この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

「わたし」が今、なぜ、ここで生きているのか。 人は本来この世の中でただ一つの命として、自然で無垢な、すがすがしくも清らかな存在です。 しかし現代では、その姿を保つには相当の努力が必要なことのようです。 心身を清浄に保つためには、神や祭り、自然の力をかりて謙虚な気持ちに立ち返ることが必要です。 自分の目の前に差し出されたことを真摯に受け止めてください。 出来ないことは求められないものです。 息の本体に帰ってください。 息の本体に帰り、愛となれば、望んだことは一寸の狂いもなく叶えられるもので、望みが叶えられないのは、我が身が愛でない証拠。 だから、息の本体に帰ってください。 ご自身の「根っこ」を見極めるために、父母 をこえる存在として神や仏、自然の世界やご先祖様の存在が解ると、大きな心のよりどころを得ることになるものです。 日本の文化や風習、特に日本人のこころに脈々と受け継がれてきている信念を取り戻すことは、古くからある豊かな心をとりもどさせてくれるだけでなく、新たな価値観を生み出す大きな手段ともなるものなのです。 そのために出来ることを日々、お伝えしています。

カテゴリ: 謙虚さ


感謝するとは
ありがたく頂戴するという 謙虚な気持ちが含まれています。


本当に そのような気持ちで この『感謝する』言葉を使っていますか?



この地球に生まれ落ち 地球に生かされていることを知ると 『生かされているいるだけでありがたい』という謙虚な気持ちが生まれます。


そうすると この地球にあるものを食させていただける喜びを感じ
『いただきます』という言葉が生まれました。


『いただきます』も また その謙虚な気持ちが前提にあるのです。



人と接する時 お話をさせていただく時にも 謙虚な気持ちを持つと
『お話しを頂戴する』という姿勢で お言葉を頂戴することができるのです。



言葉の意味を知ると すべてに『謙虚な気持ち』が含まれています。


人は 対等だと言うけれど 私はそうは思いません。

男女があり性質が違います。

また、親子もそうです。


性質が違うのに 対等であるわけがないと思うのです。



でも そこには 思いやりや 謙虚さが あれば お互いの関係を築いていけるのです。


男女間においても 謙虚な気持ちで お互いが接すれば 男性の役割 女性の役割を 生かすことができ、 その間で 尊敬という気持ちが芽生えるでしょう。


親子間でも同様です。

子供は親を敬い、親は子供を守るのです。


子供は宇宙の宝です。


宇宙の宝を育てさせていただける、守らせていただけることが 人として生まれてきた使命ではないのでしょうか?


実際に、自分が産んだ子供がいなくても
宇宙の宝を守るのは、わたしたち社会の務めなのです。



ありがたく頂戴する


生かされているいるだけでありがたい


恵みをいただく


お話しを頂戴する



すべて、相手への尊敬の想いが込められています。



感謝をすることは、尊敬すること、敬うことです。



感謝をすることは 人を敬うことです。



あなたは 人を敬っていますか?


感謝をしていますか?

女性が幸せになるために


女性の美しさというものは、
心性(しんしょう)、心根(こころね)の美しさにあります。
心の優雅さにあるのです。
女性が心の中に謙虚さと、男性に対する、
自然界に対する、信仰心に対する、神々に対する、
謙虚さ、美徳というものを失っていったときに、
女性がどれだけ表面を塗りたっくって見たところで、
そこに美しさは存在しないのです。

美というものは、内側からにじみ出てくるものなのです。
(天照大御神)


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

FBに載っていました。

謙虚さって大切ですよね〜



わたしは 内観、浄化をすればするほど
内側から教えられるのは 般若心経の教えと謙虚さなのです。

ほんと どんだけ 頭をこずかれたことかわかりません。

謙虚さ。。。

女性として、一番 身に付けるべきものですね〜

この世の中は 豊かじゃない人が集まって いかに豊かになるかを模索しているんだけど、結局 豊かにはなれないんだ。


なぜかというと、頭を下げないから。


自分の豊かさがないのは、豊かさのある人との縁を切って、自分ひとりで生きようとしているからです。


だから、いつまでたっても豊かにはなれない。



豊かな人は平和で優しくて落ち着いていて温かみのある人なんだ。


でも そこには近づかない。

反発するんだよ。

自分も豊かになりたいくせに、反発する。


近寄って、豊かさも温かさももらえばいいのに、自分がその豊かさを精製したい。



根本的な豊かさがない人は自分で精製はできないのです。


だから まずは、豊かな人と繋がって、自分の根本的な部分を癒すことが大切なんだよ。



みんな、わかっていない。



根本的な豊かさを得ると人は、生かされているだけで有り難いと思えるものなのです。



それが基本です。



それがないのに、豊かさを得たいと紛争する。



豊かを知らないのに、豊かを求める。。。


求めようがないよね?



まずは 豊かさと繋がること。

繋がったら離れないこと。

離れているなら、頭を下げてでも繋がること。




豊かさは豊かだから、イヤとは言わない。

豊かさは豊かだから、すぐに許してくれる。

そういうものだよ。

感謝するとは
ありがたく頂戴するという 謙虚な気持ちが含まれています。

本当に そのような気持ちで この『感謝する』言葉を使っていますか?

この地球に生まれ落ち 地球に生かされていることを知ると 『生かされているいるだけでありがたい』と謙虚な気持ちが生まれます。

そうすると この地球にあるものを食させていただける喜びを感じ 『いただきます』という言葉が生まれました。
『いただきます』も また その謙虚な気持ちが前提にあるのです。

人と接する時 お話をさせていただく時にも 謙虚な気持ちを持つと 『お話しを頂戴する』という姿勢で お言葉を頂戴することができるのです。

言葉の意味を知ると すべてに『謙虚な気持ち』が含まれています。

人は 対等だと言うけれど 私はそうは思いません。
男女があり性質が違います。
また、親子もそうです。

性質が違うのに 対等であるわけがないと思うのです。

でも そこには 思いやりや 謙虚さが あれば お互いの関係を築いていけるのです。

男女間においても 謙虚な気持ちで お互いが接すれば 男性の役割 女性の役割を 生かすことができ その間で 尊敬という気持ちが芽生えるでしょう
親子間でも同様です。

子供は親を敬い、親は子供を守るのです。

『尊敬する』って人間であるからこそ できることではないでしょうか?

謙虚な気持ちで 相手を敬うことが この世界で大切なことに 私は感じます。

お伝えさせていただける喜びを感じて 生きていきたい。

『謙虚さ』という女性性と『行動する』という男性性で 言葉が生まれたのかもしれませんね。

最近、瞑想を教える人が増えてるけど、瞑想を否定するわけではないけど 要は、自分で自分を整えることができれば、それが何であれよいのだと思います。



わたしはグラウディングも教えるし瞑想も教えるし日記を書くことも勧めるし体操も教えるし資格試験の勉強をすることも勧めます。


オールマイティなんです。



自分で自分を高めて、乗り越えた時の達成感は人を喜びで満たします。


その喜びは自分だけの喜びで自分だけの幸せです。


その喜びがあるから、もっともっとと高みを目指せるのです。


達成感っては喜びの原点だと思うのです。


だって 誰かから与えられた喜びでなくて自分が自分に与えた喜びだからです。


ひとから与えられる喜びは待つか自分が何かを仕掛けないと訪れません。

自分が自分にアクションを起こすのです。



静かな場所で瞑想をすることは自分自身を知る上で必要だと思いますが、ただ、自分を知るだけでは安心感は得られますが達成感は得られないです。


目指す何かがなければ安心感だけで生きていけるのですが、人として生きていくにはただ、安心感だけでは片手落ちなんです。


安心感の上に達成感があると それが自信となるのです。


自分を知り自分だけにしか出来ない個性を知りそれを高めていくことで成長していけると感じています。


自分に自信がつくと謙虚さも求められるので、反省が必要です。


そこで、日記を勧めるのです。


日々の反省で、自分を整えるのです。



自分を整えることが大切です。



達成感と安心感と謙虚さと神聖さのバランスを取るのです。


感謝というのは厄介である。 

人によっては、感謝の意味の受け取り方が違うから。 

人それぞれの感謝の意味がある。 




『感謝が大事だよ』 

と言われたとする。 


何に感謝するの? 

感謝の強要ですか?


わたしは、そう捉えてしまうほど 感謝という言葉には敏感です。 


感謝って自分自身の内からわいてくるものだから、人から強要されることではないと考えています。 




自分の内側から感謝がわき上がるようなココロモチで常に生きていれば良いだけでしょ。 


自ら、『ありがとう』 と言葉を発することや感じることや 人から『ありがとう』と言われることは まあ、素直に受け取れます。 

感謝の心が感じられるからです。
こちらも温かい心に満たされます。 

まあ、と書いたのは 心が伝わってくるので、わざわざ言葉に出さなくてもいいよ、という意味です。 
わたしとしては当たり前のことだから わざわざ必要ないです。 




しかし、感謝を「今のあなたが居るのは誰のお陰ですか?わたしにに感謝をしなさい」という意味で相手に使われる方がいらっしゃいます。感謝の強要ですね。 


有難うございますという言葉は、本来なら有ることが難しいものが「有る」ということを示されていて、「有る」ことが難しいのだから、頭を下げて 頭の上に献上していただきましょう という意味なのです。労い、敬いが込められています。
だから、有難うございます と頭を下げるのです。 


ということは、感謝の強要というのは、有ることが難しい存在は感謝を強要している本人を指すことになります。


自らが有ることが難しい存在だと示しているのです。

労い敬われなければならないと自らが発しているのです。



わたしにはそんな発想がないので、
固まってしまいます。 



頂戴するものは、何人かの手によってつくられたりするため、労い敬う心で有難うございますと頭を下げるのはわかります。 


労う心や敬う心も自らの心からわき上がる心です。 


それを自らが強要するという発想がわたしには理解不能です。 



わたしがぴっとかぺってエネルギーを動かす行為は無意識に簡単にやってしまうので 難しいことではないから、有難うございますと頭を下げられることがこそばゆいのです。 


だから 感謝の強要をされる方は、自分にとってとても難しいことをやって捧げているのだから、相手から労いや敬われたいということです。 


確かに、「有ること」は難しいことかもしれませんが 相手にそれをわざわざ強要しなくてはいけないココロモチというのがわたしには理解ができないです。 


いつも無理している、ということなのです。 


何かを犠牲にしているから そんな発想になるのかもしれませんね。 




感謝というのは 様々な立場で使い方が違うということですね。 




求められることはできること

これからの時代は『責任』がキーワードになってきます。 



自分の人生に責任を持つとは、 
わたしたちひとりひとりは、生まれる前に自分に課してきた責任があり、それを思い出し遂行するということです。 


自分に課してきたことだから 得意なことで、難しいことではないのです。 

自分の個性特性に則られた責任なのでしょう。



責任を負うということは、任せる方は信頼しているから任せるのです。 


信頼されているから任せられる。 


その責任感。 


それが自分の特性であり個性だと信頼されているから、求められる。 


結果、出来るから それで認められて信頼されて責任を全うできる。 


これが求められることはできることの意味です。



自分以外の誰かができることは求められません。 


わたしたちひとりひとりのできることしか求められません。 


宇宙はそうやって わたしたちの信頼度を高めてくれるのです。 


個性を伸ばすことで信頼度が高まるのです。 





反省と感謝はセットです。


感謝ばかりがクローズアップされている昨今ですが

感謝は、わき上がる想いですが 反省は、感謝がわき上がる前に必ず起きる心の在り方です。


反省とは?

はんせい [反省][名・他サ変]みずからを省みて,悪い点がなかったかどうかを考えること。みずからを省みて,自分が悪いことをしたとはっきりと認めること。


とあります。


みずからを省みて自分の悪いところを認める のです。



自分の悪いところを認めるためには、自分の悪いところを意識することからです。


意識するのです。


ボケ〜としていては、意識できません。



だから、反省するためには、意識して生きることをしてからです。


何事にも無関心で注意散漫でいては反省はとうていできないことなのです。



意識して生きること。


意識して生きていないから、感謝も反省も出来ないのです。



でもね。
実際、それが良いということでもないの。


なぜなら、意識して生きるということは 痛みに敏感になるということだから。。。




人は、あまりに強い衝撃を受けた時には 生きるための防衛反応として 鈍感になるものだから。


そうやって、鈍感になって生きてる人は多いものです。




何が良いとか悪いとかは言えないことだけど 時代は もう鈍感では生きていけないように流れているのです。。。



だから 流れに身を任せて、ください。



あなたの痛みを少しでも軽くするよう わたしが寄りそうつもりです。






あれ?また、わたしのお役目が増えたのかしら。。。


なんだ、これ〜

働くって何だかわかっていない方が多いです。


働くって命を守ることですし、祈りです。



昔昔、その昔 日本では、働くということは神様の仕事でした。

神様が高天原で稲作を行っていたのを人間にお任せしたのです。


ですから、日本人の労働観では、働くことが御神事でもあったのです。


日本において、働くということは そういうものです。



働くことは、命を守る尊い行為です。




現代は、働くことが稼ぐことに変わっているような気がしますが、働くことと稼ぐことは同じではないですね。


投資やビットコインが良い例です。


また ビットコインについては 3月までは保険が適用されますが4月以降は保険が適用されずに何かがあっても保障されないので ゲーム感覚です。

また 大金持ちが得をして、小金を持っている人が損をするようになっているので、小金持ちさんのお金を減らす目的があるのでは?と思います。


働かずしてお金を得ようとしても難しいだけです。



ご神事はさせていただくという謙虚な気持ちと無欲であると 豊かになります。


自分のためではなく、世のため人のためを思う方のもとに豊かさは引き寄せられるのです。

謙虚になりなさい、とある程度成長してくると言われますが その時に 謙虚にならなければならない!と力む必要はないのです。
謙虚にならざるを得ない状況になりますから。
それを経て、人は 謙虚な人になっていけるのです。

このページのトップヘ