この世界にあるすべてのものは感謝するために存在する

わたしは、地球にグラインドしています。 わたしの意識は地球に同調しています。 わたしの想いは地球の想いです。 わたしの叫びは地球の叫びです。 わたしの言葉は地球からのメッセージです。 少しでも、みなさんに 地球の想いを感じていただけたら幸いです。

カテゴリ: 大切なこと

想いに報いる。。。


人のために、と想いを込める。


人のために、と願う。


人のために、と祈る。



誰でも、願いを叶えるために、想いを込めて 祈ったことはあると思います。



だけど

逆の立場

想われて
願われて
祈られて


その想いに報いよう!と思ったことはありますか?




人から愛されたことがない、想われたことがないからわからない。。。と言われれば、それまでです。



愛される実感や信頼されている確信が起きますと、 その想いに報いようとする力がわき出てきます。



だから、愛されている感覚がある人は強いのです。
また、支えられていると人は強くなれるのです。



だけど、人は、発信者になりたがります。

自分が世界を変えたいとか世のため人のために動きたいとか考えます。


だけど、逆の立場になりたいとは、あまり思わないと思います。



それは

与えられる人というのは、とかく弱いと考えられがちです。



ご老人は、介護をされる側になりますし
病気になったら、治療を受けますし
障害者と呼ばれる方は人の助けを必要とされます。


人に迷惑をかける。。。との理由で、そうならないようにと思います。



だけど 実際は、そうならないと見えてこないこともあります。



そうなってこそ、人の想いを知るのではないでしょうか?


愛されている
支えられている


そう感じたら、人はどうなりたいと思うでしょうか?



そう感じたら、

そうそう、人の役に立ちたい!

とは、思わないと思います。



そう感じたら、


自分の行いを改めよう。
自分を律しよう。

規則正しい生活をしよう。

これ以上、人の迷惑にならないように努力しよう。
地道に、できることだけやろう。

身の回りのことをきちんとしよう。


と思うはずです。



その想いを感じたら

無茶はしない。

余計なことはしない。


感謝をするということは、基本 そういうことなんです。



自分の力を過信せずに、いただいた想いを大切に感じたら 心の底から 反省することができて
身を正すことができるのです。




人は 何者にもならなくてもいいんだ

ということがわかるのです。



それが

想いに報いる

ということなのです。




いただいた想いを感じたら それを無駄にはできないはずなのです。




だから、病気の人はしっかり治して、療養するのです。

病気が治るか治らないうちから働いて、命を無駄には使わないはずなのです。


ご老人は、その想いを感じたら、暴飲暴食を改め、少しでも長生きしようと努めます。


また、障害者と呼ばれる方は その想いを感じたら、生かされていることを無駄にしない生き方をされるでしょう。




生きていることがご恩返しです。



人に何かを与えることではないのです。



そういう人は、生きているだけで 人に与えられる人だから、それ以上しなくてもいいのです。



世の中って そのように回っているのです。




人はすぐに 自分を過信して、何者になりたがる。


それが 悪いとは言いませんが、わたしたちは 生きているだけで 人に与えられる存在だということを知って欲しいです。




わたしたちは 誰もが愛されている存在です。


それを感じようと、感じまいと、愛されている存在です。



生かされてありがたいと感じるなら、その想いに報いてください。




それが わたしたち人間の使命だとわたしは思っています。

神様が為されることを受け入れて生きるだけ。


自然災害が起こることも事故が起こることも、すべて神様が為さることなのです。



神様が何かの意図があり為されることなのです。


しかし 我々、民は 何故そのようなことが起きるのかわかりません。


間違ったことをしているつもりはありません。



しかし、何かが違うのでしょう。



何かが違うから、事が起きるのでしょう。



その何かがわかる者はそれを伝えることです。



また わからない者は教えを乞うことです。



そうして生きれいけば、きっと平和に生きていけるでしょう。





わからないのに、わかったふりをするほど愚かな者はないのです。

そして わかったふりをして、それを広めないことです。


わからないならわからないなりに、教えを乞うことで 幸せに生きていけるのです。

親に甘えられないまま大人になってしまった人や、男性と肩を並べて仕事をしてきた人というのは、好きな男性ができても うまく甘えることができない傾向があるみたいです。

常に男性と競争してきた、負けたくない!と息巻いて生きてきた人は 好きな男性に対しても 競争心を持つからか
恋愛においても 競争心を持つように思います。


男性と女性は身体が違い、役割が違うことを 以前、書きましたが
男性と女性は対等ではなく、女性は男性に守られる存在なのに 無理をしてますよね。


見ていると 素直に男性に甘えられないでいますよね。。

甘えて、好きと言葉に出せない女性が多いように思います。


負けたくない?自分のほうが愛されていると思われたいのかな?


内観するときにも 自分の内観だけでなくて 相手の立場になって内観してしまう傾向もありますね。

内観は自分のためにするもので 相手に代わってするものではないのです。
そして 自分の都合よく相手を内観してあげて、分析して 自分の都合よく自分の内観をする。。。


どんだけ、上から目線だ〜って思います。


けっきょく、自分から好きと言えないいいわけにしか思えない人もみられますし


内観はちゃんとできても、行動には表せていない人もいられます。

だから、行動に表すように求められるのであるし、女性であることを意識させられる出来事が起こるのです。


ただ、意地っ張りなだけなんですね。



素直に相手に言葉で『愛してる』って言うだけで うまく回るのにね。



相手のことが本当に好きなら
ブログに百万回書くより、相手に伝えましょうよ♪



意地を張るのはやめるのよ♪

好き好き♪って甘えるの。

Hまでなだれ込んでもいいけど 自分想いを、相手に伝えることが大切です。



思っているだけでは、伝わらない。



好きならば、行動に表しましょう♪


それが 自分を愛することに繋がるんですよ♪



相手から100万回言われても、自分から言わないのは コミニュケーション不足ですよ〜


言われて満足じゃなくて、言って満足するんです。

心の浄化がある程度、済んでくると 周りの物への感謝の想いが込み上げてきて その想いを表したいと思うようになった。

そして 内側から 湧き上がる愛を実践したいと思った。

それは 自然のこと。

それは 自分に向けて放出されるものではなく 他者に向けてなされること。
私は 元々 人間と関わることが苦手であったため その湧き上がる愛をどう扱っていいのかがわからなかった。
だから 宙ぶらりんになったんだ。
だけど その後 ツインとの統合を果たしてからは ツインが導いてくれて 人との関わり合いの中 自分の得意分野(ヒーリング)で 他者に対しての奉仕ができるようになった。
すると どんどんと 内側から愛が湧き出てくるんだ。
与えれば与えるほど 奉仕すれば奉仕するほど 身体が熱くなり 愛を伝えたいと思うようになった。

そして グラウディングができてきた。

地球にも宇宙にもしっかりと繋がっているのを感じるようになった。

その愛は奉仕の愛。 掬い上げる愛。抱きしめる愛。

スピリチュアルでは何かと 人の自由意志を尊重して…と言われるけれど

人とはどんな人のことを指すのだろう…

今 目の前で 流れていく人を見て 『人の自由意志を尊重して 救われるようにお祈りをしましょう』と言うのでしょうか?

お腹をすかせている我が子の自由意志を尊重して その子が 自分で食物を得ることができるまで 見守るというのでしょうか ?

自由意思を尊重されるのは 自立した大人です。

奉仕とは 目の前で倒れている人を 抱き寄せ 立ち上がらせる行為だと思います。
立ち上がる勇気を持たせる、自立の仕方を教える、導く行動だと 思います。
あまやすことではなく 自立するまでの手助けをすることだと思います。

人は 教えてもらえないとできないことがあります。
それを 教えることは自立した大人の義務だと思ってます。



私は そんな人たちの足になりたい、手になりたい。
それが 私の喜びです。

人間として生まれた以上 、持って生まれた5感を生かして生きていきたいです。
あ でも 得意分野は 5感以上の部分です^^


追記


人から教えられても それを簡単にできる人と努力が要する人がいます。

努力を要する人には 最初は 付きっきりにならなきゃいけない場合があります。
でも もう 付いていなくても大丈夫だと思ったら 手を離せばいいのだと思います。
その見極めが 大切ですね。

このページのトップヘ