この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

カテゴリ: 大切なこと

想いに報いる。。。


人のために、と想いを込める。


人のために、と願う。


人のために、と祈る。



誰でも、願いを叶えるために、想いを込めて 祈ったことはあると思います。



だけど

逆の立場

想われて
願われて
祈られて


その想いに報いよう!と思ったことはありますか?




人から愛されたことがない、想われたことがないからわからない。。。と言われれば、それまでです。



愛される実感や信頼されている確信が起きますと、 その想いに報いようとする力がわき出てきます。



だから、愛されている感覚がある人は強いのです。
また、支えられていると人は強くなれるのです。



だけど、人は、発信者になりたがります。

自分が世界を変えたいとか世のため人のために動きたいとか考えます。


だけど、逆の立場になりたいとは、あまり思わないと思います。



それは

与えられる人というのは、とかく弱いと考えられがちです。



ご老人は、介護をされる側になりますし
病気になったら、治療を受けますし
障害者と呼ばれる方は人の助けを必要とされます。


人に迷惑をかける。。。との理由で、そうならないようにと思います。



だけど 実際は、そうならないと見えてこないこともあります。



そうなってこそ、人の想いを知るのではないでしょうか?


愛されている
支えられている


そう感じたら、人はどうなりたいと思うでしょうか?



そう感じたら、

そうそう、人の役に立ちたい!

とは、思わないと思います。



そう感じたら、


自分の行いを改めよう。
自分を律しよう。

規則正しい生活をしよう。

これ以上、人の迷惑にならないように努力しよう。
地道に、できることだけやろう。

身の回りのことをきちんとしよう。


と思うはずです。



その想いを感じたら

無茶はしない。

余計なことはしない。


感謝をするということは、基本 そういうことなんです。



自分の力を過信せずに、いただいた想いを大切に感じたら 心の底から 反省することができて
身を正すことができるのです。




人は 何者にもならなくてもいいんだ

ということがわかるのです。



それが

想いに報いる

ということなのです。




いただいた想いを感じたら それを無駄にはできないはずなのです。




だから、病気の人はしっかり治して、療養するのです。

病気が治るか治らないうちから働いて、命を無駄には使わないはずなのです。


ご老人は、その想いを感じたら、暴飲暴食を改め、少しでも長生きしようと努めます。


また、障害者と呼ばれる方は その想いを感じたら、生かされていることを無駄にしない生き方をされるでしょう。




生きていることがご恩返しです。



人に何かを与えることではないのです。



そういう人は、生きているだけで 人に与えられる人だから、それ以上しなくてもいいのです。



世の中って そのように回っているのです。




人はすぐに 自分を過信して、何者になりたがる。


それが 悪いとは言いませんが、わたしたちは 生きているだけで 人に与えられる存在だということを知って欲しいです。




わたしたちは 誰もが愛されている存在です。


それを感じようと、感じまいと、愛されている存在です。



生かされてありがたいと感じるなら、その想いに報いてください。




それが わたしたち人間の使命だとわたしは思っています。



昨日、感情と自己防衛反応の違いを質問されたので書いてみたいと思います。


そもそも、感情というのは好き嫌いといった心の動きです。一方、自己防衛反応というのは自分を守るためのアレルギー反応ですね。

体が元の拒否反応で、体質とも言えます。



蕎麦アレルギーの人は、お蕎麦を食べたらアレルギー反応により心停止する恐れもありますね。好き嫌い以前の問題です。


その違いです。


この質問をされた方は、体が拒否反応を起こしていることと心が反応していることの見極めが出来ないということになります。

あまりの鈍感さにのけぞりました。


見極めが出来ないのは重大なことです。


わたしは感情が動かず体が反応しますので、そこのところは正確です。



ちなみに、わたしは波動のひく〜〜い場所が超苦手で受け付けないので、絶対にその方面には動かないです。うっかりもない。


たまに、防御服に身を包み飛び込むことはありますが、ほぼありません。


わたしは自分の体に忠実にに動きます。


人に対しても同様で急に合わなくなることがあるのでその時は寄り付かないです。


感情と自己防衛反応の違いを質問された方は、自己防衛反応が起きても感情の動きだと錯覚するのでしょうね。


自己防衛反応が起きているにもかかわらず感情の動きだと錯覚し続けることは、身体に異常を起こし死ぬ危険があるのです。


あなたは自己防衛反応と感情の動きの違いをわかっていますか?


#####



毒性のある食べ物を食べると体が痺れます。


痺れるものは、わたしは受け付けません。


結界で使用される植物もわたしは受け付けないです。

また世間では波動が高いと言われている食べ物もありますが、その昔、その中のうちの一つを一口、口に入れた時には全身が痺れ、のたうち回りました。


毒性のある食べ物は痺れを起こしたり常習性を引き起こすことがありますので食べるのは控えた方が良いかと思います。


体が鈍感だとそれがわからず常習的に求めてしまうので、敏感になりましょう。



死なないとわからない、死ぬ想いをしないとわからないというような鈍感でいては、取り返しのつかないことになりますよ。


本当の自分に戻る危険性



これから、本当の自分に戻ることを促されていきます。



本当の自分とは?


今まで我慢して、自分に嘘ついて、自分じゃない自分を頑張って生きて来たけど、そろそろ嘘がつけなくなってきます。


それは、 これからは想いの世界や魂の世界が現実化する世界へと変化していくからです。



だから、自分では中々気付けない潜在意識に、現実世界が動かされて経験して行くことになりますので、


自分の潜在意識に何があるか?に気付くことが、経験する現実を変えていくことになるのです。


今までと同様、体験しているだけでは 現実は変わっていかないし
その時の感情と向き合っていただけでは 現実は変わっていかない ということです。



潜在意識と向き合うことでしか現実を変えていけない ことになります。



だから これからは、今まで以上に内観が必要になってきます。



自分と向き合うしかない・・・ってことです。



今まで 何を我慢していたかというと
自分をなおざりにして自分を大切にしてこなかったことが まず、あげられるでしょう。


でも 自分だけを大切にしていたのでは 魂意識、そのまた奥のスピリット意識も満足できなくなりますので
自分も相手も満たされる。。。という選択をせざるを得なくなるのです。



何事も段階ですが


自分に嘘をついている

ということは、

調和を保てていない

ということなのです。




だから

『今まで我慢して、自分に嘘ついて、自分じゃない自分を頑張って生きて来たけど、そろそろ嘘がつけなくなってきます』
この言葉だけを取って、自分に嘘をつけない=自分を大切にする

としか受け取らないようにしないでくださいね♪



ここ、よく間違えるのです♪



人は皆、元々は調和の種を持って生まれているのですから。。。



注意点でした。


スピリチュアル的なアドバイスというものは通りいっぺんであってはならないとわたしは考えています。 



とても良い教えであっても 上からの物言いでは心は動かない。 


相手を想うなら相手をもっと分かろうと努めるものだし痛みを共有しようと考えるものだから。 


そんな心を感じるから、心が動くのだと思います。



でも 実際には、そんな上からの物言いでも心が動く人もいるものです。 


騙される。 


それは、寂しさから。 


声をかけて貰えること自体が嬉しいから。 



言葉に感動したわけではないのです。 



だからこそ、見極めが大事だなあと感じます。 



寂しさが満たされても、人間はそれだけじゃないのです。 



癒しを求める気持ちはわかりますがそこに留まらないように。 


弱い人を可愛がり弱いままにしておくことが好きな人はたくさんいます。 

そのような人は言葉は優しい。 
優しいけど、本当に相手を想ってはいない。 






人間にはね、絶対に裏切ってはいけない人っているね。 


何があっても信頼してくれる人。

何があっても守ってくれる人。 

何があっても 最後は許してくれる人。 




そういう人ができたら、絶対に離してはいけないし、離れてはいけない。 


一人でもそういう人がいたら、幸せだと思う。 



礼儀を尽くす人になる

この世の中は コツコツ何かひとつのことを継続的にできる忍耐力をつけることが必要なのはもちろんですが いくら真面目に過ごしていても礼儀を欠くことをしてはいけないように思います。 


そうすると、必ず しっぺ返しがきます。 



真面目に生きているから良いというものではなく、人と人との交流においての礼儀を知らないと、恥もかくし、しっぺ返しもあります。 


直立不動でありがとうを言うものではないし、軽々しくお願い事をするものではないです。 


礼儀は大切です。 


家庭内で躾されていない人は、外で叩かれて成長するのでしょうが 
できれば、子育てにおいて教えていくのが良いでしょう。 



物事の道理に反したことをする人が多いから、社会の秩序が保てないのです。 



言ってもわからない人は始末に終えないです。 



世の中の秩序を乱すことが氾濫しています。 



だから、地に足をつけた自分になり、礼儀を学ぶために いろんな出来事が起こるのです。 




素直になる。。。ということは、礼儀を尽くせる人になる ということなのです。 


有り難い限りです。 



こうやって わたしたちは地球で生かされていくのです。



いつかお金のいらない未来になると言われているけど、いつかであって今じゃない。


いつかを夢見て生きるのは馬鹿げていると思う。


今はまだ、お金を必要とする世界で、お金で食糧を得た生活をしているならば、そこを大切にすべきだと感じるんだ。


生き続けるには、食糧は必要だし、食糧を得るためのお金や手段は大切だと思う。


そこを考えない生活は、生き続けることを放棄していることだと思うのです。



この世界を良くするために活動されてる方も多くいるけれど、それよりも自分自身が生き続ける行動をすることの方が重要だと思う。


命がなくちゃ、世のためには生きられない。


死んでしまったら、何もできないよ。




生きていくための優先順位を間違えないことって大事だよ。


お腹を満たすことって大切だよ。

火に油を注ぐとよく燃える。


火と油は仲良しだ。


火を止めたければ、火種を取り除いて酸素も取り除くとよい。


感情で表すと『無関心』そのものだ。



一切、関心を寄せない。

それが 火を消す最良の方法です。



火のあるものに、一切、関心をよせずに、自分のことだけに打ち込むのです。



それが火を消す最良の方法です。



手を出したら燃やされます。


一緒に燃え尽きたいなら、手を出すの良いでしょう。


関心を寄せないとは、感情をそちらに向けないことです。


一ミリでも向けないのです。



燃やすものを与えられるから、火は燃え続けることができるのです。




火にとっての恐怖とは、関心を寄せられないことなのです。



無関心ほど怖いものはないのです。

神様が為されることを受け入れて生きるだけ。


自然災害が起こることも事故が起こることも、すべて神様が為さることなのです。



神様が何かの意図があり為されることなのです。 


しかし 我々、民は 何故そのようなことが起きるのかわかりません。


間違ったことをしているつもりはありません。



しかし、何かが違うのでしょう。



何かが違うから、事が起きるのでしょう。



その何かがわかる者はそれを伝えることです。



また わからない者は教えを乞うことです。



そうして生きれいけば、きっと平和に生きていけるでしょう。





わからないのに、わかったふりをするほど愚かな者はないのです。

そして わかったふりをして、それを広めないことです。


わからないならわからないなりに、教えを乞うことで 幸せに生きていけるのです。

これからは


命の大切さを知る

生きていることの有り難みを知る

自然の恵みの有り難さを知る

そんな世の中になるでしょう。




誰もが 命と向き合って生きるのです。



命の重みを知り、大切さを知り、命のあることに感謝をすることになるのです。



感謝が足りなければ、どこまでも命の有り難さがわかるように事がなされるのです。

どこまでも、どこまでも。

命の大切さ、自然の恵みに感謝をして生かされていくようになるのです。

このページのトップヘ