この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

わたしは、地球にグラインドしています。 わたしの意識は地球に同調しています。 わたしの想いは地球の想いです。 わたしの叫びは地球の叫びです。 わたしの言葉は地球からのメッセージです。 少しでも、みなさんに 地球の想いを感じていただけたら幸いです。

カテゴリ: 謙虚さ

ここ最近、魂のレベルが高くなる人が増えているそうです。



一言、いいですか?



そうなったからといって、人を見下して良いということではないです。



魂のレベルが高くなるというのは、視野が広がるので自分のことも人のこともはたまた対象物も客観的に見れるようになるし、四方八方、ぐるりと見えるようになることですが、だからと言って 人を見下して良いわけではないです。


視野が広がるというのは、視力が良くなるのと同じです。


人より少々、視力が良くなったぐらいで偉くなるわけではありません。



魂のレベルが高くなったと感じている人が魂の尊厳を傷つける気らいがあるのです。



注意でした〜

昨日は、あるお寺にお邪魔して、住職の奥さまと延々お話しをしてきました。


とても楽しかったです。

その話の中で とても辛い体験を聞かされました。

それは、定期的にお詣りにきていた人がだんだんこなくなって、最後には病気で亡くなった というものでした。

それまでも いろいろ悩みを打ち明けられて相談に乗っていたのに、結果 救うことができなかった 想いが伝わってきて、わたしまで辛くなりました。


それって ホント、内々の話で 最後には、忘れてね と言われましたが、 溜まっていた想いを吐き出すことができて少しは楽になったのかな?


話を聞いている途中で、わたしならこうする!と思うようなことがたくさんあって、お与えってあるのかなあ と思いました。


また それ以上、その人に関わっていけないと思ってしまうのかなあ


人にはお与えがあって、できることできないことあって、
自分の責任の範疇なら動けるけど自分が責任の持てないことはやらないしできないです。


できないことは辛いし、自分の能力の低さを恨めしく思ってしまうのかもしれません。


救えない命があることが悔しい。。。


その想いが伝わってきました。



救えてしまう、出来てしまうから つい、手を出し過ぎてしまうけれど それによって自分の身に何かがあってはいけません。

わたしは出来てしまうことが多いから つい、自信過剰になりがちだけど 普通、人は 出来ないことを苦しく想い辛くなるのですね。。。



実際 わたしも手を出し過ぎてしまう傾向がありますが これからの課題となりそうです。



能力的に低い者は出来ないことを苦しく想い
能力的に高い者は手を出し過ぎることを悔やむものかもしれません。





それを聞いたすぐは、違うことを考えていました。


役割は同じだけどアクションが違う。。。



ある人はお客さん相手にヒーリングしたりお話会したり歌を歌ったりして、心を癒して、感謝されて、お代をいただく。



一方、わたしはお金をかけて現地まで出向き、愚痴を聞き、発散させて、『なんか知らんけど、しゃべってまったわ。内緒にしといてね。』と言われる。


相手を癒しているには違いないのに 理不尽さを感じてしまうと。




こうやって思うと、能力が高いから お代をいただかなくても出来てしまうし、自分から持ち出ししても癒せてしまうのですね。


そこに理不尽さを感じる必要はなかったのだなあ 。。。



お与え



誰にでも、お与えはあるものです。



幸せはあるのです。



謙虚に生きなきゃです。

苦手なことを克服することと持って生まれた個性を大切にすることは違うなあ と感じます。


最近の傾向をみると
自分の個性を大切に、ととかく楽しむことを優先することを重要視し、努力することを軽んじる傾向があるように思います。


前記事でも書いたように、毎日コツコツと努力することで自信を得られるので努力はしたほうがいいとわたしは考えます。


わたしは『求められることはできること』とよく、書いていますが
『求められること』は実は、苦手なことではないのです。

自分のやりたいこと、のほうが苦手、というか自分の個性を考えていないように思います。

自分のやりたいことは、そうなりたい願望があるからです。

自分の願望は『欲』なわけで、その欲はどこから発生しているのでしょうか?


人にいい格好したい!認められたい!という想いがある場合は 見当違いな努力をしがちです。

見当違いな努力というのは、本当の自分が見えていないため起こることです。


瞑想初心者が陥る罠ですね。


自分のこうなりたい!願望が高まって、内側に言わせるのです。


直観を大切に!という言葉を信じるあまり、陥る罠です。


直観。。。地に根差していない方の直観は、ただの妄想です。


妄想全開で生きるのは、本当の自分を知らないからできることです。


だから、きちんと地球にグラウディングができるまでは 直観を信じることなく、求められることを一生懸命に努力していたら、必ず 導かれます。


下手に、自分の妄想を信じて生きていくのは、人に迷惑をかけることにもなりますね。


グラウディングできているつもりでも できていない人はたくさんいらっしゃいます。


グラウディングができてるつもり、なんですね。

できてるつもりで自己主張して生きるのです。


謙虚さがないから足元を掬われますね〜


だから、自分の個性を大切に〜 と言われる方で 本当に自分の本当の個性を知っている人は数少ないと思いますし、本当の自分の個性を知っている人は 楽しむことを優先して生きることを推奨しないです。



ワクワクして生きる、楽しむことは 楽をして生きることではないのです。


人の脳みそは とかくおさぼりすることが大好きですから、『楽』に流されますが 楽しむことは楽することではありません。

注意点でした。

今までのわたしは、この身を神様の望みに遣わせてください、お願いしてきたけれど それは、非常に傲慢なものだったことがわかりました。


世のため人のためとイッパシにヒーロー気分になっていたのかもしれない。


欲がないからと世界平和を願っていた。


だけど、欲はあったほうがいいんだ。


何故なら、謙虚になれるから。



自分の本当の魂の目的を改めて思い出し、神様仏様にお願いする。


神様仏様に向かって頭を下げてお願いすることで、謙虚さが生まれる。


人間の努力だけでは夢は叶わない。


一生懸命に努力している者に対して神様はご加護してくださる。


頭ではわかっていただけで、わたし自身はわかっていなかったんだと思いました。



人として生まれたのだから、人として生まれた目的がある。



あるんだ。


わたしの夢はこうやって叶えられるんだ。

人は生きる過程において 感情に左右されてジャッジしたりされたりするけれど それは、人を成長させるために必要なことかもしれない。



人は元来、生きていてくれるだけでありがたい、嬉しい存在だけど
それだけでは人は成長しないものなんだなあ。


人との関係で感情に揉まれ生きていくことで成長できていくものだと思う。


生きているだけでありがたい

と世界中の人がそう感じた時には、人々の成長は止まってしまうのではないかと感じた。。。


生かされていることに感謝できるようになると
生かされていることのお礼奉公として生きることができるようになると思います。



今まで 生かされてきてありがとうございます という気持ちで 毎日を生きることができるのです。


だから、意識して生きていけるし、感謝できることを見つけられるのです。


そんな生き方ができると、楽になります。


毎日が軽やかでしかたありません。



しかし そんな生き方をすることが正しいことでもないのです。


こんな生き方をしなければいけないことでもないのです。


最終的に目指すところはそこかもしれませんが まだまだ、感謝できないなら 無理して自分を繕うこともないのです。


その時のココロモチを持った自分で生きていけばよいのです。


その時のココロモチを大切にしてください。



誰かと比較して、しなければいけないとか感謝できないことを責める必要はなくて、その過程が大切なのです。



『今、感謝できない自分』を追いやることはしないでくださいね。




先述のように、「生かされていることに感謝できる」ようになるために、自分そのものを押し殺した生活はしないでほしいと思います。


そんな生活をしても、神様は喜ばないの。


神様は、いつも温かく見守っていてくださるものです。


自分の価値判断で自分を責めることはしてほしくないし、自分の価値判断で行動はしないでくださいね。



神様はいつもわたしたちを見守っていてくださいます。


どうしたらいいの?と、尋ねてみてください。


素直になって心の底から教えてくださいと尋ねると教えてくださいます。


素直に尋ねてみてくださいね。


必ず、教えてくださいます。

人様のためにと一生懸命になったり お役にたちたいと頑張ることって 神様は味方をしてくれて 最大限の力を与えられるものです。


だけど それって結局、自分の力じゃないのです^^



神様の力なの



頑張った、ごほうびに与えられる神様からのプレゼント♪


ありがたいなあ って思う。


嬉しい って感じる。


人様の役にたちたいと頑張るから神様が味方をしてくれるのだけど、
役にたちたいとの想いはなくても
それをさせていただいているだけで、楽しい♪ 嬉しい♪
と 感じているだけでいいのだと思うのです。



役にたつとか人様のため という理由なんていらない と思うのです。



ただ 楽しいから

ただ 嬉しいから

という喜びの想いでさせていただいている。



ただ 楽しい♪

ただ 嬉しい♪



あんまり 人のことを考えていないわたしがいます。



わたしが そう、したい♪


わたしが 人から求められることをしたい♪



ただ それだけ。。。




わたしは わたしのしたいことをさせていただいております。



自由に、わたしのしたいことをさせていただいております。


ありがたい限りです。



人から求められることがしたい♪

ただ、ただ したい♪


わたしのわがままを聞いてくださっている皆さん、
居てくれてありがとう♪

どうもありがとう♪

いつも、ありがとう♪

本当にありがとう♪

心からありがとう♪



わたしのわがままを聞いてくれてありがとうございます。

一生懸命に生きている人を見て嫉妬する人がいます。

また、それを見て わたしは弱くて同じことができないのだから 配慮してほしい とか攻撃してくる人がいます。



一生懸命に生きている人を見て 心が過敏になるのは 誰のせいでもなく、本人の心のせいです。


宇宙のせいでもない。


どうしてそんな見方をするのかと言ったら 心がひねくれているからです。


心がひねくれているのは、理由があるかもしれません。


だけど 理由探しをするよりも ひねた心をまっすぐにすればよいのです。



ひねた心をまっすぐにするためには、 毎日 1000回、自分に謝ることです。


それを続けることです。


そうすれば、直ります。




お試しください。

Facebookで お友だちになっている人がいいねを押していると、自動的に記事が読めてしまうのだけど
その中でも スピリチュアルな人が自慢したいために書いている記事があったり 社会貢献している記事があるのだけど それは特別なことではないのだと思うの。


宇宙的にみたら当たり前のことなんだよね。


スピリチュアルな人がヒーリングして治したりチャネリングして人の人生の軌道修正に携わったりすることも 自分を高めていけばできることで 誉められることでも自慢できることでもないの。


それに 自分に繋がれば、自分のことは 誰よりもわかるから あえて誰かに頼ることでもないのよ。


だから わたしは どれだけスゴイと言われる力を持つ人に対してもスゴイ!と思わないから スゴイですね〜 とも言わないの。


わたしのことは自分の内側がわかっていればそれでいいし これからの世の中のことでも 自分の未来がわかればいいのよ。



興味があるのは、常に自分のことなの。


だから、人に関心がいかないのです。



でも たまに 自分の興味をそそられる人に出逢うと、神様、仏様に出逢ったかのようになっちゃいます^^



ほんと わたしって自分主義だと思うわ♪




こないだも高圧的な人の記事を書いたけど
猫がクソ隠すように自分を隠すわたしです。


これは 自動的に自然にわたしがそうなっちゃうんだけど、それでいいと思うわ。



バシャールがどうとかosho?がどうとか

わからないです。


わたしはお月さまとか弘法大使さまとタメ口で話しますが

たまに、弘法大使さまにはダメ出しされます^^

そんな時は 深々、頭を下げて 申し訳ございませんって謝るの。


そして わたしはわたしの出来ることを努力するだけ。



結局、努力と謙虚さが大切だと思うのよ。


努力って継続する力なの。


いつまでも 同じ悩みを抱えているのは、努力していない証拠だし
いつまでも 代わり映えしない人生を送っているのも努力していない証拠だと思うのよ。


たまには、ブレて 道を間違うことがあるかもしれないけど
毎日、 継続する何かを持つことで 人は変われる。



立ち止まらなければ、必ず 人は進化し続ける。



何かが出来て、誉められたい自慢したい という人よりも 毎日、継続する力のある人がわたしはスバラシイと思います。


進化する力ってスバラシイと思うのです。

本当は 十分に癒されてから 魂の目的に沿ったことに導かれればよいのだけど
魂はまったなし、宇宙も加速しているため

十分に癒されていないのに、魂の目的に沿ったことに求められることが起きています。


十分に癒されていれば なんなく、乗り越えられるのに
十分に癒されていないのに 求められるので、
人は、恐怖を感じるのです。


恐怖心の中、乗り越えていかなくてはいけないのですから。。。



だけど そんな時は 自分の魂を信用してください。



あなたの内なる神様が守っているから 求められるのですから。



そこで 内なる神様との信頼を試されるのです。




今はこのように 魂の癒しが徐々に進んでいる人は あなたはどこまで人を思いやりことができますか?というお試しが来ています。



自分の癒やしと他者への思いやり

両方が求められている時代です。



どちらもおろそかには出来ないのです。

このページのトップヘ