この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

「わたし」が今、なぜ、ここで生きているのか。 人は本来この世の中でただ一つの命として、自然で無垢な、すがすがしくも清らかな存在です。 しかし現代では、その姿を保つには相当の努力が必要なことのようです。 心身を清浄に保つためには、神や祭り、自然の力をかりて謙虚な気持ちに立ち返ることが必要です。 自分の目の前に差し出されたことを真摯に受け止めてください。 出来ないことは求められないものです。 息の本体に帰ってください。 息の本体に帰り、愛となれば、望んだことは一寸の狂いもなく叶えられるもので、望みが叶えられないのは、我が身が愛でない証拠。 だから、息の本体に帰ってください。 ご自身の「根っこ」を見極めるために、父母 をこえる存在として神や仏、自然の世界やご先祖様の存在が解ると、大きな心のよりどころを得ることになるものです。 日本の文化や風習、特に日本人のこころに脈々と受け継がれてきている信念を取り戻すことは、古くからある豊かな心をとりもどさせてくれるだけでなく、新たな価値観を生み出す大きな手段ともなるものなのです。 そのために出来ることを日々、お伝えしています。

カテゴリ:

最近、なるほどな〜 と書いてあるブログをチョイスして読んでいますが、何かひとつ足りない。


それが、何かがわからなかったのですが やっとわかりました。



慈愛の精神です。



能力開発ばかりに一生懸命で 高次元に繋がることが必死な人たちは、思いやりに欠けているのだなあ と思います。


確かに、今 地球は次元上昇しているので 上に繋がりやすくなっているのは事実ですが 思いやりに欠けた人が多いです。



上に繋がるのは、自分自身に繋がることですが そればかりに探求すると、人として 何か足りない人になってしまいます。


昨日、わたしに降りてきたメッセージは

『危機管理能力を高めてください』

というものでした。



危機管理能力を高めるためには、本能を呼び覚ます、感覚を研ぎ澄ますようにすることが必要ですが 実は、これは 上に繋がるばかりでは 感覚が鋭敏にはならないのです。


ハートを開いて、相手を受容すること。


それには 目の前に起こることを真摯に受け入れ行動することでできてきます。


あとは 人との関係や自分の生活のバランスを考えて行動すること。


すべては、バランスです。


要は、すべてのチャクラを正常に動かすことです。


第一チャクラは、お金や仕事、生死に関わることです。


お金の管理、生活設計を見直すことが必要です。


第二チャクラは、男女関係や感情を司ります。


パートナー問題を解決することです。


第三チャクラは、不安や怒りがありますね。


自分の心の内側と向き合うことが大切です。


第四チャクラは、ハート。

ウキウキ、楽しむ感情を持つことです。


第五チャクラは、声、言葉、表現力です。


歌を歌ったり、笑ったり、自分から挨拶をすることです。


第六チャクラはサードアイ。


直観力はここで鍛えられますね。


第七チャクラは、神様と繋がることやコントロールに関してです。


人の言いなりに動く人は、このチャクラとつなげられていますね。



とまあ、この七つのチャクラのバランスを取ることで サードアイの受け取り万端になるのです。



どれか欠けても うまく、受け取ることができません。



このバランスを取ることで 危機管理能力を高めることができるのです。



だから、上に繋がることばかりをしている人は、一番から五番までのチャクラを開くように地に足をつけて生きるとよいのです。



また、お金にしっかりしている健康オタクさんは、逆に上に繋がってみると バランスが取れてきますよ♪




スピリチュアルとは、こういうものです。




簡単に書きましたが、参考にしてみてください。

自分の『好き』をしてるだけで、周りが幸せになり喜びになる。
心を離さないこと。『好き』から心を離さないこと。
人が喜ぶためじゃない。 わたしが喜ぶこと。
動機は『わたしの愛』。

わたしの『愛』の発信方法はたくさんあるのだけど、その中で 最も、わたしを満たすことをすればいい。


わたしが、最もわたしらしく生きられる方法を選ぶの。

それは『好き』から、心を離さないこと。

わたしの愛しているを形にするの。





わたしが何故、スピリチュアル的に導かれたかというと ヒーラーになるためでもスピリチュアルマスターになるためでもなくて ただ、ただ 自分の『好き』を形にすることだったんだなあ と思います。


誰かに認められたいわけでめなくて、誰かを導きたいわけでもなかった。
ただ、自分の好きを形にすることがしたかった。


わたしのしたいことは、ただ ひとつ。


ひとつ。

そのひとつに集中するだけ。。。

愛情をかけるということは、時には相手を信じて見守ることも大切だけど、手を差しのべて抱きしめることも大切だと思っています。

わたしは熱いくらいの想いを持っていますが 全部が全部、手を出すのではなくて 相手を信用するところは信用します。

心が育つように導いていくのがよいのかなあって思います。


今の世の中、淡々としている人が多いと感じます。

個人主義というか。

淡々とすることが見守ることではなくて、相手の本質を見ることではないでしょうか?

自分のことをわかってくれている人がいるということで安心感を得て、前を向けると思います。


生きていてくれるだけでありがたいんだよ とか あなたの力を信じてるよ と言われることで、自信を持って、前を向けるのだと思うのです。


だけど 逆に、自分は生きているだけでありがたい存在なんだと納得したり、自分は最強なんだと自信過剰になると 違う目線になってまっすぐ歩めなくなるものです。

気をつけたいです。

先日、アップした愛に続いて書かせていただくと、自立できていない人というのは、自分も相手も信頼できない状態だと思うのです。


だから、信頼関係を築くまでは手を差し伸べることは必要だと思うの。


信頼されないことは辛いことだけど 相手は信頼できない状況に陥っているだけだと納得して手を差し伸べることが大切なことだなあ と思うのです。





自力で立てない人を辛抱強く見守ることは大切だけれど 自力で立つことを忘れてしまっている人に対して それをするのは、恐怖心を煽るだけなのです。


立つことを忘れてしまっている人が大勢いるのが実情だと思います。


手を差し伸べること、大切です。


今までのわたしの歩みは利他の心の実践が中心となっていました。


スピリチュアルに目覚めるということは、利他の心の実践に導かれるものだと思っていたけど そうでもないのですね。


違う人たちもいるものなんだなあ と軽いカルチャーショックを起こしています。



スピリチュアルに目覚めても 関わらないように、されている方が目立ちます。


思いやりってなんだろう。


人として生きるってなんだろう?


この地球に生まれてくるってなんだろう?



自分とは違う人がいるということが とても辛く感じます。

自立出来ている者にとって 愛とは、自由にさせてくれることなのだけど 自立出来ていない者にとって 愛とは、干渉すること干渉されることなのです。


だから わたしは、自立出来ていない者に対して 関わるのです。


自立出来ていない者にとっては 関わり慈しみ尽くすことが愛であり思いやりなのです。


しかし、不干渉の法則を持ち出して 見守ることが愛なのよ と見守る意味を知らない者が宣う。


愛の意味を知らない者が愛を語る。



血も涙もない人が多いなあと思います。


とくに、スピリチュアルリーダーと呼ばれる人々。


自立できていない心を癒すのは、ぬくもりです。



また、皆さんのブログを読ませていただいていて思うのは
やってることは間違いないのだけれど 動機に温かみがないなあ と言うことです。


自分には愛があると思い込んでいる人こそ温かみがないですね。


形だけはやってる感満載なのに、温かみがないのです。


根本的に温かみがないからわからないのです。



わからないことがわからないのですね。。。



清濁併せ持つこと、それが愛というものであり温もりの根源です。


神にも邪にもなれる強さを持つことですね。


その強さがないから、邪なものを排除しようとしたり見ないふりをするのですね。


それが二極化の原因なのです。



どちらも必要だと、わたしは考えています。



わたしはどちらも受け入れています。

誰かの役に立つことよりも誰に支えてもらっていることを自覚できたらいいね。

その方が心が安定すると思うな♪

誰かと対等に生きることよりも誰に助けられて生きていたいと思う雨の日です。

辛ければ辛い時ほど、人の温かみが染み渡ります。

あなたが辛い時、誰がそばについて居てくれますか?

人が人を愛する気持ちは美しいと思います。


愛すること。


あなたは愛を何だと感じていますか?



愛することは愛されることではないし、執着することでもないのです。


ただ 清らかな気持ちを表現することです。



清らかさ、あなたは持っていますか?

愛に基づく強い想いを人に向けられた時、人は従わずにいられない。



その想いが強い愛であればあるほど、従わずにはいられない。



人が動かないのは、愛に基づく想いではないからなのです。



人が愛に基づく決断をした時には そこに愛が発生する。




愛を起こしたいなら、愛に基づく決断をすることなんだ。。。

わたしが まだまだ 自分を確立できていなかった頃には、スピリチュアルなイベントにちょこちょこ出掛けて行っていました。


その時によく耳にした言葉が『愛の人になりたい』でした。


その頃のわたしはまったくピンとはこなかったけれど、そのおかげで 愛の人ってどんな人なんだろう?と考えるようになりました。


愛の人


愛の人とは絶対愛の多い人だと思います。


そして 誰をも許せるし守れる人だと思います。


愛が深くなかったら、誰をも許せないし守れないからです。



よく、人に対して 拘りがなくなったとか気にならなくなった、、、と言われますが、そんな類いではないのだと思います。



また、わたしはたまに、自分を犠牲にして人に尽くしている、と言われることがあります。


わたしは自分を犠牲にしてはいないのです。


わたしは自分の愛で自分を満たして、溢れ出る部分で人に手を差し伸べたり守ります。


自分が満たされないのに手は出せないし守れないものです。


現に、自分が満たされていない時には声もかけません。


自分ありきです。


余録分で人を守ります。


余録分が多ければ多いほど、人を許せるし守れるものなのです。



愛の人になりたいと思われる方は、多いと思います。


愛の人になるために、まずは 自分の愛で自分を満たしてください。


それからです。


それから人を許してください。


そして、守ってください。



なぜか知らないけど、許せてしまう、守れてしまうようになると 愛の人になっているのだと思います。



22年前の今日は阪神淡路大震災の日でした。


亡くなられた方に哀悼の意を捧げたいと思います。




わたしの想いが届きますように。。。


この世界に平和が訪れますように。


お祈りさせてください。

癒されて、癒されて、心底 癒されてしまうと
人の役に立ちたいとか認められたいとか という気持ちはなくなってしまうんだね。


だって 癒されきってしまうと それだけで、この状態が世のため人のためになっていることを実感出来てしまうから それ以上、手を出そうとは思えなくなるのです。



誰かを喜ばせたいとか役に立ちたいとかない。



ただ、ただ 愛の中に、身を埋めていたい。。。



それが 世界を平和に導くことだと実感出来てしまうから。。。

このページのトップヘ