この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

「わたし」が今、なぜ、ここで生きているのか。 人は本来この世の中でただ一つの命として、自然で無垢な、すがすがしくも清らかな存在です。 しかし現代では、その姿を保つには相当の努力が必要なことのようです。 心身を清浄に保つためには、神や祭り、自然の力をかりて謙虚な気持ちに立ち返ることが必要です。 自分の目の前に差し出されたことを真摯に受け止めてください。 出来ないことは求められないものです。 息の本体に帰ってください。 息の本体に帰り、愛となれば、望んだことは一寸の狂いもなく叶えられるもので、望みが叶えられないのは、我が身が愛でない証拠。 だから、息の本体に帰ってください。 ご自身の「根っこ」を見極めるために、父母 をこえる存在として神や仏、自然の世界やご先祖様の存在が解ると、大きな心のよりどころを得ることになるものです。 日本の文化や風習、特に日本人のこころに脈々と受け継がれてきている信念を取り戻すことは、古くからある豊かな心をとりもどさせてくれるだけでなく、新たな価値観を生み出す大きな手段ともなるものなのです。 そのために出来ることを日々、お伝えしています。

カテゴリ: ありのままの

いい人ぶらない!

いい女ぶらない!

できるふりをしない!

自分を偽らない!



これは
自分の弱味を見せることとは違います。


好きな時は好き〜っ。

嫌いな時はキライっ!

嫌な時はイヤッ!

はっきり示しましょう〜


こんなこと言ったら嫌われないかな?
とか
これをしたら、相手はどう思うだろう
と 考えて 行動して、ストレスを感じませんか?

自分だけいい子になって、うまくまとめる、ふりをしていませんか?



自分が傷ついているなら、
自分が辛い想いをしてるなら

辛いよ〜と泣いたっていいんです。


出てくる感情を止めないで!!!



それが
ありのままの自分を大切にする

と いうことです。



ありのままの自分を大切にしていますか?


うまく、まとめていませんか?


今のその感情は、あなたの感情です。

しっかり感じてあげたら、光りに還ります。


他のもので発散するのではなくて、ありのままの自分を出してくださいね。

自分を生きる。
今を生きる。


あなたは自分を生きていますか?


あなたのやりたいことはなんですか?



自分の内側と向き合って内観浄化をしてくると、本当の自分が顔を出します。
本当の自分にあなたは何をやりたいの?どうしたいの?
と 聞くと、教えてくれます。


でも そんなことできないよ〜っていう人もみえますね。


そんな時は 自分の特技のことをまず、やってみましょう♪


まず。。です。


本当にやりたいことって、特技の先にあるものなんです。

だから、まず なんです。
そこに、執着しないのがポイントなんです。



今は、これがやりたい!これがわたしの使命なんだ!

と思ってやっていることでも
わたしから見ると、大概が ズレてます♪

仕方がない。
内観浄化できていないのだから。。。


でも 本来のやりたいことと違うながらも それ をやり続けていくと 必ず 修正が入ります。

そうなったら、修正を受け入れて 進むだけなんです。


人生もたいして生きていないのに、

これが使命だ!ってものに出逢えるわけがないのです。


だから
今、この時がこの使命だ! と思って進むだけなんです。


だから、これが使命だ!と思って進んできたけど、違うことがやりたくなった。。。ってのは アリ です。

また、自分の使命はこれだ!と思って進んできたけど、売り上げが伸びない。。。食べていけない。。。
というのは それは、違うよ というサインなんです。
でも、人は そこで 頑張ろうとする。。。
で ドツボにはまる。



見極めが大切です。

最初から 天職に巡り合うことは なかなか ないです。

最初から天職に巡り合う人は あるルールがあります。


あっ この話しはまた、後日。


まずは

やってみたいなあ と思うことから 始めてみるといいですね。


やりたいことがみつからないって人は 取り合えず、占いでみちゃうのもアリです。

姓名判断、四柱水命など 、
いわゆるブループリントっていうのは それに書いてあります。


占いが当たってるわっていう人は 割合 ブループリント通りに生きていますし、全然、当たってない〜 って人は 脱線して生きている人が多いですね。


わたしは かなり脱線していましたから

だから 修正がかけられ 今日があります^^


まずは
自分がやりたいなあ。。。と思うことをやってみましょう〜


ってお話でした。

個性を認めるってどういうことなんでしょうね?



自分がその個性を持ったらどう感じるんだろう?


客観的にも見てみます。

四方八方から見てみます。



たくさんのことがわかると思います。


長所、短所もあると思います。


そこで 自分は何ができるんだろう と考えてみます。


自分がその個性を持った時に 何をされたら嬉しいんだろう。
何を言われたら嬉しいんだろう。

何をされたら安心できるんだろう。
何を言われたら安心できるんだろう。



と考えます。


一生懸命に考えるんです。


その人の立場になって考え、実行するのです。


それが、個性を認めるということです。

人は 心の中に隠しきれない想いがあり その想いで 自分の世界をつくっている。


ひとつじゃない。


どんな想いで創造される世界も 自分の世界なんだ。


それを 嫌いにならないで。。。


あなたは その想いのまま、素敵なんだ。



今のあなたには、まだ その想いが 必要なんだね。




わたしは すべて、浄化することが、いいと言っているわけではないんです。
辛いなら、手放し時だと思うけど
まだ 手放したくない想いがあるなら 手放さないほうがいい。。。

あなたのすべてを愛しています。

自分の状態がわかっていることが大切です



グラウディングできていても できていなくても


覚醒していても していなくても


自分の状態をわかっていることが


大切です。



それが、ありのままを知るということ。


自分を客観的に見ることのできる視野の広さが必要。



神様でもないのに、神様ぶって 真実は〇〇〇です という のは、トンデモさんです。



本当の神様は、自分を神様だと名乗りませんし、神様は、もっと 謙虚です。

〇〇〇をしなければいけないと言うこともありませんし、威張らないよ^^

とても、慈悲深く、わたしたちを見守ってくださっている存在です。


最初は 頼って甘えていたとしても 徐々に 自立する努力は必要ですよね〜♪♪♪


同じところをグルグルしているのではなく、そこから抜け出る努力が、必要です。


そのために

自分を客観的に見ることが大切なんです。


わたしが クライアントさまから 相談されると まず、その方の状態をお知らせします。


でも そこを信じる信じないは その方次第で、その方の心のもちようでもあります。


だから

やっぱり

自分で知ること、わかることが 大切なのです。


わかったことを、卑下することもなく、偉ぶることもなく、ただ 受け止めることが


『受け入れる』


ということです。

努力できないとき

心が折れるとき

あるね。



そんなときは


努力はしなくていい。


心が大切。

あなたが大切。

わたしがあなたを包んであげる。


わたしがあなたを抱きしめるよ。


だから


泣いていいよ。
思いっきり、泣いてもいいんだよ。



愛してる。。。

愛してる。。。


泣きやむまで、ちゃんと 抱きしめているからね。

そばにいるから。

あなたのそばにいるよ。



あっ わかんないときは、ひょっとしたら 合体しちゃってるかも^^


およよ〜

ありのままの自分でいるのは

不平、不満を言うことではないです。
不平、不満を言うという行為は相手に矢を放つ行為です。


相手に対して、不平、不満が出たとしても

相手を鏡だととらえて
自分をみつめていくうちに
自分の心が穏やかになります。


不平、不満を言わない自分になり、そんな気持ちにすらならない自分になります。


本当です。


最初は努力は必要ですが、慣れてこれば 誰でもできることです。


自己主張は 相手に矢を放つ行為に繋がります。
自分にも矢が放たれます。


相手に対して、鏡となってくれて ありがとうと感謝の気持ちを持つことができれば 自ずと 人は謙虚になり 自己主張も不平、不満も言わなくなります。



そうやって 人は人間性を高めていくんです。


誰一人、傷つけることなく 自分は成長させてもらえるのです。



また、不平、不満を言うという行為は 地球を汚す行為でもあるので 自分を見つめるだけで 地球にご恩返しができますね。


地球に対して 住まわせていただいている感謝の気持ちがあれば 不平、不満は言えないものです。

人間だけです。

地球を汚すのは。。。

現実を見るということは 起こった出来事を 感情を入れずに ありのままを受け止め、対処、行動することです。



最近の不安定な天気は 私たちの現実力、人間力を高めさせていただけるものです。

竜巻、突風などありますが、その事実を受け止めて、冷静に対処することを学ばせていただけます。


恐怖を感じることなく 対処、行動しましょう。


決して、恐怖心を持つことなく、冷静に対処しましょうね〜


今、自分にできる最善の方法を冷静に考える力を養うために 物事は起こります。

冷静に…
冷静に…

最善の方法を考えて、行動しましょうね〜


私たちは守られています。

このページのトップヘ