この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

「わたし」が今、なぜ、ここで生きているのか。 人は本来この世の中でただ一つの命として、自然で無垢な、すがすがしくも清らかな存在です。 しかし現代では、その姿を保つには相当の努力が必要なことのようです。 心身を清浄に保つためには、神や祭り、自然の力をかりて謙虚な気持ちに立ち返ることが必要です。 自分の目の前に差し出されたことを真摯に受け止めてください。 出来ないことは求められないものです。 息の本体に帰ってください。 息の本体に帰り、愛となれば、望んだことは一寸の狂いもなく叶えられるもので、望みが叶えられないのは、我が身が愛でない証拠。 だから、息の本体に帰ってください。 ご自身の「根っこ」を見極めるために、父母 をこえる存在として神や仏、自然の世界やご先祖様の存在が解ると、大きな心のよりどころを得ることになるものです。 日本の文化や風習、特に日本人のこころに脈々と受け継がれてきている信念を取り戻すことは、古くからある豊かな心をとりもどさせてくれるだけでなく、新たな価値観を生み出す大きな手段ともなるものなのです。 そのために出来ることを日々、お伝えしています。

カテゴリ: 魂と器の関係

わたし 昔、昔は 我慢する人間でした。


自分の意見を言わずに我慢ばかりしてきました。


そして
スピを知り、自己主張することを学びました。


楽になりました。


でも、楽なだけで 成長しないのです。


わたし、気付いたんです。

バカな人間ほど、自己主張するんだなって。。。


人は愚かですね。

自分で自分を傷付ける。
自己主張という刃物や態度で自分を傷付ける。

成長するってことは


自分に自信がつくと同時に、いかに自分が愚かだと気付くことなんです。


自分に自信だけあるような人は 自意識過剰と言います。


人は、成長すればするほど 自分の愚かさに気付かされます。


だから、謙虚でいられるのです。


だからと言って
自分のことを悪くいうのは自己否定です。


本物の謙虚さとは


自分を否定せず、相手を思いやる気持ちから起こる行動なのです。

成長するって



術を身につけることでも、
テクニックをつけることでも、
知識をつけることでも、
肩書きを増やすことでも
ないのです。



成長するとは


自分の意識を高めて、地に足をつけて進む智恵をつけることです。



自分の意識を高めていけば

誰に頼ることなく、生きられます。



術に溺れないことです。


けっきょく、さあ〜


『見守る愛』って


それが出来る器にならないと 出来ないものなんだ。


だからぁ

スピリチュアルで『見守る愛』が真実の愛です。

と言われたところで


見守れるだけの器でない場合は ストレス抱えちゃうし、忍耐がいるんだよ。


『見守る愛』ができる器って 忍耐いらないし、忍耐って言葉もない^^


だから、
その器でない人が どれだけ悩んでも、考えても わからないってことだよね。



わたしも その器でないのに、悩んで、考えていたなあ。。。


今、思うと

なんでわからないことを無理矢理考えていたんだろう と思うよ。

アホらしい、とは言えないけど 進化の途中には そんな アホらしいことを考えるってことだね^^



だから けっきょくは


『見守る愛』は 見守る器の人にお任せするってことですよ♪


できない人は 悩んでないで、 進化するっ

それか、見守らずに、干渉しちゃう

それも、間違いではない 宇宙の法則。


こうじゃなければいけないというものではない。

したいことをする。
それが、自分の進む道でないなら、修正される。

ただ、それだけ〜。

このページのトップヘ