この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

わたしは、地球にグラインドしています。 わたしの意識は地球に同調しています。 わたしの想いは地球の想いです。 わたしの叫びは地球の叫びです。 わたしの言葉は地球からのメッセージです。 少しでも、みなさんに 地球の想いを感じていただけたら幸いです。

カテゴリ: 生きる!

命の使い方ってあると思う。 


命の花を開きたいって気持ちもあるし、永遠に開いていたいという気持ちもある。 


花が開くと、蜜蜂や蝶々たちがやってきて、花粉を運んだり蜜を吸いにきて賑やかになるの。 


とても楽しいし嬉しい気分になる。 


でも 花が開ききってしまうと、葉が枯れたり落ちてしまい、終いには開ききった花は枯れたりしおれてしまう。 


花が開いている時期は短い間なのかな? 


そうではないはず。 

わたしは、そう思うの。 



命の使い方ってあるはず。 

自分という花の開かせ方ってあると思うの。 




自分の人生を花開かせたい!という気持ちはわかる。 

だけど 開ききったあとはどうするの? 

枯れてしおれてもいいの? 



人は自分だけで生きてるわけではなくて 愛する人や支えてくれている人がいるものだと思う。 


その人よりも自分が枯れてしまったら、どう感じるかしら? 


『死』というものは自分も辛いけど、残された人の方がうんと辛いとわたしは思うんだ。 


だから、愛する人や支えてくれている人を悲しませないためには、自分という花の開き方を考えた方が良いとわたしは思うのです。 


継続して、咲き続ける。 
永遠に、咲き続ける。 


誰にたいしても開いて見せるのではなくて、大切に感じている人にだけ開いて見せる。 


わたしは開き続けていたいから、そんな開き方をしています。 


だから、表立ったことはしないのです。 



花開いた姿に群がるのは、蝶々や蜜蜂だけではないから。 


愛する空ちゃんを悲しませないために、空ちゃんの前では100%開くけど、他の人の前では?%です^^ 


まあ、?%でも そこそこ威力はあるからね。ハハハ〜 




一昨日、昨日と基本的な生活を送ることの大切さを書いてきたわけですが これは、あくまで基本的なことであり、人それぞれ基本的にするべきことが違います。

なぜなら、一番に優先すべきことは『生きること』だからです。


生きていくために稼ぐことをしずに、基本的なことに重きを置くことは違うからです。


人によって生活リズムは違いますし特性もありますね。


家族の多い人と一人暮らしとは違うし、小さな子供がいるのに ほっポリだして掃除をガシガシ出来ないです。


だから、一人一人基本的にするべきことは違うのです。


しなければならないことではなく、するべきこと。


それは、この地球に生まれてきて 人として生きるということです。


人として、です。



ブログを始めた当初は、書いていました。


でも 最近、書かなくなったのは わたしがフォローできるようになったからです。


出来ることまでは自分でやっていただいて、それ以上のことはわたしが介入します。


それはわたしの役割のひとつでもあるのです。


努力している人の手を繋ぎ引き上げます。



全部ができなくてもいい。

わたしの手が伸ばせるところまで来てくれればいい。

手を繋いだら絶対に離さないから。


それでも 手を振り切って離れていく人もいます。

奈落の底に落ちてもわたしは引き上げるチャンスを待ちますし、叱咤激励します。


手を繋げるところまで、上がってきてほしいだけです。





わたしは、昨日書いた、やるべきことをやってきてる人間ですが すべての人がそれをやらなければいけないわけではなくて 人を引き上げたり導く役割があるから、それをやってきていることがあります。
だから、役割に応じて やるべきことは違うのです。



しなければならない ではなくて、やるべきことを見つけてくださいね。


見つけて努力していたら、わたしが引き上げに参ります。


また 導く役割があるならば、昨日書いたやるべきことは必須です。

それをやらずに、手を繋ぐ人を増やして 一緒に奈落の底に落ちていく人を見るので 思い余って書かせていただきました。

あなたの当たり前は世間の当たり前じゃない。
あなたは ただ、自分の思い通りの世の中にしたいだけではないのか?

と、誰かに言われたことを思い出しました。

まあ、確かに^^


そう感じる人もいるんだなあ〜


自分の思い通りにしたい?


この世界は 誰がどんな生活を選択しようと自由なんだ!
って 自由を履き違えていませんか?




わたしの思考は、根源はワンネスだから、そういうワンネスじゃないことを言われると思考がストップするのです。

また 昨日、FB内で起きたことは 未だに意味不明です。



言いたいやつらには言わせておけ!と言われます。
そこを気にすることはない と言われますが 指摘されたことは直したいだけなのです。

気にするもなにも開けたら閉めなきゃって思うだけです。


開けたら開けっぱなし

これが自由ということですか?


生きる上での基本的なことができてこその自由。


地球に生きる上での根本的なことも出来ずに、何が自由を得られるというのだろう?


それは、地球に逆らうということ。


自由と逆らうと履き違えてる。


穏やかな生活をしたいならば、気づかなきゃね。


穏やかで何もないから不安になると言われることがあります。


穏やかに過ごせることが一番です。


現実的には何もなくても心が騒ぐことがあります。


それは、穏やかとは言えない。



穏やかに過ごすことは日々の努力からですね。





まあ、わたしはだれよりも根本的なことはわかっているという自負心があるから、それが人には腹が立つのだろう。

『やることは、きちんとやってるの わたしは。
やることやってもいない人に、ガタガタ言われたくないわ。』

という自負心。


目の上のタンコブ的な存在です^^


見せつけ過ぎると、弘法大使様からお叱りを受けます。

でも、たまにはちらみせするよ^^


印籠みたいなものですね〜


やることやってるという印籠を持ってるから、穏やかな生活を送れるし 何をしていてもおとがめないのですよ〜


結局、自由というのは 神様全部に許されるってことなんです。

やる!と決めても、感情が邪魔をして出来なくなることがあることもわたしは知っている。


だけど、書かずにはいられないのです。


努力することの素晴らしさを知っているからです。


最初は、苦しいかもしれない。


だけど、だんだん馴れてくるものなのです。


それか 続けることが出来ないからどうしたらよいですか と相談すればよいのです。


相談を受けたら、やみくもに、やりなさい!とは言えないものだから。


また ここまでは努力したけれど この先が難しいです、との相談も必要ですね。


なにごとも、コミニュケーションは大切ですね。



努力したら努力した分だけ知恵が授かるものですよ。



それは、努力してみないとわからないものですね。


宇宙や社会の優しさを知っていただきたいです。

朝、目覚めたら 顔を洗って身支度して神仏に手を合わせ、生かせていただけてることに感謝する。
そして、自分をつくっていただいているご先祖様にも感謝し、ご供養させていただく。

その後、身の回りの掃除をして 朝食のしたくをして 朝ごはんを感謝していただく。


そのあとは、家事をこなしたり 仕事や遊びに出掛けて 帰ってきたら 無事に帰宅できたことに感謝申しあげ、食事をして お風呂に入り 一日の反省と明日の予定して就寝。



簡単に書きましたが、これが 人としてより良い人生を歩むための基本です。




基本的なことも知らずにやらずに、仕事がうまくいかないと嘆いてみたり、病気になったり、心がざわついたり、、、、。


人としての基本的なことをやらずに 遊びで神社詣りしてご利益をいただけるわけがないと思いませんか?


家の掃除ひとつしないのに、外でうまく仕事ができると思うの?


これって 基本的なこと過ぎて 最近は書かなくなったけど いろいろ履き違えてる人が多いから書きました。



娘にもよく話しますが、家でやらないことは外でもできない。



自分の身の回りのことをきちんできないのに、人から信頼されるわけがない。


やることやってからなら どれだけ遊んだり仕事をしても構わない。


いちいち、基本的なことを言われなければならないのでしょうか?



それは 心が浮わついているから。



出来ない、じゃなくて やるの。


そこに選択はない。




こんな基本的なことを実践しない人が、講演したり人を導いたりってできるのかなあ?



不思議だ。



当たり前過ぎて書かなかったけど 知らない人が多いのかな と思って書きました。

悩むならやることやってから悩めばいい。 
やることやってもうまくいかないことが、悩みというものだと思います。


命、魂と向き合って生きるということは、常に生きることに集中することだし、しいては、本能を研ぎ澄まして生きていくことに繋がります。


やりたいこと、望みも必要だけど 基本は、生き延びていくことが大切なのです。


そのために自立が必要です。


だけど それだけでは片手落ちで、危機管理能力が必要になってきます。


生き延びるための見極めが必要。



ミサイル発射やツインというキーワードは、



生き延びていくための見極めができますか?

自立できていますか?

危機管理能力はありますか?

という意味なのです。



それを 誰の言葉を信じているのか知らないけれど、飛んできていないだろうと余裕でいるのは、鈍感過ぎて、話しにならない。




『ツインソウル、ツインフレーム、ツインレイ』といった 魂繋がりの人との出逢いを求めている人が多いですが、根底にあるのは、生き延びていくための知恵を授かりたいという魂の想いによるものです。



『ツインソウル、ツインフレーム、ツインレイ』が離れているのは、どちらかが生き延びるための魂の知恵なのです。


一緒にいて 互いに、死んでしまったら、地球に来た意味がないでしょう。

どちらか生き延びるために離れているのです。


一緒になりたければ、自立して本能を研ぎ澄まして生きることです。


それならば、一緒にいられる。




ミサイルが本当に飛んできてるかどうかわからないようでは、まず無理でしょう。



危機管理能力、本能と書きましたが、それがあれば 仕事ができるはずです。


生きていくためのお金を稼ぐことは楽にできるようになるものです。



全部、つながっているのです。


覚えておいてくださいね。

これからの世の中って より魂意識が顕在化してくるから 自我の強い人は、はがされたくな〜いって頑張るので、心が混濁してくる人が増えてきます。



顕在意識が魂意識で生きようと納得していれば良いのですが、顕在意識と魂意識が喧嘩しちゃってる人は 結局は魂意識で生きることになるんだけど、頑張るから心がモヤモヤしっぱなしです。


自我の強い人は困ったモンです。


それで 自分がどうしたいかわからない!って声を上げるのですが、実際には、どうしたいかわかっていても、魂が進ませてくれないっていう状態なのです。




いやだ、いやだ と叫んでいても 魂の生きたいように進むのだから、観念したほうがよいのです。



わたしの周りの人の場合ですが、わたしの周りには わたしを目の敵にしてわたしを否定することで自分を強くみせようとしてきたり 自分はいかに良い人間かをアピールしたり自分は正しいことしかしていないとアピールしてこられる人が多いです。


意識されたりライバル視されます。



そこと付き合うのは正直、面倒です。


わたしは相手に対しては尊重して付き合いますので よりわたしを否定する傾向がある反面わたしにコテコテに癒されて、ゴロニャン♪したり、 何でもありです^^


くっつくのもわたし、ストレス発散の的になるのもわたしってわけです。


なるべくなら、ベタベタしていてくれたほうがありがたいですが 第3者がいると わたしよりも自分のほうが優秀だとアピールするためわたしを悪者扱いしてきます。


また 自分はいかに良い人間かを面々と聞かされることも多々あります。


その方達を通して わたしはもっともっと、自分を高めようと思いますし律して生きようとも思っています。


しかし 周りの者たちが心穏やかにならないのは わたしがそこに振り回されたり情が入ったりするからです。



わたしさえしっかりしていれば 周りの者を整列させていけるのです。



いくら自我が強くても わたしのそばにいてくれれば わたしが引き上げていきます。



安心してください。




そのために わたしは存在します。




そのために わたしは生かされています。




もっともっと、高めていきます。



よろしくお願いいたします。

安かろう悪かろうという主義の人は、物の価値をわからないのだと思う。


物の価値がわからないから大切にできないし、人も大切にできないのだと思います。




大切に使う。


大切に扱う。



これが人を大切にして、自分を大切にする秘訣なのだと思います。



日々の生活の中で 大切に想う気持ちを 自分にも誰にでも、どんな物でも 向けること。



それが生きるということだと思うのです。

今、命があることに感謝をする。



何故、命があることに感謝ができないのかと言ったら
魂に背いた言動をしているからです。



魂に背いた言動さえしていなかったら 感謝はできるはずなんです。



どうして 魂に背いた言動をしてしまうのかと言ったら 心が弱いからです。

感情に流されてしまうからなのでしょう。



感情というのは、お空の雲のような存在です。


消えたり、増えたりします。


そこに、重きを置くものではありません。




わたしたちの魂は、元々 晴れています。



そこに意識を向けてください。



雲に意識を向けるのではなく、空に意識を向けるのです。



澄み渡るような大空をわたしたちは誰もが持っているのです。

7715b7b5.jpg左の胸に手を当てると、
コクン、コクン と鼓動が手のひらに感じる。



生きているんだ。

今、生きているんだ。



悩みや苦しみはあるけれど、生きている。

今、生きている。



どんなに、苦しくても 辛くても 生きている。




何のために生まれたんだろう。

どんな使命があるのだろう。

生まれてきた意味が知りたい と想いあぐねても、この鼓動は、止まらないんだ。


いつも、いつも この鼓動と共に生きている。


今を生きている。



生きている喜びをあらわしているかのように、今 鼓動を感じる。


今、生きている。。。

このページのトップヘ