この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

「わたし」が今、なぜ、ここで生きているのか。 人は本来この世の中でただ一つの命として、自然で無垢な、すがすがしくも清らかな存在です。 しかし現代では、その姿を保つには相当の努力が必要なことのようです。 心身を清浄に保つためには、神や祭り、自然の力をかりて謙虚な気持ちに立ち返ることが必要です。 自分の目の前に差し出されたことを真摯に受け止めてください。 出来ないことは求められないものです。 息の本体に帰ってください。 息の本体に帰り、愛となれば、望んだことは一寸の狂いもなく叶えられるもので、望みが叶えられないのは、我が身が愛でない証拠。 だから、息の本体に帰ってください。 ご自身の「根っこ」を見極めるために、父母 をこえる存在として神や仏、自然の世界やご先祖様の存在が解ると、大きな心のよりどころを得ることになるものです。 日本の文化や風習、特に日本人のこころに脈々と受け継がれてきている信念を取り戻すことは、古くからある豊かな心をとりもどさせてくれるだけでなく、新たな価値観を生み出す大きな手段ともなるものなのです。 そのために出来ることを日々、お伝えしています。

カテゴリ: 豊かさ

豊かになることって 努力だけではなくて、自分を豊かにしてくれる人を見極めることも大切なのです。


そんな人を見つけたら、絶対に裏切ってはいけません。誠意を尽くすのです。


裏切ると、どつぼにハマります。


苦労は買ってでもしろ、と言いますが そんな苦労は余分です。



裏切ってはいけない人っているんだよ。


自分を豊かにしてくれる人っているんだよ。


まだ 出会っていないという方、ホントだよ。


信じてみてね♪

先日、アップした愛に続いて書かせていただくと、自立できていない人というのは、自分も相手も信頼できない状態だと思うのです。


だから、信頼関係を築くまでは手を差し伸べることは必要だと思うの。


信頼されないことは辛いことだけど 相手は信頼できない状況に陥っているだけだと納得して手を差し伸べることが大切なことだなあ と思うのです。





自力で立てない人を辛抱強く見守ることは大切だけれど 自力で立つことを忘れてしまっている人に対して それをするのは、恐怖心を煽るだけなのです。


立つことを忘れてしまっている人が大勢いるのが実情だと思います。


手を差し伸べること、大切です。


今までのわたしの歩みは利他の心の実践が中心となっていました。


スピリチュアルに目覚めるということは、利他の心の実践に導かれるものだと思っていたけど そうでもないのですね。


違う人たちもいるものなんだなあ と軽いカルチャーショックを起こしています。



スピリチュアルに目覚めても 関わらないように、されている方が目立ちます。


思いやりってなんだろう。


人として生きるってなんだろう?


この地球に生まれてくるってなんだろう?



自分とは違う人がいるということが とても辛く感じます。

自立出来ている者にとって 愛とは、自由にさせてくれることなのだけど 自立出来ていない者にとって 愛とは、干渉すること干渉されることなのです。


だから わたしは、自立出来ていない者に対して 関わるのです。


自立出来ていない者にとっては 関わり慈しみ尽くすことが愛であり思いやりなのです。


しかし、不干渉の法則を持ち出して 見守ることが愛なのよ と見守る意味を知らない者が宣う。


愛の意味を知らない者が愛を語る。



血も涙もない人が多いなあと思います。


とくに、スピリチュアルリーダーと呼ばれる人々。


自立できていない心を癒すのは、ぬくもりです。



また、皆さんのブログを読ませていただいていて思うのは
やってることは間違いないのだけれど 動機に温かみがないなあ と言うことです。


自分には愛があると思い込んでいる人こそ温かみがないですね。


形だけはやってる感満載なのに、温かみがないのです。


根本的に温かみがないからわからないのです。



わからないことがわからないのですね。。。



清濁併せ持つこと、それが愛というものであり温もりの根源です。


神にも邪にもなれる強さを持つことですね。


その強さがないから、邪なものを排除しようとしたり見ないふりをするのですね。


それが二極化の原因なのです。



どちらも必要だと、わたしは考えています。



わたしはどちらも受け入れています。

豊かと豊かじゃない違いは、プロとアマチュアや正社員とアルバイトの違いに似ている。

豊かな者=プロ(正社員)は、確実に豊かを与えられるから求められることも豊かじゃない者=アマチュア(アルバイト)に比べると厳しい。

豊かじゃない者=アマチュア(アルバイト)は、大目にみてもらい許される。

豊かになれない代わりに叱られもしない。

気が楽だ。

だから 今の世の中は 豊かじゃない者が多いため、ユルい世の中だ。

自己責任と言われてもユルいと思います。

豊かじゃない人は癒されていない人

癒されていないから許される。

許されるということは、豊かさがないということ。

許されることに甘んじているから豊かにはならない。

なり得ない。

本気で豊かになりたいなら、自分に厳しくすべきだろう。

自分は豊かだと信じていても許されているのは、本当に豊かじゃないということなんだ。

人が本当に豊かになると、表には出られないものなんだと、感じる。

癒されていないから自分をさらけ出していられるのだと思う。。。



表に出ている人は苦しみを抱えているんだな と感じる。

今の生活に不満がある人は とりあえず、思い付いたことをしてみる。


どんなことでもいい。


その時にやりたいことで良いのです。


続けることができなくても良いのです。



満足することが大切なのです。





自分自身のどこかに満たされない何かがあると 何かに執着してしまう傾向があります。


執着することは悪いことではないです。


愛着の強いパターンと思えばいいのです。


やりたいなら、おもいっきりやってみてください。

満足することが大切なのです。


満たされてもいないのに、満たされたふりをしてるよりも、うんといいと思います。


ふりは、自分に嘘をつくことだから。


自分に嘘をつくよりも自分に正直に、生きればよいのです。


すると だんだん、心が満たされてきて 善悪の分別がついてきます。


満たされていない時には、善悪の分別がつかなかったり わかっていてもしたくなるものです。



まずは 自分を満たしましょう。

最近の人の傾向って変わっているな と思います。



すべて 自分本意なんだね。


自分勝手に自分の意思だけ主張して、我慢がない。

そして 自己主張しないから、わかっているかと思ったら 自己都合。


相手を想って自己主張しないと思っていたら
自分の不利になるから自己主張しないだけ。


ということが往々にしてあります。



相手を想う、思いやることがまったくない人が目立ちます。




結局は 豊かさがないのです。



心の豊かさがないのです。



心が渇れているのです。



人に思いやりも持てないから渇れるのです。



すべて、自分本意で生きているから渇れるのです。



そんな人が 日本を変えたいとやっきになっていますが

自分本意の世の中をつくりたくてやっきになっているだけなので

神様も味方はしてくれません。

相手にすらされません。

だから 神社でいくらお詣りをされても叶わないのです。


お願い事は献属が取り次いでいただけるものですが 自分勝手のお願い事は取り次ぎしないから 賽銭箱の周りに落ちていますね。


知らずにそこでお詣りをして、その念をもらってきます。。。




だから、わたしはめったに神社には行きません。


入れないです。。。





自分本意の人は自分本意の生き方があり、神様からご加護がいただけないという生き方です。


ご加護がいただきたいなら、自分本意をなくしましょう。




人を思いやる気持ちがない人は 神様が救いたくても 神様の目からは見れない人なのです。


神様の目から見れない人は救いあげることなど到底無理なことです。


せめて、神様から見える人になっておくことです。

昔からわたしは 人には親切です。


なんでそんなに親切なの?


と聞かれますが、性分なんです。



って言うか

厳しいことを書いてるわりには、甘いです。



ちょっとだけね☆と言いながら甘いです。




わたしはあまりあちこちに関心を示しません。


それをしちゃうと、自分のことができなくなるからでしょう。



今朝、以前書いた記事を再アップさせていただきました 銀行であったことですが、その後 薬局に寄ったら血だらけの人に遭遇しまして 薬局のおじさんが絆創膏や包帯を駆使して手当てをしているのを見て わたしが病院に連れて行きました。


雨の中、ずぶ濡れの方を見ると傘をあげちゃうし(車の中に傘3本は常備してます)


転んだ人見たら誰彼かまわず、すぐに抱き抱えるし、

お金を落とした人を見たら、ソッコー拾いにいって渡すし


お年寄りを見たら、見守り体勢になるし



身体がそのように動いてしまうからかもしれません。



でも、昔はそんな人はたくさんいたと思います。


わたしはそんな中で育っているからそれが当たり前で育ったのだと思います。




自分の内側を見つめることや反省すること、瞑想することも大切かもしれませんが 人に親切にすることが出来ていればいいのだと思います。



自分がいっぱいいっぱいだとできないときもあります。


それはそれです。


わたしも急いでいる時は人に対してつっけんどんですし、いちいちソコ気にしません。


いつも 人にいい顔してるわけでもないからです。

出来ないことを笑ってごまかすこともシバシバあります。




人間なんだもん。

って、あんまり人間らしくない人間ですが



どんな状態であっても
卑下することなく威張ることなく居られれば、人に優しく親切にできるのではないでしょうか




親切であればいい と思うのです。

わたしのお口は、よく動きます。


また、わたしのお目目もよく動きます。



サードアイが開くということは
見えないものが見えるのではなくて
よく、目が見えるということではないでしょうか?


実際の視力は、0.6ぐらいしかないですが よく、見えます。

よく、見ています。

視野も広いです。



視野が広いと 人の長所もよく見えます。
だから、お口も開きます。


結果、人付き合いは、良好になります。




人を指導する、教える立場の者は
このように視野が広く、相手の長所がよく見えないと話しになりません。



相手でも気づかない長所をいち早く、気付き誉めるのです。



そうやって 信頼を得ていくのです。


視野が広いので 短所も見えますが
短所だけ指摘しても、信頼関係は結べません。




長所を認めていることの前提での短所の指摘です。

指摘してから教えるのです。


指摘だけでは、成長していけません。


最初は教える。


わかっていることは、教えるのです。


広めることもいいですね。



結局 知恵というものは、内なる神からの恩恵ですから ひとりじめにしておくものではないのです。



まずは 人との付き合いは 相手を誉めることからです。



そのためには 相手を丁寧に、注意を払って見ることです。




やってみてください。


今、『有る』ことに気付かないから 一歩、前に出てみたら?

と勧めるのですが

なかなか、飛び出さない人が多いです。




それは、自我が今、『有る』ことに気付きたくないからです。


だから、飛び出さないのです。


気付いたら、自我は、外れてしまいますもん。

だから、出ないのです。

そんなことでは、いつまで経っても、気付かない 〜


だけど、ご安心を。


元々は 『有る』ことに気付いている魂が 留めているのです。


自我を利用して、留めているのですよ♪



『出るのが、怖い!』という自我ちゃんは、実際には 魂ちゃんの相棒なのです。


その自我があるから、出来ることをしている時です。


その自我があるから
生きていられる、グラウディングになっています。


また、時期じゃない場合もあるのです。



だから、焦らないでください。


周りの人たちは 幸せそうに自分を生きているのに、わたしは出来ていない(>_<)
と嘆く必要はありません。


幸せそうに自分を生きている人=幸せ ではありません。

惑わされないでください。


そのタイミングは、最高最善な形で訪れます。


人が幸せそうに見せびらかしてきても、騙されないで!



あなたには、最高最善な形で豊かさがわかるようになります。


残り物には福がある♪と言いますし、


人それぞれ、豊かさの種類や質、大きさは違います。



あまりに大きな豊かさは。。。
どっか〜んと降りてこなくて、小出しに参ります。



気付くと、金銀財宝に埋もれてた。。。という感じになります。



だから
今は、その自我を目一杯 感じて生きてくださいね♪


自分を生きるということは自分の豊かさを実感すること。



最近では、自分を生きている人が増えています。



自分のやりたい!を形にしたり、窮屈さを感じている場所から飛び出す人が増えています。


結果、笑顔が戻り その笑顔をふりまいて生きています。




まずは、自分!です。


自分が満たされないと、人を笑顔に出来ないですから。。。



今、『有る』ことに感謝をする。。。と言いますか、今、『有る』ことがわかれば わざわざ、飛び出さなくてもよいのですが それがわからない方は、飛び出してから、今まで『有った』ことに気付くでしょう。


だから、とりあえず、飛び出してみるのもひとつかもしれません。


今、『有る』感謝に気づかなければ、飛び出して外に出てみるのもよいでしょう。



だけど、豊かさは 外側にはないのです。



それを知るために、一歩だけ 外に出てみるのです。


すると、今まで有った豊かさと引き換えに、自由を手にします。


自由を手にすると わたしたちは、一旦は 笑顔になりますね。


しかし、その自由は 安定のない自由であることに気付くでしょう。


本来、『生きる』ということは、スリルに満ちたものではなくて 有ることに気付かないぐらいの豊かさの中で存在する穏やかなことだからです。


スリルの中では 笑顔だけではいられないですね。

それでも 体験してみるのも有りかもしれません。

今まで『有った』ことに気付くまでは。



今、『有る』ことに気付かずに生きている人 と
今まで、『有った』ことに気付いた人。


どちらが 笑顔でいるかと言ったら

今まで、『有った』ことに気付いた人

なのだと思います。



今、今まで有った豊かさはないけれど
今まで有ったことに気付いたから、
幸せなのだと思います。




できれば
実際には、飛び出さずに 今、『有る』ことに感謝をして生きていけるのが望ましいですね。

このページのトップヘ