この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

わたしは、地球にグラインドしています。 わたしの意識は地球に同調しています。 わたしの想いは地球の想いです。 わたしの叫びは地球の叫びです。 わたしの言葉は地球からのメッセージです。 少しでも、みなさんに 地球の想いを感じていただけたら幸いです。

カテゴリ: 癒し

1afbab72.jpgわたしは あまり月を愛でることはないのだけれど
昨日のお月さまは


自分本来の道にシフトアップさせる重要なエネルギーを放っていたと思います。




昨日が分岐点と呼ばれた意味がわかります。




わたしはエネルギーを感じて 感覚で確かめるんだけど


朝、目覚めたこの感じって 魂がまっ正直になっている感じがします。



お月さまにヒーリングされたみたいだね。



わたしと同じ感覚がある方は
この感覚を忘れずにいてください。



また、ここに戻ってくださいね。

ああ、そうかぁ

覚醒というのは 内側から言葉が溢れだしてきた辺りだわ


本を読まなくても これから生きるすべてのことを教えられた。


だから、誰かに頼らなくても生きていけるようになったんだわ。



でも その辺りでは、まだまだ、まだまだ 癒されていないんだわ。


教えられたことだけ実践していく。


そんな毎日でした。


内側の神様というのは、とても思いやりの深い方で、出来ないことは求めてこないのです。


よ〜くわたしを知っていたわ←当たり前^^


それは、今でも変わらない。


教えられたことを地道に実践しながら、癒されていくのです。



だから、覚醒を目指すのではなくて
覚醒がスタートなのかもしれません。



人にいちいち聞かなくても教えてくれる。


心強い相棒ですね。



いつもいつも、わたしを導いてくださる存在です。

結局、自分だから 非常に甘いのが特徴です♪


だから 大好きなのです。

覚醒することを良しと書かれている方もいらっしゃいますが 覚醒したからといって 完全に癒されたのとは違います。


覚醒されている方でも癒されていない、負の感情のある方は多くおみえです。



覚醒ってどのあたりのことなのかがイマイチわからないのです。


ただ、わかる あたり?なのか

自分の内側の神様がこんにちは♪って出てきた辺りなのか

修行部屋に連れて行かれた辺りなのか

内側から言葉が溢れだしてきた辺りなのか

愛が湧き出て止まらない〜 って なっちゃった辺りなのか

不明です。




そこを目指す。。。というよりも


人に対して思いやりを持って接することを目指されたほうが 人間味があると思いますよ♪



癒しと覚醒は違います。


覚醒されていても癒されていない人は 人に関わり人を癒すことで自分を癒そうとするものです。


スピリチュアル業界でお仕事をされていらっしゃる方に多くみられますね。



癒されたいから人を癒すのです。




本当に癒された方は、人を癒したいと思わないものです。

自分の言えない過去や秘密を抱えて生きているほど、苦痛はないのかもしれない。


だから、この人は。。。
と、信じた人に話をする。

解決したい。。よりも話を聞いてもらいたい
ただ、それだけ。


わたしもそんな時期がありました。


未だに、自分のことを話せない人がいる。


また、話しができる人はいるけれど、互いの悩みを話すだけで解決できない人もいます。



最終的には解決していきたいけど どうやったらいいかわからないし、わかっても勇気が持てない。



人それぞれ、抱える悩みは違うけれど 悩みがあるのは同じで。。。



解決したい!と、信じた人を頼るけれど 騙されたり、突き放されたりする。




人の悩みを解決に導くには、やはり それなりの器のある方でないと共倒れになってしまうので 突き放すわけではないけれど、引き受けできないと断られる方もみられます。



わたしもそうですから、わかります。



一度、引き受けたら 最後まで面倒を見る勇気がないと引き受けはできません。


だから、自己責任が叫ばれます。



だけど
だからといって 慕ってくる人を無下に突き放せないものです。



甘えたい

癒されたい

その想いに罪はないのです。



解決、引き受けはできないけれど 安心を与えることはできるのではないのでしょうか?



今、必要なのは 安心感を与えることなのかもしれません。



わたしのところにいらっしゃい。



それしか言えないけれど、

それでも良いなら

わたしのところに来てくださいね。

わたしは、努力していない人がどうと言うつもりは ない。

だって 癒されていなけれぱ、努力はできないのだから。


今の現代人には 癒しが必要だと思ってます。


だから、楽しむ♪ことは大切だと思います。


たくさん楽しむ♪ことをしたら 人は必ず、進化したくなるものだから。


進化するために、楽しむ♪のよね。


よく遊び、よく学べ♪です。


だから 楽しんでいない人をみると、なんでかな〜

わからないです。


楽しむことが出来ないくらい癒されていない。

そもそも、楽しむことがわからない。


でも、これって わたしも通ってきた道だったりもする。


こんなわたしでも 昔はハートが閉じていて 楽しむ♪という感覚がわからなかったのだから〜


楽しむ♪って大事だわ


やる気を引き出すもん



結局、楽しむ♪ことが出来る人が努力することもできるのだと思うのです。


だから まず、楽しんじゃえ!って思います〜

そう考えるとわたしは 彼女のことを信じていなかったなあ と思った。


彼女の望むものを与えようとしたけれど、結局それは、彼女を本当に満たすものではなかったからだ。


わたしが彼を信じて生きることが彼女のためになる。



今、そう確信できる。

これも ある意味、わたしの正当性の主張かもしれません。。。



離れて、身も心も切り刻まれる想いをするから改心できる。。。

ここを、わたしは実感しちゃったから そう言えるのかもしれないです。




いろいろな夫婦の形があります。


凸凹していて、いいのだと思います。


ピッタリ合ってさえいれば。




彼女の場合、そんなご主人だったから 横道を反れてしまったのだと思います。


妻を大切にしなかったから、横道にそれていてもわからなかった。


そこに、気づいてほしいなあとは思います。


そこに気付かないと、彼女は、まだまだ寂しいままだと思うのです。


寂しさを抱えたまま、生きていくのです。。。




相手に寂しさを求めるから起こることですね。



自分が自分自身にしっかりと繋がっていれば寂しくもなんともないのにね。。。




わたしは、待ちます。


待つことが愛だと気付いたから。


彼女の体験で、わたしは大きな気付きをいただきました。


ありがとうございます。


誰もが師となる。。。

これは わたしの知人の話です。


彼女があることをしてご主人から三下り判を押されて、実家に帰れと言われました。


しかし、その家族の中には介護が必要な義父さんがいたため、実家に帰ることは義母に申し訳がないと思い、ご主人を説得して家に残りました。

だったら その代わりに、自分のしでかしたことを子供や義父母に話をして謝れと言われて、その通りにしました。


そして 今、彼女は義父の介護をしながら家族と同居して、働いて暮らしています。


そして 彼女はこう言いました。


今回のことで 夫を見直した。
許してくれて、本当によかった。




これって、どう思いますか?




正直、アホらしいと思いました。

このご主人って ただ、お父さんの介護をしてもらいたかっただけなんじゃないの?とも思いました。

現に、介護には一切、手を出さないです。


また、自分の妻が不始末を働いたからと言って子供や親に言うなどと、度量の小さいのもいい加減にしてほしいとも思いました。


子供からしたら、たった一人の母親です。

その母親像を壊すことは父親として最低だと思いました。




本当に 肝の据わった男なら 妻を実家に帰して、自分が子供とともに父親の介護をすると思うのです。


自分の夫がそれをするから、申し訳がないと思い、妻は改心するのです。




彼女は懲りないでしょう。


また、繰り返すと思います。




改心って、相手から離れ、身も心も切り刻まれる想いをするから出来ることだと思うのです。


離れている間に、相手を想い、相手を乞うからこそ出来るものだと思います。


そうやって 夫婦の絆が強くなるのだと思います。

み〜んな、癒されたいんだ。


癒されたいけど、わからないから 自己主張したり、自己主張がわりに人の役に立つことをして自分を満たすんだ。


すべて、すべて 癒されたい。。。


この想いで生きているんだ。。。

これが使命だ!


これが自分はやりたいんだ!



と、思っていることがあったとしても

もしかしたら、それは。。。


魂の癒しのためにやっている自己主張なだけで

あなたの本当のお役目ではないかもしれません。



自己主張のためにしていること。。。


自己主張がわりにしていること。。。




その自己主張が止まり、魂が癒されたら

本来の道に進んでいきます。




だから、魂が癒されるまでは どんどん自己主張をしてください。



明るい未来が待っていますから。

このページのトップヘ