この世界にあるすべてのものは感謝するために存在する

わたしは、地球にグラインドしています。 わたしの意識は地球に同調しています。 わたしの想いは地球の想いです。 わたしの叫びは地球の叫びです。 わたしの言葉は地球からのメッセージです。 少しでも、みなさんに 地球の想いを感じていただけたら幸いです。

カテゴリ: お金のいらない世界

最近のわたしは 主人に 「お前はおかしい」 と言われます。

言われると ムッとはしますが言い返しません。

彼の常識からすると わたしは常識外れだからです。



昨日 わたしは農家のお客さんから白菜3玉大根3本にんじんたくさんいただきました。

それを調理して食べたところ 主人はおいしい!おいしい!と平らげました。

食事の終わった頃、宅配便が届いたので 配達の方に、労いで 白菜2玉と大根1本を差し上げました。

すると 主人が怒り出しました。

「あんなやつにやる必要はない!お前はおかしい!」

お野菜は 土から抜いてきたばかりでとても新鮮でした。
そのため 主人はそれを一人占めしたかったようです。



一人占めしたい人からすると わたしの行為は おかしい!のです。


わたしは 誰にでもホイホイと差し上げます。


美味しいものだったから、特に 新鮮なうちに食べていただきたくて差し上げました。


これは 昔から変わらないのです。

でも 以前は言わなかったけど、最近の主人は言うのです。


以前の主人は我慢していたのでしょうね。

だけど、最近の主人は自分の意見を言うようになってきたのです。

正直、意見されることは好きではないですが 主人が言いたいことを言えるようになってきたのは、良い傾向だと思っています。


自分の意見を言えず、ひねくれていた時よりはマシですから。




人は このように 自分のこだわり、考え、常識を持って生きているようです。


だから わたしの自由さは自分の常識の範疇にないから 「お前はおかしい」になるのです。


一人占めしたい!

という想いは、人や物にたいしての執着です。



あんなにたくさんのお野菜を家族3人で新鮮なうちに食べるなんて難しい話です。

そうやって 差し上げてなくなったら また、新鮮野菜をいただいてこればよいのです。


結局 次にいただけない、入ってこないと思っているから執着するのでしょう。

また 自分からいただきにいくのは恥ずかしいのでしょう。


わたしには恥ずかしいという発想はありません。


それよりも こんなに美味しいのだから みなさんに食べていただきたい想いで一杯です。



はたして わたしのポイポイ差し上げる行為が良い行いなのかはわかりません。


だけど、
農家のお客さんは、頼むでもらって!と言われますし
宅配便のお兄さんは喜んで遠慮なく持っていかれました。


それだけで ありがたいなあ と思えるのです。




神様は 一日に一回は、毎日 ごほうびをくださると 「平等」の記事で書かせていただきました。


それを ありがたいと思って受け取るか誰にも渡したくないと思って受け取るかは、本人次第です。


神様からの恵みを感謝して受け取り それをお返しするのが感謝している者の行動だと思えるのです。

だからね

お肉は食べない、魚も食べない という人の気がわからない。


わたしは 何でも、おいしくいただきます。


頂き物が多いです。


カップラーメンも食べるし、お肉もがっつりいただきます。



与えられてありがたいと感じます。



今日は お休みですが

ひとりの休日を与えられてありがたいと感じ、ダラダラ お化粧もしないでいられることにもありがたいと感じています。



猫がにゃい〜♪にゃい〜♪と巻き付きますが

にゃいにゃい 言ってると、お母さん←わたし から離れる生活になるよ と諭します。



猫も娘も同じです。



朝、起きたら

ま〜いちゃん♪と抱きつくと ケリを入れられますが それでも 幸せです♪

娘の姿を観ていられる目ん玉があることに感謝できるし、ケリを入れられた腕の痛みを感じることにも 感謝できます。



この肉体があることで 感謝倍増です♪



さっき ガラゲーで宇宙語動画を作成していました。



わたしの愛すべきガラゲーちゃんにも感謝で〜す♪




アホなこと、やってます〜

子供を3人抱えていて、年収100万円にも満たない生活をしていると
一般的に 幸せになりたい!と思うらしいです。


お金がないのに、子供がいる。


という価値観に縛られているからです。


でも、お金はないけど、子供がいる。


という価値観に変わると、


子供がいるだけで楽しくて笑顔になります。


笑顔を振りまくと、周りが陽気になります。


すると その笑顔に癒された人が 食料を与えてくれます。


すると ありがたいと感謝をします。


ここで、お金がないから恵んでもらっているんだ。。。という卑屈な気持ちにはなりません。


ありがたい、ありがたいと感謝を振りまきますから、もっともっと 物質的に豊かになります。


こうやって、お金がなくても お金に代わる何かが与えられて より、幸せを感じるようになります。


だから


『ない』 と感じるのではなくて

『ある』と感じるだけで 幸せを感じ続けます。



これが お金のいらない世界になる仕組みです。



簡単に書きましたが、こういうことです。


誰もが

『ない』と思い込むのではなくて
『ある』と気づくだけで 幸せになれるのです。




都会の生活に疲れて、田舎暮らしをしたいと都会を離れて、田舎に引越し 自給自足の生活をする人も増えてきているようですが
自分が自ら、場所を移動しなくても
自分の意識を変えるだけで、幸せになれるのです。



今居る場所で 幸せになろうとするほうがリスクは少なくてすみますね。



今居る場所を変えたとしても
意識を変えなければ、同じだと思います。




今居る現状に、満足できなければ 何をやってもどこに行っても同じです。



今居る現状に満足する

今の環境に感謝をする



それだけです。



今抱えている不満は何ですか?


何かがない、何かが足りない 不満ではないですか?



『ある』ことに満足する生活をするだけで、幸せに暮らせるのです。



この身があってありがたい。


誰とでもお話ができるし、抱きしめあえるし、キスもできる。

愛する人に駆け寄ることもできる。




この身体が愛しくて愛しくてたまらないです。




生かされていてありがたいと思います。




いつもありがとうございます。

このページのトップヘ