この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

わたしは、地球にグラインドしています。 わたしの意識は地球に同調しています。 わたしの想いは地球の想いです。 わたしの叫びは地球の叫びです。 わたしの言葉は地球からのメッセージです。 少しでも、みなさんに 地球の想いを感じていただけたら幸いです。

カテゴリ: 生きる!


お友達同士だからといって、ダラダラなあなあの付き合いをしていませんか? 


ハッキリすっきり言い合える関係を築けていますか? 




言いたいことがあるのに、黙って我慢していませんか? 


相手は言われなければ気付かないのです。 


言わないことが優しさでも思いやりではないのです。


自分の気持ちを伝えて去っていくような人は本当の友達ではありませんし自分の本当の気持ちを伝えられない相手は友達とは言いません。 


わたしは誰にたいしても「ありがとう」も「いやだ」も「好き」も「嫌い」も同じように偽りなく伝えます。 

それが相手に対する礼儀であり誠実さだと思っています。


偽る言葉を自分の口から発することは自分を攻撃することでもあるのです。 

わたしは敏感だから自分を偽れないだけなだけですけど、
鈍感な人は出来てしまうようですが、鈍感でも攻撃していることには変わりないです。感じないだけで。 



躊躇せず、自分の正直な気持ちを伝えましょう。


人は離れていくかもしれないけど、魂は離れてはいかないよ。 




生きるって、毎瞬、毎瞬、自分の正直な気持ちを伝えることだと思うよ♪ 




最近、あちこちと出掛けていろいろ話を聞くことが多いのですが、自己主張は強くても学ぶ姿勢のない方の多さに驚きを隠せません。


自分の学んだことを発信したいとか主張したいという気持ちの中に、もっともっと学ぼうという意欲や学ばせていただこうという謙虚さが見えてこないのです。 


その自分に大変満足しているのはわかるのですが満足し過ぎて、それ以上の学びを止めているのです。 


自分が上になって発信したり教えることはできても謙虚さがないからそれ以上の学びがないのです。 


もったいないなあと感じています。 



上になって発信したり教えることは比較的簡単で、人より控えて学ばせていただこうという意欲と謙虚さは身に付けないとできないことなのです。 


そうです。それは身に付けることなのです。 


これは姿勢です。 



最近は核家族化が進んで姑に上下関係を学ばせていただくこともないですし ましてや家庭間での親子関係でもお友達感覚の親子は多いです。 


配慮することや一歩控えて話をすることなどは日常的に身に付けていくものです。 


それが身に付いていないから人間関係でつまずくのです。 




学ばせていただきたいという心の姿勢ができていないと人は学びが身に付かないものです。 


その姿勢ができていない人がいくら学校に行ったところで身に付きません。 



メールアドバイスではそこから教えていますが、これこそが基本で和の精神です。 



メールアドバイスの方々には手取り足取り教えますが、普段はいちいち教えることはしないのでブログに書いてます。



人が成長したいとの想いは意欲と謙虚さを生むものです。 



学びたい気持ちは学ばせていただこう!という意欲と謙虚さを生むのです。 


発信したい、主張したい想いが強すぎては、身に付くものも身に付かないですね。 





何か変わったことがあると すぐにいっぱいいっぱいになり、自分を責めてしまいがちになる方がいらっしゃいます。 


「自分はダメな人間なんだ〜」と。 


何故、そこで出来ないと諦めてしまうのでしょう?


諦めぐせがついているのではないですか? 



わたしは、逆に意欲的になる方だから、そうなってしまうことがわからないため共感は出来ません。 



たくさんあった方が楽しい♪ 
同時進行できるし♪ 



わたしたちは多次元に生きてる存在なので、本来なら得意なはずです。 



出来ない!ことがわからない〜 


分刻みで動くの好き〜♪ 



結局はON、OFFが出来ていないのです。 

ほら見てくださいな♪


「止」→「伸」→「止」→「縮」の動きこそが、呼吸の動きの元となるでしょ。 


呼吸をしっかりすること、ONOFFをしっかりすることが基本です。

諦めたら呼吸が止まるじゃないか!IMG_4421




《神の活動》


「空」という存在があった。 「空」という存在は、生命の中心の流れを示す。 
純粋なエネルギーであり、「止」とも表現される。 
また 物事すべてを統制する力も持つ。 
その「空」が進化したい!と発動した。 
そのため、「止」→「伸」→「止」→「縮」という動きが生まれた。 
これが「呼吸」の元始エネルギーとなる。 




 







自分を大切にできない選択はやめるという勇気。 



自分を大切にするというのは、そんな勇気を持つことです。 



自分の尊厳を守ることでもあるのです。 


理不尽なことをされたり言われるのを自分に許さないのです。 



自分の尊厳、命を大切にして生きる信念をわたしたちは源に持って生まれてきているのです。 



それを思い出してください。 


しかし、あなたが思い出さなくてもわたしはわかっている。 



だから わたしはしつこいのです。 



わたしは、人々の命と尊厳を守るために生まれてきています。 



ままのまま 




なんだか、ままのままさん節が炸裂してます〜 




人のお世話したり助けたりするのは、人生の目的ではないなあ〜と、つくづく感じる。 


何かで自分が楽しんでいたり喜びがあるから、その原動力で 助けたりお世話できるのだと思うんだ。 


人を助けることやお世話をすることを心の拠にしていたら、お世話される人を増やしてしまうよ。 

まずは、自分が心から楽しめることをするんだ〜♪ 



自分にとっての喜びや楽しみに敏感になろうよ♪ 



世の中が平和になれば 助ける人はいらない。 


助ける人がいるから助けられる人がいる。 



それよりも 
自分ありのままを表現できる人たちでいればいい。




『アンパンマンのマーチ』 



作詞 やなせたかし 作曲 三木たかし


そうだ!嬉しいんだ生きる喜び
たとえ胸の傷が痛んでも


何の為に生まれて 何をして生きるのか
答えられないなんて そんなのは嫌だ!
今を生きることで 熱いこころ燃える
だから君は行くんだ微笑んで。

そうだ!嬉しいんだ生きる喜び
たとえ胸の傷が痛んでも。

嗚呼アンパンマン優しい君は
行け!皆の夢守る為


何が君の幸せ 何をして喜ぶ
解らないまま終わる そんなのは嫌だ!

忘れないで夢を 零さないで涙
だから君は飛ぶんだ何処までも

そうだ!恐れないでみんなの為に
愛と勇気だけが友達さ

嗚呼アンパンマン優しい君は
行け!皆の夢守る為


時は早く過ぎる 光る星は消える
だから君は行くんだ微笑んで

そうだ!嬉しいんだ生きる喜び
たとえどんな敵が相手でも

嗚呼アンパンマン優しい君は
行け!皆の夢守る為 



::::::::::::::::::::::::::::::::: 


アンパンマンは、皆の夢である生きる喜びを守るために お腹を空かせた子供たちにアンパンをあげたり、助けたりしてるだけなんだ。 




生きる喜びを守るために皆を助けているんだ。 



だから、人助けは生きる喜びではないんだ。


アンパンマンの生きる喜びは他にあって生きる喜びがあるから、お腹を空かせた子供に自分の顔をあげたり助けたりできるんだ。


生きる喜びを見つけたら、誰もが幸せでいられるね。




人としての根本的な道理がまったくわかっていない人がいます。 


どれだけ説明してもわからないし、教えても理解できないのです。 




それはたぶん、失敗したり傷ついたり奈落の底に落ちてみたいのだと思う。 


嵐の時、外に出て飛ばされたいのだと思う。 



痛いことや傷つくことに鈍感というか とりかくやりたいだけなんだと思う。 


人にたいして悪気なくトゲのあることを言い放つのも ただ、言い放ってみたいのだ。 


周りにいる者はたまったものじゃないが本人は楽しいのだろう。 



やりたいなら、やればいい。 


人としての根本的な道理がわかるまでやり続ければいい。 




そんな人の周りには、そんな人を相手に学びを深めていく人がいるものです。 



誰もが師となるものですね。 



命の使い方ってあると思う。 


命の花を開きたいって気持ちもあるし、永遠に開いていたいという気持ちもある。 


花が開くと、蜜蜂や蝶々たちがやってきて、花粉を運んだり蜜を吸いにきて賑やかになるの。 


とても楽しいし嬉しい気分になる。 


でも 花が開ききってしまうと、葉が枯れたり落ちてしまい、終いには開ききった花は枯れたりしおれてしまう。 


花が開いている時期は短い間なのかな? 


そうではないはず。 

わたしは、そう思うの。 



命の使い方ってあるはず。 

自分という花の開かせ方ってあると思うの。 




自分の人生を花開かせたい!という気持ちはわかる。 

だけど 開ききったあとはどうするの? 

枯れてしおれてもいいの? 



人は自分だけで生きてるわけではなくて 愛する人や支えてくれている人がいるものだと思う。 


その人よりも自分が枯れてしまったら、どう感じるかしら? 


『死』というものは自分も辛いけど、残された人の方がうんと辛いとわたしは思うんだ。 


だから、愛する人や支えてくれている人を悲しませないためには、自分という花の開き方を考えた方が良いとわたしは思うのです。 


継続して、咲き続ける。 
永遠に、咲き続ける。 


誰にたいしても開いて見せるのではなくて、大切に感じている人にだけ開いて見せる。 


わたしは開き続けていたいから、そんな開き方をしています。 


だから、表立ったことはしないのです。 



花開いた姿に群がるのは、蝶々や蜜蜂だけではないから。 


愛する空ちゃんを悲しませないために、空ちゃんの前では100%開くけど、他の人の前では?%です^^ 


まあ、?%でも そこそこ威力はあるからね。ハハハ〜 




一昨日、昨日と基本的な生活を送ることの大切さを書いてきたわけですが これは、あくまで基本的なことであり、人それぞれ基本的にするべきことが違います。

なぜなら、一番に優先すべきことは『生きること』だからです。


生きていくために稼ぐことをしずに、基本的なことに重きを置くことは違うからです。


人によって生活リズムは違いますし特性もありますね。


家族の多い人と一人暮らしとは違うし、小さな子供がいるのに ほっポリだして掃除をガシガシ出来ないです。


だから、一人一人基本的にするべきことは違うのです。


しなければならないことではなく、するべきこと。


それは、この地球に生まれてきて 人として生きるということです。


人として、です。



ブログを始めた当初は、書いていました。


でも 最近、書かなくなったのは わたしがフォローできるようになったからです。


出来ることまでは自分でやっていただいて、それ以上のことはわたしが介入します。


それはわたしの役割のひとつでもあるのです。


努力している人の手を繋ぎ引き上げます。



全部ができなくてもいい。

わたしの手が伸ばせるところまで来てくれればいい。

手を繋いだら絶対に離さないから。


それでも 手を振り切って離れていく人もいます。

奈落の底に落ちてもわたしは引き上げるチャンスを待ちますし、叱咤激励します。


手を繋げるところまで、上がってきてほしいだけです。





わたしは、昨日書いた、やるべきことをやってきてる人間ですが すべての人がそれをやらなければいけないわけではなくて 人を引き上げたり導く役割があるから、それをやってきていることがあります。
だから、役割に応じて やるべきことは違うのです。



しなければならない ではなくて、やるべきことを見つけてくださいね。


見つけて努力していたら、わたしが引き上げに参ります。


また 導く役割があるならば、昨日書いたやるべきことは必須です。

それをやらずに、手を繋ぐ人を増やして 一緒に奈落の底に落ちていく人を見るので 思い余って書かせていただきました。

あなたの当たり前は世間の当たり前じゃない。
あなたは ただ、自分の思い通りの世の中にしたいだけではないのか?

と、誰かに言われたことを思い出しました。

まあ、確かに^^


そう感じる人もいるんだなあ〜


自分の思い通りにしたい?


この世界は 誰がどんな生活を選択しようと自由なんだ!
って 自由を履き違えていませんか?




わたしの思考は、根源はワンネスだから、そういうワンネスじゃないことを言われると思考がストップするのです。

また 昨日、FB内で起きたことは 未だに意味不明です。



言いたいやつらには言わせておけ!と言われます。
そこを気にすることはない と言われますが 指摘されたことは直したいだけなのです。

気にするもなにも開けたら閉めなきゃって思うだけです。


開けたら開けっぱなし

これが自由ということですか?


生きる上での基本的なことができてこその自由。


地球に生きる上での根本的なことも出来ずに、何が自由を得られるというのだろう?


それは、地球に逆らうということ。


自由と逆らうと履き違えてる。


穏やかな生活をしたいならば、気づかなきゃね。


穏やかで何もないから不安になると言われることがあります。


穏やかに過ごせることが一番です。


現実的には何もなくても心が騒ぐことがあります。


それは、穏やかとは言えない。



穏やかに過ごすことは日々の努力からですね。





まあ、わたしはだれよりも根本的なことはわかっているという自負心があるから、それが人には腹が立つのだろう。

『やることは、きちんとやってるの わたしは。
やることやってもいない人に、ガタガタ言われたくないわ。』

という自負心。


目の上のタンコブ的な存在です^^


見せつけ過ぎると、弘法大使様からお叱りを受けます。

でも、たまにはちらみせするよ^^


印籠みたいなものですね〜


やることやってるという印籠を持ってるから、穏やかな生活を送れるし 何をしていてもおとがめないのですよ〜


結局、自由というのは 神様全部に許されるってことなんです。

このページのトップヘ