この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

「わたし」が今、なぜ、ここで生きているのか。 人は本来この世の中でただ一つの命として、自然で無垢な、すがすがしくも清らかな存在です。 しかし現代では、その姿を保つには相当の努力が必要なことのようです。 心身を清浄に保つためには、神や祭り、自然の力をかりて謙虚な気持ちに立ち返ることが必要です。 自分の目の前に差し出されたことを真摯に受け止めてください。 出来ないことは求められないものです。 息の本体に帰ってください。 息の本体に帰り、愛となれば、望んだことは一寸の狂いもなく叶えられるもので、望みが叶えられないのは、我が身が愛でない証拠。 だから、息の本体に帰ってください。 ご自身の「根っこ」を見極めるために、父母 をこえる存在として神や仏、自然の世界やご先祖様の存在が解ると、大きな心のよりどころを得ることになるものです。 日本の文化や風習、特に日本人のこころに脈々と受け継がれてきている信念を取り戻すことは、古くからある豊かな心をとりもどさせてくれるだけでなく、新たな価値観を生み出す大きな手段ともなるものなのです。 そのために出来ることを日々、お伝えしています。

カテゴリ: 向き合う

どうやったら自分を満たすことができるのか、癒すことができるのかといったら それは、譲れない何かを持つことだと思います。


これだったら誰にも負けない!という想いでもいいですし、真剣に打ち込める何かです。


愛する人を一生、愛し抜く強さでも良いのです。 その強さが心を満たすことではないでしょうか?



心が満たされてから、本来 すべきことが見付かるのです。


だから、わたしは何かに執着してしまうこともいいと思うのです。


飽きる時がくるから。。。


満腹になったら 次が見付かるのです。



だけど 人は、執着することを良くないことだと決めつける傾向があります。


執着を越えた先にある何かを掴むために、執着があるのに 執着から目を反らそうとするのです。


だから、前に進めないのです。



思いきって 前に進めば、よいだけなのです。



辛いのは一時的です。

永遠じゃない。

人の失敗を喜び、それで自分を満たし快感を得ている人たちがいる。


昨年から、そのような方と知り合うことが多いです。


小さな失敗も見逃さず、嘲笑してきます。



足元を掬われないようにと、わたしは必死です。


鍛えられています。


そういう人に出逢うこと自体、良くないこと と思われる方も多いと思いますが、自分を鍛えるためには 最適な環境です。


誰しもが感謝できる相手ですね。



ありがとうございます。

結局のところは 本能を呼び覚ますと いろいろなことがわかってくるのです。

それを 言葉にすると


わたしが書いていることそのものですが

本来ならわざわざ 言葉にして、自分に落としこむことではなくて

本能に赴くまま生きることをすればよいのです。




本能に赴くまま生きるということは 無駄に人を傷つけることではないのです。



本能に赴くまま生きるということは いつも命と向き合い、生きるということなのです。



おちゃらけて遊ぶことではないですし、
バカ騒ぎをすることではないのです。



愛してると伝えることは命を生む行為です。



命を育む行為です。



命と向き合うということは 愛してると伝えることなのです。



愛してると伝えましょう。


命と向き合って生きましょう。

幼い頃に傷ついた記憶は、子育てに影響する。

と 仮定しないと、スピリチュアル業界がやっていけないんじゃないのかなあ。。。

インナーチャイルドが傷ついている!

と仮定しないと インナーチャイルドを癒すことはできないもんね。。。

わざと 病気をつくることで ヒーラーさんが稼ぐのではないかしら?



本当は 傷ついていないのに、傷ついている!と思い込ませることで 傷つけて、そして 癒して お金をふんだくるのではないかしら???



見えない世界はわかんないもんね



幼い頃に傷ついた記憶は、子育てに影響する。



そうかな?



だけど、わたしの場合は 母親が反面教師だったせいもあり 母親がわたしを育てたように わたしは娘を育てたくない!という想いが強かった。


そして 娘が成長すればするほど
娘に愛情がわけばわくほど
わたしはこんなに母親から愛されていない という想いが強くなり苦しみました。


だから
幼い頃、傷付いた記憶ってないのかもしれない。


それが当たり前だと思って生きてきたし
家に『お父さん』という人がいないのは当たり前だったし
『お母さん』という人も わたしのそばに居ないというのも当たり前だった。

わたしは母親に抱かれた記憶はない。


だからといって それがどうとは思えない。


それが わたしの当たり前だから。



今は いちいち、言い過ぎるのだと思う。


こんなわたしでも そこそこまっすぐ生きている。

たまに 姉と『片親だから不良になるって意味わからん。心が弱い証拠だ!』と話しになる。


まあ、姉がしっかりしていたせいもあるかもしれないが。



だから
今の自分の不幸を幼い頃に傷つけられたせいにするのはどうかと思います。


母親のせい

学校のせい

世間のせい



人のせいにしているせいなのではないでしょうか?



自己責任です。



自分の人生に責任を持ちましょう。



自分が親を決めて生きてきた!って そんなことわからなくても 前を向けば必ず、片足は出る。

片足出たら、もう片足も交互に出るものだ。



そのように わたしたちは神様から造ってもらっているんだ。



それを信じるだけで生きていける。


人のせいにせず、自分を信じて相手を信じていれば 生きていける。





幼い頃に傷付いた記憶は子育てに影響するのかなあ?


人のせいにしていれば影響されるのでしょうね。

日記を書くこととブログを書くことって違います。


ブログを書くことは、不特定多数に発信することで 日記は、自分をみつめたり振り返るためにあるものだからです。



わたしは 最初は、ミクシー日記を書いていました。


そして 気づきが増え、自分の内側からの声が起こるようになり livedoorでも全体に発信するようになりました。



全体に発信することは、 見えない相手に意識を置くことです。。


見えない相手に意識を置くことで 世間がわかってきます。



でもね それって、
自分の世界がわかることではないのです。



自分の世界は、自分をみつめないとわからないものだからです。



自分の世界と 自分以外の相手の世界は違います。


同じ波動領域で生きているわけではないからです。



自分以外の相手ばかりを観ていると、自分の生きている世界がわからなくなります。


自分以外の相手の世界が自分の生きる世界だと、錯覚をしてしまうのです。


だから 外側ばかりに目を向けていると 自分が見えてきません。



自分の目の前の相手は 自分を映し出してくれる相手ですが
それを飛び越えた相手は、自分の世界ではないのです。



だから、テレビに映る世界は、自分の生きる世界ではありません。


だけど 人は、それをわからずに 同じだと錯覚をしますね。


テレビに映った人たちばかりを観ていると、自分がなくなっていきますよ。


幻想の世界が現実だと錯覚をしてしまいます。



自分みつめをしていると、瞬間、瞬間 次元が代わっていることがわかってきます。


物の位置が微妙に違います。


家具の位置も微妙に違うことがわかります。


また、あきらかに 『ここは、地球じゃない』とわかるときもあります。


見える月も違うからです。



わたしたちは そうやって、次元の旅をしているのです♪


そうわかると、自分みつめをして 自分を振り返る一日は、なかなか楽しいものですよ♪

昨日から 自分の感情との向き合い方を考えていました。


わたしはこうみえても 独立心旺盛で、人の意見を聞かずに 自力で進みたい!気持ちが強かったから 目の前の人に反発ばかりしていました。


自分の腑に落ちないと前に進めないのです。


だから、苦労しました。


そして、わたしは目の前にいる人の意見を無視して 進んで 迷惑をかけて遠回りをして。。。



学んだことは


グラウディングができている人のそばにいて 忠実にその人の意見に従っていけば 間違いはないんだ!ってことなのです。


自分がふらふらしていても
グラウディングできている人がそばにいてくれれば
無敵なんだ

って気付いたのね



自分との向きあい方はたくさん方法があると思います。


思考錯誤していられるうちが花。


だけど、今はもう そんな余裕がなくなってきている時代だから

わたしに繋がってほしい!と思うだけなのです。


自分の感情との向き合い方は、ツールがあり コーチングあり多種多様です。



どれが自分に合うかは、人それぞれです。



そんな中で わたしはグラウディングを教え、観念浄化ワークをお勧めしています。


でも 最終的には、わたしに繋がれば 早いよ、無敵だよ と言っているのです。



ここまで 言い切れる人って なかなかいないと思うよ。


我ながら、不思議だ。



やっぱり ツイン魂の生半可な想いで離れて来ているわけじゃないんだ!という責任感が そうさせるのだと思います。




わたしが牽引する。


アセンションを牽引する。



その意思は、日毎に強くなっています。

一連のエネルギーは、
各々の魂の地球に地震を起こさせたくない想いや災害を起こさせたくない想いを わたしの魂が感じ取った。。。ということなんだろうなあ〜



あ〜 朝から疲れた(-.-;)



それだけ、人間の身体には恐怖心が蓄えられているのでしょうね。



その恐怖心が地球に災害や戦争を起こしていくのです。



恐怖心を煽る方も大変だと思うし
恐怖心に飲まれる方も苦しいと思うわ。


結局、恐怖心を抱えた身体に乗っかってる魂は、その身体を動かすしか手だてはないわけで。。。



魂さん♪大変ね


あれやこれやと手を使い、恐怖心と向き合わせていく〜



また、あのソウルメイトさんも 憑依霊さんを使ってわたしのところに来させた知能犯☆


手の込んだことを仕掛けますね〜



すべては、天の采配で動かされております。




ちゃんちゃん

自分でも 書き進めていかないと、何が言いたいのかわからないのです。



最終的には、


人の成長のためには、恐怖心と向き合うことであり、そのために 地震や災害を引き起こす可能性がありますよ

ってことなのです。



だから、恐怖心を煽る役目もある意味必要なのです。


まったく、向き合わない人もいるから、煽る役目が現れるのです。


振り子の法則ですね。


だから、ひとりひとりが 少しずつでも、自分と向き合っていたなら、大惨事にはならない。。。ということなのです。



だから、戦争はんた〜い!と言う前に、その感情と向き合った方が戦争は起こらなくなるということです。




以前、お伝えしたように

向き合うべきは、自分から出てくる感情であって 人や出来事ではないのです。


そこのところをよく押さえておいてくださいね。



ではでは、ごきげんよう


自分の内側にある感情と向き合っていくと、最終的に自我の崩壊。。。ということに行き着くのです。



未知の世界だから とても怖いです。


自分がどう変わってしまうかわからない恐怖心が思いがけない行動を引き起こしてしまいます。




どう変わるか?って。。。


変わらないデス。

想像していたように変わらないデス。




わたしが この自我の崩壊を経験したのは、二年ほど前の2013年秋でした。

ハンパナイ恐怖心で、毎日毎日怯えていました。

越えたい気持ちと怖い気持ちの狭間で揺れていました。



そして、その恐怖心があることを引き起こしてしまったのです。


家族を巻き込む大惨事が起きてしまいました。。。




自我の崩壊って言葉にするだけでも恐ろしいですよね?



あの時のわたしは その未知の世界に興味や期待もあり、人にも聞いて回っていました。

怖いくせに、知りたがりで、聞いて回っていたのです。。。


占いみたいなものでも、その秋に体験するとも書かれていました。



この世の中で一番大切だと思うことと向き合わなくてはいけない

とか

絶対にイヤだと思うことやあり得ないと思うことが起きる

とも言われていました。



でも 結局、それって 自我の崩壊で起きるのではなくて


恐怖心が引き起こすのです。



さっきにもツインのことで書きましたが

ツインに出逢ったから起こるわけではなくて


ただの恐怖心から起こるのです。




心の中の恐怖心がなかったら引き起こしません。



これってね〜


エネルギー的に操作されているのです。


さっきの記事同様、恐怖心を煽られているだけなのです。



わたしは自分の内側と向き合ってきてサイキックが開けてきたので 自我の崩壊が起こったら、超人ハルク←古い^^みたいになってしまうと本気で思ってました。


目や口から火を噴いたりするのだと本気で思ってました。


わたしのお手手が娘の高熱を一瞬で下げた時は、ビビりました。


だけど、サイキックと自我の崩壊とは、まったく別物だとわかった時に異常なサイキックも出なくなりました。



結局ね

超、人間らしくなりました。




自我が崩壊すると

人間らしくなるのです。




いつもニコニコ元気です♪


病気にならない、死なないし


穏やかになりました。


和を重んじるようになりました。




なんだかね〜

この一週間前ぐらいからでしょうか

恐怖心を煽るエネルギーがバラまかれているような気がします。


そんな中での助けを求めるメッセージが多いです。


似たような記事を書いているのは、そんな理由からです。





恐怖心を煽るような情報やエネルギーは受け取らないようにしてくださいね♪

このページのトップヘ