この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

「わたし」が今、なぜ、ここで生きているのか。 人は本来この世の中でただ一つの命として、自然で無垢な、すがすがしくも清らかな存在です。 しかし現代では、その姿を保つには相当の努力が必要なことのようです。 心身を清浄に保つためには、神や祭り、自然の力をかりて謙虚な気持ちに立ち返ることが必要です。 自分の目の前に差し出されたことを真摯に受け止めてください。 出来ないことは求められないものです。 息の本体に帰ってください。 息の本体に帰り、愛となれば、望んだことは一寸の狂いもなく叶えられるもので、望みが叶えられないのは、我が身が愛でない証拠。 だから、息の本体に帰ってください。 ご自身の「根っこ」を見極めるために、父母 をこえる存在として神や仏、自然の世界やご先祖様の存在が解ると、大きな心のよりどころを得ることになるものです。 日本の文化や風習、特に日本人のこころに脈々と受け継がれてきている信念を取り戻すことは、古くからある豊かな心をとりもどさせてくれるだけでなく、新たな価値観を生み出す大きな手段ともなるものなのです。 そのために出来ることを日々、お伝えしています。

カテゴリ: 努力


昨日は、一生懸命に努力することを書いていますが、一生懸命に努力するってどんなことかというと 一点だけを見つめて集中することではないのです。 


目の前に出されたこと集中して取り組む ということでも 目の前だけ一点を見つめることではないのです。 


一点を見つめることは大切です。 


だけど 周りをみたり高い位置から見ること、客観的視点で見ること、反転させて見ることなど 出来る限りのことをしつくすことが大切です。 


だから、頭を使うことなのです。 


計画性を持って また、集中力も必要ですし、余裕を持つことも必要です。 

目の前にあることをガリガリ集中すれば良いことではないのです。 




自分の頭でありとあらゆることを考えて、行動することなのです。 


一生懸命にやっているから余裕がない、というのは間違いで 一生懸命にやたら余裕はあるものなのです。 


一点しか見ていないから余裕がない。 

一点だけやればよいという思い込みです。


周りをみて、人の立場になって考えて 人との調和を考えて行動するから、目の前のことを乗り越えていけるのです。 


自分だけの視点でなく、他者の意見や情報も取り入れ自分の意見と照らし合わせて行動するから乗り越えていけるのです。 


そして、出来る限りのことをしつくすから、乗り越えられないと弱音を吐きたくなるのです。 


そこに、神様が慈悲を示してくださるのです。 



夢を叶える、奇跡はそうやって起こすのです。 


それが魔法と呼ばれるものなのです。 



義務教育期間では全体的にみて目標までを計画立てて取り組む忍耐力を教え、家族間や周りの人と協力しあって進むことを教えられていくはずです。


そこをすっ飛ばして、遊びに興じていると、社会に出た時に困るのです。 

家族間や仲間、職場という社会で様々な役割をとおして協力することの大切さを学ぶから責任を担うことの重要性を感じ、独立していけるのです。 

それまでは役割ごとに動いていたことを、徐々に一人でできるように任されながら成長していくのです。 


そうやって成長していけば恐怖は感じないはずです。 


一人でやらなければいけないと思い込むから恐怖が先に立つのです。 


どんなことでも準備は怠ることなく、ですね。 



人からしたら 一見、難しいと思えることでも 努力したら 楽に出来るようになるものです。


楽になるまでは努力は必要ですが、必ず 楽になるものです。



わたしたちは 元々は、何でも簡単に楽にできるようになっているものですが 人として生きるために、できることをできないように負荷をかけて生まれてきています。


だから、戻るだけなのです。


努力し続けて戻ることで 努力することの素晴らしさや苦しさ辛さを感じて人に対する思いやりや許しを学んでいくのです。

すべては、たましいの学びのためなのです。



努力してできるようになることで 人の痛みを知ることになります。


そうしたら、人にたいして、威張ったり自慢はしないもので、思いやりが芽生えるものなのです。

それが、人を助けたいという奉仕の気持ちです。

一緒に乗り越えていきたいという気持ちも同じものです。




一目置かれるということは そのようになってこそ、なのです。



すべては、相手を思いやる気持ちを育てるためなのです。



わたしたち、本来の自分というものは このように思いやり溢れた配慮ある姿なのです。




そこに行き着くには、努力が必要です。


わたしは待っています。

手を放さず、待っています。

やる!と決めても、感情が邪魔をして出来なくなることがあることもわたしは知っている。


だけど、書かずにはいられないのです。


努力することの素晴らしさを知っているからです。


最初は、苦しいかもしれない。


だけど、だんだん馴れてくるものなのです。


それか 続けることが出来ないからどうしたらよいですか と相談すればよいのです。


相談を受けたら、やみくもに、やりなさい!とは言えないものだから。


また ここまでは努力したけれど この先が難しいです、との相談も必要ですね。


なにごとも、コミニュケーションは大切ですね。



努力したら努力した分だけ知恵が授かるものですよ。



それは、努力してみないとわからないものですね。 


宇宙や社会の優しさを知っていただきたいです。

使命と夢は違う。


使命の先に夢がある。


使命と夢はセットだ。


だけど わたしは使命ばかりが先行して、夢を追いかけることを疎かにし過ぎていた。


今までは、爆弾が落ちていたの。だから、早くに気づかされていた。


使命はちゃんとやってるの。

だから、文句は言われない。

そして 夢は、使命を叶えたらついてくるものだとおもっていたんだ。

違うんだね。


夢は、夢を叶える努力をしなくちゃいけないって気づいたの。


一生懸命の矛先を間違えていたんだ。

道を間違えていた。


辛抱つよく弘法大使様は耐えていてくれたけど 今朝のお顔は仁王様よりも厳しく怖かった。


はあ〜 夢を叶える努力をするために わたしは自分に重石をつけた。


毎日毎日、努力を続けられるように。



続けるって大切。


想いを過去にしないために、毎日の努力は大切だと実感しています。

がんばる [頑張る][自]自分の考えや意志を押し通そうとする。我を通す。(困難や障害にまけないで)精一杯努める。



人の捉え方はひとそれぞれ違うのかな?


「頑張る」=「嫌いなことを無理にでもする」

と感じている人が多くて、好きなことはワクワクすることをする と言うそうな♪



わたしは、好きでもないことをするという概念がないから つい、頑張って!と口から出てしまいます。


わたしは頑張ることは努力することだと捉えています。


でも 人によっては 言われたくないことかもしれないですね。


そこまで わからないことでした。。。


また、努力することが好きだし、困難に立ち向かうことも好きです。


嫌いな人からすると 嫌なことに力を注ぎなさいと言われているようなものだね。


人それぞれだね。


スポーツ全般苦手だけどわたしはアスリート系だね^^

行動できない人からすると行動できる人が羨ましいと感じるんだね。

でも わたしはどちらかと言うと
何、バカなことをやってるんだろう?と感じてしまうんだ。


行動することが必ずしも、自分にとって良いこととは限らない。



それは、たくさんたくさん失敗してきたからかもしれないね。


失敗してみなきゃわからないから、まずはやってみる
のかもしれないけど、 ちょっと考えたらわかりそうなものじゃないの?と思うんだ。


結局、考えて行動することだと思うよ。



行動することよりも考えること、頭を働かせることだと思う。


頭を使えば、余分な労力はいらないし。



頭を働かせることって大切だよ。

わたしに叱られて悔しいなら、根性込める!


負けるな!


みんなおんなじだ!



自分がどこに向かっているかわからなくても、根性込めて、目の前にあることに立ち向かうんだ!
 

出来ないことはない!


やるしかない!


あきらめるな!

批判するだけなら誰だってできるし、正義を主張するなら誰だってできる。


そんなことはわかっている。


だけど、言わずにはいられなくなる。



それは、わたしはやるべきことはやってきたからだ。


根性もないくせに、甘えたこと言うな!と言いたい。


やるべきことやらずに、出来ない出来ないと言うな!
やるべきことやらずに、人のせいにするな!と言いたい。


人を思いやる心も持たずに、人を批判して、自分をかばってほしいとか愛してほしいとかふざけるな!



わたしはできる限りのことを尽くしてきた。


朝、夜が開ける前から氏神様に通い般若心経を唱え、そのあと家の掃除をきちんと済ませて仕事に行く。
帰ってからは、氏神様にお参りしてから家事をする。

休みの日には家事以外は内観浄化に費やす。


仕事においても家庭においても 相手の立場になって考えて受け答えをする。


殴られても蹴られても、自分の内面が表れているんだと謙虚に受け止め、殴ってきた手を抱きしめ、痛い想いをさせてごめんなさい と相手に謝った。


相手は自分の鏡なんだと、相手を受け入れてきた。


結果、人間関係は良くなり 信頼されるまでなりました。


努力せずに 人とうまくやれるはずがない。


わたしは我慢はしていない。


愛してきただけだ。


目の前の人を愛してきただけなのです。


目の前の人に真剣に接しているだけです。


誰に対しても、それは変わらない。



今では わたしは、受け入れることがわかっているしできますが つい、昔はできなかっんですよ。


愛する、受け入れる、を徹底的に自分なりに研究して自分のものにしてきました。

凝り性なの。

好きこそ物の上手なれ って言うでしょ


わたしは内観浄化がとっても好きで、研究もしてきました。

自分なりの持論もあります。


わたしのは探求心の賜物なのです。


だから、結局は こういうことって 探求心、集中力が物を言うのです。



読んだから簡単にできる って思っていませんか?

また、出来ないんです とか 受け入れることが出来ないんです って言われますが、3日や5日、試みたぐらいで使いこなせるわけがないのです。


集中して使いこなしていないのに、使いこなせるはずがないのです。


それを まだまだだ、自分は。。。と落胆して、責める。


責める必要ないのです。
努力してないのだから。


努力していても、ちっとも出来ないならば 使い方が悪いから考え直して、使い方を見直さなきゃって思いますが もともと努力してないのに、落胆しようがないです。


あなたは ただ、努力が足りないだけだから。


違いますか?


そこをわからない人が多いです。


やってもいないのにやってるふりして、出来ないんですって言われても答えようがありません。


集中力がないだけでしょ

もしくは、やりたくないだけでしょ



出来ない言い分けを並べられても正直な自分を伝えなきゃ、わたしは答えようがないのです。

まあ、わかるよ。わたしはわかる。

でも、自分のことをきちんと伝えることをしなくちゃ相手には普通は伝わらないのです。


だから、自分の事実を伝えることが大切なのです。


だけど 、人に裏切られたり否定されたり利用されたりしてきた人は 本音を語ろうとはしないものです。


自分の本音がわからなくなってる人も多いですね。


だから 逆に、わたしがお相手の本音を紐解いていくこともあります。


警戒心の強い方は 紐解かせないです。


固く閉ざされた心の紐を解いていく。。。


わたしの好きな分野です。


内観浄化が大好きでエネルギーを扱うのが大好きなわたしです。


エネルギーを動かしながら紐を解いていきます。


エネルギーってネジに似ています。


感情を肉体に止めています。


ネジをゆるめて、様子をみて、動かし外していきます。


楽しいです♪


楽しいから出来るのです〜

人の失敗を喜び、それで自分を満たし快感を得ている人たちがいる。


昨年から、そのような方と知り合うことが多いです。


小さな失敗も見逃さず、嘲笑してきます。



足元を掬われないようにと、わたしは必死です。


鍛えられています。


そういう人に出逢うこと自体、良くないこと と思われる方も多いと思いますが、自分を鍛えるためには 最適な環境です。


誰しもが感謝できる相手ですね。



ありがとうございます。

このページのトップヘ