この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

わたしは、地球にグラインドしています。 わたしの意識は地球に同調しています。 わたしの想いは地球の想いです。 わたしの叫びは地球の叫びです。 わたしの言葉は地球からのメッセージです。 少しでも、みなさんに 地球の想いを感じていただけたら幸いです。

カテゴリ: 波動について


波動が高いということはどういうことかと言うと、『気づきレベル』が高いということです。




理解力があるとも言います。 


逆に、理解力のない人や判断能力の乏しい人のことを波動が低いと言うのです。 


判断できない自分であることを判断できない人がいますね。(自覚できないとも言う) 


判断できない自分を自覚できるようになることを少し波動が上がったと言います。 



だから、自分のことがわからない人は波動が低いと判断されます。 




このように、意識の高い人というのは、物事の判断力や理解力が高い人のことを指すのです。 

判断といっても正しい判断のことです。


しかし、間違った判断をされるエセ波動が高いと言われる人々は、判断力の乏しい人々を操ろうとします。 


判断力の乏しい人はそれが正しいか間違いかがわからなくて、にせ物を掴まされるしにせ物に騙されます。 


人から騙される人は波動が低いのです。 


騙されないようにするためには、波動を高めることが必要ですね。 


簡単に波動を高めるためには波動が高いと言われる場所に出掛けたり飲食をすることを言われますが、それで本当に理解力、判断力が増すかというと眉唾です。 



地道に、自分の感情に向き合い、相手の気持ちを思い図り行動に移すことで波動は確実に上がるものです。 


自分の波動を上げるためには思いやる心は不可欠です。 


思いやる心が相手のことが理解できるようになるものです。 




波動の高低に良いも悪いもありません。 

また、思いやりないことが悪いことはありません。 
それは、自身の選択です。 
必ずしも、自分の感情と向き合わなければならないことはないのですから。
魂の質にもよりますね。






昨日、今まで働いていた同僚と久しぶりに話をした。 


すると、あちらこちらで切り離しが起こっているという。 


わたしだけではないんだなと感じた。 


波動のなせる技。 


波動が合わないものは離されて、合う者とは出会わされる。 


ただ、それだけのこと。 

そこに、優劣はない。 


水に住む生物と陸地に住む生物、空を飛ぶ生物という違いなだけ。 


もちろん、高いところに住む生物は降りることは可能だが低いところに住む生物は上るのは困難だ。 



自分に合った波動の場所が自分の居場所なのだ。 

自分の居場所で仲間と共に助け合い生きるのだ。 



誰の心にも仏心はあるものだから、同じ波動であれば仲間になれるはずなのだ。 


空を飛ぶものは地の中にいるものを救うことは難しいけれど、地に住むものは掘り進んで救うことができる。 


救世主は適材適所に配置されているはずだ。 



それを信じて、自分の居場所での人生を歩んでいこう。




そうすれば、誰もが空も飛べて地にも水にも潜ることができるようになるはずだから。 



信じよう!

今の世の中、波動が軽くなってきているから わたしの想いは届きにくいのかもしれないです。


想いは質量がありますから。


波動が軽いって、波動が高いのとは違います。


今の世の中は波動が高いのではなくて軽いのです。


想いを受け取る器がないから、軽いのです。


人の想いとは、負の感情ではありません。

慈しみや愛です。


そうです。


波動が軽いと、慈しみや愛を感じられなくなるのです。


何故なら、現代人はハートが閉じているから。


想いが届かない原因です。


ハートが閉じているにも関わらず、波動が軽くなっているのです。


自分のことがわからずにいるのに、波動だけが軽いのです。



想いが伝わらない世の中です。


通信障害が起きています。

だから、表面的な優しさしかキャッチできないのでしょうね。


というわけで、わたしは撤退します。


労力のムダですもん。

今は、責任ある思いやりよりも責任のない表面的な優しさが求められている時代なのかもしれないです。


だから、わたしは自分のことだけに精を出すだけなのかもしれません。



時代がそうなら、それに従うだけです。



わたしの想いが届かないことに、翻弄されている暇はないのです。



こけ数日で、エネルギーが変わりました。


数人が駆け込んできましたが、それ以降は、わたしが受け付けないのです。


それで、先ほどの記事になりました。


自分でもこの切り替わりの早さについていけないです。


このわたしの責任ある想いを発揮する場所を失いました。。。
と、思いきや 違う活用方法があるようです。

宇宙はわたしを活かしたいようです。


どこまでも、使われるわたしです。

崖っぷちに立ってる人を必死に説得するよりも、落ちて負傷した人に親切に接することのほうが気楽かもしれない。

人は落ちたいんだもん。
落ちてみたいのよ。

怪我をして傷だらけになってみたいのよ。

それを止めなくてもいいんだと感じた。


傷だらけになった時でないと、人のありがたみはわからないし、感謝もわき起こらない。


落ちれば?


落ちないとわからないことがある。


外でいじめられないとわからないことがある。



ただ、優しくするって責任がないんだよね。

だけど、そんな時は責任ない優しさでも人は感動するんだよ。


責任ない優しさで人を感動させることができるなら、責任感あるわたしの想いはいらないと感じた。


だけど、責任ない優しさを受けただけでは人は立てないの。


わかるまで、繰り返すのだろうね。


見物だわ。

波動について ホントは違うことが書きたかったのに 本題からズレてしまいました。



何があっても 自分の波動を落とさず 平和を願ってください。



と書きましたが


これをすることで 何が起こるかというと


戦争を回避するだけではありません。



波動を落とさず、というか上げ続けていくと


その波動=意識レベルにあったものが引き寄せられます。



それが 次なるエネルギーになるのです。


今、フリーエネルギーが開発されてるようですが、まだまだです。


まだまだ、害があります。

害のある人の手で作られているものは害があるのです。



その開発のため 今、意識レベルの高い子供が生まれてきています。


その子供たちが未来を創るのです。



そんな時代です。



その子供を産み育てるために 親の教育をしなくてはいけません。



親の意識レベルがその子供を左右します。




育てることが非常に大切です。


育てることも大切だし


自分を高めることも大切だし


平和を願うことも大切です。




すべて、努力です。



継続させてください。

この世の中にあるものには すべて命が宿っていて 意識があります。


そして 波動=意識レベルで表すことができます。

同じ意識レベルのものは引き合います。


そのため 科学的な発明も 同じで 電気の発明、ガソリンの発明、原子力の発明も すべて その時代の意識レベルによって 発明をされています。


だから 人を殺すような使い方をするのであり、発明するのです。


その人の意識レベルに応じて インスピレーションが降りてきます。


より高次からの情報がほしければ 自分の意識レベルを上げることです。


戦争が起こるのも意識レベルが関係します。


江戸時代の鎖国の間は 日本人の意識レベルは、600を越えていましたが
そこに 海外からの使者が訪れ あれよあれよ という間に 下げられ 明治維新という流れになりました。


外国の波動が入ってきて、意識レベルを下げられたから また、戦争が起こるようになりました。



戦争を回避するためには ひとりひとりの意識レベルを上げることです。



『争う』意識次元から上がることです。


人を傷つけたり、自分を傷つけたりしている人は 争う次元から抜けられない人です。


そんな、人に対してジャッジしている次元にいることが 人を争いへと導きます。


それが 戦争を起こしたい人のやり方です。


人間の中の争いの心を利用するのです。


やられたらやり返す その意識があるうちは 戦争はなくなりません。


しかし ただの平和主義、争いを好まない というだけでも 争いは起きるのです。


それは それを継続する力がないからです。


ただの平和主義と絶対的平和主義と違います。


ただの平和主義とは お気楽な人のことを指します。


絶対的平和主義は 平和を持続する意思があります。


持続する意思です。


ただの平和主義は、長いものに巻かれろ主義です。

しかし 絶対的平和主義とは その意思の力で努力します。




だから わたしはグランディングを唱えるのです。


平和を願うなら、平和を願う努力をしてください。


継続的に願ってください。


何があっても 自分の波動を落とさず 平和を願ってください。



継続して 平和を願う人々が増えることで 戦争は回避されていきます。



平和を願う波動を落とさず、不安にもならず 平和を願うことを継続してください。



心の中の人をジャッジする心と向き合ってください。


そのために 今、自分の心と向き合うべき出来事が起きています。


争わないでください。



昨日 わたしも非常に憤りを感じたことがありました。


自分のプライドを傷つけられたからです。


プライドを傷つけられたといって、争ったわけではありません。


されないように努力しました。


そう言うものです。


人を許すにも、許し方がある。


ただ 許すだけでは相手に気付きは生まれない。


相手に分からせることも大切です。




何があっても 自分の波動を落とさず 平和を願う努力をすることで 戦争はなくなるのです。

そもそも、スピリチュアリストが書かれる波動を高める、というものはどういうものなのだろうか?


わたしは たまに、宇宙系のスピリチュアリストたちのブログを読んでいるのですが、彼らの言う 波動を高める とはどういうものなのかわからないです。


彼らが書かれる波動とわたしが書く波動という意味合いは どうやら違うように思えるのです。



わたしが書く波動とは、意識の高さであり、意識が高ければ高いほど、人格も比例して高くなるのが普通です。


波動が高くなれば、人格も高いのが一般的だと思っていますが
彼らの書かれる波動というのは、人格は無視しているように思います。


彼らの書かれる波動が高いだけでは、人としては生きていけません。


人として機能しないというか、人としての意識が薄いというか、魂だけで生きてるの?というかポーとした人間です。


人とコミニュケーションも取れなくて
宇宙のことばかりを考えて生きている。。。


不思議な人種です。


そのような人種を増やしたいのでしょうか?



人はいろんな役割があり生まれてくるので 一概に言えることではないですが、不思議です。




人に必要なことは、コミニュケーションの実践です。


コミニュケーションの実践なくして、人間はつくれないのです。


波動を高めるだけでは、人間性を高めることはできないのです。


昨日の林修先生の言葉の中にもありますが、
失敗の実験をたくさんしながら、問題を解決する力と創造する力をつくるのです。


それが波動=人間力だと思います。



波動を高めるとは人間力を鍛えることに他ならないと思えるのです。



実践あるのみです。



だから、覚醒 とは別物だと思います。

わたしにはまったく絵画の才能はないのですが、artはとても好きです。


そのため、ちょこちょこ出掛けて観てきます。


わたしの場合、artは観るものではなくて 感じて遊ぶもののようです。



自然の中にいて、澄んだ空気をたくさん吸って身体を満たすように artからたくさんのエネルギーやエネルギー体を感じ取り遊びます。



わたしがartに出逢うと その時点で人間が脱げます^^


そして、手が動き 瞳孔が開きます。


魂むき出し状態です。


で 宇宙語で話し掛けます。



その時点で わたし、あやしい人です。


でも そんなことお構いなしに 手が動き、指先も器用にクルクル回り出します。





昨日も いつものカフェの帰りがけに立ち寄ったartに わたしの魂がむき出しになりました。


写真はないのでごめんなさい。


入ると、人間ではない違う存在を感じます。


視線を感じるというよりも 居る だけなのです。

だけど、、、、
伸びたり縮んだり自由自在な存在です。


順番に感じさせていただき、その作家さんともお話しをさせていただき


居るんだよ〜

などと話をしながら、その正体を特定しました。



その子は 作家さんのartにも描かれているし、飼われていた狼犬だとわかりました。



どうりでね〜 納得♪



人間のように立っていたり

丸まったり。。。




わたしをどうやら挑発していたようです。


わかる?
わかる?って



でも わたしが言い当てたら、テーブルに隠れて拗ねています。


かわいい^^



わたしは決して視える人ではないのですが それくらいのことはわかります。



エネルギーを感じ、それが物質化している様がわかるのです。



その空間は artの中の動物が抜け出して かくれんぼしている。。。そんな空間でした。



たった10分ぐらいしか居られなかったけれど とても楽しめました。


その後 すぐに帰らなくちゃいけなくて 車を運転したのですが
さすが、魂むき出し状態の運転は早い♪です。

夕方、渋滞時間に関わらず揖斐から羽島まで20分で着きました。


空を飛んだのかしら?

だから あの人たちは、何がしたいんだろう?と思ってしまうんだ。


一生懸命なのはわかるんだよ。


だけど 自分の進むべき道が見えていないんだね?

魂の進むべき道がわからないのかな?


本当に、覚醒しているの?
本当に、自分に繋がっているの?



自分のことが見えないのは、自分に繋がっていると言えないんだよ。。。



自分の進むべき道が見えていないのに、何故 他人事に一生懸命になるのかな?


暗闇の中でダンスを踊っていても楽しくないんじゃないのかな?



自分の光を放つことで、自分の進むべき道を照らし、周りの人の道も照らすことができるのです。



自分の光を放ってください。



自分に繋がれば、自らが光を放ちます。



わたしたちはライトワーカーなのですから。

このページのトップヘ