この世界にあるすべてのものは感謝するために存在する

わたしは、地球にグラインドしています。 わたしの意識は地球に同調しています。 わたしの想いは地球の想いです。 わたしの叫びは地球の叫びです。 わたしの言葉は地球からのメッセージです。 少しでも、みなさんに 地球の想いを感じていただけたら幸いです。

カテゴリ: 生きる!


命、魂と向き合って生きるということは、常に生きることに集中することだし、しいては、本能を研ぎ澄まして生きていくことに繋がります。


やりたいこと、望みも必要だけど 基本は、生き延びていくことが大切なのです。


そのために自立が必要です。


だけど それだけでは片手落ちで、危機管理能力が必要になってきます。


生き延びるための見極めが必要。



ミサイル発射やツインというキーワードは、



生き延びていくための見極めができますか?

自立できていますか?

危機管理能力はありますか?

という意味なのです。



それを 誰の言葉を信じているのか知らないけれど、飛んできていないだろうと余裕でいるのは、鈍感過ぎて、話しにならない。




『ツインソウル、ツインフレーム、ツインレイ』といった 魂繋がりの人との出逢いを求めている人が多いですが、根底にあるのは、生き延びていくための知恵を授かりたいという魂の想いによるものです。



『ツインソウル、ツインフレーム、ツインレイ』が離れているのは、どちらかが生き延びるための魂の知恵なのです。


一緒にいて 互いに、死んでしまったら、地球に来た意味がないでしょう。

どちらか生き延びるために離れているのです。


一緒になりたければ、自立して本能を研ぎ澄まして生きることです。


それならば、一緒にいられる。




ミサイルが本当に飛んできてるかどうかわからないようでは、まず無理でしょう。



危機管理能力、本能と書きましたが、それがあれば 仕事ができるはずです。


生きていくためのお金を稼ぐことは楽にできるようになるものです。



全部、つながっているのです。


覚えておいてくださいね。

これからの世の中って より魂意識が顕在化してくるから 自我の強い人は、はがされたくな〜いって頑張るので、心が混濁してくる人が増えてきます。



顕在意識が魂意識で生きようと納得していれば良いのですが、顕在意識と魂意識が喧嘩しちゃってる人は 結局は魂意識で生きることになるんだけど、頑張るから心がモヤモヤしっぱなしです。


自我の強い人は困ったモンです。


それで 自分がどうしたいかわからない!って声を上げるのですが、実際には、どうしたいかわかっていても、魂が進ませてくれないっていう状態なのです。




いやだ、いやだ と叫んでいても 魂の生きたいように進むのだから、観念したほうがよいのです。



わたしの周りの人の場合ですが、わたしの周りには わたしを目の敵にしてわたしを否定することで自分を強くみせようとしてきたり 自分はいかに良い人間かをアピールしたり自分は正しいことしかしていないとアピールしてこられる人が多いです。


意識されたりライバル視されます。



そこと付き合うのは正直、面倒です。


わたしは相手に対しては尊重して付き合いますので よりわたしを否定する傾向がある反面わたしにコテコテに癒されて、ゴロニャン♪したり、 何でもありです^^


くっつくのもわたし、ストレス発散の的になるのもわたしってわけです。


なるべくなら、ベタベタしていてくれたほうがありがたいですが 第3者がいると わたしよりも自分のほうが優秀だとアピールするためわたしを悪者扱いしてきます。


また 自分はいかに良い人間かを面々と聞かされることも多々あります。


その方達を通して わたしはもっともっと、自分を高めようと思いますし律して生きようとも思っています。


しかし 周りの者たちが心穏やかにならないのは わたしがそこに振り回されたり情が入ったりするからです。



わたしさえしっかりしていれば 周りの者を整列させていけるのです。



いくら自我が強くても わたしのそばにいてくれれば わたしが引き上げていきます。



安心してください。




そのために わたしは存在します。




そのために わたしは生かされています。




もっともっと、高めていきます。



よろしくお願いいたします。

安かろう悪かろうという主義の人は、物の価値をわからないのだと思う。


物の価値がわからないから大切にできないし、人も大切にできないのだと思います。




大切に使う。


大切に扱う。



これが人を大切にして、自分を大切にする秘訣なのだと思います。



日々の生活の中で 大切に想う気持ちを 自分にも誰にでも、どんな物でも 向けること。



それが生きるということだと思うのです。

今、命があることに感謝をする。



何故、命があることに感謝ができないのかと言ったら
魂に背いた言動をしているからです。



魂に背いた言動さえしていなかったら 感謝はできるはずなんです。



どうして 魂に背いた言動をしてしまうのかと言ったら 心が弱いからです。

感情に流されてしまうからなのでしょう。



感情というのは、お空の雲のような存在です。


消えたり、増えたりします。


そこに、重きを置くものではありません。




わたしたちの魂は、元々 晴れています。



そこに意識を向けてください。



雲に意識を向けるのではなく、空に意識を向けるのです。



澄み渡るような大空をわたしたちは誰もが持っているのです。

7715b7b5.jpg左の胸に手を当てると、
コクン、コクン と鼓動が手のひらに感じる。



生きているんだ。

今、生きているんだ。



悩みや苦しみはあるけれど、生きている。

今、生きている。



どんなに、苦しくても 辛くても 生きている。




何のために生まれたんだろう。

どんな使命があるのだろう。

生まれてきた意味が知りたい と想いあぐねても、この鼓動は、止まらないんだ。


いつも、いつも この鼓動と共に生きている。


今を生きている。



生きている喜びをあらわしているかのように、今 鼓動を感じる。


今、生きている。。。

他者への奉仕が喜びならいい。


他者への奉仕が 自分にストレスを感じることならば、やめた方がいい。


あなたにとって生きていくために必要なことはなんですか?


仕事をして収入を得ることを粗末にしてはいけない。

生きるとは、命の光を消さないこと。


自分の命の光を消さないために 人は働き、食料を得る。


それが、基本。



与えられた仕事をさせていただき、感謝をして 生かされる。



人はそうやって、生きていく。
生かされる。



自分の使命がなんであろうと ただ、生かされていることに感謝して生きていければ いいのだと思う。。。

現実を見るということは 起こった出来事を 感情を入れずに ありのままを受け止め、対処、行動することです。



最近の不安定な天気は 私たちの現実力、人間力を高めさせていただけるものです。

竜巻、突風などありますが、その事実を受け止めて、冷静に対処することを学ばせていただけます。


恐怖を感じることなく 対処、行動しましょう。


決して、恐怖心を持つことなく、冷静に対処しましょうね〜


今、自分にできる最善の方法を冷静に考える力を養うために 物事は起こります。

冷静に…
冷静に…

最善の方法を考えて、行動しましょうね〜


私たちは守られています。

このページのトップヘ