この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

「わたし」が今、なぜ、ここで生きているのか。 人は本来この世の中でただ一つの命として、自然で無垢な、すがすがしくも清らかな存在です。 しかし現代では、その姿を保つには相当の努力が必要なことのようです。 心身を清浄に保つためには、神や祭り、自然の力をかりて謙虚な気持ちに立ち返ることが必要です。 自分の目の前に差し出されたことを真摯に受け止めてください。 出来ないことは求められないものです。 息の本体に帰ってください。 息の本体に帰り、愛となれば、望んだことは一寸の狂いもなく叶えられるもので、望みが叶えられないのは、我が身が愛でない証拠。 だから、息の本体に帰ってください。 ご自身の「根っこ」を見極めるために、父母 をこえる存在として神や仏、自然の世界やご先祖様の存在が解ると、大きな心のよりどころを得ることになるものです。 日本の文化や風習、特に日本人のこころに脈々と受け継がれてきている信念を取り戻すことは、古くからある豊かな心をとりもどさせてくれるだけでなく、新たな価値観を生み出す大きな手段ともなるものなのです。 そのために出来ることを日々、お伝えしています。

カテゴリ: 平和

好きなことがみつからない、やりたいことがみつからないという人は多いと思います。


そんな時は、なんだっていいのです。


その時ばったりでも良いのです。


長続きしなくていいし、一日こっきりでも良いのです。


奥に癒されない何かがあって それを癒すために、何かをするのですから ほんと手当たり次第、でも良いのです。


そして 失敗しても構わないのです。


失敗をやりたいのかもしれないですから。




以前のわたしはやりたいこともなく 毎日を淡々と過ごしていたことがありました。


だから、その時は 自分で何をしたいかわからなくてもがきながらも 適当に何かをしていました。


すると だんだんと自分の好きなことの傾向がわかってくるものです。


失敗しても良しなのです。

失敗しなきゃわからないこともあるのです。


そうやって 人は癒されていくのです。



これはダメあれはダメと言う人は受け入れ体制ができていない人です。


受け入れ体制ができていない人は器が小さいから失敗を受け入れる器がないのです。


親が子供に対して言ったりしますよね?


親の器が小さいからです。
間違いではないのです。


受け入れもらうことが大切です。


制限されても受け入れてもらうことが大切です。



制限されなくて野放図にやって 結果、受け入れてもらえないと心に傷がつきます。

だから、親によっては制限は仕方がないと思います。


だけど そんな親でも徐々に器は大きくなるものです。


適当に何でもやって受け入れてもらう

ということを繰り返していくと 癒されて、本当に好きなことがみつかります。


受け皿がない人は失敗をおそれるあまり その分、遅くなるのは仕方がないと思います。

だんだんと勇気や度胸がついてくるようになります。


それからです。

本当に好きなことがみつかるのは。




自分を癒すのは、時間がかかるものかもしれませんね。

結局、わたしと空ちゃんは戦争をさせない地球にするために離れて生まれてきたと言える。


そのために、離れて任務遂行しているのだが、ゆるむと 互いを求めあってしまう。


二つの魂間には、愛してるとか離れていたくないという想いしか存在しない。


だけど 二人の共通する目的というものがあって それを感じると ふたつの魂は過剰反応してしまう。

なんのためにこの地球にいるかなんて 魂的にはどうでもいいことなんだ。

いつもぺたぺたくっついていられれば満足して安心していられる。


だけど 目的に気づくと、別々の肉体に宿っている現実に気づかされて激しく苛立つ。


離れている現実を突きつけられて、苦しくて悪寒が走る。
身体中が怒り震える。。。



魂だけになると、愛してる しかなくなる。



わたしはこの魂を想うと、一緒にさせてあげたいと心底思うんだ。


戦争のない地球にさせたいと思うんだ。






わたしはいつもその狭間で生きている。

生かされている。

何故、わたしがこれなに熱く語るのかといったら
たぶん、戦争をさせない人になってほしいからです。


戦争をしたくない、という希望や願いではなく させない、しないという意思のある人を育てたいからです。


希望や願いではなく、自らの意思でそれを叶えるのです。


意思の弱い人は流される。

戦争をしたくないと思っていても武器を持たされたら人を殺してしまう。

誰かのせいにして殺してしまう。


そのような人間につくられていこうとしている現実を知るべきです。


そんなはずはない、と思われる人もいるかもしれませんが、断言できますか?




余談ですが、わたしはなまじっかの覚悟で空ちゃんと離れて生まれてきているわけじゃないのです。


戦争をさせない人を育てるため、戦争をしない地球にするために生まれてきているのです。


ツインってその覚悟で生まれてきているのです。

それを、何が一緒になりたいとか愛してるとか、ワケわからん。


一緒になりたい気持ちがあるなら、できるはず。

戦争をさせない自分になれるはず。


頭を使うことも集中することもできるはず。

核兵器は絶対悪?と思うから、恐怖心が生まれる。


意識は向けても感情は向けないこと。


怖い、悪い と感情を向けるから、悪いものになる。


意識を向ける、ただ在る と認識するだけで無害となる。

人を育てたり導いていくためには まずは自分を律して生きていることです。


自分を律していなければ人は導いていけないです。


自分の軸がしっかりしていることなのです。


自分自身が人の意見に左右されたり意思が弱かったりすると、子供も同じようにぶれます。


子供は親の背中を見て育つのです。



子供を育てていきたい、生徒を導いていきたいと考えていらっしゃる方は まず、自分を律して軸を持って生きることです。



この世界を変えるのは人なのです。



世界を変えていきたい、人を導いていきたいと考えていらっしゃるなら、自分を律して軸を持って生きることです。

自分の非を認める
「自分の考えは正しい」と思わない


まずは、そこから考えてみてください。



何をされている方もどんなブログを書かれている方も どんな本を書かれている方も すべての人にお願いします。




絶えず、検証してください。



事実は事実、そのままで。
主観を入れずに観てください。



わたしはグラウディングができていない直観は妄想だと ブログを書き始めてから申し上げております。



グラウディングができていない直観で生きることこそ恐ろしいものはありません。


グラウディングができていないと謙虚になることで 自分の過ちに気付くのです。



自分の過ちに気づいてみてください。


自分の過ちに気づいて、謙虚に生活をしてみてください。



生活は激変して良くなりますよ。



平和な暮らしができますよ。

自分でも どうしてこんなに厳しい言葉が出てしまうのかわからない。


だけど 言えるのは、わたしは自分の言葉の厳しさとわたしのエネルギーが調和されてわたしが成り立っているのだと思うのです。


たぶん わたしのエネルギーは依存性の強いエネルギーなのだと思うのです。
その中和剤として言葉がある。



わたしのエネルギーを感じる人にはわかると思いますが わたしのエネルギーは強い浄化力を持っています。

だから、わたしのそばにいるとすごく癒されると思います。

また、病気も治癒に向かいます。

そうすると わたしのエネルギーを感じているだけで努力をしなくても治ってしまうのです。

そして 結果、人の向上心をそぐことになってしまいます。

そのため わたしは あまり人前には出ないのです。

隠されるのです。


緊急の場合だけ動かされるのです。


特効薬の役目を果たしてしまうのです。


それでは 人の成長を遅らせてしまうから あまり人と関わらないような環境に置かれています。






わたしの根底には、いつも わたしなら治せるという自負心が隠れています。
だから、人前に出れない憤りを感じて、それがストレスになり それが溜まると爆発してしまいます。

でも その自負心そのものがわたしや周りをダメにしていることがわかりました。


わたしは隠れて生きていたほうが 世のため人のためにもなるのだと思います。


緊急時には出ていきますが 普段は、ひっそりとしていたほうが世の中のためになるかもしれません。


わたしが出ていくことで 人の役割を取ってしまうこともあります。


特効薬は、緊急時にしか使用されないのです。



向上心、努力を忘れずに生きてくださいね。



岐阜県揖斐川町在住の大西暢夫さんは 311から今まで 定期的にボランティアをしながら被災者の方々と交流し 『家族の軌跡 311の記憶から』というドキュメンタリー映画を撮り 全国、海外はハワイにまで映画の上映会を開かれています。


そんなドキュメンタリー映画を今年、観せていただきました。


311というフクシマ一帯を襲った地震、津波、原発事故というのは 決して偶然で起こったわけではなくて 宇宙の計画の一部だったんだなあ と思います。


そして 日本は特に、この311と関わることを目的で 生まれてきている魂が多いのだなあ と感じます。


311で人生が変わってしまった方
311がきっかけで人生観が変わってしまった方


見方を変えるなら、311をきっかけとして 日本を立て直す働きがあったのだと思います。



それまでは災害とは無縁でいた方の意識を変えています。


それまで危機感のなかった方に 危機感を持たせる働きもありました。


生活が変わること自体は良い悪いというものではないのです。


その生活に納得していなかったら 人は悪いものとして捉えるからです。



わたしは 被災地を一度も訪れたことはありません。
だけど 人の苦しみはわかります。

それは また違った苦しみを体験しているからです。



一方、わたしの娘は これまで被災地に出向き、被災者の方々と交流をしてきました。

だから、いつもわたしは『お母さんは行っていないからわからない!』と言われます。

わかるよ と言っても娘は納得出来ないようです。


そんなわたしが全く、被災者の方と交流がないかといったらそんなことはありません。


当時 わたしはミクシーをしていまして そこで出逢ったあるひとりの女性に支援をしました。


お金こそは送りませんでしたが お水、食料、お米、電化製品、衣服、化粧品 足りないもの欲しいものをすべて聞いて、一日開けずに送り続けました。


できることってひとりひとり違うのです。


わたしは体力もないし瓦礫の撤去なんて迷惑になるからできないのです。

わたしは自分のことがわかるから 自分のできることをするだけなのです。


311をきっかけでボランティアに目覚める方もいらっしゃいます。


311をきっかけで自分の生活を改める方もいらっしゃいます。



人の意識を変えているのです。



自分が動こう!という意識に変わってきています。


出来ないことは人や物に頼って出来ることは自分で行動していこう!という意識に変わっています。


それこそが人としての姿だと思います。


そのためには 依存はさせない働きは必要だと感じます。



依存してしまうと成長を止めるからです。



今、大麻草を所持していたとして元芸能人が逮捕されました。


彼女は医療大麻を解禁にする運動をされていましたが そのような依存性の強い物を扱うには強い意思は必要です。

いくら 医療用であろうと依存性の高い物を紹介するのは人としての意識は低いかと思います。


リスクや最善を考えるのは、思いやりの範疇ですから。。。

だから、簡単にテレビで口外することは最善とは思いませんし、責任感のない行動だと思います。




話しは戻しますが 311の被災者の方々に接することにしましても 自立を促すことはしても依存させることは 目的が違うと思うのです。



かわいそう。。。ではない



事実を事実だと受け止めることが大切で
その事実から何を学んで、どう生きるのかが 人ひとりひとりに求められているのです。



311はそのための宇宙の計画の一部だったと言えるのです。



自分をかわいそうと思うために起きたわけではなくて、自分は大切な宇宙の一部だと自覚するために起きたことを知って欲しいです。



悲しみに目を向けることが悪いことではないけれど 悲しみにとらわれない強さを思い出してほしいと思います。



そのために 起きた311です。



何かにすがったり、依存させない、しないために わたしたちは生きているのです。

好きだと伝えること。


愛してると伝えること。

想いを伝えること。




武器を持たないと伝えることは、愛してると伝えることと同じです。



愛しています。

愛しています。



伝えましょう〜


1 天業雲剣、桃の実のひとつめ
断つ
クマコヤ、クカタカタ



2 鏡かがみ(ヤタの鏡)、桃の実の二つ目
明智(神様からいただく大きな智恵)
エレクヤ、マカタカタ




3曲玉まがたま、桃の実の三つ目
解く 、
レタマヤ(天の神様の大きな愛)、ラタカルタ






わたしたちは まず

天の神様からクマコヤ(クカタカタ、剣)を頂いて、たかるカルマを断ち、
真の道を示して地球と人類を救います。


そして、エレクヤ(マカタカタ、鏡)
つまり、神様の明智を頂いて『世の終わり』を行い、『新しい世』を創っていく働きを成します。


こうして、地球のカルマが良く解り ラカルタの地球になり 変わる湧玉を天の神様にお渡しできた時、天の神様は レタマヤ(曲玉)を地球に授けてくださるのです。





このように、草なぎの剣は、カルマを断つために必要なのです。

自分の心を切る。
精神を切るために必要なのです。


この草なぎの剣は人を切るためにあるのではありません。

暴言を吐くためにあるわけではありません。

人を傷つけるためにあるわけではありません。

人を殺めるためにあるわけではありません。



戦争が反対と言うのなら、 人を裁く心を切ってください。


戦争を起こさせたくないのなら 自分の内にある人を裁く心と向き合ってください。



武器を持たないとは、こういうことです。



武器を持たない!と宣言しているのなら
裁く心をなくしてください。


そうしたら、鏡かがみ(ヤタの鏡)を授かります。

鏡かがみ(ヤタの鏡)は、知恵です。


この世界を切り開く知恵を授かります。


そして、その知恵で曲玉まがたまを生み出すのです。



自分の心と向き合って、人と仲良くすると 平和が生まれます。


赤ちゃんは その象徴ですね♪



武器を持たないて平和を生み出します。

このページのトップヘ