この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

わたしは、地球にグラインドしています。 わたしの意識は地球に同調しています。 わたしの想いは地球の想いです。 わたしの叫びは地球の叫びです。 わたしの言葉は地球からのメッセージです。 少しでも、みなさんに 地球の想いを感じていただけたら幸いです。

カテゴリ: 共存


 いつも他人の目を気にしてしまう
 人に気を遣い過ぎて、疲れてしまう
 パートナーの関心をずっと保ち続けたい
 上司や同僚の前で有能だと思われたい
 友人に一目置かれたい、面白い人だと思われたい

当てはまった方は、無理をして仮面をかぶり、「いい人」を演じているかもしれません。

無理に演技をし続けると窒息しそうになったり、あまりに重たい仮面をかぶっていると首が痛く、肩がコリ、疲れ果ててしたりしてしまいます。

他人からどう思われているかをまったく気にせずに生きていくことは不可能ですし、他人の目に自分がよく映ることも確かに必要なときもあります。

しかし…。
もし、あなたが
「他人の目に映った自分=自己評価」
と思っているとしたら、とても危険なことです。

なぜなら他人から悪く評価されたなら、自分は価値のない人間だと思い、立ち直れなくなってしまうからです。
そもそも、他人は適正な評価をしているのか、というよりも、適性な評価などできるのでしょうか。



と、ここまでは FBの記事から引用させていただいています。 


この「いい人」を演じている人たちって厄介です。 

自分でわかっていればいいですが、わかっていない人は これが良いことと判断して そうじゃない人を廃除してきます。 


世間体重視の人は自分らしく生きてる人を目の敵にする傾向があります。 

防御が大変。 



毎日、日記を書くことで 自分の位置を知ることができるけど 今のわたしは、日記を書かなきゃ動けないようになってます。 

日記=内観 


内観することによってやっと動けるようになります。 


なぜ そんなにも動けないかといったら 世間体重視の人からのサイキックアタックを受けるからです。 



ここのところ、あまりに動けないので参っています。 


自分らしく生きるということは このように、ターゲットにされてしまうこともあるのです。 



しかし この自分らしく、というのは曲者で、自分らしくというのは、他人の目をまったく気にしないで自由すぎることではないからです。 


そこをわかっていないのが現状で、世間体重視で生きていた状態から自分らしく生きるようにと振り幅大きくシフトチェンジすると、単なる迷惑な人になります。 


だから 自称自分らしく生きてる人は嫌われてしまうのです。


自分らしく、って人に迷惑をかけても良いことにはならないのです。 



そのため 最近は、自称自分らしく生きてる人に対しての警告をさせていただいています。 


世間体重視で生きる人を導いていく役目もあり自称自分らしく生きてる人に対して警告する役目もあります。 



間に入ってる立場としましては どちらの気持ちもわかるので、折り合いが大切です。 


だから わたしは誰かの味方にはならないのです。。。





苦しいときに支えてくれる人や物がその人にとって大切にしたいものなんだと思う。 


支え。 


自分は何に支えられて生きているか誰に支えられて生きているかは人それぞれ違っていて それは、もしかしたら世間からは認められないものかもしれないけれど それでもそれは、その人の真実なのだから そこを認めあって生きていけたらいいと思うんだ。  


自分にとっての真実さえあればいいんだと思う。 

その真実が信じられないと、お試しが降ってくるのだと思う。 


自分にとっての真実。 


自分にとっての真実は、人から認められなきゃいけないようなものでもなくて ただ、自分さえわかっていれば良いのだと思うんだ。 



世間では、今 世間体重視で生きるている人がだんだん自分を取り戻していきつつあるのだけど その過程において、世間体重視で生きる人を否定したりしてる。 


自分だって 以前は、世間体重視で生きていた過去があるのだから 否定することでもない。 


だけど 自分を取り戻しつつある人は、否定することによって 過去の自分から飛び出そうとしている。 


否定することはないんだよ、と言いたい。 


波動が合わなくなって出会わなくなった人も 過去には仲良しだった時があるのだから。 



また、今わたしは、すべてにおいて 人との繋がりの中で生かされていると感じます。 


人と自分との折り合いをつけること。


儘ならないことがあっても、そんなときには誰か助けてくれる人が現れる。 


一対一の交流は難しくても、誰か中間に入ってくれる人がいてくれる。 


特別に支えられなくても、人との交流の中で 助け舟を出してくれる人が現れるね。 



ツインというワードに惹かれている人の中には、特別な支えを求めてしまう傾向があって そんな身近な助け舟をスルーしてしまうこともあるかもしれません。 


ツインがいる人もそうじゃない人も みんな、人との繋がりの中で生きているんだということを実感するために生かされているんじゃないのかなあ〜 

自分にとっての特別な人がいたとしても二人だけで生きてはいけないのだから、人との繋がりを大切にしていきたいと思います。



高次元の世界は、みんな仲良く♪です


最近の風潮として 好きな人だけで集まる
って ありますね〜

自分の苦手な人は無視して 好きな人同士で集まる♪

これは 臭いものに蓋をするやり方で 人間的成長は望めないですね

好きな人だけの中にいたら 楽しいことだらけで 学びがないですもん

その枠を外して いろんな世界を観て周り キライな人や苦手な人から学びをいただいて 成長していく〜


これが、人間を次元上昇させることです。


今あるものから 離れて 違う場所に行くことではありません。

今あるものを持って 他の物も 取り寄せるのです。

そして 自分の光を大きくするのです♪


自分の光を輝かせながら、大きくするんですよ♪



仲良く、仲良く、お取り寄せ♪


それが アセンション♪♪♪



嫌いだからと言って 別れるのは ダメですよ〜♪

このページのトップヘ