この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

わたしは、地球にグラインドしています。 わたしの意識は地球に同調しています。 わたしの想いは地球の想いです。 わたしの叫びは地球の叫びです。 わたしの言葉は地球からのメッセージです。 少しでも、みなさんに 地球の想いを感じていただけたら幸いです。

カテゴリ: 自分を愛する

我慢ができるってことはグラウディング力があるってこと。

ネジが固いから、我慢になる。

そこを柔らかくすればいいの。

ネジ自体が柔らかい状態で、グラウディングするのよ♪

固いネジだと、地球に刺さっていて、ハズレはしないけど 折れてしまう可能性があるね。

ネジ自体が柔らかければ、折れることはない。

その代わり 地球に刺さっていないと吹き飛ばされます〜

だから、我慢していながら 頭や身体を柔軟にしていくことがポイントです。

こうじゃなきゃダメ!ではなくて

我慢してるけど、たまにはお菓子食べてもいいよね♪

我慢してるけど、たまには旅行に行きたいわあ



我慢はダメだから、我慢しない生活をする!

って飛び出さなくても

我慢とうまく付き合っていくの。

そうすると 我慢が我慢じゃなくなり、 目的が見えてきますよ〜

ああ。。。このために、今まで 我慢をしてきたんだなあ ってわかるようになりますよ。

だから、我慢とサヨナラするのではなく、うまく付き合うのです。

うまく付き合うのです。

仲良くするのよ♪

わたしたちは、誰ともサヨナラなんてしたくないの。

嫌いになんてなりたくないの。。。

それは、惰性でも執着でもなくて 愛があるからなのですよ〜



結局、愛があるから 執着や嫉妬という感情が生み出されたのだと思います。


その時のココロモチ、気分って コロコロ変わる人もいるよね?



終始、穏やかでいる人もいれば 怒りっぽい人もいるし 浮き沈みが激しい人もいる。。。



浮き沈みが激しい時は 落ち着いて物事が考えられなくてイライラしたり塞ぎ込んだりもすると思うのです。


原因がわかっていてもわからなくても 直らないの。


原因がわかったところで そこと向き合わない限りは直らないのです。



そんな時は、気を紛らしたり ストレス発散なりをして 気分転換することは、とても良いと思います。

だけど、原因が解決できない限りは そこから抜け出せないのです。



原因を解決するためには、そこと向き合うことは大切ですが 向き合えない時もあります。



それは 『我慢』が原因がだと思いませんか?



我慢をやめれば すんなり解決できてしまうのではないでしょうか?



思い遣りと称した気遣いや我慢をしている人って多いと思います。


我慢をしているから

その時のココロモチや気分がコロコロ変わったり、 怒りっぽくて、また 浮き沈みが激しくなる。

浮き沈みが激しくて 落ち着いて物事が考えられなくてイライラしたり塞ぎ込んだりもする。



わかっていても直せない。


相手が怖いから直せない。

変わってしまう自分が怖いから直せない。

相手を想うから直せない。


理由はさまざまです。


『我慢』から抜け出せない原因はさまざまだと思います。


でもね、


我慢って悪いものではないのです。


それは、その奥には愛が隠されているからです。





わたしが歩んできた道は平坦なものではありませんでした。


我慢もたくさんしてきました。


でもね、我慢って魂が自分に課していることでもあるのです。


そこ!わかる方は少ないと思います。


我慢してでも得たいものがある。


魂はそう導くものです。


『我慢は良くないもの』という最近流行りのラベルに囚われないでください。


自分が我慢をしているのではなく
魂に我慢させられている。



わたしは魂を視ますので、そのような解釈になります。



何故、我慢しているのか気遣うのか。。。


その先に、魂の秘められた想いがあります。



魂の目的のためです。




わたしが 今まで生きてきて、そう実感しているのです。


我慢してきてよかった!と思うのです。


我慢って忍耐力です。



我慢って目的があればできるものです。


目的がわからないから我慢ができないのです。



我慢の先に目的がある。
必ず、ある。

そう断言して、わたしは進んできました。


わたしが証明です♪



進む先がわからないから、我慢が嫌になるのではないですか?


本来、我慢は楽しい♪ものです。



我慢すると一本、筋が通りますね。


だから、先がわからなくても 進むことができるのです。




今、あなたは 何か、我慢をしていることはありますか?



その先には、必ず 輝く未来があります。



わたしが証明です。


昨日は珍しく家に居ました。 

自分に巻き付いていた糸がパラパラほどけていく感覚を楽しんでいました。 

まだまだ これからなわたし、と先日書きましたが、出てくる出てくる、、、、。 

つい、5日前も大きな気づきがあり自分の謎が解けたばかりなのに、昨日も😱 


先日はツイン系の気づきだったのですが今回は、それよりも譲れないこと❗ 



そうだよな、わたしってそうだよな、と大きく頷いたわたし。 



まだまだ これが根源の自分じゃないかもしれないけど、これがわたしの姿。。。 



わたしの魂って、どこまでわたしを知ってるんだ!って突っ込みたくなる〜 


自分を知れば知るほど、頭が項垂れます。。。 



でも それこそが自分の価値そのものなのです。 



玉ねぎの皮をはぐようにどんどん自分が現れてきます。 


どんなわたしも素敵✨美しい✨と思えるのです。 



わたくしは美しい✨ 



完全な自己満世界です。 



人はそれぞれ自分にしかない個性を持っていて、それで人々を魅了するのだと思います。 



そして それこそが武器とも言えます。 



それって、見方を変えたら醜いものかもしれません。 
だけど 尊いものであることは間違いないのです。 

そして それは自分の使命と直結しているのです。 



ドラえもんに出てくるジャイアンの歌声は一般的には、美声とは言いがたいですよね?だけど それこそがジャイアンの魅力であり個性であり武器なのです。 





今まで わたしは漠然と自分の価値を認めていましたが、これだったんだ❗と思える、『これ』に行き着いたのです。 


『これ』は、幼少期から変わらず持っているものでいつも自分の身近にあるものです。 


しかし 『これ』がわたしからなくなる事態が起きると、わたし及び身辺に不幸が起きます。 


『これ』があることを自分自身が自覚していてもしていなくても、有ることが大切です。 


だけど どうせなら、自覚していたほうがなくなる事態は免れますね。 


『これ』というのは灯りみたいなものです。 


光り輝いてるものです。 




ちなみに、わたしは無用にアクセサリーはつけません。 

何故なら、わたし自身が光っているから^^ 

必要ないんです〜 




でもね、『これ』をこの世界で体現するということは、うなだれてしまう側面があるということですよ。 


だから 自分の最大の欠点こそが長所だということかもしれません。 



注意力散漫を逆手にとる

注意散漫とは意識があちこちに移動することです。 


ってことは、どんな自分でも意識を向けることができるということです。 


注意力散漫でも良いのです。 


すべてに意識が向いていれば。 



わたしは、日記を書いていただいてそれにたいするアドバイスを毎日、させていただいていますが  まんべんなく書かれる人とひとつのことに絞って書かれる人とに分かれます。 


ひとつのことに絞って書かれる人は、意識がそこに集中し過ぎるあまり、他に意識が向かない性質があります。 


それでは、まんべんなく好きになることはできません。 


自分の関心事に一点集中しているから周りが見えません。 




仕事一筋で仕事で認められることがすべてと感じている人に見られる傾向です。 


そのような方からしたら、注意力散漫な人はあり得ない人に映るようです。 


また わたしからしたら、周りのことを書いてくれないので適切なアドバイスが出来ません。 


アドバイスする側からしたら厄介なのです。 


一日の全体を観ることが大切です。 


日記は一日の感想文ではないのですから。 


一日の全体を教えてくだされば、その時々の状況や感情がわたしに伝わります。


また 何かひとつ、困ったことがあったら その時の相手からの言葉を教えてくだされば すぐにわたしが対処法を教えます。 


そこに感情は必要なく、正確さがポイントです。


相手からの言葉で相手の真意を読み取ります。 


わたしはプロですから、それくらいはお茶の子サイサイでできます←古い^^ 




このように全体を書き出すためには、ひとつひとつに意識を向けて生活することなのです。 


それがグラウディングなのです。 


グラウディングできた日記を書けることが基本となりますよ。 



どんな自分がいるかを日記を書いて知るのです。 

目で見て知るのです。


身体に刻まれますよ♪ 




どんな自分でも大好き 



って 



まんべんなく好きってことです。 



どれかひとつの自分が異常に好き♪ではなくて 


泣いてる自分も怒ってる自分もだらしない自分も威張ってる自分も喜んでる自分も。。。 



どんな自分も存在していて、 

存在する幾多の自分をまんべんなく好きでいるということです。 




幾多の自分 





トイレでふんばってる時の自分^^ 

歯ぎしりしながら寝ている自分 

お風呂で石鹸を踏んでスッテンコロリンして涙ぐんでる自分 

好きな人に抱きしめられて顔を真っ赤にしてる自分 

人の手柄を自分のものにしちゃう自分 

お弁当の玉子焼きをつまみ食いしちゃう自分 

etc。。。 



あなたは、どんな自分を知っていますか? 



自分を好きになる以前にすること。 


どんな自分がいるかを知ること。 


どんな自分でも意識を向けること。  


意識を向けないと好きになることはできません。 


それが、グラウディングです。 




そのために、わたしは日記を書くことをお勧めしています。 





わたしが 何かについて書くと、そのテーマについて 自分の物差しで 切り込んたコメントをされる方が見受けられますが わたしはただ、そのテーマで書いているだけで 裁いてはないのです。 


その事実をありのままに綴った上で、客観的に観て検証したことを表現しているだけなのです。 


しかし 読者様側は、各々のフィルターを通して、感じられています。

その感じられた想いは、その方のもので わたしに同意を求められることではないのです。 


感じられた想いは、それぞれに大切な想いです。 

その想いを大切にするためにも同意は不要なのです。 




相手を敬うことは、相手にたいして下手に出ることではないのです。 

礼を尽くすこと。 


最近、わたしのブログでアクセス数が伸びている記事があります。 


『お礼について』 

http://mamanomama777.m.blog.jp/article/50859495?guid=ON


人との縁を繋ぐにおいて大切なことは礼を尽くすこと。 


わたしは毎日、メールアドバイスをさせていただいておりますが そこでも礼を尽くすことを大切にしています。 


礼を尽くすことは、相手にたいしても自分にたいしてもです。 


自分にたいして礼を尽くすことができなければ相手にもできるわけがありません。 


自分にたいしての礼の尽くし方をご存じですか? 




今、わたしたちは誰もが自制心を試されています。 


ワクワクすることをしよう 
無理しなくてもいいんだよ 
頑張らなくてもいいんだよ 


そう言って、人の成長を阻むエネルギーも見受けられます。 




しかし 第一には、まずは自分を満たすことなのです。 

自分が満たされてから他者への奉仕です。 



自分が満たされると、自ずと他者への感謝や想いがわきあがるものです。 


元々、愛されていたんだ 
元々、認められていたんだ 


と気づくと、嬉しくて感謝の気持ちが込み上げてくるものです。 

そうすると 他者にたいして奉仕がしたくなるものです。 


だけど それは、自分が満たされているという前提の元、奉仕を許されるのです。 


そこをわからない人が多いので わたしは、まずは自分を満たしてから という主義です。 


だから、自己浄化には余念がありません。 



魂は、存在しているだけで世のため人のために貢献していることを知っています。 

しかし 人間の頭ではそんな風には考えられないので摩擦が生じます。 



本来なら ひとりひとりが自分を満たすことをしていれば、地球は平和を保てるのです。 


しかし 自分で自分を満たすことを忘れてしまっている人のために、人が力を貸すことが奉仕なのです。 


自分が自分を満たすことを忘れてしまっている人はたいへん多いです。 


そのため 肉体を持って奉仕をすることを求められますね。 



人が成長するとは 自分が完全に満たされることを言います。 


この地球で完全に満たされることは、なかなか難しいものです。 


先に書いたように、成長を阻むエネルギーもいるからです。 



それでも わたしたちは、完全に満たされる道を歩んでいるものです。 



日々の継続がすべてです。 



まずは、自分 


自分を満たすことを頑張りましょう 


わたしたちはただただ、自分を生きたいだけなんだ。



自分を生きるってそんな難しいことじゃない。


自分の価値基準で生きるだけ。


自分の命を燃やして生きるだけなんだ。


誰にも縛られることなく、自分の人生を生きるんだ。


ただ 自分の価値観を人に押し付けたり、批判はするものではなくて、自分の価値基準は自分だけに使われるもので 自分を生きるために必要なだけ。


自分基準で人は計れない。


どんな自分基準であろうと それは自分を作り上げるもの。


それが自分らしさの元になる。




人を愛するということは、相手の基準を理解し認めること。


自分の基準を当てはめないこと。


互いのやりたいことを理解し認めること。


批判することなく、認めること。


そうすることで、受け入れていける。




この世にはびこる基準を外して、自分基準で自分を生きるんだ。


それがわたしたちのもっともやりたいことなんだ。


自分基準は自分自身にとって大切なものなんだ。

だから、人からのいいねや評価は当てにしない。

ダメなことならば、すぐに返って教えてもらえるの。


その時に、きちんと反省して 次に繋げるの。


そうやって 生きていれば そうそう自分にとって嫌なことも起こらなくなるものなの。



自分を自分で認めて生きているだけなの。


公衆の面前ですべって転んでも
あら、転んじゃった ってケロッとしてる←つい、さっきやった〜

その時に 駆け寄ってくれた人に笑顔でお礼を言ってる

ありがたいなあ〜
助けられてるなあ〜

って感じるよ。




誰にでも、微笑んでいられるようになるよ♪



最初は、どんなことでも努力は必要なの。

でも、続けてやってると 自然にできるようになるものなんだよ。



それは、どんなことでも同じなんだよ♪

このページのトップヘ