この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

「わたし」が今、なぜ、ここで生きているのか。 人は本来この世の中でただ一つの命として、自然で無垢な、すがすがしくも清らかな存在です。 しかし現代では、その姿を保つには相当の努力が必要なことのようです。 心身を清浄に保つためには、神や祭り、自然の力をかりて謙虚な気持ちに立ち返ることが必要です。 自分の目の前に差し出されたことを真摯に受け止めてください。 出来ないことは求められないものです。 息の本体に帰ってください。 息の本体に帰り、愛となれば、望んだことは一寸の狂いもなく叶えられるもので、望みが叶えられないのは、我が身が愛でない証拠。 だから、息の本体に帰ってください。 ご自身の「根っこ」を見極めるために、父母 をこえる存在として神や仏、自然の世界やご先祖様の存在が解ると、大きな心のよりどころを得ることになるものです。 日本の文化や風習、特に日本人のこころに脈々と受け継がれてきている信念を取り戻すことは、古くからある豊かな心をとりもどさせてくれるだけでなく、新たな価値観を生み出す大きな手段ともなるものなのです。 そのために出来ることを日々、お伝えしています。

カテゴリ: 共存

人の気持ち、想いって伝わらないのかな。。。



わたしは 人の想いには敏感だし 自分の想いも、たぶん人よりも強いのだと思います。



だから かもしれないですが
人に求める度が強いのかもしれない。。。


わかりすぎるから求めてしまうのかもしれない。


わたしとしては 求めているつもりはないのです。


だけど わたし基準、みたいなものがあって


これをされたらわたしならこうする
というものがあるのです。


でも 人はそれをしない。。。


それに対して 今までのわたしは人から離れたりジャッジしてきたけれど

結局 それはわたし基準でジャッジしていたから、ということに気付いたのですが
結局 わたし基準で生きているほうが社会的にも生きやすいことにも気付いたのです。



どんな生き方をしても間違いはないのだけれど、
知っておいた方が生きやすいこともあるのです。



それを伝えたくて わたしはブログを書いてます。



わたしは 先ほど書いた 共感力の中で ある人とない人の気持ち、両方を理解できます。


両方理解できるからこそ、伝えたいことがあります。



それは 共感することの素晴らしさです。


また 共感できた時の喜びも伝えたいです。



人って

誰もが否定されて生きていたくないのです。


共感されて生きていたいものなのです。


だから、 人に思い遣りを示すことで喜びを感じるのだと思うのです。


それが 人の役に立つことの基本です。


大きなことをする必要はないし
体力を使うことがすべてではない。



ただ ほんの気配りだと思うのです。



だけど 気配りできない人は 他のことで思い遣りを示していけばよいのだけれど
できないことに卑下するから、うまくコミニュケーションが取れないだけで そこは 他の人にお任せするわ とか また、努力することで うまくコミニュケーションが取れるようになっていくものです。


いかに人に共感していくか


なのかなあ。。。と思います。



それには 日々の努力が必要だと思うのです。




誰もが 認められて生きていける世の中になりますように。



そのためには 何をすべきかを くどくどと書いてます^^

奴隷になるのと、共存するのとは違います。


人は往々にして、弱い者を支配したがる傾向があります。


すると、そこで 主従関係になります。


それは 支配、相手を奴隷化することに繋がります。


奴隷化された者は強いストレスを感じますが そこから抜け出せなくなり、絶対服従するように仕向けられます。



そのようにならないためにはどうしたらいいか?


というと


やはり、強い意思が必要であると共に、自己主張も必要です。



しかし、自己主張だけでは、攻撃されるのです。


自己主張と やはり、相手を思いやる心です。



相手の意見を聞きながら、自分の意見も伝えるのです。


できないことは、どうしてできないかを述べ、やんわりお断りするのです。

自己主張だけでは相手を傷付けるのです。


相手の意見を聞き、相手の立場を思いやり、相手を受け入れながらも 自分の意見を述べるのです。



そのようになるためには、

まずは 自分に自信を持つことです。


自分に自信を持つためには、自分に軸を持つことです。


自分に軸を持つためには、何かひとつ、一生懸命に打ち込めるものを持つことです。


スポーツでもいい、趣味でもいい、資格を取ることでもいいのです。


お料理でも洋裁でもなんでもいいのです。


何か、ひとつでも自信を持てることがあると 人は主張ができるようになります。


やはり、主張、自分の意見を言えることは素晴らしいのです。



だけど 時と場合があり、相手を思いやりながら。。。ということを忘れてはいけません。



自己主張は刃物に変わるからです。



自分の意見は 時として、人を傷付けると 自覚して 相手と接するのです。



そのように、相手を思いやりながら 自分の意見を伝えることができれば
相手はあなたを支配しようとはしてこないのです。


子育ては そのように育てていくのが望ましいのです。



自分の意見を言いながらも、相手の意見も聞き入れる。



それが 共存するということです。


それが 支配から身を守ることなのです。

みんながみんな 自分のことがわかる未来を作っていきたい。。。



わたしの根本にあるのは、これなんです。



これが 彼と共有する想いです。


この想いに動かされています。



この想いにわたしの未来が作られています。





わたしは
人にあれこれ教えたいワケでもなく
お世話したいワケでもなく


みんなと 横に並びたいのです。


ただ、それだけなんです。


だって、わたし 事務処理って 苦手だし、キャベツの千切り嫌いだし アイロン掛けも苦手なんですもの。。。



上から 教えれるような身分ではございません。



ただ、わたしには


わかる


それだけなんです。。。





みんながみんな 自分のことがわかるようになれればいい。

進みたい道がわかるようになれればいい。



そうしたら 変ないざこざも なくなるのに。。。



わからないから
右往左往してる。。。



ただ


わたしは


並びたい。



世界中の人たちと 手を繋いで生きたい。。。

レベルってあります。


小学生には、高校生の勉強は難しすぎてわかんない。
のは、当たり前ですが


高校生が高校生の勉強がわかるなら
小学生に 高校生の勉強の内容を 小学生レベルで 教えることは可能ですね。


高校生というレベルになったら 小学生レベルよりも 上 というものではなく、
高校生レベルになったなら なった分だけ
人に対しての配慮が必要です。

それが
『仲良くする』ということです。

高校生レベルになったからと言って

小学生、中学生をバカにするような態度では
ほんとの高校生レベルとは 言えないですね。


人は とかく 他者と比べて 優越感を持ちたがりますが
なんの意味もないです。
自分は 優越感を持つレベルですよ〜 とお知らせしているようなものです。

また、小難しいことを書けば 賢くみえるってのもないです。

本当にわかっていれば 簡単に伝えれるはずです。
自分の言葉で簡単に伝えられないのは 本当にわかっていないってことだよ〜


優越感を持つのは 真にわかっていないから。

それよりも 自分を高めましょうよ♪

人は 人間であれば誰でも、何かしらのエゴはつけているものなんだ。

エゴとは、自我のこと。

自我があるから、人間でいられるのかもしれない。


だから、みんな それぞれの自我の中の価値観で生きているんだ。

それは 自分とは違うことではあるけれど、 違うから間違っている というものではないんだよ。


ただの違いでしかないんだ。


でも、人は 自分こそが正しいと思い込む。

そこで、争いになる。


自分の価値観を大切にするあまり、他者の価値観を否定することは、愚かなことだ。



どうか 皆さん 自分の価値観と違う価値観を持った人と仲良くしてください。


世界平和を願うなら、自分の価値観に固執せずに、他者の価値観も受け入れてください。



それが 手を繋ぐということ。

世界平和の基本です。

みんな仲良くするために

幸せに暮らすために

私たちは、成長する。

競争なんていらない。

誰が、一番なんて関係ない。


みんなみんな、向上しながら生きている。
成長しながら 生きている。


人それぞれ 段階はある。
それを認めあっていくんだよ。

誰が、偉いなんて関係ないんだよ。

知らない人には教えてあげるだけ。

出来ない人には見守るだけ。


光りも闇も、仲良く、仲良く^^

敵、味方も関係ない。

仲良く、仲良く。

仲良く、仲良く。

高次元の世界は、みんな仲良く♪です


最近の風潮として 好きな人だけで集まる
って ありますね〜

自分の苦手な人は無視して 好きな人同士で集まる♪

これは 臭いものに蓋をするやり方で 人間的成長は望めないですね

好きな人だけの中にいたら 楽しいことだらけで 学びがないですもん

その枠を外して いろんな世界を観て周り キライな人や苦手な人から学びをいただいて 成長していく〜


これが、人間を次元上昇させることです。


今あるものから 離れて 違う場所に行くことではありません。

今あるものを持って 他の物も 取り寄せるのです。

そして 自分の光を大きくするのです♪


自分の光を輝かせながら、大きくするんですよ♪



仲良く、仲良く、お取り寄せ♪


それが アセンション♪♪♪



嫌いだからと言って 別れるのは ダメですよ〜♪

このページのトップヘ