この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

わたしは、地球にグラインドしています。 わたしの意識は地球に同調しています。 わたしの想いは地球の想いです。 わたしの叫びは地球の叫びです。 わたしの言葉は地球からのメッセージです。 少しでも、みなさんに 地球の想いを感じていただけたら幸いです。

カテゴリ: 努力

恐怖心 
裁く人というのは、人に恐怖心を植え付けるのが得意なようだ。 


裁かれる恐怖というものがある。 



その恐怖はいったいどこから来ているのだろうか。 



それは、人の内にある自信のなさが生み出しているのです。 


何故、自信がないかといったら 人生で100%の自分の力を発揮して生きていないからなのです。 


それは、今の自分にOKを出していないから。 


何故、自分の人生にOKが出せないかといったら 細部に辺り、曖昧で優柔不断で開けたら閉めるという作業や閉めたかどうかの確認作業や検証することを怠っているからなのです。 

最善を尽くしていないのです。


自分が感じる不安を100%払拭していないことも考えられます。 


自分が自分の行動に100%、OKを出せるまで 取り組んでいないからなのです。 


そのためには、計画性や人の意見を聞く耳を持つことが必要で、他者を信じたり頼ることも必要なのです。 



自分に自信を持つということは、ひとつの物事を完成させることでもあるのです。 


ひとつの物事を完成させるためには、自分だけの意見に固執していては到底、つくりあげることができないものです。 


だから、周りの意見を聞き、良いと思ったことはすぐに行動して、今までの言動を改め前を進みながら、最善を尽くしていくのです。 


自分が最善を尽くした結果が自信に繋がるのです。 


根拠のないものではないのです。 


根拠があるから、胸を張れるのかもしれません。 




わたしでも やはり、最善を尽くしていない時は、モヤモヤとした気持ちになります。 

何かが足りないと感じると、それを探すのに躍起になり、他のことは手につかなくなります。 

それがわかり、対処して、事なきを得ると安心に包まれます。 


これで、間違いない!と確信できるものなのです。 

その繰り返しです。


だから、モヤモヤとする気持ちは 何かを見落としていますよ、というサインだから、悪いものではないのですよ。   



見落としていることをわかっていながらも改善しないというのは、自分を信じ過ぎてることでもありますね。 


他者の意見を聞き入れられないのですから。 


自分の固執した考えだけで生きてきた人は、それを曲げられないのかもしれません。 


それは、置いておいて まずは、


自信を持つということは、最善を尽くす結果で得られるのだと言うことです。 


そして それが恐怖心を越えものになるのです。 




リボーン洞戸 

ここは、がん患者が穏やかに終末を過ごすことができるようにと創られた施設。 


わたしがこの地に足を踏み入れた瞬間、あの世とこの世の中間、つまり棺桶に片足突っ込んでる感覚を感じた。 


がんに関心のある健常者なら大丈夫かもしれないが死への憧れが強い人は引き込まれてしまう、そんな場所。 


その場所での『いきたひ』の上映。 



まだまだ、生きることを諦めていない人は決して訪れてはいけない場所なんだ。 


死に急ぐことはあってはならない、わたしはそう感じている。 


生きることを諦めてはいけないし生き続ける努力は常に必要だと感じて 日々を生きている。 


その昔、死への憧れが強く その道に引き込まれそうになったことが幾度とあったが 現世に戻された。 


空ちゃんが泣いて引き留めてくれたから、今がある。 


『生き続けていくこと』 

その大切さをこの人生で学んだ。 



自分が何らかの形で死ぬときには、内側の神様が必ず、決定を下す。 


それまでは生き続けることを諦めてはならない。 

よって、自殺はしてはならない。 


死は自分が決めるのではなくて内側にいる神様が決めることなんだ。 


自分じゃない。 



がんになって余命宣告を受けても自分を制限しなければ生き続けるんだ。 

自分を制限しないことなのです。 


自分の命を誰かに決められることはあってはならない。 


参考程度に止めておくべきだ。 



死は恐れるものではない。 

死を恐れる生き方をするのではなくて 生きることを楽しむ生き方をすること。 


余命宣告を受けたとしても死という制限を受け入れない生き方。 


それまでに、〜したい というのは馬鹿げている。 

明日、目が覚めないなら 今、何をしますか? 

なんて発想はない。 



明日は必ず、来るから。 

明日は必ず、有るから。 


幸せは、有るのです。 


永遠に有るのです。 


命は永遠に有るのです。 


だから、肉体を永遠に保つ生き方が必要だと感じます。 



無理をしない。 

大切に扱う。 

丁寧に優しく扱う。 

それでいて、甘やかさない。 




その想いが込められたグラウディングをわたしは教えています。 





わたしは神様の使いをさせていただいておりますが、これは 神様の言葉を代わりに伝えることと神様の代わりに褒美を与えること、神様の代わりに学びというギフトを与えるという役目があります。 


この役目ですが、日々の努力なくしては継続してお仕えすることはできないですし 日々の努力でより高めていかなければ、より深くて大きなギフトを与えることは出来ないのです。 


そのため この度、より容量を大きくするための修行が増やされました。 


専業主婦だからできるだろ、と言わんばかりです。 



やはり このような使いと申しますか運び屋としましては、器を常にきれいにすることはもちろんですが容量を大きくすることは必須です。 


そして 時間短縮技術も求められます。 


運び屋ですから。 


また 運ぶだけでなく仲介業務も求められます。 



どんどんと、求められることも増やされ、それを生かした違う業務の着手も求められます。 


専業主婦ですから^^ 


この違う業務の着手こそがわたし本来の目的だと思われます。 


そのための、本日の『いきたひ』の上映会でした。 



わたしは元は研究者ですから。 




スピリチュアルといっても様々な役目があるのです。 


結局 わたしは研究結果を生かしたことがやりたいのでしょう。 


それが 未来の世界を創り上げていくのです。 




そうやって わたしは神様から使われています。 



わたしがやりたいのは、家でごろ寝していたいだけなのですが


昨夜、次のような質問をいただきました。 



『わたしは入社して二年になりますが やりたい部署にもつくことが出来ずに やりたくもない部署で連日連夜、働かされています。 
朝、早く出社して、終わるのは日付が変わるまで仕事をします。 
それだけで足りないので、休日も無給で働いています。 
親からは、心配されて仕事を辞めるように言われています。 
だけど 責任があるので 辞められません。 
いっそ 病気にでもなれば辞められるのに、と考えますが 風邪を引く程度で 辞められるまでの病気になりません。どうしたら良いのでしょうか?』 



わたしがちょうど、昨朝、投稿した記事があります。 
その中に、 


『人それぞれの役目は違うもので そのままの自分でできることなら、すぐにでも自分の役目は見つかるけど、それなりの人材になっていないとできないことなら、そうなるための人生経験が必要なんだ。』 



この相談者様はまさに、これが当てはまります。 



普通、そこまで身体や頭を酷使したら、倒れます。 
しかし、倒れないのは、その場所で それなりの人材になるための人生経験をしているからに他ならないです。 


また 相談者様は、他にやりたいことがあったけれど その部署には配属されませんでした。 


それは、その器がないからです。 


だから 今、別の部署でその器になるために修業をしているのでしょう。 


しかし 頭の中が不満でいっぱいで うまく頭が回らず、仕事効率が悪いことが考えられます。 


相談者様もわたしがいつも書いている、AIを超える人材になろうとされていると思われます。 


たかだか機械に翻弄されるのは人としていかがなものかと思います。 


人というのは、機械にない情緒、趣を持っているものです。 


この相談者様は 頭の中が不満や負の感情に左右されているため、通常の頭の回転ができなく、手や足も口も動かないから仕事効率が悪いのでしょう。 


瞑想やグラウディング、呼吸法で 頭の中の負の感情を浄化し また、ON OFFのある生活に切り替えることをお勧めします。 


仕事を辞めたところで その人材になるためには どこかで努力しなくてはならないものです。 


リタイヤさせてもらえない。 




このように 不満を抱えて生きていても 魂の進みたい方向に生きているものです。 


しかし 周りを見渡すと、すぐに仕事を辞めたり 仕事以外では離婚したりされる方もいらっしゃいます。 


自分が一度決めたことを辞めるのは、自分との約束をやぶる行為です。 


魂に逆らっていることならば、病気になったりして、強制的に終了させられます。



忍耐を学ぶためにしているのに忍耐がないから辞めたいのです。 




今は、自分の意思が尊重される世の中ですが 自分の人生を深く考えてみてください。 



人が成長するためには、一足飛びで出来ることではなく 毎日、こつこつ努力を繰り返すことです。


貴方は毎日、どんな努力をしていますか? 


 



人は何らかの努力をすると それ相当の神様からのお徳を授からせていただけるようです。



それで 人を癒すことができたりお役に立たせていただくことができるのですが それは、神様からのお徳であり授かり物なのです。


だから、それをむやみやたらに使えないのです。



何らかの形で自らの積まれた徳(努力)にたいして 神様のお徳を授からしていただけるという考え方です。


自分の能力というものは神様からの授かり物でその力で神様にお願いしているという意識が必要なのです。


だから、頼まれもしないことはできないのです。


頼まれもしないのに、神様の力を使うことは罪になるのです。


そのため その方が何らかの形で積まれた徳を対価として授かり 神様のお徳を授からせていただけるのです。


自分は努力したから、といっても それは、神様からの授かり物ということなのです。



一昨日から、このような内容のメッセージがわたしに届いています。


わたしは、自分の内に秘めた能力の価値を軽んじている傾向があります。


だから どなたにも分け与えるのですが、今までその価値を下げることをしていたのかなあ と 神様に申し訳なく感じています。


粗末にしているわけではなく、大切に使わせていただいているつもりですが このように、ブログを書くということも 神様に背いていることなのかもしれません。


そのため ブログを有料にさせていただくことも考えております。



わたしは いつからか、わたしの身はわたしだけのものではなく、神様に遣える身となりました。


その境界が曖昧で、わからなかったのですが
たぶん 2014年辺りだったと思います。


ツインフレームについて書くのを許されたのがその辺りでした。


ツインフレームについて一般の者が書くことは、天界では禁止されております。


また ヒーリングという神様からの授かり物を使わせていただくのも同様です。


その資格が必要なのです。


使い方を間違えると、人の人生を狂わせてしまうからです。


だから、上が許可した者でなければ使用できないものなのです。


わたしは許可を与えられていながら、うまく使いこなせていなかったようで 再三、注意を受けています。


この度 地球の次元上昇に伴って わたしの役割も定められてきました。



新しい役割が生まれてきたように思います。

瞑想は、楽しい。


だから、続けられる。


だから、楽しいと思えることを続けることが 瞑想になり、グラウディングになる。



グラウディングできない、したくない人は
グラウディングが楽しいと感じられないからですね♪


グラウディングが楽しいと感じられないから、できない。


だったら
違う楽しく続けれることをすればいい♪



絵を描くことに、集中するのもひとつだし

本を読むことに集中するのもひとつです。


楽しいと感じることを続けることが瞑想になりグラウディングになる。



楽しいと感じることができないのは、
ハートが閉じているからです。



ハートが閉じているから、グラウディングができない。



楽しめない。



ハートが閉じているから 努力ができない。

続けれない。。。




ハートを開くことが大切です。



努力できるようにするには、
ハートを開くことですね♪



努力。。。


辛いことや苦しいことは続けられない


だって、楽しくないから〜



努力は 楽しみながらするものです♪



楽しいから、続けられる。


わたしは 楽しくないことは、しない。


楽しいから、やり続ける。

頑張ってるのに!!!



って よく、聞きます。



そして、頑張ってるのに、変わらない!!!

とも よく、聞きますね。



現実を生きることを頑張っていたら、必ず 変わります!



現実逃避という選択をしていたら どれだけ頑張っても報われません。


そういうものです。




現実が変わらないなら、それは現実逃避だと言うことですね。


シンプルです。

努力できないとき

心が折れるとき

あるね。



そんなときは


努力はしなくていい。


心が大切。

あなたが大切。

わたしがあなたを包んであげる。


わたしがあなたを抱きしめるよ。


だから


泣いていいよ。
思いっきり、泣いてもいいんだよ。



愛してる。。。

愛してる。。。


泣きやむまで、ちゃんと 抱きしめているからね。

そばにいるから。

あなたのそばにいるよ。



あっ わかんないときは、ひょっとしたら 合体しちゃってるかも^^


およよ〜

我慢は必要ない。必要なのは努力なんだ。


人は我慢をしようとする。

我慢しても、解決しない。

必要なのは、努力。


相手を尊重して、接すること。

一生懸命に 相手を思いやる心。


相手を思いやることは、自分を思いやることに繋がるから。


この人から教えていただこうという謙虚な態度で 接すると 学ばせてもらえるんだ。
ありがとうと思えるんだ。


そして ひとつ、階段が上れる。



我慢しても何も学べない。
我慢しても心は辛くなるだけだ。

このページのトップヘ