この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

「わたし」が今、なぜ、ここで生きているのか。 人は本来この世の中でただ一つの命として、自然で無垢な、すがすがしくも清らかな存在です。 しかし現代では、その姿を保つには相当の努力が必要なことのようです。 心身を清浄に保つためには、神や祭り、自然の力をかりて謙虚な気持ちに立ち返ることが必要です。 自分の目の前に差し出されたことを真摯に受け止めてください。 出来ないことは求められないものです。 息の本体に帰ってください。 息の本体に帰り、愛となれば、望んだことは一寸の狂いもなく叶えられるもので、望みが叶えられないのは、我が身が愛でない証拠。 だから、息の本体に帰ってください。 ご自身の「根っこ」を見極めるために、父母 をこえる存在として神や仏、自然の世界やご先祖様の存在が解ると、大きな心のよりどころを得ることになるものです。 日本の文化や風習、特に日本人のこころに脈々と受け継がれてきている信念を取り戻すことは、古くからある豊かな心をとりもどさせてくれるだけでなく、新たな価値観を生み出す大きな手段ともなるものなのです。 そのために出来ることを日々、お伝えしています。

カテゴリ: 自信をつける

e2e1161a.jpg
26eae186.jpg
917c42cf.jpg

--------------
人は自分にしか出来ないことを1つ持って生まれてくるんです。



それは、自分を信じる、信じ切ることで 目覚めてくるのです。



自分を信じることをやめないでください。



たったひとつの自分だけに出来ることを見つけてください。

自分に自信がない。。。


自分に自信がないと、自分の意見をまともに言えず、卑屈になり、相手の言葉を 支配されている。。。と 思い込む人も少なくありません。


そこで


自分はダメな人間なんだと、相手の意見さえ聞いていれば うまくおさまると考え 自分を自分自身で奴隷化する人と


自分はダメな人間だけど、そうは見せたくない!と反発し、逆に 攻撃して 支配しようとする人に分かれます。



どちらも 自分に自信がなく、軸がありません。



見栄はりな人間と奴隷的な人間。



わざと大きくみせることや見栄をはることをやめられなくて ハッタリばかりが強くなる。


本当の自分が隠れていく。

本当の自分がわからなくなる。




奴隷化人間も そう。


自分の意見がなくて、人に流されて生きているから、本当の自分がわからない。




今の世の中、そんな人で溢れています。



まずは 自分に自信を持つことなのですが
その自信は ただ、あなた自身の鎧にしか過ぎなくて
あなた自身ではないことをわかることが必要です。



自信というものは



何か自分に得意分野があるから自信がつくことではなくて


何かあってもなくても 自分の奥底の力があるということを実感することです。



自分自身の奥底の力が自信を生むのです。




自分自身の奥底の力を知る努力をしたものが 自信を得るのかもしれません。



だから、一生懸命に努力することが大切なのです。

自分を信じなさい、自分を愛しなさい


って スピリチュアルかぶれしている時は 言われていたなあ



自分を信じるとか愛するって ほんと、わかんなかった。



要は、自分に自信をつけることなんだなあ

と、やっと気がついたのが 一年半ぐらい前だった。



スピリチュアルの最初の取っ掛かりは

人を思い浮かべただけで身体の悪いところがわかるようになっちゃった。
ってのがきっかけで
それから不思議な世界に足を踏み入れていったなあ〜


それとは別に、悩み、大きな悩みがあって
観念浄化ワークを見つけて、地味にやっていました。


なかなか、進めなくて

他のワークに一回と、ヒーリングを受けたりしていました。


心の悩みが取れることよりもエネルギーに関心が向いたときもあった。。。


あのときは まさか、わたしがこんな風になるなんて想像していなかったし、弱虫でしたわ〜


でも まあ、地味に観念浄化ワークをしていたおかげで 素敵な出逢いもありました♪





つまるところ



自分に自信をつけるってなんでもいいんだよ


勉強だってスポーツだって
自分の得意分野を伸ばせばいいってだけなんだ♪



あと


自分が信じることができなくても

一人、だれでもいいから 信じることができる人を探すことなんだ。


そして

見付けたら、その人を信じて進むのよ♪


どこまでもどこまでも、


すると、その人を信じている自分のことが好きになってくるよ♪


でも そこで終わりじゃなくて


今度は その人を越えることを創造するんだ。




そうやっていくと、自然と自分を愛するようになって、自信もついてくるよ♪



まずは

師と呼べる人を探してみるといいよね〜



違うなあと感じたら、また 探せばいいし




まずは
師と呼べる人を見付けて、
教えの通りに、素直にやってみる


ってことなんです。



この人の言うことなら素直に聞けるって人を探すんだよ〜



案外、簡単かもね♪

自分に自信をつけることが大切です。

自分に自信がないと、人と比較して嫉妬をしたり、だれかに依存したり してしまいます。
結果、自立できなくて 自分を否定しちゃいます。
かつて わたしもそうでした。

まったく、自分に自信がなくて ひがみっぽくて 嫉妬ばかりしていました。
周りを見渡して、いいないいなと思って、どうせわたしはできないんだと卑屈になっていました。

わたしはかなりなヘタレだったんですよ。

そんなわたしがどうして今の状態になったかというと 常に応援して、寄り添ってくれた友の存在があります。


『自分を抱きしめるのよ 鏡をみて、かわいい、かわいいと言いまくって抱きしめるのよ』


自信をつけるって自分を信じるということです。
どんな『わたし』であっても そのままの『わたし』を信じることなんです。

わたしがいつも言っている『氏神様に行ってね♪』があります。

これは、『毎日続けること』に意味があります。

自分自身に繋がる氏神様に毎日繋がるんです。
毎日欠かさず、続けると ココロモチが変わってくるんです。

自分は『自分』に守られているだと実感できるようになり、そこから自分を信じることになり、自信がつくんです。

毎日、行くだけで 自分に自信がつきます。

簡単です♪♪♪

最初は、意欲がありますから 続きます。
ある程度、続けると、少しぐらいサボってもいいかな?と思い始めます。

寒いからとか時間がないからと言い訳を始めます。

そこで、サボってはいけません。

『氏神様に毎日お詣りします』と自分に約束したのですから守ることが大切です。

約束は守るんです。
守り続けるんです。

それが 続けるということなんです。


毎日続けるということは自分との約束を守る


ということなんです。


これをすると、内側の自分と自分の間に信頼関係ができるのです。


これで、自信がつくのです。



氏神様にお詣りすることでなくても、他のことでも同じです。


毎日、瞑想を続ける

毎日、ランニングする

毎日、体操をする

毎日。。。。



歯磨きするように、くせになるまで 続けることが 自分に自信をつけることに繋がるのです。


ひとつ、これ!と決めて、やり遂げると 自信がつくから、他のことにも挑戦しようと思うようになります。

だから まず、ひとつ!は完ぺきにやり遂げることなんですよ。

勉強でも同じです。
仕事でも同じです。

毎日、何か 自分とお約束したことを守り続ける。。。

それが『努力』というものです。

自分を信じる力がつくんです。


毎日、続けることが努力なんです。

自分に約束したことを守り続けることが努力というものなんです。




『ひとつ』をまともにできないのに、あれもこれもと手を出すから、できないのです。

自分に約束した『ひとつ』を確実に守り続けることができる人が 成功する秘訣だと 思いますよ。

不思議な感覚


わたしの身体、意識体、何層もあるオーラ。。。 わたしを司るすべてのもの (てきとう)の中に

情報は、詰まっているんだなあ

って なんとなく、感じるの


だから いちいち 本を読んだり、誰かのメッセージを信用したり、、ってこともなくなりました。


自分の中、内側も外側にも 入っているんだなあ と感じています。


だから それを 必要な時に 応じて 出していくって感じで 今、わからなくていいことは わからない。

以前は わからないことは いろいろ調べていたけれど それがなくなった。


シンプルです。


『自分を信じている』
これに 尽きるのです。



だから どんな話を聞かされても、 それ知ってるよ感覚だし 人と話してると、口から、言葉が飛び出してきて 顕在意識でそうなんや〜 と納得したり。。。


便利なお口です。

このページのトップヘ