この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

わたしは、地球にグラインドしています。 わたしの意識は地球に同調しています。 わたしの想いは地球の想いです。 わたしの叫びは地球の叫びです。 わたしの言葉は地球からのメッセージです。 少しでも、みなさんに 地球の想いを感じていただけたら幸いです。

カテゴリ: 平和


自分のやりたいことがあるから、相手がいてくれるのです。 


人を守りたい。

人をお世話したい。 

人を助けたい。 

人を治したい。 




その気持ちが、悩める人を生み出すのです。 



そのことに気付いてください。 




自分の内側にある 


人を守りたい。

人をお世話したい。 

人を助けたい。 

人を治したい。 


気持ちがなくなったなら、そんな人はいなくなります。 




いなくなります。 





日本の中で広島と長崎に原爆を落とされ、被爆民となり、辛い体験を強いられてきた。 


そのため、その中で強い絆も生まれただろう。 

しかし 強い絆が他者への憎しみに変わることもあっただろう。 


そんな憎しみは簡単に癒されることはない。 


故郷を焼かれ、家族を失った痛みや苦しみは、当事者しかわからないもので、復興は果たして経済の発展は遂げたけれど、なかなか癒されるものではない。 



世界において日本という国は、自然を崇拝する国で、受け入れることを善としてきたけれど、被爆民となり、受け入れることを余儀なくされている昨今、苦しみを掘り返されている人も少なくないと思う。 



日本は被爆国ではあるけれど、被爆民は広島と長崎県民であるため、その中でも差別やいじめはあっただろう。 


戦争が終わって、早や75年が経とうとしていて、戦争の辛さが風化されてもいる中で まだまだ憎しみや痛みを持って苦しんでいる人もいるわけで、それを思ったら、簡単に 受け入れましょうとか許しましょうとは言えなくて、忘れないためには、祈り続けることしかできないものです。


祈り続けるとは、亡くなった方々に慰霊することだけではなくて、忘れずにいること。 


片時も忘れずに生活をすること。  


それが日本人としての供養ではないかなあとわたしは感じています。 




わたしは、日々の生活の中で、させていただいていることがありますが、それは哀悼の意味があることに気づきました。 


お弔いです。 



*********************************


憎しみ、争うという精神は、人を負かしたい気持ちで勝ちたい気持ちではないと、昨日読んだ本で知りました。 


そのため、どちらもが自滅するそうです。 


破壊です。 


自分が死んでも良いから相手を殺したいという気持ち。 


これが戦争に繋がります。 



最近のニュースを観ていると、特にそのような傾向が強いと感じます。 




また、世間を観ていると、共有するという精神がないように感じます。 


だから 自分本意で、公共施設が使えないのだなあとも感じます。 



日本人は、元は 自然を崇拝する民族ですが、日本人の中で力を合わせることよりも争うことが多すぎて、個人主義になり、共有という精神をなくしました。 


それが 自然の恵みの有り難さがわからないことに繋がることだと感じます。





苦しみから逃れられないから、他者を巻き込んで一緒に破滅していく。


自分だけでも助かりたいという気持ちすらなく他者を巻き込んで一緒に破滅する。 


そう望んでいる人が増えてるように感じます。 


だから、共有するという気持ちはサラサラ持ち得ないのです。 


物騒な世の中になりました。 



と、それは 地球の底辺の次元ですので、そこに意識は向けない生活を心掛けてください。


そういう世界が、あるんだなあ〜とだけ思っていれば良くて関わらないことです。 


色々なお試しがあるものです。 



注意して過ごしましょう。 








たぶん、わたしたちが地球に転生した目的というのは、真実の自分を生きる者同士が尊重して生きられる世界を創ることなのではないでしょうか? 


先記事でも書いた通り、わたしたちはそれぞれに自分の真実の物語を持っています。 


そんな物語を生きるわたしたちが互いに交差し関わり合いながら生きているのが、この地球という世界です。 


自分の真実の物語というのは自分の領域です。 


誰もが自分の領域を侵されたくないし尊重してもらいたいものです。 


そう考えたら、他者の領域を侵すことなく自分の領域を生きればよいのです。 



自分の領域を存分生きることが世界を平和に導くことなのです。 


人の世話をすることも良いでしょうが、他者の領域を侵害してまでかかわることは世界の平和に反した生き方なのです。 



他者の領域を侵さない。 
自分の領域を存分に生きる。 



これがわたしたちに求められていることではないでしょうか? 



その人それぞれに生きる物語がある。




今、この世界には情報が多すぎて、自分の領域の境がわからない人が増えています。 

だから、それぞれの領域を侵し侵され揉めています。 


自分の領域さえしっかりわかっていれば防げることです。 



自分の真実を生きることが世界を平和に導くのです。 



ホントはこういう人に対しては無関心でおくべきなんだが 如何せん、国家を牛耳っているから質が悪い。


関わらないのが身のためなのです。


でも、この人に任せておいたら日本がダメになってしまう〜と恐れる者がいるから生き延びるのです。

そういう人のエキスを吸って生きているから。


そういう人って自分の正義を貫こうとします。


正義って愛じゃない。


仲良くすることが愛なの。


何かに勝とうとすることは そこで愛ではないのです。


安倍総理は愛じゃないものが大好きなの♪



うちの近くに、安倍総理の貼り紙が貼ってます。

『責任を果たす!』って書いてあります。

責任ってなんでしょ

日本を潰すのが責任なのかな?


ってことで これから、地域ごとに力を持つ時代になっていきます。


地域(行政)が国の言うことを聞く必要ないようになっていきます。


そのための地域創成なのです。


条例が確固としたものとして出来上がっていくため、国の言うことを聞かなくても生きていけるようになっていきます。


今、わたしの住む地域でも地域創成に力を入れていまして わたしもその説明会には参加してきています。


そして その中心になっていく会社には、各都道府県から選りすぐりの人材が集められています。


そういう方々との話しはとても為になるし勉強になりますね。


地域創成を成功させるためにわたしも尽力していく所存です。

戦争はしない


と決めたから、法律が変えられている。


法律が変わるから行政も変わる。


そんな切り替え時期だから、忙しい今日この頃。。。

自分を傷つけないためには裁く心を持たないことですし、傷つけられないためでも裁く心を持たないことです。



自分の心に裁く心があると 人から傷つけられる現実を作り出します。


誰もが裁く心をなくすことがこの世界を平和に導くことなのですが、まだまだ そんな世界は遠いかもしれません。


人を裁く心を持たないようにと教えても、傷つけられる現実を目の前にしたら、人は相手を裁いてしまうかもしれません。

自分が裁く心を持っていなくても 大切な人が裁く心を持っていたらその人は傷つけられる現実を作り出してしまいます。


それを見聞きして、あなたが裁く心を持っているからよ!とは言い難いものです。


そんな時は、わたしの名前を呼んでください。


わたしが守ります。


あなたの大切な人を守ります。



ままのまま

権力を使って人を支配しようとする人の心は寂しさに覆われています。


そのため その寂しさを受け入れてもらうことで、徐々に 頑なな心が和らぎ 権力的ではなくなるのです。



権力には屈しない!と言っている人は権力を許さないし、その寂しさを受け入れようとしないから いつまでも敵対しています。


それでは 未来は変わらないのです。



権力者の方が変わればいいんだ!という気持ちでは世の中を変えてはいけないのです。



受け入れること。


相手を理解すること。



支配されている身でありながら、権力者を受け入れていくことは容易なことではないかもしれませんが、これが効果的なことなのです。




誰もが人は尊敬、尊重されるべき存在です。



同じ存在なのです。




わたしたちは この地球に生まれてきて、受け入れることをしたいのです。


清くたくましい魂は、どこまでも受け入れていきたいのです。



わたしはそんな魂の想いがわかります。



だから、権力者の中に入り込んでいられるのだと思います。


潜入捜査官なんですよ、わたし♪

たくさんの役割があります〜



人を受け入れることで器が大きくなります。


それが成長するということです。


受け入れましょう。

許しましょう。

以前、戦争をさせない自分になる を書きましたが、その時はわかっていなかったことを書きたいと思います。



まず、戦争をさせない自分でいるためには、どのような自分で居るべきかわかりますか?


いつもニコニコしている。
いつも謙虚でいる。
真面目に何事も取り組む。


どれも正解であって不正解です。



それは、自分の内側に最終兵器を隠し持つことなのです。

いざとなったら、見せるためです。

使ってはいけません。

使ったらアウトです。



最初は何をされても動じないでいることですが、いざとなったら、稼動させるのではなくて見せるのです。


使ってはいけないものを持つのです。



それが この世界で言う核兵器ですね。


これは、元来 使ってはいけないものだったのです。


しかし、第ニ次対戦でアメリカ軍が使い、そのため 日本人が被爆しました。

そして、負けた日本が戦争の責任を取りました。

それって 実におかしいです。


本来なら、使ってはいけないものを使ってしまったアメリカ軍の責任です。


この話しはまずはここまでで、本題に戻します。


使ってはいけないものを持つ、それは 善と悪があるとしたら、悪と呼ばれるものです。



わたしは怒らせたら怖いです。


だから、わたしは人様を怒らないように努めています。


わたしが怒ったら、人は瀕死の重傷を負うので神様から説教されます。


という奥底に核兵器を持っているのです。


そのため、ちら見せするだけです。


ちら見せでも人は縮み上がります。


わたしが直接、手を下さなくても 一言、「あらまぁ、宇宙の法則が働くなあ」とドスのきいた声で言うだけですっ^^




わたしは、それが核兵器だとは知らずに使っていた大バカ者です。


まあ、使わなきゃわからないのですが 実験を繰り返して 最後には最終兵器となっていくのです。

使ってはいけません。

見せるだけです。




それを使うと言うことは、この地球を木っ端微塵にしたい存在に乗せられるということで、自分もそれに成り下がるということです。


自分の権威にかけて、持っていても使わない というのが人の道です。



日本人は二度も被爆しているから、その脅威を知っています。


だから、見せられるだけで怖いのです。


これが日本人特有の恐怖心です。


今の世の中は、そこをあおられている状態です。


武器を持つことは悪いことじゃないんだよ。


使ってはいけないだけなのです。



善と悪の両方を併せ持つのです。


それが 戦争をさせない自分になるこつです。

昨日、わたしが何故 『こうやって人はこうやって目覚めていくんだ』を再投稿したかというと、目覚めるということは本来の自分の姿に戻ることをいうのだということをわかってもらいたかったからです。


目覚める と聞くと、何か違う者になってしまうように思えるかもしれませんが そうではなくて、ただ 本来の自分の姿に戻るというものなのです。



『すると ある日、突然 人が変わったようになった。


何故か、背筋が伸びている。

自分の口から発せられる声が変わる。

また、自然に 自分を整えていくことを覚えていき、
自分の内側から声が聞こえる。


自分がどう生きたらよいかを教えられるんだ。


誰かに聞かなくったっていい。


確信できる声が聞こえてくる。


そうやって 自分自身と繋がる。


感謝が増せば増すほど、繋がりも深くなり、確信度も高くなる。


それを経て、人は目覚めていく。』


これが、わたしたち本来の姿なのです。


誰に教えられなくても、自然に自分を整えることや律することができてくるのです。


自分自身の神様と繋がると、このような状態になるのです。


それが内観浄化、つまり瞑想なのです。




最近では、スピリチュアルなお仕事をされている方が増えましたね。


スピリチュアルなお仕事、つまり神様と繋がり、神様の使い手としてのお仕事です。


神様の使い手としてのお仕事をする上では、このような状態になっていることが望ましいのではないでしょうか?


それが 神様と繋がり、人と仲介させていく者の務めだとわたしは考えます。



瞑想を覚えなければならないわけではなくて

誰かに言われなくても、自然と自分を整え、律することが本来の姿なのです。


暴飲暴食を控え、日々の生活を見直し、反省して過ごすことが本来の自分の姿なのです。



神様と繋がるということは、このような生活をするということです。


光が見えるとか金粉が出るとかではないのです。


神様と繋がる者として書かせていただきました。

先記事で 親が子供に対して制限することを書きましたが、これは必ずしも悪いことではありません。


なぜなら、人によっては自制心のない方がいるからです。


親に育ててもらっているうちは、真面目なのに 家を出たら不真面目になった。。。


それを 子供はしつけが厳しかったからとか親から虐待を受けたという風に思い込んでいる人がいます。

被害妄想です。


自制心のない人は一定の縛りをつけないと ふらふらちょうちんになります。

自分で決めるとか自分に約束したことを守ることができないのです。




朝、太陽が登り夕方に沈む。

天は規則正しく進んでいます。

身体のリズムもそのようにできています。

それを 夜遅くまで起きていて朝方眠るとか、していると食事のリズムが崩れます。
すると 身体が受け付けないかどか食いをしたりします。

甘いものがやめられない、タバコやアルコールの飲み過ぎます。


自制心がないのです。


誰かに管理してもらえないと不必要に摂取してしまう。。。


それは、幼少期からのしつけが問題です。


いつまでたってもしつけが必要な人はいるのです。

自立できていないのです。



わたしの知り合いで、以前は厳しい方にお世話になっていた方がいました。

その頃はアイロンをピシッとかけたシャツをかけて 背筋も伸びて 素敵な感じでしたが 窮屈だからとそこを飛び出して 今は結婚されて事業を興されていますが まあ、驚くほど変わってしまいました。

服装はよれよれのTシャツでブクブクに太りしまりがありません。。。


厳しい方から離れた時は、その方の悪口三昧でしたが その理由がわかりました。

結局は厳しく管理されないと、自分を節制できないのです。

奥さんもお手上げだと思います。

それか、奥さんも緩いのでしょう。。。


その生活がしたかったから飛び出したのかもしれませんが いかにもひどいなあ と思います。


幸せに暮らしているようですが、わたしとしてはお付き合いできません。



なんていうのかな

そこまで自制心がないのは、信用できないのです。


自分との約束ができないのに他者との約束が守れるわけないからです。


自己管理ですね。



だから、結局は、自己管理できない人が集まっている仲間でつるんでいます。


人との約束も緩いです。
仕事は遅れても当たり前。

の世界で生きています。

好きなことをしているからいいじゃないか と思われるかもしれません。



だけどね、わたしは魂の想いがわかります。


嘆いています。。。


それでも 魂は、寄り添い続けています。



彼は今の生活こそが魂の進みたい道だ!と勘違いしているのでしょう。

しかし本当は、魂は嘆いています。


だから、よく怪我をするし 病気にもなりますね。
サインは出ています。

気づかないのです。


というよりも、病気しても当たり前 怪我して当たり前と思っているのでしょうね。



魂の想いにまっすぐ進んでいたら病気や怪我は一切ありません。


それを知らないのです。

このページのトップヘ