この世界にあるすべてのものは感謝するために存在する

わたしは、地球にグラインドしています。 わたしの意識は地球に同調しています。 わたしの想いは地球の想いです。 わたしの叫びは地球の叫びです。 わたしの言葉は地球からのメッセージです。 少しでも、みなさんに 地球の想いを感じていただけたら幸いです。

カテゴリ: 素直さ

厳しい現実を生きる人のために癒しを提供する人達がいる。

そんな人達もまた、現実は厳しいと感じているのだろう。

また、現実は楽しく満ち足りていると感じている人がいる。

そんな人には癒しは必要がないのです。

でも
そんな満ち足りていると感じている現実は、本当の現実なのだろうか?

ひょっとしたら、それはあなたに取って現実ではないのかもしれない。

ただ、現実から目を背けているだけなのではないだろうか?

少し、考えてみて欲しい。

あなたが感じている現実は、本物の現実ですか?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

この世の中って 不思議なもので

現実的に対処が出来たり、心を見つめて前に進むことができると(グラウディングが出来るようになると)

内側に繋がるようになり、安心感を得ることが出来たり サイキックが開けてくるものです。

だから、伝授でヒーリング能力を得たとしても
内側に繋がり安心感を得ることは出来ないのです。

内側からの安心感はヒーリングで得ることは出来ないのです。

だから、内側からの安心感を得たいならば ヒーリングを受けたり、伝授したりするのではなく 現実的に地に足をつけて生きることなのです。

厳しい現実を生きるためには、心を見つめたり、物質的に考えて対処をしていくのです。

そうすることで、現実が生きやすくなりますし 安心感を得ることができます。

そんな厳しい現実を生きるためには、適度な癒しならば効果的かもしれませんが どっぷりつかることは、現実を歩めなくする原因にもなるのです。

癒しは適度に です。

何故なら、人は癒されるために生まれてくるのではなく
人として、現実を受け入れて生きるために生まれてくるからです。

今は、癒しを提供する方が増えていますね。。。

そのあなたの癒しで、人として歩めなくさせることは あなたの成長を留めるだけでなく
人を殺めることと同等なことだと認識してください。

成長したい魂を成長させない行為は、宇宙では認められていない行為です。

そのため ヒーリングをするという行為は、生まれる前に決めてきた魂しかできないことになっているのです。

ご存知でしたか?

人をヒーリングするには、宇宙の許可が必要になります。。。



そんなこと、聞いたことがないよ!と言われる方は、許可を得ていない方ですね。。。

この世の中は コツコツ何かひとつのことを継続的にできる忍耐力をつけることが必要なのはもちろんですが いくら真面目に過ごしていても礼儀を欠くことをしてはいけないように思います。


そうすると、必ず しっぺ返しがきます。



真面目に生きているから良いというものではなく、人と人との交流においての礼儀を知らないと、恥もかくし、しっぺ返しもあります。



つくづく、思います。



わたしが 少しでも、首を傾げると、
その人に、何かが起きます。





礼儀は大切です。




家庭内で躾されていない人は、外で叩かれて成長するのでしょうが
できれば、子育てにおいて教えていくのが良いでしょう。



物事の道理に反したことをする人が多いから、社会の秩序が保てないのです。



言ってもわからない人は始末に終えないです。



教えれる人には教えていますが わたしから離れていく人には残念ながら教えられません。



世の中の秩序を乱すことが氾濫しています。



だから、地に足をつけた自分になり、礼儀を学ぶために いろんな出来事が起こるのです。




素直になる。。。ということは、礼儀を尽くせる人になる ということなのです。


有り難い限りです。



こうやって わたしたちは地球で生かされていくのです。




感謝しかありませんね。

人のためよりも自分ためになることをする。


どうして、わたしがこんな厳しいことを書くのかといったら、 それくらいのことができないと 生き残っていけないからです。


足元ふらふらして、世のため人のため〜 と言っている人は、ハッキリ言って 生き残れません。



そんな世の中になっていくようです。



未だに、宇宙だ何だかんだと言っているようでは、お先真っ暗です。



地に足をつけた生活をすることは必須になってきます。



地に足をつけた自分になるために、目の前に いろんな出来事や人が現れてくるでしょう♪



お楽しみに^^

人の役に立とうとする前に感謝をしなさい。



人は、誰かに助けてもらうと 今度は自分がしてあげたいと思うようですが
助けてもらっても、十分に感謝をしない人が多いです。



人の役に立ちたい気持ちはわかるけど、
十分に感謝をして受け取っていないのに、人の役に立とうというのは、思い上がりも甚だしいものです。


人の役に立とうと思うのは、十分に感謝ができてからです。



マトモに感謝が出来ない人が何ができるか?


謙虚さを知らない人が何ができるか?




人にお世話になったのに、御礼もそこそこにして、人のために働きたいとかお返ししたいとか。。。


そんなココロモチだから、繰り返す。



感謝をすることを軽んじている人が多すぎる。



ありがとうございますと頭を下げるのは基本的なこと。


感謝を形にするというのは、人に与えることだけではなくて 自分の身を正して生きることです。


自分の身を正して生きることで 感謝をあらわすことになるのです。


身を正して生きてこそ、人のお役に立てるのです。



与える人間になって優越感にひたりたいですか?


そうではないはずです。



何も与えることをしなくても、笑顔で、皆に 謙虚に接しているだけで十分に感謝をあらわすことができることを知ってください。



人に奉仕をすることと感謝をして受け取ること、どちらを優先すべきかは、感謝をして受け取ることの方なのです。



なぜなら

感謝をして受け取るということは
お世話になった方に素直に誠実になることだからです。


人よりも秀でたいとか自分から与えたいと思うことは悪いということではありませんが まずは、人にお世話になったのなら、礼儀を尽くしてお礼を述べることが先決です。


そして 次に、現在の報告をして、お世話になった方に安心していただくのです。


そして 生活が整ったのちには ご連絡をさせて頂いたり、ご相談をさせて頂いて 人間関係を築いていくのです。



便りのないのは元気な証拠というのは、皮肉です。

便りのないのは、気がない証拠です。


感謝を忘れた証拠です。


そして、また、自分勝手に事を始めると失敗します。


相談するという、人に意見を聞くことをしないからです。


よく失敗する人は、人に意見を聞かずに、ひとりで勝手に事を進めます。


相談しない人です。




このように 人に感謝をして 自分の身を正して、お礼を述べる。
そして 近況報告をして、これからの相談をしたならば、悪いことは そうそう起こらないはずです。


自分勝手に事を進めるから、トラブル発生するのです。


人とトラブル起こす人は 自分勝手だからです。



トラブル起こしてから、泣いたり悩んだりするよりも 素直に人に相談すればよいのです。



結局、人に相談させていただくという謙虚さや素直さがない人は、感謝ができないから 人とトラブルを起こしやすいのです。


そのような人が 人の役に立ちたいと自分勝手に行動を起こしたところで トラブルの元になるのです。



だから、人の役に立とうとする前に感謝をしなさいと言うのです。



心の中に素直さのない人は 外側に敵をつくります。



人の役に立とうと思うならば、まずは 心を素直に謙虚にさせることなのです。

自分が感謝ができていない

自分は素直じゃない

って、わかっていればいい。

わかっていれば、前に進める。

習うことができる。

謙虚になることができる。。。

自分は賢いと思っているものこそ、バカなものはない。


自分は賢いと思っているから自己主張をするんだよ。

自分に素直だけど、謙虚さがない。。。


これって 勝手都合のいい素直で 自分勝手と呼ばれる人です。



まあ、でも 謙虚さを身に付けていく段階でもあるのです。



それよりも

自分勝手にもなれない、素直に自分を愛することができない人の方が厄介です。



わたしにメールアドバイスを受けに来てくださる方は わたしを信頼してきてくださいますが わたしの言葉を受け入れてみたものの、実行できないでいる人が多数いらっしゃいます。



これをするといいよ♪ってお薦めするのですが 恐怖心があり、前に進めないのです。



前に進むには、グラウディング力が必要です。



グラウディングしながら進んでいくのです。




結局は 恐怖心に打ち勝つことが大切なのですね。



こうなりたい!

こうやりたい!


と、思ってみても 実行力が必要です。



行動しないと、机上の論争だけに終わります。



だから

グラウディングがまず、必要になるのです。



感謝をする、素直になる、謙虚になるには、行動力が必要です。



口だけ感謝、感謝と言っていても 感謝の行動をしていない人はたくさんいます。



感謝、感謝というならば、形にしなきゃね☆



また、
できない、できないと足踏みしかしていない人も見かけます。



できないことを認めることも大切ですが、

なぜ、それが大切かと言うと 自分の位置を知ることができるからです。


ありのままの自分を知ることに繋がるからです。

たったそれだけのことです。



ありのままの自分を知ったらどうするかといったら



後は、前に進む努力をするだけです。




結局、

素直さ、謙虚さよりも大切なことは


『前に進む努力』


なのです。



ありのままの〜♪って歌っていても、前には進めません。



不安があるなら、取り除く努力をする。


ストレスを抱えているなら、対処療法だけでなく、根本的に向き合う努力をすることが大切ですよ。




地震釜が起こるのが怖いと感じるなら


地震が来ても動じない自分になることはモチロンですが

地球に地震を起こさせない自分になることなのです。



だから

覚悟よりも感謝だと申し上げました。




地球から『ありがとう』と感謝をされる人間でありたいと 思っています。



そういう想いでわたしたちは、地球に生まれてきています。



わたしだけじゃない。



この地球にいる人たちすべては、地球に『感謝』される存在でいるために 生まれてきています。

素直さ、謙虚さってイコールではないね。



素直さは自分を愛する力だし、謙虚さは相手を愛する力だから。。。



素直だけど、謙虚さがない人がいるし


謙虚?(人に気を使う系)だけど 素直(自分を大切にしない)じゃない人もいる。



だけど 単独では成り立たないんだ。




素直さ、謙虚さ セットされて 始めて


『感謝する』ことになります。



素直さ+謙虚さ=感謝



ですよ♪



覚えておいてくださいね♪

現実に向き合うこと



って、大切です。



現実に向き合う時に素直さ、謙虚さがないと、

『現実』が恐怖に思えてくるのです。



だけど、


素直さ、謙虚さを持って 現実に向き合えば、怖くないんですよ。



素直さ、謙虚さというのは、恐怖心を受け入れることでもあるのです。




恐怖心があるから 前に進めないのです。



だから、素直さ、謙虚さは大切です。



>ひろみさん


ほいな♪

結局 南極 、
スピに片足突っ込む人って問題を抱えていて 解決したいって思うんです。
でもね 両足突っ込んでみると
甘いこと言って、抜け出させなくするんです。


わかるよわかるよ わたしもおんなじだよ〜とか言って 傷口なめあってるだけなんだよ
進歩ないよね〜

その延長でワークなどいくと
明らかに現実逃避なのに、それを肯定してくるから 図に乗るんです。

なぜ 図に乗らせるかというと
そういう商売だからです。
寂しい、辛い人ばかり集めて 稼ぎたいんです。。。


わたし的に そこ、アホらしいと思います。

グラウディングさえしていれば 人は変わるんです。
常識的に生活していれば、人は成長できるんです。
『ありがとう』と『ごめんなさい』がきちんと言えれば、人は成長できるんです。

幸せでいられるんです。


むずかしいことではないのです。



幸せでいるのに、わざわざ、スピ的ワークする必要はないのです。

今のわたしには、まったく縁のないことですが


よくトラブルに巻き込まれる、事故が多い人を見かけます。


スピ的に視たら、何かを気づかせるために起こるんだよ♪

その何か。。。というのを わたしは、いろんな角度から検証して、お伝えすることはもっとも得意とするところですが


それ以前に、何故、防げなかったの?

と思うのです。



わたしは そ〜いうトラブルには見舞われません。
わざとトラブル回避しているわけでもありませんし
ごくごく普通に過ごしているだけですが ないのです。


だから、何が原因なんだろう。。。と考えてみました。





『素直じゃない』


ただ、これだけです。

何かしてもらったら、ありがとうと言うのは当たり前だとわたしは思いますが、
誰かしらんは、 何かしてもらっても してもらって当たり前だと思います。

また、あきらかに自分が悪いのに、謝らない。

こういう人もトラブルを引き起こします。


『ありがとう』と『ごめんなさい』


これが言えない人が増えています。


基本的なことです。


何か頼み事をするときには、軽く手土産を持参するとか
人から頂き物をした時には、その時すぐにお礼を言うのは当たり前で、次にお逢いした時にもう一度、お礼を言うのも当たり前。

お礼ってもらった時だけ言えばいいと言うものではないんですね。

そういうひとつひとつ、細かいマナーをしらない大人が多すぎます。


トラブルに遭う人って そんな基本的なことができていないんですよね。

こういうことは、家庭で、親から教えられることですけど
教えていない親が多すぎる。。。

親が、そういうことを知らない。。。ってこともあると思います。


親が厳しいのは当たり前で
社会に出たときに恥をかかせたくないから 厳しく育てる。

だけど、子供は 親が厳しいというだけで親を毛嫌いして 親元から離れて、そんな人が親になってますね。。。

まあ、放任主義な親もいます。

でも、社会に出たら、たくさん恥をかき 成長させていただけるのに

『恥をかかされた』という現実だけで相手を恨み、親も恨む。。。


なんていうか


今の世の中ってこんな感じですか?


『感謝がない』

『素直じゃない』


何かを指摘されたら、

『教えてくれてありがとうございます』

と何故、言えないのでしょうか?

そして
『わたしはわからないことが多いので、教えてくたさい』
と 頭を下げればいいことです。


プライドがじゃましますか?

なんのためのプライドですか?

自分を後退させるためのプライドなんて捨ててしまえばいい。



素直に人に頭を下げれることができる人ほど、
トラブルありません。
事故ありません。



親から教えられなかった、親から育ててもらえなかったのなら、他の人から学べばいいだけです。


違いますか???



自分の人生は自分で創造するんです。



人のせい、親のせいにして、あなたはそれでいいのでしょうか?




思うんです。

結局ね。。。


自分が成長出来ないことを誰かのせいにしたいだけなんです。


自分のやるべきことをやらないで、現実逃避したいだけなんだ。。。



だから トラブルに巻き込まれる。



自分の人生ですから、真剣に考えたらどうですか?

自分がどうしたらいいか?


どうやって生きたらいいか?


真剣に考えたらどうですか?

このページのトップヘ