この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

「わたし」が今、なぜ、ここで生きているのか。 人は本来この世の中でただ一つの命として、自然で無垢な、すがすがしくも清らかな存在です。 しかし現代では、その姿を保つには相当の努力が必要なことのようです。 心身を清浄に保つためには、神や祭り、自然の力をかりて謙虚な気持ちに立ち返ることが必要です。 自分の目の前に差し出されたことを真摯に受け止めてください。 出来ないことは求められないものです。 息の本体に帰ってください。 息の本体に帰り、愛となれば、望んだことは一寸の狂いもなく叶えられるもので、望みが叶えられないのは、我が身が愛でない証拠。 だから、息の本体に帰ってください。 ご自身の「根っこ」を見極めるために、父母 をこえる存在として神や仏、自然の世界やご先祖様の存在が解ると、大きな心のよりどころを得ることになるものです。 日本の文化や風習、特に日本人のこころに脈々と受け継がれてきている信念を取り戻すことは、古くからある豊かな心をとりもどさせてくれるだけでなく、新たな価値観を生み出す大きな手段ともなるものなのです。 そのために出来ることを日々、お伝えしています。

カテゴリ: 努力


先日の「分かれ道」でも書いたことなのですが 「すぐやるかやらないか」は成功するかしないかの分かれ道でもありますが 言われたことを素直にすぐやらなかったり自分のやり方でやろうという一見、自分の個性を大切にしているようにみえる行為は、成功とは真逆だということをわかっていない人がほとんどです。 



最近では、「個性を大切に」と言われますが、個性をわかっていないのに大切に出来るわけがない。 


集中して取り組める何かもないのに個性がわかるわけない。  


考える力を育むことは大切ですが自分の個性ややりたいことを探すあまり人の話を聞かない。 


頭の中で探すよりも経験が先です。 


要は失敗という経験が怖いのです。個性、個性と言ってる人は。


逃げなのかな? 

経験豊富にならなくてはならないと言ってるわけではなく、逃げてはいけないと言ってるわけではなくて、逃げてる事実に気づいていない、自覚ないだけですね。


自覚って大切です。 


自覚して経験を積むことで考える力を養うのです。 

経験もないのに力はつかないです。 


どれだけ勉強してもそれを活用してこそです。


活用して実践して力が養われるということを忘れないように!


誰だって何かしようと決意したら勇気さえあれば突き進んでいける。


神様が仰られる努力とは、突き進んでいくための土台を築き継続し続けること。 

瞬発力も大切だけど継続力。



土台もしっかりしていないのに努力できないですね。 


土台とは家族、親類縁者、友人。 


助け合えるよう支え合えるよう家族たちを大切にして過ごすことなのです。 


その感謝もそこそこでは成就できません。 


誰と信頼を築くかといったら まず先に家族からです。 


それでこそ、神様の器と成り得るのです。 





出来ることはさせていただきたい 

という気持ちで過ごしている。 



自分の出来ることってなんだろう? 


自分の出来ること。 



自分の頭や力を最大限にフル活用するということ。 


早く!正確に!誠実に! 


わたしは霊的修行の中で神様は厳しいけれど優しい存在だと感じるようになりました。 


簡単に、「お守りください」なんてお願いできる存在じゃないのに、守ってくださる。 

畏れ多いながらも自分をお守りくださいとお願いすると、ちゃんと守ってくださる。 


そうやって 神様と信頼関係を結んできました。 



畏れ多い存在だから、礼儀を尽くすのです。 


自らにわたし(神)を招き入れるために努力しなさい、と仰られます。


努力することが神様にたいしての礼儀になるのです。 


お金を包むとか食べ物をお供えするから聞き届けてくださるわけではなく、努力が捧げ物になるのです。 



こうやって、神様との信頼を結んできたわけですが これは、人間社会にも通じます。 


礼儀を尽くすとは努力です。 


他者のブログを読んでいて思うのが
人の批判をしている人が多かれ少なかれあるなあ と感じています。


自分は〇〇出来るのに、人は出来なくて それはおかしいと 自分の尺度で物を考えています。


人はそれぞれ違いはあるのだから補う、教えあうことが必要だと思いますが それが軽蔑の対象となら 相手を傷付けています。

そして それを何度も繰り返し繰り返し訴えています。



こんなことぐらいできないのか!
って繰り返し書かれています。

知ってるなら教えればよいのです。

だけど 意地悪なんでしょうね。

自分の知識は自分でヒン握っていたいのでしょう。。。


結局 教えるわけなく、ただ 下げずむだけの人です。。。


結局 あれこれ出来る人ですが それだけの人なのでしょうね。。。




また それをやられて自信をなくす人がいらっしゃいます。


自信をなくして、鬱になったりして 身も心もボロボロになる。。。


そんな人に

『頑張らなくていいんだよ!ありのままでいいんだよ!』

という人がいます。←スピリチュアル業界の人が多いです。



あの?
そこ 人生の頑張りところなんです。

リタイヤさせるところじゃないのです。

一発奮起させるべきところを なぜ、リタイヤさせるのか意味わかりません。


そこで 乗り越えることができなかったら 乗り越えることの楽しみや努力することの楽しみが一生、感じることができないのです。


乗り越えることの喜び!
出来なかったことが出来るようになることの喜び!


それを感じずに

人生リタイヤして、楽なことをして過ごせばいいと流されて生きる〜


結局 負け犬の遠吠えなんです。


負け犬は負け犬仲間がほしいだけなのです。


傷をなめあいたいのです。


楽な道に逃げて

苦手だから とか 自分には元々向いていなかったんだ とか 別の仕事がしたい とか

ひとつのことをマトモに成し遂げられない人が 別のことをやって成し遂げられるわけがない。


出来なかったら、違う道がある って、人生なめていますよね?


裕福だからできるのです。



ここで この仕事にしがみついていなかったら、生きていけない!

と思うから、頑張れるのではないですか?


ここで試験に受からなかったら生きていけない!

と真剣になるから、試験に合格できるのです。



それを

まだ、後がある と 余裕かましてるから 一生懸命になれないのです。


それが 乗り越える!ということです。


頑張らなくてもいい!

と、よく言えるなあ と思います。



ここで 頑張らなきゃ、一家 路頭に迷わせることになる!
と 思うから、死握り頑張るのです。


努力させない ってどういうこと?


出来なければ生きていけないなら 付きっきりでサポートするのが人間だろ。


教えるのが目上の人のやることだろ。



やらなくていい。

楽なことをしなさい。


と勧めるのは誰だってできるんだ。



癒しが必要?


癒しだけが必要ではないんだよ。



頑張れる力を持つために癒しが必要なんだよ。



人が頑張るのには、力が必要なのです。


愛されている力。


それが 責任感となり、頑張る力を生み出します。



頑張らなくてもいい というな!


力を削ぐな!


根性なしを作り上げるスピリチュアル業界って どこかの回し者でしかない と思えるのです。


宇宙がどうとかUFOがどうとか
人生を生きていく上で関係ありますか?


根性込めて生きていくために 何が必要かを考えてみてください。



人のためになりたいなら、癒すだけでなく 教えてあげてください。


教える頭がないのなら、学んでください。


学ぶ力をつけてください!



知恵は知識があるからこそわくのです。


知恵をつけるためには 日々の学びです。


頭の回転が遅い者には知恵は授かりません。



頭を動かす!

これは、基本です。



人間は頭をフル回転させて生きるのです。


縄文時代に憧れるなら、頭の回転も同等にしてください。




わたしは教えます。


また、このブログをきちんと読めば 何をしたらよいかは書いてありますし 実践できることもたくさん載せてあります。


ここに書いてあることを 確実に出来るようになれば 知恵は授かります。


なぜなら、わたしが証明だから。





癒すのは サルでも出来る。


サルのままで良いか?

よく、考えてみてください。



あなたは サルとして生まれて来たのか 人として生まれて来たのか どちらですか?

我慢は必要ない。必要なのは努力なんだ。


人は我慢をしようとする。

我慢しても、解決しない。

必要なのは、努力。


相手を尊重して、接すること。

一生懸命に 相手を思いやる心。


相手を思いやることは、自分を思いやることに繋がるから。


この人から教えていただこうという謙虚な態度で 接すると 学ばせてもらえるんだ。
ありがとうと思えるんだ。


そして ひとつ、階段が上れる。



我慢しても何も学べない。
我慢しても心は辛くなるだけだ。

どんな学問でも学ぶことは、とても大切なことです。



わからないことがあったら 人は調べると思うのです。


調べて ひとつずつ学んでいく。



それを 人に聞いてみたり
人が教えてくれるまで待っている人がいます。



それは 学ぶ姿勢ではないと思います。



学習って探求心からだと思いますし、自分で努力して調べたのと ただ人から聞くだけでは 重みが違います。




わたしがスピリチュアルな記事を読み出したのは、ある方のメルマガからでした。



最初は しっかり読んで、覚えることは自分で書いて覚えました。


チャクラの位置やその部分の特色など
あちこちのブログを参考にして ひとつにまとめあげました。



わたしのメインブログはそうやってつくられています。


だから、未だに チャクラの記事は よく検索されて上位にあります。



人の記事でも 自分がしっかり理解できると 自分の言葉で記事が書けるのです。


わたしは初期の頃はひとつひとつを丁寧に調べて記事にしていました。 


学んだことを自分の言葉で記事にしていました。

そうすると 読解力がつきます。




わたしのブログは そうやってつくられていますので ひとつひとつ丁寧に読み進めて 暗記できるぐらい自分のものにしていかれると良いと思います。

ジャンル分けもまだまだ、途中ですが
それでもキーワードを入れていただければ かなり出てきます。



わたしのメインブログを読んで 理解していただくと 実践もしやすいですし 実践の仕方も書いています。


現に、わたしのブログを読んで 勉強されている方からのメールも届きます。


ありがたいです。



般若心経の内容などもかいつまんで書いています。



やはり いろんなジャンルの本を読んで よいと思ったことは実践するだけですし、ビジネス書や宗教学的な本、子育て本、など 幅広く読んでいます。



読んでそれをまとめて記事にしたりすることもしていました。



そして 自分の内側からの声が聞こえた時に 学んだことの答えあわせをしていきました。



わたしはそうやって スピリチュアルを学んできました。



観念浄化ワークだけじゃなく それ以前に 江原さんの著書もすべて読破しています。



ずっと、学んできたから今のわたしがあると思っています。



努力は人を裏切らないと実感しています。





人は知識と経験が物を言うのだと思います。

恐怖心 
裁く人というのは、人に恐怖心を植え付けるのが得意なようだ。 


裁かれる恐怖というものがある。 



その恐怖はいったいどこから来ているのだろうか。 



それは、人の内にある自信のなさが生み出しているのです。 


何故、自信がないかといったら 人生で100%の自分の力を発揮して生きていないからなのです。 


それは、今の自分にOKを出していないから。 


何故、自分の人生にOKが出せないかといったら 細部に辺り、曖昧で優柔不断で開けたら閉めるという作業や閉めたかどうかの確認作業や検証することを怠っているからなのです。 

最善を尽くしていないのです。


自分が感じる不安を100%払拭していないことも考えられます。 


自分が自分の行動に100%、OKを出せるまで 取り組んでいないからなのです。 


そのためには、計画性や人の意見を聞く耳を持つことが必要で、他者を信じたり頼ることも必要なのです。 



自分に自信を持つということは、ひとつの物事を完成させることでもあるのです。 


ひとつの物事を完成させるためには、自分だけの意見に固執していては到底、つくりあげることができないものです。 


だから、周りの意見を聞き、良いと思ったことはすぐに行動して、今までの言動を改め前を進みながら、最善を尽くしていくのです。 


自分が最善を尽くした結果が自信に繋がるのです。 


根拠のないものではないのです。 


根拠があるから、胸を張れるのかもしれません。 




わたしでも やはり、最善を尽くしていない時は、モヤモヤとした気持ちになります。 

何かが足りないと感じると、それを探すのに躍起になり、他のことは手につかなくなります。 

それがわかり、対処して、事なきを得ると安心に包まれます。 


これで、間違いない!と確信できるものなのです。 

その繰り返しです。


だから、モヤモヤとする気持ちは 何かを見落としていますよ、というサインだから、悪いものではないのですよ。   



見落としていることをわかっていながらも改善しないというのは、自分を信じ過ぎてることでもありますね。 


他者の意見を聞き入れられないのですから。 


自分の固執した考えだけで生きてきた人は、それを曲げられないのかもしれません。 


それは、置いておいて まずは、


自信を持つということは、最善を尽くす結果で得られるのだと言うことです。 


そして それが恐怖心を越えものになるのです。 




リボーン洞戸 

ここは、がん患者が穏やかに終末を過ごすことができるようにと創られた施設。 


わたしがこの地に足を踏み入れた瞬間、あの世とこの世の中間、つまり棺桶に片足突っ込んでる感覚を感じた。 


がんに関心のある健常者なら大丈夫かもしれないが死への憧れが強い人は引き込まれてしまう、そんな場所。 


その場所での『いきたひ』の上映。 



まだまだ、生きることを諦めていない人は決して訪れてはいけない場所なんだ。 


死に急ぐことはあってはならない、わたしはそう感じている。 


生きることを諦めてはいけないし生き続ける努力は常に必要だと感じて 日々を生きている。 


その昔、死への憧れが強く その道に引き込まれそうになったことが幾度とあったが 現世に戻された。 


空ちゃんが泣いて引き留めてくれたから、今がある。 


『生き続けていくこと』 

その大切さをこの人生で学んだ。 



自分が何らかの形で死ぬときには、内側の神様が必ず、決定を下す。 


それまでは生き続けることを諦めてはならない。 

よって、自殺はしてはならない。 


死は自分が決めるのではなくて内側にいる神様が決めることなんだ。 


自分じゃない。 



がんになって余命宣告を受けても自分を制限しなければ生き続けるんだ。 

自分を制限しないことなのです。 


自分の命を誰かに決められることはあってはならない。 


参考程度に止めておくべきだ。 



死は恐れるものではない。 

死を恐れる生き方をするのではなくて 生きることを楽しむ生き方をすること。 


余命宣告を受けたとしても死という制限を受け入れない生き方。 


それまでに、〜したい というのは馬鹿げている。 

明日、目が覚めないなら 今、何をしますか? 

なんて発想はない。 



明日は必ず、来るから。 

明日は必ず、有るから。 


幸せは、有るのです。 


永遠に有るのです。 


命は永遠に有るのです。 


だから、肉体を永遠に保つ生き方が必要だと感じます。 



無理をしない。 

大切に扱う。 

丁寧に優しく扱う。 

それでいて、甘やかさない。 




その想いが込められたグラウディングをわたしは教えています。 





わたしは神様の使いをさせていただいておりますが、これは 神様の言葉を代わりに伝えることと神様の代わりに褒美を与えること、神様の代わりに学びというギフトを与えるという役目があります。 


この役目ですが、日々の努力なくしては継続してお仕えすることはできないですし 日々の努力でより高めていかなければ、より深くて大きなギフトを与えることは出来ないのです。 


そのため この度、より容量を大きくするための修行が増やされました。 


専業主婦だからできるだろ、と言わんばかりです。 



やはり このような使いと申しますか運び屋としましては、器を常にきれいにすることはもちろんですが容量を大きくすることは必須です。 


そして 時間短縮技術も求められます。 


運び屋ですから。 


また 運ぶだけでなく仲介業務も求められます。 



どんどんと、求められることも増やされ、それを生かした違う業務の着手も求められます。 


専業主婦ですから^^ 


この違う業務の着手こそがわたし本来の目的だと思われます。 


そのための、本日の『いきたひ』の上映会でした。 



わたしは元は研究者ですから。 




スピリチュアルといっても様々な役目があるのです。 


結局 わたしは研究結果を生かしたことがやりたいのでしょう。 


それが 未来の世界を創り上げていくのです。 




そうやって わたしは神様から使われています。 



わたしがやりたいのは、家でごろ寝していたいだけなのですが


昨夜、次のような質問をいただきました。 



『わたしは入社して二年になりますが やりたい部署にもつくことが出来ずに やりたくもない部署で連日連夜、働かされています。 
朝、早く出社して、終わるのは日付が変わるまで仕事をします。 
それだけで足りないので、休日も無給で働いています。 
親からは、心配されて仕事を辞めるように言われています。 
だけど 責任があるので 辞められません。 
いっそ 病気にでもなれば辞められるのに、と考えますが 風邪を引く程度で 辞められるまでの病気になりません。どうしたら良いのでしょうか?』 



わたしがちょうど、昨朝、投稿した記事があります。 
その中に、 


『人それぞれの役目は違うもので そのままの自分でできることなら、すぐにでも自分の役目は見つかるけど、それなりの人材になっていないとできないことなら、そうなるための人生経験が必要なんだ。』 



この相談者様はまさに、これが当てはまります。 



普通、そこまで身体や頭を酷使したら、倒れます。 
しかし、倒れないのは、その場所で それなりの人材になるための人生経験をしているからに他ならないです。 


また 相談者様は、他にやりたいことがあったけれど その部署には配属されませんでした。 


それは、その器がないからです。 


だから 今、別の部署でその器になるために修業をしているのでしょう。 


しかし 頭の中が不満でいっぱいで うまく頭が回らず、仕事効率が悪いことが考えられます。 


相談者様もわたしがいつも書いている、AIを超える人材になろうとされていると思われます。 


たかだか機械に翻弄されるのは人としていかがなものかと思います。 


人というのは、機械にない情緒、趣を持っているものです。 


この相談者様は 頭の中が不満や負の感情に左右されているため、通常の頭の回転ができなく、手や足も口も動かないから仕事効率が悪いのでしょう。 


瞑想やグラウディング、呼吸法で 頭の中の負の感情を浄化し また、ON OFFのある生活に切り替えることをお勧めします。 


仕事を辞めたところで その人材になるためには どこかで努力しなくてはならないものです。 


リタイヤさせてもらえない。 




このように 不満を抱えて生きていても 魂の進みたい方向に生きているものです。 


しかし 周りを見渡すと、すぐに仕事を辞めたり 仕事以外では離婚したりされる方もいらっしゃいます。 


自分が一度決めたことを辞めるのは、自分との約束をやぶる行為です。 


魂に逆らっていることならば、病気になったりして、強制的に終了させられます。



忍耐を学ぶためにしているのに忍耐がないから辞めたいのです。 




今は、自分の意思が尊重される世の中ですが 自分の人生を深く考えてみてください。 



人が成長するためには、一足飛びで出来ることではなく 毎日、こつこつ努力を繰り返すことです。


貴方は毎日、どんな努力をしていますか? 


 



このページのトップヘ