この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

「わたし」が今、なぜ、ここで生きているのか。 人は本来この世の中でただ一つの命として、自然で無垢な、すがすがしくも清らかな存在です。 しかし現代では、その姿を保つには相当の努力が必要なことのようです。 心身を清浄に保つためには、神や祭り、自然の力をかりて謙虚な気持ちに立ち返ることが必要です。 自分の目の前に差し出されたことを真摯に受け止めてください。 出来ないことは求められないものです。 息の本体に帰ってください。 息の本体に帰り、愛となれば、望んだことは一寸の狂いもなく叶えられるもので、望みが叶えられないのは、我が身が愛でない証拠。 だから、息の本体に帰ってください。 ご自身の「根っこ」を見極めるために、父母 をこえる存在として神や仏、自然の世界やご先祖様の存在が解ると、大きな心のよりどころを得ることになるものです。 日本の文化や風習、特に日本人のこころに脈々と受け継がれてきている信念を取り戻すことは、古くからある豊かな心をとりもどさせてくれるだけでなく、新たな価値観を生み出す大きな手段ともなるものなのです。 そのために出来ることを日々、お伝えしています。

カテゴリ: 神性


ここ最近、立場が上の人の視点や価値観を受け入れるよう促されている感触があります。


また そんなお話しを聴くことも少なくないです。 




人が感謝を感じる基準はそれぞれ違うものです。 

だから 自分が何か人にして差し上げたからといって それが相手の感謝の対象になるかどうかはわからないですね。 



仕事でプロ意識を持ち相手と接している場合、感謝されたからといって、それで一喜一憂しないものですが、自分が認められたことにたいしては嬉しいもので感謝が溢れて逆に、「こちらこそありがとうございます。」という気持ちになるものです。 



また 自分にたいして相手が感謝を感じていないことを不思議に感じ、相手の体調を心配される方もいらっしゃいます。


それは相手を信じているが故の心配ですね。 


それを心配性と断定するのは、いかにも感謝がないことですが 
それはわたしたちを生み出してくださった創造主とわたしたちの関係でも同じように思います。 


わたしたちを生み出してくださった創造主は前世の記憶をなくして転生していくわたしたちを記憶をなくしているけれども繋がりだけは覚えてくれているだろうと信じて見守っていてくださっているのではないだろうかということです。


地上に転生してきたわたしたちをいつかは思い出して戻ってきてくれることを信じてくれているのだと思うのです。 


実際には、完全に忘れて 地上でやりたい放題やっている悪と呼ばれる存在もいるのですが 自分が生み出した我が子であることは間違いないのです。 

やりたい放題やって完全に忘れてしまっていては 思い出すこともないでしょう。 


創造主としてみたら 
我が子が自分と繋がっていると感じていないことに理解できないでいるように感じているのではないかとわたしは思えるのです。 



そんな創造主(神様)の遣いをさせていただいておりますわたしには 同じ働きをするために一緒に転生してきた仲間もいるのですが その仲間が好き放題して、霊的成長もしていないのを見聞きしますと わたしは不思議に思うのではなく悲しくなります。感情があるからです。


だけど 相手はそんなわたしの気持ちはわからず よけいにやりたい放題していて こちら側が悪いと言わんばかりに攻撃してきたりもします。 


生み出した創造主からしたら、まさか忘れてしまっていると想いもよらないでしょう。 


それに気づかない魂がどれだけ多いことか。 



これを人間の親子に置き換えることもできるなあとも思えます。 


子供を心配する親にたいして子供は心配はいらないと疎ましがりますが その心配とは、感謝を忘れてしまった我が子が変わってしまったことが理解できないからではないでしょうか?


親に対する感謝を忘れやりたい放題していても、親からしたら子供が自分への感謝がなくなったとは思えないから、どこか体調が悪いのではないだろうか?心を病んでいるのではないだろうかと気を病むのではないでしょうか? 



感謝がないなんて思えない。 
繋がりを忘れたなんて思えない。 



神様や上の立場の者達は、そう感じているようにわたしは思います。 




今日は獅子座の新月です。



神様、仏様の想いを感じてみてはいかがですか?


ご両親やご先祖様へ想いを馳せてみてはいかがですか? 


自分より立場が上の人の視点や価値観を感じてみてはいかがですか? 




これからは、生き方そのものが仕事になる と誰かが書いていたけれど、それを言うなら

これからは、生き方そのものがご神事になる

のが正しいのではないでしょうか?



どんな仕事をするのか、というよりもどんなスタイルで生きていくのか なのだと思います。


その中で 自分の「大切」を組み込んで生きていくのだと思うのです。


だから、「大切」って たったひとつじゃないと思うのです。


どれも譲れないから、どれも大切だから、という理由で 先記事に書いたわたしのスケジュール(スタイル)になるのです。


わたしにとって お掃除もお料理もお詣りも子育ても主人との語らいも空ちゃんとの時間も大切なご神事です。


他者との語らいも仕事も事務仕事も営業もメールアドバイスもブログを読むことも記事を投稿することも地域創成に携わることも、すべてすべて ご神事です。




わたしの生き方そのものがご神事です。



だから、この日常生活の中で、自分を律して、自分に決めたことは守って過ごしているだけです。


わたしのやってることを真似したいと思う人がいればそれはそれで良いし、出来ないわと思われればそれだけのことです。


強制はしないけれど、わたしのエネルギーは強制力があります。


強制力があるということは、わたしに整列させる力があるということです。


〜しなければいけないとは、言ってはいませんし そうは思ってはいませんが 結果、わたしのエネルギーに触れると そのように導かれるようです。


自分を律するための剣は、自分の心を切るための剣です。

他者の心は切らないのです。


しかし、それが言葉に出てしまうこともあります。

それは否めません。



このように わたしは、まだまだ です。


だけど わたしは、こんな自分が大好きです。


今の時期は、自分の感覚を思い出させるためのお試し期間であり、もうお試しが始まっています。 


自分の感覚を思い出し鋭くすることを求められているようです。 


だから せっせとわたしは瞑想ワークをつくっていたのですね〜 


自分の感覚を研ぎ澄ますことにより自分に自信がつきブレない自分をつくります。 


自信のある自分で居ること。 





自分はなにものにも変えられない存在だということを呼び覚ますのです。 

自分の内側には神性が宿っていることを思い出すのです。 



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



神性:2013.09.30


人間ひとりひとりの心の中には『神性』がある。 
それは、ひとりひとりが尊い存在として認められる存在だと言うこと。 

分け隔てなく、尊重していく生き方。 

それが、ワンネス。。。 



だからね 

あいさつをすることは当然のことだと思うし、道を譲り合うこと、争わないことも当然なことだと思うんです。 

自分だけが 正義、神性を持っているわけじゃない。 
相手にも、神性がある。 
自分の正義を貫くあまり、相手の神性を否定するやり方は???ですね。 

相手は自分の中の神性に気がつかずにいるだけなんです。 

そんな時は教えてあげればいい。 

自分の正義を押し通す前に。 


また、人だけじゃなくて、生きとし生けるもの、すべてにも神性があります。 

物を丁寧に扱うことは当たり前だし、お掃除をすることも当たり前ですよね。 

そんな、当たり前なことが 当たり前でない世の中になっています。 

自分の中の神性、相手の神性を忘れていますよね。 


私は内観、浄化を経て 自分の中の神性に気がつきました。 

気がつかないとできないことかもしれません。 

でも、気がつく前に 信じてほしい。 

自分の内側に『神性』があること。


神が宿っていることに。。。






神性:2015.10.20


自分の中にある神性に気付くと 
生かされているだけでありがたい 
という感謝の気持ちがわいてきて、生きやすくなるように感じます。 



自分の中の神性の気持ちになって考えてみると 
肉体をまとうということは、とてもワクワクすることなんだろうなあ と思うのです。 



だって、それまでは 泣いている人を見ても 直接、抱きしめることができなかったけど 
肉体をまとって 手や足や目や口などを持つことができると 
目で相手をしっかり観て、口で『愛している』と伝えることができて
手でしっかりと抱きしめることができるのです。 


考えただけで感動します。 



自分の内側に居られる神性は、それがしたいんだなあ と思えるのです。 



人に暴言吐いたり、けんかなんてしたくないんだ ということがわかります。 


少しだけでも、想像してみてください。 



自分の内側に居られる神性の立場になって考えてみてください。 



そんな時間を持つことが この世に生きる人たちにとって必要だと思います。





瞑想ワークをちゃんとやってね☆


自分を大切にできない選択はやめるという勇気。 



自分を大切にするというのは、そんな勇気を持つことです。 



自分の尊厳を守ることでもあるのです。 


理不尽なことをされたり言われるのを自分に許さないのです。 



自分の尊厳、命を大切にして生きる信念をわたしたちは源に持って生まれてきているのです。 



それを思い出してください。 


しかし、あなたが思い出さなくてもわたしはわかっている。 



だから わたしはしつこいのです。 



わたしは、人々の命と尊厳を守るために生まれてきています。 



ままのまま 








IMG_3312

自分に合ったものや好きなことしか選択、もしくは求められなくなってくる。 




それに、抵抗できなくなってくる。 



なるようにしかならない。 




求められることこそが自分の真実なのだ。




心が清らかになって 澄みきった状態になると人は、本当の自分(創造主)に繋がるようです。


そこで本当の自分からの愛を確信したら、いのちを生み出すことができるようです。


逆に言えば、清らかになったと感じていても 何も生み出せないのは、本当の自分に出逢っていないということ。



内観浄化を繰り返し、心がクリアになってきても 本当の自分から愛されている確信、実感が持てないでいるのは、まだまだ生み出す力がないということなのです。



自分の心をどこまで透明にしたら良いのだろう。。。


果てしない旅の中で挫折しそうになるかもしれない。


だけど 本当の自分を求めてやまないのです。



だから、前を向いて進むしかないのです。

人に思いやりをしめせるのは、自分の神性を取り戻してからです。


人の立場になって考えると言いますが、自分自身が尊い存在だと気づいていないと、人の立場になって考えることはできないのです。


自分の中の神性に気づくことこそ、今の現代人が最もやらなければならないことなのです。

自分の神聖さを取り戻したら、自分に自信がついて 人に対してアドバイスができるようになることもあるだろう。


しかし、勘違いしてほしくないのは
何故、自分の神聖さを取り戻すかと言ったら、目の前の相手や周りの人、すべてが神聖な存在だということをわかるためなのです。


神聖な存在は自分だけじゃないのです。


それがワンネスです。


ワンネス=誰もが神聖な存在だとわかるから、尊敬しあえるのです。


さっきも FBのコメント欄で書いていたのですが わたしはこのお盆は、自分の生まれてきた目的である核を撲滅すること中心に動いていました。


いつもお盆というと7月15日頃からご先祖様がプカプカと帰っていらっしゃいます。そして、ご回向をさせていただき、うちで楽しく過ごしていただきます。


しかし、今年は、この核撲滅に関しては 戦争で亡くなった方の霊との交流がありました。

日本を守るために命をかけて挑んだにも関わらず、戦後、復興はしましたが また、同じことをしようとしている日本のある一部の人に対して強い怨念を持っている霊が 今もなお、苦しんでいらっしゃいます。

以前、お手玉遊びでも書いたように、わたしを信じていただいて魂の昇華をさせていただきました。

念を持って存在することって苦しいのよね。

成仏して光りに還りたいわけではなくて、その想いを知ってほしくて、また、それを繋ぐ人に出会いたいのです。

プカプカ浮いてる霊さん 誰もが、この世界から核のなくなることを望んでいます。

その想いに答えるために、わたしたちは生かされていると思うんです。


プカプカ浮いてる霊さん でも この世を生きている霊さんも同じで 結局は、魂同士が繋がりたいのだなあって思います。


人と人との出会いも同じで、魂同士が繋がりたいのです。


魂と繋がる時のポイントは、互いの神聖さを信じあうことだと思います。


負の感情を抱いていることを知っても、何かの間違いだと思えばいいのです。



そうすることで 魂同士が会話して、安心していただけます。



どんな魂も神聖な存在です。

反省ばかりしていると 自分の神聖さ、自分の価値を下げてしまうかもしれない。


反省する心と神聖さを思い出すことはセットですと、以前にも書きましたが このバランスが取れていることがもっとも重要です。


何故なら、反省する心と神聖さを思い出す心が重なり、感謝する心が生まれるからです。


生まれる。


命を宿すのです。



感謝する心は命そのものです。


反省する心と神聖さを思い出す心は、命を宿すのです。


命を宿す

感謝する

創造する



どれも同じです。




命は反省する心と神聖さを思い出す心で生まれるのです。

このページのトップヘ