この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

「わたし」が今、なぜ、ここで生きているのか。 人は本来この世の中でただ一つの命として、自然で無垢な、すがすがしくも清らかな存在です。 しかし現代では、その姿を保つには相当の努力が必要なことのようです。 心身を清浄に保つためには、神や祭り、自然の力をかりて謙虚な気持ちに立ち返ることが必要です。 自分の目の前に差し出されたことを真摯に受け止めてください。 出来ないことは求められないものです。 息の本体に帰ってください。 息の本体に帰り、愛となれば、望んだことは一寸の狂いもなく叶えられるもので、望みが叶えられないのは、我が身が愛でない証拠。 だから、息の本体に帰ってください。 ご自身の「根っこ」を見極めるために、父母 をこえる存在として神や仏、自然の世界やご先祖様の存在が解ると、大きな心のよりどころを得ることになるものです。 日本の文化や風習、特に日本人のこころに脈々と受け継がれてきている信念を取り戻すことは、古くからある豊かな心をとりもどさせてくれるだけでなく、新たな価値観を生み出す大きな手段ともなるものなのです。 そのために出来ることを日々、お伝えしています。

カテゴリ: 内観

マイナス思考をやめるには



出し切ること。


想いを出し切ること。


押し込めないこと。


不安も苦しみも表に出すこと。



感じたいだけなわけじゃないから、
出したいだけだから。


出てくる感情を出して、出して、出し切ること。

どんな生き方も自由なのだから 押し付けがましいのは、どうかと思います。

だけど 人としてお節介であることも必要だなあ と感じています。


しかし、こちらがどれだけ声を上げても 聞こえない人には聞こえないし わからない人にはわからないのです。


それをして 自分がブレたら、自分を信頼している人にも影響は出るのだから ほどほどにしておいたほうが良いと思うようになりました。



自分が声をあらげなくても 自分さえしっかりして 中心で居れば、周りはそれに合わせて、整列してくるものです。



これからの時代は すべてにおいて 意識の世界が現実に映し出されますから 中心で居ることを求められます。


人に構わず、自分を高め自分自身を保つようにしてください。




常に中心で居ること、ブレない人が これからの日本を創っていくのです。



志しがあればできるのです。

使命感があればできるのです。


生きていく上で必要なものは

問題を解決する力と創造する力

です。



そのためには

群像の感覚が必要です。

群像の感覚とは?


群像の感覚
群像とは多くの人々の姿という意味です。
「群像」の中に自分を置いてみて、
自分がどういう状況で
どの役だったらできるのかを
客観的に見る目がないと
社会では生きていくのが大変だといいます。

群像の感覚とは社会に出た時に
自分の強みは何なのか、
そして自分の実力が周囲と比べて
どのポジションにあるのかを
客観的に見定められる能力のことをいいます。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

昨夜、林修先生が出演されているTV番組で とても重要な話をされていました。

林修の考える社会で活躍するために必要な能力とは?最も大切な科目は?
URL:
http://p207.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0627iLZtMII3yUQf/0?_jig_=http%3A%2F%2Fowaraigeinou.com%2Fhatsumimi-20160626&_jig_keyword_=%97%D1%8FC%20%8CQ%91%9C%82%CC&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Fp%3D%2597%25D1%258FC%2B%258CQ%2591%259C%2582%25CC%26fr%3Dm_top_y&_jig_source_=srch&guid=on





群像の感覚

というのは、わたしが常日頃 言っている

『自分の位置を知る』

です。



自分の位置を知って、自分のできないこと、出来ることを知る ことが大切だと説いています。



詳しくは、 上記 アドレスをお読みくださいね。




さっすが 林先生、かしこいわ〜

ってことは どういうことかというと




見つめる場所は

ニュースや新聞に書かれている中ではないってことです。



感謝する場所は

ニュースや新聞に書かれている中ではないってことです。




自分や自分の目の前の人や出来事にまず、感謝をすれば いいんです。



行ったこともない宇宙に感謝するんじゃなくて 自分が生まれた場所や今、住んでいる場所に感謝するんです。



それが 感謝して生きるということ。



自分をつくってくれた親や過去に感謝してこそなんです。





それが出来てから

見たいなら宇宙を見ればいい。

宇宙人にあえばいい。

UFOに乗ればいい。




自分の故郷の星の仲間はそうやって言っています。



上からそうやって言って、見守ってくれています。


感謝して生きるということは、


自分をつくってくれた親や過去、すべて 自分に関わった人や出来事に感謝してこそ できることなのです。




あなたは 何のために生まれてきましたか?


宇宙を観ても答えはわかりません。


自分を見つめて、それがわかるのです。

外側を見ていたところで自分はわからない。



自分を知るには、自分の内側を見つめるんです。

自分の内側がわからなければ、自分の目の前を見つめるんです。



自分の目の前の人や物は外側ではないのです。


自分、自分の目の前の人、出来事が 自分なのです。



だから
ニュースや新聞に書かれていることは、自分のうちに入らないのです。


参考にもならないです。



見つめる場所を間違えないでください。




自分を造るのは、自分と目の前に差し出された相手や出来事です。


注意深く、観てください。



自分が見えてきます。

人は なかなか、自分を見つめることをしないのだと思う。

だから、自分みつめをさせるために 病気になる。

だけど 人は 病気を直すことに一生懸命になり、医者に通い、身体に良いと言われる良薬を探す。

それは 間違いではないのだけど

だけど それよりも大切なことは自分みつめをすることだ。

自分みつめをしていてもなお、病気になるということは
方向が間違っていることに他ならない。

自分みつめをしていくと、たどりつくのは

感謝

生かされているだけでありがたい

この気持ちです。

病気になるということは 感謝がないということ。

感謝というのは

〜しなければいけない ものではなくて

沸き上がる想いです。

自分自身です。

それを 感じることができれば 病気は直るのです。

魂は 自分を病気にさせることによって 自分本来の姿を思い出させるのです。

自分を傷つけても、自分を思い出させたい。。。

ありがたいなあ。。。

それだけ、自分自身が感謝の塊だと思い出すことが大切なのですね。

魂が 自分を信頼しているからできることなのです。

病気は本来の自分を思い出すためになるものなのです。



病気になるということは 本来の自分自身を思い出すことができるというこのなのです。



ありがたく、受け取ってくださいね。




書き忘れたことがあるので 補足です。

間違ったスピリチュアル観を持つ方は

精神性が高いと書きました。

精神性が高いが故に、

正義感が強いのです。

その正義感は、本来のあなたのものではありません。

生きてきた、刷り込みです。

家族から受け継いだ刷り込みであり
必要でないものです。

この世界に正義などありません。

正義があるのは、あなたの内側にしかありません。

あなたのその正義感は 凶器に変わるということを覚えてください。

他者に対しての凶器ではなく
自分に対しての凶器に変わります。

それが 間違ったスピリチュアル観を持つ者へわたしが伝えたいことです。

凶器を手放してください。



自分を殺してはいけないのです。





間違ったスピリチュアル観を持っていらっしゃる方がいます。

なまじっか 精神性が高いため 自分を振り返ることができないようです。

スピリチュアルの原点は

『思いやり』

です。

それは すなわち、他者への愛、自分への愛です。

自分を愛するために相手を許すのです。

自分を愛するために相手を認めるのです。

すべては

自分を認めることから始まります。

自分を認めるために、他者に思いやりを持って接するのです。

自分をよそに追いやるために、他者に思いやりを示すのではありません。

『まずは自分』という意味はそういうことです。

そして

この人間社会は 認め合うことを学びます。

でも
『認め合わなければいけない』

というのは、思い込みです。

正しくは

『認め合いましょう』

です。

何が違うかというと

自分の意思で 寄り添うのです。

強迫観念ではありません。

精神性の高い人は

自分を『〜しなければいけない』という 強迫観念を刷り込みがちです。

『〜しなければいけない』ことは

盗んではいけない。

妬んではいけない。

殺してはいけない。

これぐらいですね。。。

また、精神性の高い人は

相手を攻撃するということはしない性質のため 代わりに、自分を攻撃する、自分を責める傾向もあります。

自分を責める行為は 自分を愛していない行為です。

まずは

自分を愛しましょう。

そして、

思い込みを外しましょう。

自分を愛するためには 鏡のワークが効果的です。
または、自分を撫でまくるのも手です^^









相手を怒らせるのも、喜ばせるのも

自分の気配り次第です。



相手をどうこうしたいと思うより、

自分の心を見つめ直しましょう♪

自分の自我と向き合う説明を クライアントさんとメールでやり取りしています。


参考にしてみてください。


クライアントさまは ご主人に対して、自我が強く反応するご様子でしたので ご主人の嫌いなところを書き出してみてください。

と 伝えました。

すると 書き出した内容が 次の内容です。


空気が読めない
不器用
無神経
要領が悪い
偉そう
笑いのツボが合わない
臭い


そこで わたしの返信内容が次の通りです。


例えばね
「空気が読めない」というエゴっていうのは

1空気が読めない人は嫌い。
2空気が読める人が好き。
3空気が読めないことは悪いことだ。
4空気が読めることがいいことだ。
5空気が読めるようになりたい。

って5つに分解されるのよ。

だから そのうちの1つの「空気が読めない人が嫌い」という観念だけを浄化できても 自我が残ってしまうのよね。

そして ここがポイントなんだけど

◯◯さんは、決して ご主人のことが嫌いなわけではないのよ。

◯◯さんは

空気が読めない
不器用
無神経
要領が悪い
偉そう
笑いのツボが合わない
臭い

って人が嫌いなだけなの。

ご主人じゃなくても、嫌いなのよ♪

だから これらの感情が浄化できてしまうと

あら?不思議?嫌いではなくなるんだよ

だから ご主人と話をしても 波動が下がることがなくなるよ〜

がんばれ♪♪♪♪


♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂ここまで


まずは 自我と向き合うことは お洗濯と同じなんです。


自我を書き出すのは 汚れを浮き上がらせることに繋がります。


そして
次に 細分化。

汚れを分解するのですよ〜♪


こうすることによって より汚れは落ちやすくなるのですよ♪♪♪


この返信が次♪


またしても目からウロコです。

確かに、主人の嫌なところは、私がそうならないようにと、常日頃務めているところと同じです!

そして職場の嫌いな男性に対して抱く気持ちと、主人に対しての気持ちがまるで同じなのも、その人そのものを嫌っているからではないという証ですね!


正直、主人と向き合うのはがスゴく嫌でした。

昨日なんて、もうどうでもいいから早く離婚して、…と投げやりになっていたぐらいです。

でも、こういうことなら取り組めそうです


それにしても、私にはまだまだ手放さなくてはいけないエゴが山ほどあるのですね( ̄ー ̄)
地道な作業が必要ですね。



♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂ここまで




エゴを書き出して、細分化してから 浄化します。


すると 次には また、違った自我が現れます。

そして また、書き出して細分化する。
そして 浄化。。。

この繰り返しをしていくと 嫌いだったご主人は嫌いじゃなくなるんですよ♪♪♪



夫婦円満は家庭円満に繋がります。

家庭円満な家庭が増えれば、地球はよくなりますよ〜

このページのトップヘ