この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

「わたし」が今、なぜ、ここで生きているのか。 人は本来この世の中でただ一つの命として、自然で無垢な、すがすがしくも清らかな存在です。 しかし現代では、その姿を保つには相当の努力が必要なことのようです。 心身を清浄に保つためには、神や祭り、自然の力をかりて謙虚な気持ちに立ち返ることが必要です。 自分の目の前に差し出されたことを真摯に受け止めてください。 出来ないことは求められないものです。 息の本体に帰ってください。 息の本体に帰り、愛となれば、望んだことは一寸の狂いもなく叶えられるもので、望みが叶えられないのは、我が身が愛でない証拠。 だから、息の本体に帰ってください。 ご自身の「根っこ」を見極めるために、父母 をこえる存在として神や仏、自然の世界やご先祖様の存在が解ると、大きな心のよりどころを得ることになるものです。 日本の文化や風習、特に日本人のこころに脈々と受け継がれてきている信念を取り戻すことは、古くからある豊かな心をとりもどさせてくれるだけでなく、新たな価値観を生み出す大きな手段ともなるものなのです。 そのために出来ることを日々、お伝えしています。

カテゴリ: 許す

f1ae54a1.jpg

自らの心の中にジャッジする心がある者は、自分を誇示したがり、優劣をつけたがる。 


これからの世は ますます、そのような者が増えるだろう。 



しかし、そのようなことには注目せずに 寛容な心を持つことが これからの時代には必要なことでしょう。 


自らを高めることは自身にとって良いことであるが 優劣をつけることは、自らを落とすことになるので戒めることです。 


また、そのような者には、自分を見せないことです。 


見せたら、攻撃の対象になるかもしれません。 


だから、控えるのです。 


それが 真の賢さです。 


真の賢さは見せつけるものではなく、にじみ出るものなのです。



にじみ出る、、、、とは、口に出さなくても解らせる力でもあります。

その力があるから許せるのです。 

許されたものは、その力をまざまざと見せつけられているのかもしれません。 
div>





これは、割れなべに綴じ蓋ということだと思う。 

結局 わたしは謝られなくても、言葉を発しなくても許すから 相手は謝らないし言葉を発しないのです。 


許すというのはくせ者です。


成長を止めることにもなりかねないからです。 


なりかねない。 


必ず、ではない。 なりかねないです。 


これはどういうことかと言うと 


通常なら、どんなことでも許されるなら 自分が謝るようなことをして悲しませないように努力しようと考えるものですが 
どんなことでも許されるなら どんな悪いことをしても大丈夫だろうと考える人が現れることが考えられるからです。 


それでは成長できないですね。 


そうならないために わざと許さないこともあります。 


相手を見ながら使い分けします。


誰でも許すことはしないのです。 



許すということは、さまざまな情況を想定して、その人にもっとも最適に働くように考えた中でのひとつの行動です。


情報処理能力がつかないと受容することは難しいものです。 




真の豊かさとは、自分だけが幸せになるのではなくて 自分と家族とそのまた、周りの人々が幸せになること。



そのためには まず、自分を許せる人になること。



みんなみんな、おんなじだね。


曖昧でもいい。


許しあっていけたらいい。


そうすれば、仲良くいられる。


許し合っていられる。

許すという行動を具体的に書いてみたいと思います。


許す対象ととなるものに対等になって、意識を向けることから始まります。


最初は、心がざわついたり嫌がったりもがきます。


それは、対等になれないからです。


対等になるというのは、対象ととなるものに敬意を払うことでもあります。


敬意を払うことでもあります。


敬意を払うためには、自分の方が優れているという思いをなくすことや人をジャッジする気持ちをなくすことです。

そして、決しておごり高ぶらないことなのです。

それは、自分に自信がありながら それを表には出さず、謙虚でいることなのです。


自分に自信があるから人を許すことができるのです。


だから まず、人を許せる人になるためには、自分に自信をつけることなのです。



覚えておいてくださいね。

裁かれても許す

理不尽なことをされても許す



そんなお試しが降ってくることがあります。


そんな時には、同じ土俵に乗らないことなのです。




人は自分が批判されたり非難されると、自分を守ろうとして相手を攻撃しようとします。

それが、相手の思うつぼなのです。


他者から非難されたり批判されることを引き起こさないことが大切なのです。


そのためには、自分を律することであったりそうならないための努力が必要なのです。

また、そこに近づかないことも大切です。


非難、批判されることをしない そこに関わらないのです。


それが、自分を守ることになるのです。


それは、逃げることではないのです。



どこまでも許すことができる器があるなら、関わることも良いでしょう。


許すこと、受け入れることが難しいと考えるなら関わらないことが一番です。




しかし 許すことができる人に対しては そんなお試しが降ってくることがあります。


許す(相手を受け入れる)と相手が変わるからです。


相手の心が変化します。


自分がどこまでも理不尽なことを言っても、どこまでも許されると人は癒され、心がゆるむのです。


わたしはそれが見たいのかもしれません。


人が癒された瞬間です。



人が癒され、固まっていた心が溶けるのをわたしは魔法と呼びます。




魔法は許す心から生まれます。



それは 空ちゃんにコテコテに愛されているからできること。

空ちゃんに愛されているから誰をも許して生きられるのです。


もひとつ重要なことを忘れていました。


裁く心を持っていると、裁かれることを引き起こします。


ちょっとしたミスから大きなことまで幅広く引き起こします。


出来ないことがあるのも それが要因であることもありますし、周りに裁く気持ちを持っている人がいると、その影響を受けて思わぬミスや間違いを引き起こすことがありますので注意が必要です。


そのためには、許す心が重要になってきます。


相手を許す、自分を許すことが大切です。


相手を許す、自分を許すって 自分の過ちをなかったことにすることではなくて
自分の過ちを素直に認め、二度と起こさないように努力することです。


いくら 相手のエネルギーに翻弄されたからといっても ボケっとしているから、翻弄されるのです。

そのためには、地に足をつけた生活を心掛けることが大切なのです。



裁く心、裁かれること どちらにしても 許していくことがわたしたちの課題と言えるでしょう、


そのためには、自分が満たされることではないでしょうか?


自分が満たされたら相手を非難することもなくなりますし、万が一 裁かれても許すことができますね。

この世に起こることは、すべて裁く心を解放させるためのお試しのような気がします。




この8月は長崎広島に原爆投下され、終戦記念日があります。


それによって 日本人は人を裁くことを植え付けられてしまいました。


その想いは、また 戦争を起こすエネルギーを作り出すのです。


だから、戦いが終わらないのです。




江戸次代から明治大正昭和と文明開化をしてきた日本人ですが、鎖国をとき、多民族との交流で意識が人を裁くことに向けられてきました。


みんな違っていても認めあい生きていく世の中から、違いはあってはならないという凝り固まった意識の世の中に変わっていったように思います。

それが高まり第二次世界対戦が勃発。



最終的には、二度も核を落とされて、愛する人を殺されて 日本人は身体だけでなく心にも深い傷を負いました。



二度と戦争を起こしたくない! という想いと共に許せない!想いが生まれました。


許せない想いは、人を裁くことを引き起こすのです。


だから、戦争を起こしたくなければ、許せない想いを解放しないといけないのです。。。



わたしは毎年8月になると、人を裁く気持ちが出てきてしまっていました。

そのため 9月10月とさんざんでしたので、考えてみたら そのエネルギーに影響を受けていたんだなあ ということがわかりました。

そのため 今年は、空ちゃんがわたしを目隠ししていてくれています。


何かを見つけると、空ちゃんが目をそらしてくれます。 そのため、そこに意識を向かないようになっています。


わたしは毎年、裁く心を解放させるためのお試しがきていたんだなあ と気付いたのです。


今年はそれに乗らないようにしなくちゃ


ってことでらぶらぶモードです。


空ちゃんとらぶらぶしていれは、意識はそこには向きません。



うまく出来ています。




去年までのわたしは、無意識化で愛する人を失った悲しみ苦しみを抱えていたから、エネルギーに翻弄されてしまっていましたが 今はやっと解放されています。



今年のわたしは空ちゃんとの新婚生活を楽しみます♪

射手座の満月のキーワードは、『許し』です。


今、この時点で許せるか許せないかで 夏至以降の進路を決めていきます。
そして、それは約7年間は続くようです。



だから この夏至の前の射手座の満月が非常に重要なんです。



『許し』

何故、許せないのでしょう?



それは、自分自身を知らないから。
自分の本質を知らないから。
現実を見ないから。



一生懸命頑張っても報われない人は一生懸命の矛先が違うのです。

また、自分を色メガネで観ているから自分を知ろうとしないのです。



この時点で許せない想いが強いと、これからの人生は厳しいものになります。


自分の人生は自己責任と言われていますが、実際はところどころに神様からのご加護がいただけているのが現状です。
しかし、ここをクリアできないと 神様から見つけてもらえなくなります。 だから、本当に自己責任です。



そして 許せない想いをつけて夏至をスタートさせるのです。




でも それも人生です。


どんな人生を歩むのかは、自分自身です。

自分の納得する人生を歩んでくださいね。


そして、これからは現実を突きつけられて生きるのです。


これから夏至以降は、地に足をつけていなくても 安心です。


嫌がおうでも誰もが、現実を見せられる世界になっていきます。

人間関係を良くしようとするあまり 我慢をされる方や無意識に我慢をしてしまっている方がおられます。


我慢をするという行為は自分を縛りつける行為です。


自分の心を縛りつけるので 心が縮こまってしまいます。


それを無意識にされている方が多い世の中です。


そのため 我慢しなくてもいいんだよ と 心のしばりを緩めるように言われていますね。


心を縛りつけるような我慢を続けると それがストレスになり、病気になってしまうこともあり得ますね。。。


だから、我慢は良くない と言われています。


我慢を止めると心が楽になりますね。


自由にもなります。


人間関係の上で自由になると 人といさかいを起こします。


我慢せずに自由に口に戸を立てることなく喋るからです。


結果 人間関係は悪くなります。


そしたら なぜ、我慢しなくてもいいんだよと言われるのでしょうか?


人間関係を良くするために我慢をしてきたのに、我慢をやめて人間関係が悪くなってもよいのでしょうか?


我慢をやめると一般的に人は 負の感情からとき離れるため、意識が上がります。


意識が上がると、今まで我慢してきた人とは合わなくなるのです。


次元が異なるのです。


我慢をやめて自由になり、口だけ達者になると 人を傷付けるような言動をするので 人間関係が悪くなってしまうのですね。



やれやれ┐(-。ー;)┌

今までの世の中は だらしない人やいい加減な人をダメな人間だと決めつけて よそに追いやってきたけど これからは、そんな人でも認めて許していくようになっていきます。

そのため 今までの社会的常識が通用しないと感じるかもしれませんが それは通用しないわけではなくて 社会的常識そのものは 自分を律するために必要であり、他者を裁くためにあるものではないということを指しています。

自分を律するために法律も規律も常識もあるのです。


自分のためのものさしなのです。



元々、人を裁くためにあるわけではないということです。



人が己れを律することができないのは、その人しかわからない事情があるものです。




それならば、自分はミスをしてもよい、自分は迷惑をかけてもよい、自分の事情をわかってもらいたい というものとは違うものです。


そこは常に自分を律していきたいものです。



そうしたら 自分への許しがないじゃないか と思われるかもしれません。


それは 他者を許すことで 自分の拘りがなくなるという意味で 自分自らが、だらしなくいい加減になるわけではないのです。

自分には自分の常識はあってもよいのです。


他者に当てはめないだけで。。。



それが 自分を許すということです。



他者を許したところで自分は変わらない。


安心してください。

このページのトップヘ