この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

「わたし」が今、なぜ、ここで生きているのか。 人は本来この世の中でただ一つの命として、自然で無垢な、すがすがしくも清らかな存在です。 しかし現代では、その姿を保つには相当の努力が必要なことのようです。 心身を清浄に保つためには、神や祭り、自然の力をかりて謙虚な気持ちに立ち返ることが必要です。 自分の目の前に差し出されたことを真摯に受け止めてください。 出来ないことは求められないものです。 息の本体に帰ってください。 息の本体に帰り、愛となれば、望んだことは一寸の狂いもなく叶えられるもので、望みが叶えられないのは、我が身が愛でない証拠。 だから、息の本体に帰ってください。 ご自身の「根っこ」を見極めるために、父母 をこえる存在として神や仏、自然の世界やご先祖様の存在が解ると、大きな心のよりどころを得ることになるものです。 日本の文化や風習、特に日本人のこころに脈々と受け継がれてきている信念を取り戻すことは、古くからある豊かな心をとりもどさせてくれるだけでなく、新たな価値観を生み出す大きな手段ともなるものなのです。 そのために出来ることを日々、お伝えしています。

カテゴリ: 神性

これからの世の中、お金は 分け隔てなく、人に奉仕ができる人の元へと、吸い寄せられていきます。


お金を得ても、自分だけのために使わず分け隔てなく分け与えることができる人の元に吸い寄せられていくものです。



人への奉仕が分け隔てなくできることや自分の利益のために使わないこと は、
天の神様も内側の神様もご存じのことです。




そのように、自分が稼がせていただいたお金や人様からいただいた物も公平に分け隔てなく分け与えることのできる人に人は育てていただけるものです。




それが神様の力です。



今の自分の意識が変わるってわからないことだと思います。


だけど、意識が変われば 身の回りのすべてが変わるのです。




まずは、満たされることを知ってください。



今まで、お金に困っていたり制限されてきた人は一度は、自分が気軽に使えるようになりたいという夢を持っているようですが、お金を手にしても裕福な感じは身に付かないのです。


それは、裕福さってお金を手にすることで得られるものではないからです。


言うなれば、品性というものだからです。



品性というものは裕福というものよりも いかに自分を尊い存在であるかを感じているかで表れるものです。


結局 人は、お金を手にして 品性を得ていくものですが、


本来なら 当たり前にある品性です。

愛に基づく強い想いを人に向けられた時、人は従わずにいられない。



その想いが強い愛であればあるほど、従わずにはいられない。



人が動かないのは、愛に基づく想いではないからなのです。



人が愛に基づく決断をした時には そこに愛が発生する。




愛を起こしたいなら、愛に基づく決断をすることなんだ。。。

最近 わたしの冊子を知り合いの方に配らせていただいております。


ホント、知り合いの人。

近所の人とも言う。


すると こんな声が聞けました。


毎日、寝る前に枕元に置いて、朗読してから寝るようにしています。ありがとうございます。

って


冊子は ただ、わたしが書いたけど って渡しただけです。

冊子の効能は謳っていません。

それが故に嬉しいです。

これからは 特に、自分は宇宙の存在だ、宇宙人なんだとわかる人が増えてくると思います。


そして それを主張するようになると思います。



でも それって 世界全体的に見ると 良いことではないように思います。


隠すことではないですが 主張すべきことでもないのです。



宇宙人とわかったなら 慎ましやかにお願いします。



宇宙人とわかることが目覚めでもないですし、覚醒でもないですし、悟りとも違いますから。




同じ宇宙人として、慎ましやかにお願いします。

人として と生きている一方で 自分は宇宙人なんだ。。。と、気付かされることがあります。



わたしは 今まで、グラウディングをしながら 自分を進化させてきたのですが 進化の途中で かなり宇宙人寄りになったこともあります。


たしか、2013年辺りです。


あのときのわたしは スルスルと進化をしていきながら 自分がどのように造られているかがわかりました。


また、自分の構造によってコンピューターの構造がわかったくらいです。


人間ってうまくできてるな、
コンピューターってこのようにして 造られているのか って思ってました。


しかし その後、しっかり人間をかぶることを余儀なくされ 現在に至りますが わたしの中味は宇宙人そのものです。




2013年辺りのわたしのブログには、宇宙人とは書いていませんが ライトワーカーとして。。というくだりで書いていました。

また、あの頃のわたしは 進化が激しくて
どこまで自分が進化して、超人ハルクみたいになってしまうのかが怖かったです。


また 写真を撮ると 人間の顔をしていませんし、今では 宇宙人というよりも 発光して 姿形がボヤけています。。。


思考をとにかく、人間寄りにして 進化を防いできたように思いますが
この天秤座の新月を機にわたしの進化が また、はじまってしまいました。。。



アナ雪の氷にさせちゃうお姉さんは アレは本当です。


握ったら 氷にさせるように進化していきます。。。


テレポーテーションも最近は、していませんでしたが またまた、出来てくるように思います。



人間というのは このように、進化していきます。


わたしのヒーリング能力もその一種です。



このヒーリング能力は 日常的に使っており、便利なアイテムです。


日常的に使うには、これくらいで良いのです。


これくらいで押さえられておくのが 人間として 生きやすいです。


しかし これ以上の進化は正直、キツいです。



卵を割って産まれてくるヒヨコ体験はしているので あの卵を割って出る瞬間は、スッキリはしますが 飛び出た時にどこかに飛んでいってしまいそうになります。。。




と いうことで これからのわたしのブログの内容が こんな内容になるかもしれません。。。



重力波って波動です。


重力のあるところでは、引き合うので、必ず、波動はあるのです。


そしてまた、『空』の世界はまったく重力がない世界です。

引き寄せられません。


宇宙は、重力のない世界ですね。


ということは、


宇宙は『空』の世界です。


でも そんな宇宙では星が生まれています。


でも 何故、『空』の世界に 星が生まれるのでしょうか?



それは、光という情報が存在するからです。



まったく 何もないところには光は存在しません。


ということは、宇宙には情報があるのだということになります。

何故?


情報の素である光りの種が振動しているからです。





そうです。


命という光の種です。



だから、宇宙は まったくの『空』ではなく、命という光りの種の宝庫だと思います。



命=光り種の振動で、創造されて産み出されるのです。




ということは
夜空に輝く星とわたしたち人間は、同じということですね。。。


--------------
今の世の中は、情報に溢れていますね。


その情報を受け取るには、自分自身のアンテナや心の目を磨いて置く必要もあります。


そのために わたしはグラウディングをお勧めしていますが
人によっては、瞑想をされる方もいらっしゃるでしょう。


でも 何を信じていいのかわからない。。。

と言われる方もいるでしょう。



そんな方にお勧めなのは

自然に身を置く時間を取ることです。



自分をリセットさせるのです。



そのために アロマテラピーを受ける方もいるでしょう。



わたしは アロマにはまったく無縁な生活をしているので わからないですが 温泉♪が良いです。



自然の中でゆったりと温泉に入って過ごすのです。


スーパー銭湯はNGです。

いも洗い状態で入るのもNGです。



たまには、お仕事をおサボりしてもよいです^^



魂が欲する時は、おサボりを誘導してくれるものです。


魂にとって必要なことは罪悪感を持ったとしても叶えられます。


そこは、信じてよいのです。



魂はいつも、あなたの味方です。


あなたをいつもサポートしてくれるのは魂なのですから 信じて、おサボりして自然に身を置くようにしてくださいね♪

自分の中にある神性に気付くと
生かされているだけでありがたい
という感謝の気持ちがわいてきて、生きやすくなるように感じます。 ...


自分の中の神性の気持ちになって考えてみると
肉体をまとうということは、とてもワクワクすることなんだろうなあ と思うのです。


だって、それまでは 泣いている人を見ても 直接、抱きしめることができなかったけど
肉体をまとって 手や足や目や口などを持つことができると
目で相手をしっかり観て、口で『愛している』と伝えることができて
手でしっかりと抱きしめることができるのです。

考えただけで感動します。


自分の内側に居られる神性は、それがしたいんだなあ と思えるのです。


人に暴言吐いたり、けんかなんてしたくないんだ ということがわかります。


少しだけでも、想像してみてください。


自分の内側に居られる神性の立場になって考えてみてください。


そんな時間を持つことが この世に生きる人たちにとって必要なのだと思います。

わかるかな?

わたしたちは、

すごいね

と誉められて、喜んでるような人間じゃないんだよ!

すごいね

という口があったら

努力してください。

自分を高めてください。

それしか言えない。

すごいね

と言われて

苦しむ人がいることを知ってほしい。

これが

わたしたちの想いなのです。




感謝もされなくてもいいの。


わたしたちに感謝するくらいなら 自分を高めてください。


お願いします。



自分の中にある神性に気付くと

生かされているだけでありがたい

という感謝の気持ちがわいてきて、生きやすくなるように感じます。



自分の中の神性の気持ちになって考えてみると
肉体をまとうということは、とてもワクワクすることなんだろうなあ と思うのです。



だって、それまでは 泣いている人を見ても 直接、抱きしめることができなかったけど
肉体をまとって 手や足や目や口などを持つことができると

目で相手をしっかり観て、口で『愛している』と伝えることができて
手でしっかりと抱きしめることができるのです。


考えただけで感動します。



自分の内側に居られる神性は、それがしたいんだなあ と思えるのです。



人に暴言吐いたり、けんかなんてしたくないんだ ということがわかります。


少しだけでも、想像してみてください。



自分の内側に居られる神性の立場になって考えてみてください。



そんな時間を持つことが この世に生きる人たちにとって必要だと思います。

このページのトップヘ