くしてください。



たくさんたくさん、言い分を聞いてあげてください。

北斗晶さんが乳ガンになられて手術をされましたよね。。。


それは、北斗晶さんがおっぱい星人だからです。


って意味不明です。


おっぱい星人というのは、

『育てる』をテーマに生まれてきた人を指します。


一般的に

女性性は子宮に顕れます。


女性であるのに、自分が女性であることをないがしろにしている人は 女性性に歪みが起こり、女性性の象徴である子宮に違和感を感じさせて 気づかせます。


そして

『育てる』をテーマに生まれてきたのに、

違うことをやってる人には、おっぱいに違和感を起こすようです。

魂は『育てる』をやりたいのです。


自分の子供に目を向けてください。



女を捨てて、子供のためにと働く女性は 乳ガンにはならないです。
その場合には、気づかせるために子宮に出るようです。



女性として輝くための努力はしているけれど、子育てに関心がいかなくなると おっぱいに出るようですね。




北斗晶さんの場合は、夫婦仲がよく、家族も仲がよいのに、どうしてそんなことが起こるのでしょうか?

夫婦仲良く、家族仲良く

これは、仲良いだけで『育てる』とは意味が違います。


『育てる』って家族のために料理をつくる、笑顔を絶やさない家庭をつくることではなくて


子供の成長に目を離さずに寄り添っていくことです。


例えばですね、

小学生の子供がなりたい夢があるためにもっと勉強したい!スポーツを頑張りたい!ならば、親として 夢を叶えられるように働きかけをしなくてはいけません。



子供の向上心に目を向けること。



要は おっぱいに違和感を覚えた時は

子供の向上心に目を向けなさい!

というサインなのです。

おっぱい星人というのは


特に 向上心の高いお子さんを持った方に多いですね〜



簡単ですが 参考にしてみてくださいね♪


--------------
今は これからもですが

天からエネルギーが注がれているのですが

身体の中には、エゴや負の感情がはびこっているため うまく流れていかないのが現状です。


のどに詰まりがある人は エネルギーが頭の中にとどまるので 頭がぼーっとします。


エネルギーが頭の中でたっぷんたっぷんしているのです。


ちょうど、ヒーリングを受けた状態になっているのです。


だから 入ってきたエネルギーを地球に流していかないといけないのです。

あと、循環ができないとですね。



エネルギーが頭から入ってきても 入るだけで流せなかったら どんどん頭や身体にたまってしまうだけなので 不定愁訴になるのです。


不定愁訴というのは、エネルギー詰まりで起こるのです。


だから 自分でグラウデイングして エネルギー循環をよくしてあげることが必要なのです。


せっかく いいエネルギーが入ってきても 循環させる力がないとたまってしまうだけなのです。


だから わたしはヒーリングは必要ないよ と言っているのです。



ヒーリングを受けたら受けた分だけ流す力がないと エネルギー詰まりを起こしてしまうのです。



天からのエネルギーを受けたら受けた分だけ流すことをしてあげないといけないのです。



わたしのエネルギーも天からのエネルギーも 浄化力はありますが
身体の中に蓄積された負の感情は そう簡単にははがれていかないのですよ。



だから

元から浄化力のないエネルギーでのヒーリングを受けると 受けた分だけ たっぷんたっぷんするだけだから 身体にとっては負担になるのです。



だから まず、これだけ天からエネルギーが注がれているので、ヒーリングはやめましょうね。



逆に エネルギーを抜くことをしたほうがいいですね。



それには グラウデイングが効果的ですが それ以外でも ウォーキングをしたり運動するのはお勧めです。


あとは

たまったエネルギーを抜く作業をするのもいいです。



イメージで

首のつけねあたりに穴を開けて、そこから頭にたまったエネルギーが出ていくイメージをします。


それだけでも すっきりしますよ。


お試ししてくださいね〜

昔のお医者さまは、のどがいたい、熱がある というと、風邪ですね と言ってお薬を出してくれて それを飲んで 休んでいれば 治っていました。


だけど 最近の患者さんは知恵?がついてきて 風邪ですね と言われても 信用しずに あちこち 医者を代わり 違う病を探します。



あれこれと 言う人が増えたので、患者さんは 素人判断をしたがります。



症状をネットで調べて、あーでもない、こーでもないと 要らない心配をします。



そうやって 病をつくっていきます。



素直じゃない人が増えたのです。


その道のプロでもないのに、知ったかぶりする人が増えたのです。



昨夜、娘がのどが痛いというので ずっと、ヒーリングをしていました。


足裏から流すのですが、何か感じる?と聞くと


手をそんだけ当てとれば、熱気で熱くなる。


そんなことをのたまう娘です。。。



寝る前には、のどは良くなったのですが、今朝はまだ痛いというので おにぎりを持たせました。


熱はないです。


駅まで送る途中、


情報♪と上から言われました。



そっかそっか


娘ののどが痛くなったのは、


今日は、喋りすぎるといけないよ との戒めのための喉痛だとわかりました。

口は災いのもと です。

今週の娘は 口は災いのもと で 人間関係が良くない方向にいきやすくなるというので 喉痛を起こした とのことでした。



娘、納得です。



喉が痛いからと 恐怖するのではなくて

喋りすぎるなってことね〜

と、わかったので 笑顔で学校に行きました。




みなさんも 情報に惑わされずに、過ごしてくださいね♪




恐れを呼ぶものは、選択しないで〜す♪



今、この地球に生きて どうやって日本に生きて、どうやって社会貢献をしていくかを知ることは大切なことだと思います。


自覚ができると、生きる目的ができます。


その時、偶然に病に侵されていたとしても
病との関係性がわかれば、恐れはなくなります。



人は病になるために生まれてくるのではなくて
社会に貢献するために生まれてくるのです。


すべては意味があることなんだ。

偶然はない、必然なんだと言われますが、 その言葉に踊らされていませんか?


必然だから、何を気付かせるために病になったのだろう? と考えるのは結構ですが 人それぞれ 意味が違うのです。



先日、視させていただいた方の病は 重しでした。

病がないと、どこまでも飛んでいってしまう習性の魂なので グラウディングとして病があるのでした。


彼女は それまで、いつ死ぬかの恐怖におののいた生活をしていたのですが 『いや、死なない』


それだけ、ご先祖様にも守られて、天使も周りに張り付いていて、死ぬわけがない。。。


病さんも恐れられたものです。。。



このように、病は重し、グラウディングさせるために つけられている方もみられます。


死なない です。


死なせない。


そこまで 立派な使命があり、ご先祖様にも守られて 死ぬわけがないのです。



だからね

病も生きるためのちょっとしたアイテム♪です。



病に怖がらなくてもいいです。



病があるから、向き合うべき感情があるのだ!
と、考えなくても結構です〜



いろんな理由で病になるものですね♪

わたしが 以前、関わっていた方で

たまに、相談に乗っていた方ですが

うつで7〜8年ほど、家にこもってみえたのですが 元気になり 自分と同じような方の手足になりたいと ボランティアで 相談員をされていました。

わたしからみると 元気ではないのです。

から元気

半年ほど、メールのやり取りやお会いしてお話しを伺っておりました。

わたしに泣き言を言いながら、ボランティアをやっていました。

ブログもされていました。

わたしは、ブログもボランティアもやめるように勧めましたが やめません。

そしたら 急に、マイミクを切り 連絡を絶ってきました。

風の噂で入院されたことを知りました。

2年ほど前のことです。

最近、また 復帰されて ブログ再開、ボランティア再開されています。

自分の天命だと思われているみたいですが まったく違います。

大きなお子さんもいらっしゃいますが 霊障で働けなくなっています。

一度は、わたしが関わりを持った方ですので
わたし自身、憤りを感じます。

最近、こういうことが多いです。

我が強い方は、どこまでいっても 我が強く、 言うことを聞きません。

それがやりたい!

抑えられないんですね。。。

自我というのは

本当に、それがやりたいからある場合と

その自我と向かい合うためにある場合

があります。

ご存じでしたか?

わたしは 娘の子育てでは そこを見極めて、導いています。

向かい合うための自我
やりきるための自我

あるんですよ〜♪

だから、わたしの言うことを聞きなさいと 言うのです〜♪



魂に逆らって生きて、なんのためになるんだろっ


なんのために生まれてきたんだろ〜 と思うのです。




魂に逆らうために、生まれてきたのかしら???



魂に逆らって、次元上昇はできないです。


地球に貢献しているつもりで していないことに気がついてもらいたいです。





このページのトップヘ