この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

「わたし」が今、なぜ、ここで生きているのか。 人は本来この世の中でただ一つの命として、自然で無垢な、すがすがしくも清らかな存在です。 しかし現代では、その姿を保つには相当の努力が必要なことのようです。 心身を清浄に保つためには、神や祭り、自然の力をかりて謙虚な気持ちに立ち返ることが必要です。 自分の目の前に差し出されたことを真摯に受け止めてください。 出来ないことは求められないものです。 息の本体に帰ってください。 息の本体に帰り、愛となれば、望んだことは一寸の狂いもなく叶えられるもので、望みが叶えられないのは、我が身が愛でない証拠。 だから、息の本体に帰ってください。 ご自身の「根っこ」を見極めるために、父母 をこえる存在として神や仏、自然の世界やご先祖様の存在が解ると、大きな心のよりどころを得ることになるものです。 日本の文化や風習、特に日本人のこころに脈々と受け継がれてきている信念を取り戻すことは、古くからある豊かな心をとりもどさせてくれるだけでなく、新たな価値観を生み出す大きな手段ともなるものなのです。 そのために出来ることを日々、お伝えしています。

カテゴリ: ありのままの

喜びって 実は、自分自身なんですが


自分自身は喜びなんだ♪愛なんだ♪


に辿り着くのって、難しいことです。



だってね

生まれてきた環境や性格が違う人たちの中で生きていくって 自分だけ考えていけばいいってものじゃないから。


親だって、手探りで わからないまま育てるのだから 子供はその影響を受けてしまいます。


結果、
疑り深くなったり、神経質になるのは 当然といえば当然ですね。


だれも、責められない。。。


そこから、喜びを探す旅をしていくわけです。


本来なら、生まれたての赤ちゃんそのものが 喜び なんですよね。


そこから 傷つけずに、真っ直ぐに育てていくのは、難しいことです。


喜びから遠ざかるように育ってしまう人も少なくありません。


だから
淡々と、喜びも感じずに過ごしている人もいらっしゃる現実です。


今は、二極化していると言われます。




わたしは 喜びの中にいつもいますが

それもわたしの現実ですし、

でも、喜びを持てずに生きている方がいるのも、わたしの現実なのです。



誰一人、喜びを求めない人はいないのです。



自分の幸せを自分だけのものにしようとしないでください。


二極化が進んでいるからと言って、区別しないでください。


自分の喜びを分かち合うことが

今の世界には、必要なことです。



自分だけのものにしない。



自分が喜びを感じたら、そうでない人もいるという意識も持ってください。


喜びを見せびらかさないでください。




誰もが、喜びに溢れる世界にと わたしは願っています。


生きとしいける者が喜びを感じることができますように。


お祈り申し上げます。

謙虚になるって 自分は弱い存在だと思うことではなくて
自分は尊い存在だとわかることなんだ。。。




ありのままの自分を知るためには、自分のできること、できないことの境界線を知ることなんだ。


そうすると 自分に繋がっている家族や友人も 同じように できることできないことを持っていることに気が付くんだよ



自分の弱さを知るから、謙虚になるのではなくて
自分も相手も同様に、尊敬すべき魂を持っているとわかるから 謙虚になるんだよ。。。




自分は弱いと断定してしまうと、そこから成長しようとしなくなるものなんだ。


ありのままでいいんだよ。

自分の弱さを認めてあげて!と言われると そこにあぐらをかいてしまうんだ。


それでは 成長できないんだよ。


毎日、ひとつずつ 自分に課していくと それが自信に繋がるんだ。

ひとつひとつ、成功体験を積み上げていくと
意識レベルも上がり、
そして 神意識に繋がり、自分は尊い存在なんだとわかるんだよ。



だから まず、なんでもいいから ひとつでも 毎日、続けれるなにかを持つことなんだ。



そうやって 人は成長していくものなんだ。。。


そうやって 世界中の人が神意識になり、繋がっていく世界をつくるのが わたしたち スターシード、ライトワーカーの使命なんだ。。。


人は 向き合うことだけが大切ではないんだ

自分の位置を知っていることが大切なんだよ





人には ちゃんと 向き合う時期があるものです。

だから

今 向き合わなくても

時期がこれば 乗り越えられる。


乗り越えることだけが大切ではなくて


今 いる自分の位置
つまり 今の時点でのありのままの自分を知ることが大切なのです。



『ありのままの自分』の意味って


こういうことなんですよ♪

ムリによく見せようと頑張らず、ありのままの自分でいる勇気を持とう


人間は不完全だからこそ、何度も転生して学ぶのです。

すべてを学び終えてしまった人は、魂の世界へ戻ってしまうので、完璧な人間なんていません。

今生きている私たちは皆、まだ学んでいる最中なのですから、『できない』自分を責めたり、『できる』そぶりをするのをやめましょう。

大切なのは、自分にうそをついたりごまかしたりせずに、より完全に近付こうと、歩み続けることなのです。

まずは、自分のコンプレックスを否定せず、堂々と認め、ありのままの自分をまるごと受け入れることからはじめましょう。

ありのままの自分を見せたところで何になる?


何のために見せる必要があるのか?


認めるためなら、自分だけがわかっていればいいじゃないか?


他者に認めさせる必要があるのだろうか?


それをして、自分が気持ちがいいか?

それをして、相手が気持ちがいいか?

その人の立場になってみればわかること。




ありのままの自分を大切にするということは、
ありのままの自分を見せることではなくて
自分だけでわかっているだけでいいんだね。


ありのままの自分をわかっていようがいまいが、相手にとっては関係のないことなんだ。


自分のためのことだから。。。



自分や仲間で楽しんでいる分にはいいけど、まったく関係ない人からしたら それはいい迷惑なことかもしれないね。

ありのままの自分を知ることは大切だけど


ありのままの自分を見せることは

ありのままの自分を大切にすることではないと思う。



わざわざ、見せる必要はない。

自分だけがわかっていればいい。。。

ありのままの自分なんて出せないも〜ん!


と言って ストレス抱えて、
また 違うとこでストレス発散する〜


だから、癒し産業が流行るんですね〜



そこを求めているだけでは、現実は変わりません。

また、現実が変わらないから その代わりに、自分と同じような人を癒したい、頼られたいと 癒し産業に身を置く。。。。


頼られたいですか?

癒されたいですか?

それが、ありのままの自分でないことをわかっていますか?



それが 自分を大切にしている行動でないことを あなたはわかってやっていますか?

それ(ありのままの自分を出す)をするから

現実が動くんです。

それをしないと、現実は変わりません。

現実を変えたいのなら


ありのままの自分を出してください。


それが、グランディングです。



いい女のふりをしない!
うまく、話をまとめない!
納得したふりをしない!
できることは努力するけど、それ以上のことは できないも〜ん と 相手にお願いすれば いいのです。


それは 自分が負けたことにはならないの。

自分の力量を知りましょう。

最初から丸投げはNGです^^

このページのトップヘ