この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

「わたし」が今、なぜ、ここで生きているのか。 人は本来この世の中でただ一つの命として、自然で無垢な、すがすがしくも清らかな存在です。 しかし現代では、その姿を保つには相当の努力が必要なことのようです。 心身を清浄に保つためには、神や祭り、自然の力をかりて謙虚な気持ちに立ち返ることが必要です。 自分の目の前に差し出されたことを真摯に受け止めてください。 出来ないことは求められないものです。 息の本体に帰ってください。 息の本体に帰り、愛となれば、望んだことは一寸の狂いもなく叶えられるもので、望みが叶えられないのは、我が身が愛でない証拠。 だから、息の本体に帰ってください。 ご自身の「根っこ」を見極めるために、父母 をこえる存在として神や仏、自然の世界やご先祖様の存在が解ると、大きな心のよりどころを得ることになるものです。 日本の文化や風習、特に日本人のこころに脈々と受け継がれてきている信念を取り戻すことは、古くからある豊かな心をとりもどさせてくれるだけでなく、新たな価値観を生み出す大きな手段ともなるものなのです。 そのために出来ることを日々、お伝えしています。

カテゴリ: 自分の出来る範囲

人には、意識の段階というものがあって


その意識にないと、出来ることも出来ないのです。


だけど 人はその意識でないのに、しなければいけないと頑張ったり無理をします。


本来は、その意識だからできることなのです。



人に対しての気配り、配慮が良い例です。



人に対しての思いやり、配慮、気配りなどは、意識状態が安定していないと、身体がそう動かないものなのです。



〜しなければいけないと思う時点で無理があるのです。



そんな時は、自分の波動を高めましょう。



美しいものを観て感じて、心を穏やかにさせるのです。



そうすると 自ずと、身体が動くものです。



自分が動けば、人には〜しなければいけないと強要はしなくなります。


責任の持てないことはやらない。 

何故なら、自分じゃないことに責任は持てないものだから。 





人はそれぞれ器が違うものです。 


自分の出来る範囲と他者の出来る範囲は違います。 


人を羨んでないで自分の出来る範囲で精一杯、尽くしましょう。 



責任の持てることだけが残っていく、それが自分そのもの。



自分の身に辛いことがふりかかった場合、 悩み苦しみながら乗り越えていくことは当然だけど

辛いことがふりかかったのが 家族、友人、知人だったら どうしますか?


自分の立場として、出来る範囲のことをさせていただく。


出来る範囲です。



出来る範囲って、どれだけの範囲でしょうか?



自分の力の見せどころです。



自分はちっぽけな人間ではないはずです。


制限をつけているのは自分です。


決めたらやり抜くのです。


御百度参りは足があればできる♪


一日中のお参りも口さえあればできる。


相手を労る心は無限です。


自分がしたいということをするのです。


〇〇〇をしたらいけないなんてことはありません。


相手を労り、思いやることは、あなた自身を表すことなのです。


病気で寝込んでいる相手なら、料理をつくってあげたり、身体をさすってあげたり、暖めてあげたり、できるはず。


仕事で落ち込んでいるのならば、慰めたり、抱きしめたり、仕事のことを一緒に考えたり、調べたり、できるはず。



最善を尽くすのです。


本気を見せるのです。




できないと諦めるものではない。

できないことは何もない。



何をしたらいいかは、動けば動くほど 湧いてくるものなのです。



最善を尽くしてください。


出来る限りのことをしてください。



諦めないでください。

ありのままの自分を知るって。。。


できますか?


ありのままの自分って どうやったらわかることができるのかしら?



学生の頃、「自分の長所と短所を書き出してみてください」って言われませんでしたか?

長所と短所を書き出して 長所を伸ばすって〜

長所だから、できることで ほかっておいてもできることですね。

短所って 苦手なことで、自分でできないってことですね〜

じゃあ その苦手なことを細分化してみます。

まったく、苦手。
〜までならできる。
教えてもらえばできる、やりたい。 やりたくない。 など

分けてみると、わかるのですが

〜までならできるとか教えてもらったらできる、やりたい。

と いうのは、 短所でないことがわかります。


ただ、制限があるってだけで できることです。

こうやって、
自分の長所と短所を書き出して、また 細分化していくと 自分のことがわかってきますよ〜


そうやって 細かく、自分を知っていくことが ありのままの自分、本当の自分に行きつくことに繋がります。

このページのトップヘ