この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

「わたし」が今、なぜ、ここで生きているのか。 人は本来この世の中でただ一つの命として、自然で無垢な、すがすがしくも清らかな存在です。 しかし現代では、その姿を保つには相当の努力が必要なことのようです。 心身を清浄に保つためには、神や祭り、自然の力をかりて謙虚な気持ちに立ち返ることが必要です。 自分の目の前に差し出されたことを真摯に受け止めてください。 出来ないことは求められないものです。 息の本体に帰ってください。 息の本体に帰り、愛となれば、望んだことは一寸の狂いもなく叶えられるもので、望みが叶えられないのは、我が身が愛でない証拠。 だから、息の本体に帰ってください。 ご自身の「根っこ」を見極めるために、父母 をこえる存在として神や仏、自然の世界やご先祖様の存在が解ると、大きな心のよりどころを得ることになるものです。 日本の文化や風習、特に日本人のこころに脈々と受け継がれてきている信念を取り戻すことは、古くからある豊かな心をとりもどさせてくれるだけでなく、新たな価値観を生み出す大きな手段ともなるものなのです。 そのために出来ることを日々、お伝えしています。

カテゴリ: 信頼


わたしは神に遣われる身だから 神の御意思に従います。 


ただ わたしは、それに遣われるだけなのです。 


神に遣われるだけのわたしから発せられる言葉は尊いものです。 


しかし それをいい加減に扱われると憤りを感じます。 


尊いものだからです。 



わたしが憤りを感じたら、神々はそれ以上 わたしを動かさなくなります。 


神々のご意思でわたしを動かさなくなるのです。 

そうやって わたしは神々から守られています。 


媒体であるわたしを労り助け続けてくださるのです。 


ありがたいです。


媒体であるわたしの体が壊れたら神々の降りる先がなくなってしまう。 

そのため わたしは守られる。 



その想いを感じているから わたしは、また 立ち上がれるのです。 




神々との信頼関係があるからわたしは生きていけるのです。 




そうやって 神々が一見さんお断りしてくださるのは、とても心強いものです。 




人から信頼されるには、周りと調和する言葉からです。



記事への投稿しながら、お部屋の掃除をしながら、メールアドバイスしながら〜 

と いつもの同時進行スタイルです。 


この同時進行でメールアドバイスというよりも電話でアドバイスしていまして、嬉しい報告がありました! 




わたしが、こうやって言うといいよ♪とアドバイスした結果、良い報告を受けました。 


こうやって言うといいよ♪の理を延々と話し納得してくれたため、間違えることなく相手に伝えることが出来、後々、スムーズに事が進むことがお約束されたからです。 


自信もついたことでしょう。 



彼女にしてみたら わたしに言われたことをそのまま伝えたに過ぎないと思うかもしれません。 


だけど それを確実に相手に伝えたことで しっかりしたお嬢さんなど良い印象を与えることが出来たのです。 



「こういうものなんだ」と言葉にならないけれど 実感出来たかと思います。 


それを繰り返していくことで、次第に身に付いていくのです。 


最近は、わたしがしっかり付き添いますが徐々に手を離していきます。 



そうやって 信頼される人へと育てていくのです。 


わたしが教えるのは、周りと調和する一言です。




例えば、 

『主人に聞かないとわかりません』 


便利な言葉だこと^^ 




信頼関係を築くことの努力をしていない人は、信頼関係を築くことの難しさを知らない。 



わたしは常々、信頼関係を築くこと大切さを書いてきています。 


それは、努力をしてきているからです。 


だから 人との信頼関係の築き方がわかるのですが そんなに容易いことではありません。 


だって 相手はわたしと違う要素を持っているからです。 


ないものは推し量れないから、探りながら進めていきます。 


丁寧に丁寧に探りながら、察していきます。 



ひとつ間違えたら、信頼は失います。 


だから、慎重になるのです。 




そんな丁寧に接してきた人はわたしの宝物になります。 

財産になるのです。 




わたしは通りいっぺんの付き合いが出来ないタイプでめんどくさいと言われればめんどくさいかもしれません。 


仕事は神様事をしていますが人間臭い一面を持っています。 



だから、財産となった関係はわたしには誇りとなるのです。 




それを汚されることは、わたしにとっては腹に流れないことなのです。 




色んな人がいるものです。 




人間関係を築くことにおいて、紹介者が居るのといないのはまったく違うものです。 


それは、紹介者がないのは一見さんになるからだ。 



わたしが雲龍さんの笛の会に参加させていただく時は必ず、司辻さんに伝えてから行かせていただきます。 


司辻さんは、直接の紹介者ではないですが、司辻さんと雲龍さんの関係を知っているからです。 

だから、帰ってきたら必ずご報告させていただきます。 



そんな付き合い方は今では、一般的ではないのかもしれないけれど、昔はよくあったと思います。 



一見さんお断りとも言われるアレである。



逆にわたしが雲龍さんを紹介する場合は、行く前に教えてねと伝えます。 


そういうものです。 


事後報告でなく、行く前です。 



それは、お礼だったりよろしくお願いします、とのお願いだったり何か伝えたいことの伝言であったりを請け負い伝える役目を駆って出るためでもあります。 


それが紹介者にたいしての礼儀であり感謝だからです。 


それがないと、ただの一見さんで終わってしまう。 


一言、「◎◎の紹介です」という言葉だったり「◎◎がよろしくとお伝えでした」という言葉を伝えたなら、相手の方からは「聞いてますよ。楽しんでいってくださいね」と声をかけていただけるだろうに、何も言わなかったら素通りされる始末だろう。 


これは根回しとも違う粋な心配りとも言えます。 

また、勝手に紹介者があるときどっても、「聞いてないよ、おかしいなあ」とも言われてしまう。 


だから わたしが誰かに人を紹介する場合は、必ず 「わたしの紹介で来ました」と言ってね、と念押しします。 


良くしてもらいたいという姑息なものではなく、ただ わたしと信頼関係が築けている方なら、必ず 良くしてくださることを知っているからです。 



信頼を築くことの苦労や努力を共有できてるから  信頼を結べるのだと思います。 



メールアドバイスやフルネーム鑑定で直接、やり取りさせていただく方には、そんな話しも織り混ぜているのですよ。 





最近は紹介しても事前報告も事後報告もない人が多いです。 
一見さん付き合いしか知らない人にはわからないことかもしれません。 

知らない人には教えれば良いだけですが出来ていて当然と思われるお立場の人には憤りを感じずにはいられません。 


世も末かしら? 




厳しいことを書いてるけど これが人から信頼されるための基本です。 


ダラダラおしゃべりできる人よりも口数は少なくても重要なことをわかっていて話す人のほうが信頼されます。 


お金持ちになりたい、豊かな心を持ちたいと思うなら実践すべきことです。 


豊かな人はこれを実践していますし、心の中はこう思っているものです。 

言わないだけで。 




言われなきゃわからないではなくて、気づかなきゃ。 


わたしたちは人と接することで成長していけるのだから、人から学ぼうと言う姿勢は必要です。 



豊かになればなった分、責任を負うのは当たり前。 


富が増えるのだから。 


ないときはわからない。 

あることの責任です。 


権利もあるけれど義務もある。 


権利と義務はセットです。 



ないと思っている時は権利を主張するけれど いざ権利を得たら義務はいらないという。 


そんな発想だから、豊かになれない。 


権利を主張したら義務があるのは当たり前。 



豊かになればなるほど 義務感が生まれます。 


義務感がないのは、受け取る器ができていないということだから、入っても出ていきます。  


自分の器を大きくするためには 自分の心の義務感を育てることです。 


豊かさがないと義務感は育たない。 




人が富を所有する理由は、人としての義務感を育てる目的だと思います。


そうやって 人は成長をするのです。 





お金が欲しい、お金持ちになりたい、収入を増やしたい と聞きますが、収入が増えたら増えただけ、責任も増えるってご存知ですか?  


満たされたら満たされただけ、背負うものは大きくなります。 


そのため、何かしたいとか何か欲しいとか思わなくなり、結果 入ってきても自分のために使おうと思わなくなるものです。 




最近のわたしは、まさにそんな状態で、前にも増して欲がなくなったと同時に 責任感?も以前にも増したので なんともどっしりとした生活を過ごしています。 


これには、自分としても不思議で、ゆったりどっしり過ごしています。 



また 特に重要でもない話をされると 雑音にしか聞こえないため、受け答えも億劫になり口数も少なくなりました。 


それなのに、自分都合でわたしの都合を伺うことなく矢継ぎ早に話してくる人もいます。 


わたしの都合は関係なく、自分の意見だけ先に言っておけば、あとはわたしが考えて行動してくれるだろうと、わたしがすべてを受け入れてくれるとタカをくっているのです。 


わたしは最終的には受け入れますが、わたしの都合を伺ってこない人は最初は受け付けません。 


相手都合では動かないのです。 



自分が100%受け入れOKになってから話を聞くようにしています。 




あきらめない、間違えない をモットーに生きてるわたしですが、わたしはこの生き方が自分らしいし楽なのです。


楽と聞いて、不思議に思うかもしれませんが 楽なのです。


だから、自慢することでもなく書いてます。


自分を律することや自分に厳しいことも わたしは楽なのです。


難しくないし楽しいのです。


自分らしく生きてるだけだから。


だから、継続できるのです。



わたしは基本、できないことはやらないし、首も突っ込まないです。


楽だから、やってるんです。


なぜなら、感情がないから。


自分の行動を邪魔する感情がないから、サクサク動けるのです。




わたしは、内観浄化を繰り返してきて 感情がほとんどないので このように動けるようになり、一目置かれることになったに過ぎないのです。


だから、威張ったり自慢することでもないのです。



ホント、わたしは内観浄化を繰り返してきたおかげで 今まで苦手だったことが出来るようになったというだけです。


最初は、努力は必要ですが 加速がつけは誰でもできます。


サクサク出来るようになります。


「克服してきました」と先記事では書いたけど、そんなたいそうなことでもないのです^^



だって わたし、基本は、できないことはやらないし、首も突っ込まないです。


出来るようになってきたから、手が出る足が出て、お口も達者になってしまった ってだけです。




だから ホント、改まって感謝されると 恥ずかしいのです。


自分としては、自由に楽に生きてるだけで 一目置かれたり感謝されるのですから。。。



これがわたしにとっての楽で自由な生き方です。

いつのまにかなりたい自分になってる


と、ふと 感じました。


確かに、今まで 様々な努力はしてきました。

だけど、そのために努力してきたわけではありません。



わたしは、仕事はしていますが、そこで稼いだお金だけで生活してるわけでもなくて、主人に養われてる身でもあります。

だからといって肩身狭く生きてるわけでもなくて、自由に暮らしています。


主人には、わたしはドラえもんのポケットを持っている と言われます。


主人から投げ掛けられた一言で、様々な情報を受け取り、その時に必要なものをさっと差し出す、その技はスゴイと誉められ、一目置かれています。


そうそう、わたしはどんな人や場所においても一目置かれています。


わたしは芸術的才能はないですし、音楽にも疎いです。

事務的なことも苦手で、世間的にみたらできないことが大変多い人間です。

そして、勉強が出来たかと言ったら、そうでもないです。


だから、以前言われていた勝ち組負け組に分類したら負け組に分類される人間だったと思います。

でも 今では、勝ち組と言われる方々からも一目置かれるようになりました。


それはどうしてかと言うと、わたしは正確だからだと思います^^


どういうことかと言いますと、
苦手なことはたくさんありますが、その中でもわたしは苦手なことを克服してきました。

結果、出来ないから出来るに変えてきたのです。
また わたしはそれを継続してきたということもあります。

今でも、継続中です。



あきらめない。

間違えない。



わたしは、これをモットーにしています。



ブログには、わたしの見えない世界の話やエネルギーの話、指先ひとつでエネルギーを動かすことなどを織り交ぜて書いていますが、わたし一個人としましては、そんなことはわたしの一部分です。
また、さっきの話し(ドラえもんのポケット)もわたしの一部分です。


わたしは、普通に人間として、あきらめないし間違えない、をモットーにして生きてる人間なのです。


それが周りの人から認められて信頼され、一目置かれる要因です。


それをしてきたら、あら不思議?エネルギー的なことが次第に出来るようになり開けてきたのです。


人間らしく、人間として、人間に紛れて、生きていく努力をしているわたしの隠れたご褒美がドラえもんのポケットを授かった、ということになるのかもしれません。



一目置かれるためには、正確さを目指すことが鍵かもしれませんね。


わたしは人には甘いですが自分には超、厳しいです。

つい、最近のことなのですが チャネリングを受けてきました。

少し、知りたいことが生じたので。

その内容以外に主人や娘のチャネリングもしていただきまして 主人や娘からは頼られている、信頼されていると言われました。

女のわたしが頼られているというのもおかしな話ですが、嬉しかったです。

また、以前、2人の方にそのチャネラーさんを紹介したことがありますが、チャネラーさんが、お2人の方の話に触れ、「お2人から信頼されているんですね」とも言われました。

こちらも、改めて言われて嬉しかったです。


わたしとしては、自分に嘘つくことなく、誰とでも接しています。

ただ それだけです。

先日、書いたFBの記事のコメントで、こんなことを書いてくださった方がいらっしゃいます。

「この人にならどんな自分をみせても大丈夫。愛されている。何度そう思ったかわかりません。
いつもありがとうございます。」


ありがたいなあと思います。


自分を信じて生きてきて良かったし、結婚して良かったなあ と思います。

また チャネリングの内容ですが、結局 知りたいことは1/10 ぐらいであとは、あれもこれもやってる♪よくやってる♪と誉められっぱなしで でも、まだまだ、できるから もう少し、表に出なさいというものでした。

これも、信頼されているってことです。


ありがたいなあと感じます。

表に出るって考えたことないですが、宇宙がお膳立てしてくれるようです。

70197217.jpg 清濁併せ呑むこと。


それは、中庸とは違うと思います。


清濁併せ呑む:
良いことも悪いことも、善人も悪人も、綺麗なものも汚いものも、隔てなく受け入れることが出来る。その度量の大きさ、器の大きさなどを表す例えで使われることわざです。


清濁併せ呑むとは、善人でも悪人でも、来る者はすべて受け入れる度量の大きさを表すたとえ。

大海が清流も濁流も隔てなく受け入れることから、心の広い人のこと。

「清濁」とは、善と悪・善人と悪人・賢者と愚者などのたとえとしていう。


> 今の世の中は、清濁併せ呑むことができる人が求められているのかもしれません。


紫陽花の花言葉
元気な女性
辛抱強い愛情
一家団欒、家族の結びつき

「強い絆で結ばれている」

このページのトップヘ