この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

わたしは、地球にグラインドしています。 わたしの意識は地球に同調しています。 わたしの想いは地球の想いです。 わたしの叫びは地球の叫びです。 わたしの言葉は地球からのメッセージです。 少しでも、みなさんに 地球の想いを感じていただけたら幸いです。

カテゴリ: 目覚めること


メールアドバイスでのアドバイスしていて気付いたことがあります。 



それは

スピリチュアルに関心が高い人ほど『時代が変わった』ことに気付いていないということ。 



時代の流れというものを
スピリチュアル的なことに無関心な人ほど 無意識に受け入れてる傾向があります。



自分に意識を向きすぎてる人は流れには疎いのです。 



だから 以前のこだわりある自分を今の自分と勘違いして 物事を見る傾向があり、おかしいおかしいと言っている。 


フレームもレンズも新しいものに交換されてるのに 古いメガネをわざわざかけてるというのかしら? 


自分を攻撃してくる人はもういないのに、未だに防弾ちょっき着て身構えてるというのかしら? 




攻撃してくる人はもう、いないのよ。 


人は優しいよ。 


身構えなくてもいいのよ。 




子供の魂にふれると それだけで自分の神聖さを思い出すものです。


今まで、人間社会の中で生きてからのち、結婚して 子宝に恵まれると、その魂にふれ 神聖さを思い出すようです。



魂の神秘さに感動して、神聖さを思い出していくのです。



また 最近では、北朝鮮が弾道ミサイルを打っています。


これは 実は安部首相の差し金だと噂されていますが この命の危険を感じることによっても 魂の神聖さを思い出すことに役立っています。


人々の目覚めを促進する作用があるのです。


命の危険を感じることは、魂のことを考え、魂の想い(死にたくない!)にふれることになるのです。


平和主義でボケ〜と生きていると、何らかの方法で、魂の神聖さを思い出すように導かれていくのです。


その方法は、子宝に恵まれることや地震事故が起こることやミサイルetc。。。



どんな方法で神聖さを思い出していきたいですか?




わたしたちは生まれる前に人生の青写真を決めてきます。


いつ頃、目覚めるか
神聖さを思い出すか



bestタイミングで魂の神聖さを思い出し、目覚めていくのです。




これからは特に、魂の目覚めが促進されていきます。


だけど 人生の目的によっては、目覚めていないほうが、都合がよい場合もあります。



どんな人生を歩むかは人それぞれ違います。



ある程度、やり遂げてから目覚めていくものですので 順繰りなのです。


『映画 君の名は』や『美しき緑の星 地球』であったりヒーリングを受けたり 目覚めを促進するエネルギーにふれることは、自分の人生を歩む前に目覚めを促す行為であり 人生を見失うことになりかねしないのです。



今のスピリチュアル業界に足を突っ込んでいる人は そのようになっている人が大勢います。



決めてきた自分の人生を歩むより前に目覚めてしまっては、人生を見誤るのです。



魂としては目覚めることは大切なことですが それよりも大切なことは、決めてきた人生を歩むことなのです。


そのために 魂は、自分の肉体に宿り精神に寄り添うのです。


主導権は、肉体を持つ精神にあるのです。



魂は信じています。


どんな過酷な道を歩んでも 必ず、神聖さを思い出し目覚めることを。



だから、自信を持って、人生を歩んでください。



間違って、目覚めを促進させるエネルギーにふれても わたくしがお守りします。


そのために、わたくしが存在するのです。



それが ままのままの役目の一環です。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

これで、今まで わたしが何故、ヒーリングをむやみやたらに受けないこと、映画は見ない方が良いと言い続けてきたかわかると思います。



一律に、目覚めを促進させて良いわけがない。


宇宙から注がれるエネルギーや自然エネルギー、世論によるエネルギーで十分、足りるのです。


だれが許可したのか


神の許可を受けて、エネルギーを回しているのか。。。


ヒーリングエネルギーを扱うのは宇宙の許可がいるものです。


実際は、許可を受けたものしかエネルギーは回せない。


それが宇宙の法則です。

宇宙の法則に背く行為をするものは厳重注意だけでは済まないです。


実際に決めてきた人生を棒に降って、わけのわからない横っちょの存在の片棒を担がされているだけです。


それが今のスピリチュアル業界の姿です。。。


これからは、その取り締まりも強化されるでしょう。。。



嘆かわしい。


ここ最近、自分が無意識でやってることや出来ていないことを現実的に見れるようになってきている人が増えているような感じがします。



今まで夢を観ていたわけではないのだけれど、なんとなく、夢から醒めたような感覚。。。



今まで自分が望んでいたことが、本来の自分が求めていることではないこともわかってきて、落ち込んだりボーッとしたりしてしまうでしょう。 



自分の目の前のことがわかるようになったというのかな? 



目覚め始めたというのかな? 



これからは、ますます目の前の現実がハッキリとわかるようになってくるようです。 


わたしは わたしの周りの者から、傷つけられる現実を作り出している人たちのことを見聞きします。


また わたしの知らない世界では傷つけられている人の話を聞くことがあります。


不治の病で苦しんでいたり家族間の悩みがあったり。。。


見えない何かにぐるぐる巻きになっていて身動きがとれなくなっています。


どうしてそんなことが起こるの?

信じられない。。。


わたしがそう感じても そうなることは当たり前だと信じて疑わない。


家庭不和はもちろん、登校拒否、いじめ、病気、怪我、事故、、、、、。

起きていることを問題視せずに、生きています。

わたしは小指一本に痛みがあっても その意味を考えます。


わたしのどんな言動、心がそれを引き起こしたのだろう?


内省、検証します。


それをしないと前に進めない(一瞬で終わりますが)から。

それが わたしの当たり前です。


だから、人の痛みにも反応して一瞬で治します。


ひとつひとつの感情や感覚に絶えず向き合っています。


少しでもブレたら戻します。

ブレることを許さないのではなくて、ブレる自分は本当の自分じゃないから本当の自分に戻すだけなのです。


こんなわたしを人は敏感だと言います。


確かに、痛みには敏感です。


みんなみんな、同じ存在だから 自分の痛みにも人の痛みにも敏感に反応します。



そういえば 人間社会の残虐な行為って どうやって生まれたかわかりますか?


みんなみんな、同じなのに 人にたいして残虐な行為をするために、わざと自分を鈍感にしたのです。


人の痛みがわからないように自分を鈍感に仕立てあげたのです。



自分の痛みに敏感だと、人の痛みにも敏感に反応して、傷つけることはしないし できないです。


自分の痛みに鈍感なままでいると 人の痛みにも鈍感でいるのです。


それって どういうことかわかりますか?


人の役に立ちたいと言われますが、自分を犠牲にしてまでも人の役に立とうとする人がいます。


それは、鈍感だからです。


わたしは人の役に立ちたいとは思わない。


ただ わたしのやりたいことが人の役に立つことだと思って行動しています。



敏感と鈍感の違いです。


人の役に立ちたいと思う前に、自分の痛みに敏感になってください。


お腹が痛いのに、人をおんぶはできません。


おしっこ我慢して、人をおんぶしたらもれてしまいます〜♪

昨日、アップした『わたしの想い』 これが、わたしの本心なのです。



スピリチュアルなブログでは、波動が変わったとか いろいろ書いてあるけれど それを実際に自分の生活にどういかしていったらよいかまでは書いてなくて、それだけ読んでいても理解はできないと思うんです。
よけいに、モヤモヤすると思うの。

だけど、コメントにはGood!とかその通り!とか書いてあって、ほんとにこの人 意味がわかってるのかなあ とかどんな生活を送ってるんだろう って思ってしまうのです。


波動が上がって、何も心配がなくなれば 実際の生活はお金の心配もまったくなくなり健康面での心配もまったくなくなり若返るし、人間関係も良好そのものでプライベートな部分でも快適そのもので 暑さも寒さも感じなくなり物質的にも満たされるものです。


そうなったらそうなったで 他者への奉仕に目を向けるようになるものなのです。

ブログを書いてるだけじゃなくて 直接、自ら他者への奉仕をしていこうと思うようになるものなのです。

波動が上がったから楽しい♪ではなくて、楽しい気分を分かち合いたいからと直接自ら他者に働きかけるのが本来の姿なんです。


その時点で、物質的に満たされていることは当然のことで 花咲か爺さんじゃないけど、振りまくようになっていくものなんです。


そして、それが日常になっていくものなんです。


いろいろ読んでいると、なんか違うなあ と思ってしまいます。


波動が上がるってことは、マスターベーションじゃないんです。


身も心も物質も満たされていると、地に足のついた考え方が出来るようになっていくものなのです。



身も心も満たされていても、物質的に満たされていないのは、何か原因があるのです。



気づいてください。



わたしたちは、身も心も物質的にも満たされて、資金力を持って 直接、他者に働きかけるようになるために生まれてきているのです。


エネルギーで働きかけるのは、ほんの側面に過ぎない。


気づいてください。


本当の自分の使命に。

本来の自分に戻るためには、何をすべきかといったら


『反省すること』


これだけです。


自分から出てくる感情すべてを否定せずに、ありのままを見つめて反省するのです。


自分の心を見つめて反省した上で、自分を否定しずに裁かないのです。



人には個性があり特性があります。

そのため 苦手も存在することがあります。


することがある、と書いたのは、反省する心さえあれば苦手は存在しないからです。



苦手なことに直面するのは、反省する心を試されているからです。



日々、反省して生きていれば 苦手なことは避けて生きていけるはずなのです。


心を見つめることはとても大切なことです。


反省することを疎かにしないでくださいね。



反省できないココロモチになるときもあります。


それは、宇宙のせいなのです。

明日は夏至です。


この夏至のエネルギーは本来の自分に戻されるエネルギーです。


本来の自分に戻る。。。

以前にも何回も書いていますが、あなたの譲れないものはなんですか?


これがなきゃ自分じゃないよ! とか 無心になって取り組めること、


自分の最大のこだわりを持ってる自分が本来の自分です。



執着か?と思えてしまうくらい、こだわってしまうものはなんですか?



そこにこだわってしまうのが本来のあなた、ではないですか?



自信を持ってください。



自分の『好き』を大切にしてください。




わたしの趣味は空ちゃんです。


わたしの唯一のこだわりが空ちゃんのお嫁さんになることです♪



夢は叶います。



必ず、叶います。

気づきましょう、目覚めましょう と、銅鑼を鳴らしても 怖くて 魂は目覚めないものです。



魂は 恐怖を感じると 縮こまり、動かなくなる性質を持っています。



優しく、包み込んでもらえないと 魂は、顔を出しません。



自分を本当にわかってくれる人に出逢うまで、魂は姿を現さないものです。

自分の悲しみに気付くことがハートを開く第一歩となる。。。



静かな場所に佇み、瞑想をすると 自分の内側をみつめていくことになります。



ずっとずっと、奥。



静かな場所にそれは居ます。




本当の自分は 自分の奥に奥に存在します。




生まれてきた意味もわからず、静かに佇んでいます。


悲しみという殻におおわれています。


悲しみは本当の自分の親友です。


いつも守ってくれています。。。



瞑想をすると
悲しみが騒ぎだします。

本当の自分を表にさらしたくないからです。


必死で守ろうとします。

悲しみという殻が動き出すと 本当の自分は不安を感じます。


こわい!出たくない!



それが、閉じているハートを開く第一歩となるのです。



本当の自分にとっては とてもこわいことなのです。



今まで 静かにうずくまっていることが正しい生き方だと信じてきました。



本当は、 違うのですよね。。。




表に出て生き生きと動き回りたいはずなのです。



悲しみという殻に守られてしまうと 自分が誰なのかさえもわからなくなってしまいます。。。

目覚める。。。


とても、あいまいだ。



自分が目覚めたと言えば、その人は目覚めた人になる。



しかし、本当は。。。




どこからが、目覚めた人で どこまでが目覚めていない人でという境界線があいまいで

それによって、振り回されてる人も大勢いる。



目覚めていない人は、目覚めるということはわからない。


だから、何を信じて、誰を信じていいのかわからないのだと思う。




だけどね、

わたしから観て あきらかに違うでしょう と思える方が

目覚めた方、として紹介されている。。。



わたしが感じる目覚めるという感覚は


自分の内側に負の感情が一切なくて、喜びに溢れていて、どの次元にもグラウディング出来ていて、曇りが一切ない状態のことなのです。


なおかつ、自然に笑顔が溢れてきて、 だけど 悲しい出来事が起きると、涙がぽろぽろと溢れてくる。



だけど、目覚めた人は、

目覚めているのに、どうして そんなに暗い表情をしているのだろう。


目覚めているのに、どうして 苦しみの中にいるのだろう。。。


目覚めているのに、どうして 恐怖心や憎しみがあるのだろう。。。




考えたことはありませんか?




そんなことをつぶやいているわたしも 本当に目覚めている人からみたら、


まだまだだよ〜


って言われるかもしれない。



自分のことは自分しかわからない。



ひとつずつ、土を踏みしめて 階段を上がっていこうと思う。





目覚めたと言って、人を騙す人にはなりたくないから。。。

このページのトップヘ