この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

「わたし」が今、なぜ、ここで生きているのか。 人は本来この世の中でただ一つの命として、自然で無垢な、すがすがしくも清らかな存在です。 しかし現代では、その姿を保つには相当の努力が必要なことのようです。 心身を清浄に保つためには、神や祭り、自然の力をかりて謙虚な気持ちに立ち返ることが必要です。 自分の目の前に差し出されたことを真摯に受け止めてください。 出来ないことは求められないものです。 息の本体に帰ってください。 息の本体に帰り、愛となれば、望んだことは一寸の狂いもなく叶えられるもので、望みが叶えられないのは、我が身が愛でない証拠。 だから、息の本体に帰ってください。 ご自身の「根っこ」を見極めるために、父母 をこえる存在として神や仏、自然の世界やご先祖様の存在が解ると、大きな心のよりどころを得ることになるものです。 日本の文化や風習、特に日本人のこころに脈々と受け継がれてきている信念を取り戻すことは、古くからある豊かな心をとりもどさせてくれるだけでなく、新たな価値観を生み出す大きな手段ともなるものなのです。 そのために出来ることを日々、お伝えしています。

カテゴリ: 幸せ

お金や物質で心を豊かにする生活をやめる



それ以外の自分のやりたいことや欲求で心を満たそうと考えるようです。


結局は心を満たしたいのです。


心を満たすことで安心し安定します。


衝動、欲求、やりたいことがあるうちは、心は満たされていないのです。

継続して、安定していないということですね。




お金が欲しいと思うことも自分のやりたいことをやりたいという欲求も満たされない心から生まれます。


同じです。


お金や物質で心を豊かにすることをやめたところで 心が満たされるとは限らないですよ。



心が満たされてる時って心が静かです。

温かでゆとりがあります。

その温かさは何でつくられるのでしょうか?


コミニュケーション。


人とのコミニュケーションを大切にしてください。


ジャッジしてもいい。


それを自身が許してさえいれば。。。


心が満たされるには、温かさ、温もりですね〜

人から優しくされないって嘆くのは、優しくされたい時。


優しくされたいって欲している時に人に優しくできない。。。


そんなときはコテコテに優しく甘えさせてくれる人や場所を求めてしまうものなのよねぇ

与えすぎってないと思う。
人は優しくされたら前を向けるのだから。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆


人から優しさや癒しを受けるということは、お相手がお徳が積めるということで、優しさや癒しを求めることは悪いことではないと思う。


自分がその優しさで癒されたら、次は自分が優しさで癒しを与えていける。


そうやって、巡っている。。。


そう考えると、邪心ない裏表のない仏様のような人に出会えると良いのかもしれません。


条件なく優しく愛されることで人は癒されていくものです。



それが人を導く、上に立つ者の姿ではないでしょうか。。。


また 人を導く、上に立つという立場ではなくても 人としてそのようになると 周りから慕われ愛されるのではないでしょうか




物質的に恵まれていても 幸せを感じていない人がいる。


物質だけでは心は満たされないようです。


不満を感じて愚痴を言いストレス発散をする。


それでは幸せとは言えないですね。




好きな人と一緒になれたら幸せになれると思っている人がいる。


好きな人と一緒になることで心が安定するから。

心が安定して安らぎを得ることが幸せだと感じる人がいる。



一方で 生活にも恵まれ好きな人とも一緒にいられるのに幸せを感じられない人がいる。


自分の本当にやりたいことをやりたい!と思うようになる。


生活に恵まれて好きな人へと一緒にいてもまだまだ、欲求は止まらない。


人は ひとつ得ても満足することなく、次から次へと追い求めるんだ。


なにが自分をそうさせるのかわからないけれど求めたくなる。。。




わたしが思うに、それって意識の問題だと思います。


何かが足りないと欲する意識の世界にいるのだと思います。

しかし、何もなくても幸せを感じる意識の世界もあるのです。



結局は 意識を変えるだけで、欲はなくなるものなのです。


何かを欲した時に、それを手に入れようと努力するのか意識を変えようと努力するのか、それはその人次第です。



しかし 意識を変えたら何も手に入らなくなるのかといったらそうでもなくて、何かが足りないと欲する意識の世界で欲するものではないかもしれないけれど ちゃんと手に入るのです。



自分の本当に欲しいものを知ってる人は少ない。

だけど その世界にいけば、手に入るものなのです。

喜び
その場所にいないとわからないことってたくさんある。

だけど、人は うわべだけ見て、羨んだり、憧れる。

また 自分とは縁のない場所だと関心すら示さなかったり、到底 無理だと諦める。

諦めたり関心がない人よりも憧れたり羨む人のほうが人間味があって わたしは好きだ。

わざと無関心を装うくらいなら、憧れたり羨む人のほうが素直だと思う。

その場所に立つということは 人とは違った苦労もあるけれど 喜びもそれ以上にあるものです。

喜び

わたしは喜びをもっともっと感じていきたいと思う。

そして この喜びを分かち合っていきたいと思う。


神様が為されることを受け入れて生きるだけ。


自然災害が起こることも事故が起こることも、すべて神様が為さることなのです。



神様が何かの意図があり為されることなのです。 


しかし 我々、民は 何故そのようなことが起きるのかわかりません。


間違ったことをしているつもりはありません。



しかし、何かが違うのでしょう。



何かが違うから、事が起きるのでしょう。



その何かがわかる者はそれを伝えることです。



また わからない者は教えを乞うことです。



そうして生きれいけば、きっと平和に生きていけるでしょう。





わからないのに、わかったふりをするほど愚かな者はないのです。

そして わかったふりをして、それを広めないことです。


わからないならわからないなりに、教えを乞うことで 幸せに生きていけるのです。

幸せは、なるものでなくて 今、あることに気づくこと。



「自分の幸せに何が必要で、何がいらないか」

を選択することは、大切だとは思います。



自分が幸せになるためには 何が必要で、何がいらないか。。。



でも 幸せはなるものでなくて今、あることだとしたら いらないもの自体はなくて あってもなくても 幸せなのです。



どんな自分でも 幸せなのではないでしょうか?



どの道を選択しても、幸せには間違いないのです。



ただ 自分自身が納得していればよいのだと思うのです。



いらないものなどなにもない。




地球にあるすべてのものは、感謝をするためにあるのです。

こんなことを言ったら、嫌われてしまうかもしれませんが


人間の最大のエゴは



人を助けたいという想い だと思います。





そうでなかったら

そんな人は引き寄せないはずだし
不幸な人を生み出さないと思います。



だから、そこを発動させないような人間作りをする必要があるのかなあ と思います。




わたしは娘がいて


また、娘もボランティアが好きな人間です。



今回のことで

それが娘の最大のエゴだと気付きました。



そのためには、身も心も満たすことが大切だと気付きました。



満たされるためには、愛されることです。



助けられるのではなくて、愛されることなのです。。。



愛されるから、人を愛することができるのです。。。

ほんのちょっとの親切心が元で関係が崩れることがある。



人は、やはり対等でなければなあ。。。と思います。



わたしは 自分の利益に関係なく、人に対して動ける人間なんだけど、
それによって わたしは自分自身から、離れていたことがわかりました。



心の弱い人は、そんなわたしを頼ろうとする。



それは、長い目で見ると、互いに良くないことに繋がります。



頼られることは、嫌いではない。



そして、目の前に映る人が困っていたら 助けずにはいられない。



だけど

本当に、自分自身で居られたら
困っている人を引き寄せることもないのだということに気付かなかったのです。



困っていた人がわたしから去っていったこともある。
それをわたしは追いかけた。←アホ



困っている人同士の仲裁に入った。
結果、わたしが片方の人との関係が悪くなった←アホの境地^^



すべてすべて、自分自身で居たら、引き寄せないこと。




自分自身で居ることが最も人を幸せにすることだと気付きました。




何もしなくても、幸せです。

人は反面教師になって、たくさんのことを教えてくれる。。。



愛すること。。。


人の役に立ちたい気持ちはわかるけど

自分を心底、愛してくれる人を押し退けてまで 人の役に立つのはなあ。。。と、考えてしまう。



だけど、その人は 誰が、自分を愛してくれているかわからないからだと思う。


愛の深さは、人それぞれ違うもの。



一律ではないけれど、それを見抜くことができれば 人生は変わるのだと思う。



病気には、ならないのだと思う。



自分を愛してくれている人を間違えてはいけない。。。


誰が本当に、あなたを想い、あなたを愛しているのか をわかることが 幸せの秘訣です。

自分の行動は誤っていると、気付くこと。



朝目覚めれば、太陽は変わらず光を注いでくれる。


感謝していますか?



暑い時には、雨を降らせて 気温を下げてくれる。



当たり前にしていませんか?



感謝していないこと、当たり前にしていることはありませんか?



自然の恵みに感謝をしていますか?




本当に大切なことは、感謝することではなくて
出来ていないことに対して 申し訳がないという気持ちを持つ素直な心です。



地球に対して、自然に対して 素直になったら、ごめんなさい と心から謝ることができるはずです。


素直になれないのは、どうしてですか?


誰かのせいにしていませんか?




心底、素直になれないから 外側に幸せを求めているのです。




心底、素直になることが『幸せ』というものです。



地球に感謝、自然に感謝することが 『幸せ』です。

このページのトップヘ