この世界にあるすべてのものは感謝するために存在する

わたしは、地球にグラインドしています。 わたしの意識は地球に同調しています。 わたしの想いは地球の想いです。 わたしの叫びは地球の叫びです。 わたしの言葉は地球からのメッセージです。 少しでも、みなさんに 地球の想いを感じていただけたら幸いです。

カテゴリ: 向き合う

昨日から 自分の感情との向き合い方を考えていました。


わたしはこうみえても 独立心旺盛で、人の意見を聞かずに 自力で進みたい!気持ちが強かったから 目の前の人に反発ばかりしていました。


自分の腑に落ちないと前に進めないのです。


だから、苦労しました。


そして、わたしは目の前にいる人の意見を無視して 進んで 迷惑をかけて遠回りをして。。。



学んだことは


グラウディングができている人のそばにいて 忠実にその人の意見に従っていけば 間違いはないんだ!ってことなのです。


自分がふらふらしていても
グラウディングできている人がそばにいてくれれば
無敵なんだ

って気付いたのね



自分との向きあい方はたくさん方法があると思います。


思考錯誤していられるうちが花。


だけど、今はもう そんな余裕がなくなってきている時代だから

わたしに繋がってほしい!と思うだけなのです。


自分の感情との向き合い方は、ツールがあり コーチングあり多種多様です。



どれが自分に合うかは、人それぞれです。



そんな中で わたしはグラウディングを教え、観念浄化ワークをお勧めしています。


でも 最終的には、わたしに繋がれば 早いよ、無敵だよ と言っているのです。



ここまで 言い切れる人って なかなかいないと思うよ。


我ながら、不思議だ。



やっぱり ツイン魂の生半可な想いで離れて来ているわけじゃないんだ!という責任感が そうさせるのだと思います。




わたしが牽引する。


アセンションを牽引する。



その意思は、日毎に強くなっています。

一連のエネルギーは、
各々の魂の地球に地震を起こさせたくない想いや災害を起こさせたくない想いを わたしの魂が感じ取った。。。ということなんだろうなあ〜



あ〜 朝から疲れた(-.-;)



それだけ、人間の身体には恐怖心が蓄えられているのでしょうね。



その恐怖心が地球に災害や戦争を起こしていくのです。



恐怖心を煽る方も大変だと思うし
恐怖心に飲まれる方も苦しいと思うわ。


結局、恐怖心を抱えた身体に乗っかってる魂は、その身体を動かすしか手だてはないわけで。。。



魂さん♪大変ね


あれやこれやと手を使い、恐怖心と向き合わせていく〜



また、あのソウルメイトさんも 憑依霊さんを使ってわたしのところに来させた知能犯☆


手の込んだことを仕掛けますね〜



すべては、天の采配で動かされております。




ちゃんちゃん

自分でも 書き進めていかないと、何が言いたいのかわからないのです。



最終的には、


人の成長のためには、恐怖心と向き合うことであり、そのために 地震や災害を引き起こす可能性がありますよ

ってことなのです。



だから、恐怖心を煽る役目もある意味必要なのです。


まったく、向き合わない人もいるから、煽る役目が現れるのです。


振り子の法則ですね。


だから、ひとりひとりが 少しずつでも、自分と向き合っていたなら、大惨事にはならない。。。ということなのです。



だから、戦争はんた〜い!と言う前に、その感情と向き合った方が戦争は起こらなくなるということです。




以前、お伝えしたように

向き合うべきは、自分から出てくる感情であって 人や出来事ではないのです。


そこのところをよく押さえておいてくださいね。



ではでは、ごきげんよう


自分の内側にある感情と向き合っていくと、最終的に自我の崩壊。。。ということに行き着くのです。



未知の世界だから とても怖いです。


自分がどう変わってしまうかわからない恐怖心が思いがけない行動を引き起こしてしまいます。




どう変わるか?って。。。


変わらないデス。

想像していたように変わらないデス。




わたしが この自我の崩壊を経験したのは、二年ほど前の2013年秋でした。

ハンパナイ恐怖心で、毎日毎日怯えていました。

越えたい気持ちと怖い気持ちの狭間で揺れていました。



そして、その恐怖心があることを引き起こしてしまったのです。


家族を巻き込む大惨事が起きてしまいました。。。




自我の崩壊って言葉にするだけでも恐ろしいですよね?



あの時のわたしは その未知の世界に興味や期待もあり、人にも聞いて回っていました。

怖いくせに、知りたがりで、聞いて回っていたのです。。。


占いみたいなものでも、その秋に体験するとも書かれていました。



この世の中で一番大切だと思うことと向き合わなくてはいけない

とか

絶対にイヤだと思うことやあり得ないと思うことが起きる

とも言われていました。



でも 結局、それって 自我の崩壊で起きるのではなくて


恐怖心が引き起こすのです。



さっきにもツインのことで書きましたが

ツインに出逢ったから起こるわけではなくて


ただの恐怖心から起こるのです。




心の中の恐怖心がなかったら引き起こしません。



これってね〜


エネルギー的に操作されているのです。


さっきの記事同様、恐怖心を煽られているだけなのです。



わたしは自分の内側と向き合ってきてサイキックが開けてきたので 自我の崩壊が起こったら、超人ハルク←古い^^みたいになってしまうと本気で思ってました。


目や口から火を噴いたりするのだと本気で思ってました。


わたしのお手手が娘の高熱を一瞬で下げた時は、ビビりました。


だけど、サイキックと自我の崩壊とは、まったく別物だとわかった時に異常なサイキックも出なくなりました。



結局ね

超、人間らしくなりました。




自我が崩壊すると

人間らしくなるのです。




いつもニコニコ元気です♪


病気にならない、死なないし


穏やかになりました。


和を重んじるようになりました。




なんだかね〜

この一週間前ぐらいからでしょうか

恐怖心を煽るエネルギーがバラまかれているような気がします。


そんな中での助けを求めるメッセージが多いです。


似たような記事を書いているのは、そんな理由からです。





恐怖心を煽るような情報やエネルギーは受け取らないようにしてくださいね♪

だからね


親と向き合うとか子供と向き合うとか
よく、言われるじゃないですか?



それは 自分の親に対しての感情と向き合いなさいよ と言っているだけで 親に自分の感情を言ってください と言っているわけではないのです。



その感情が何故、出てくるのかを深く掘り下げるのです。



また、例えばお掃除することが嫌いな人がいたとする。


お掃除と向き合うのではなくて
その『掃除をすることが嫌いだ』という感情と向き合う、すなわち深く掘り下げていくのです。


すると、原因がわかるはずです。


何が現実で掃除嫌いになったのか。。。


トラウマ探しです♪




根性がない人って、最初から根性なしじゃないのです。


生きているうちになってしまうものなのです。


現実を探ることが大切です。


育てられ方でもあります。


でも、原因がわかると、乗り越えられるものなんですよ♪




ほんと、みなさん 知らずに、『向き合う』って言葉をよく使っていますが

向き合い方がわからないから、間違えて 使っているのだと思います。

最近、ちまたで『向き合う』という言葉をよく耳にします。


『向き合う』ってなんですか?


目の前のことに『向き合う』。。。 いや、ちがいます。
目の前のことには、『取り組む』のです。



目の前の人に『向き合う』。。。。 これも、違う。
目の前の人に誠意を持って接する。




『向き合う』対象となるのは、 自分の感情です。


目の前のこと、目の前にいる人 に対する 自分の感情に向き合うのです。




自分の感情に向き合うから、乗り越えられるのです。



どんな物事に対しても、感情が出てくるはずです。

うれしいなあ
楽しいなあ
嫌だなあ
辛いなあ



そんな感情の中で負の感情を感じなくさせていけば喜びに変わります。



それが、乗り越えるということです。




辛さが楽しみに変わった時に 人は、乗り越えたと言えるのです。

向き合うことは 相手を鏡だと思って行動すること。

相手と同じ方向を見ることは
相手が観ている景色を観ること。



自分の内側に自我がある場合には
相手が観ている景色を観ることは難しいかもしれない。

だけど、
内側の自我が少しでも なくなってきたなら
相手が観ている景色を観ることが出来てくるんだと思う。

寄り添うって そういうことだと思うなあ。。。



自分だけが見える景色だけみていても 飽きちゃうね〜



相手と同じ景色を観ていきたいものです。。。

このページのトップヘ