この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

わたしは、地球にグラインドしています。 わたしの意識は地球に同調しています。 わたしの想いは地球の想いです。 わたしの叫びは地球の叫びです。 わたしの言葉は地球からのメッセージです。 少しでも、みなさんに 地球の想いを感じていただけたら幸いです。

カテゴリ: 受け入れること

以前も書きましたが、おさらいの意味で書いておきます。



自分が相手を受け入れたら
相手に思いやりを示せるようになります。



労いの言葉や態度が自然にできるようになります。


好きとか嫌いとか言葉では言っていても 言葉とは別に 思いやりのある言動が自然にできるようになるのです。


それが 受け入れるということです。



嫌い、嫌いと言っていても 抱きしめられるようになりますよ。


無視はできないし
相手の立場になって考えられるようになります。


わざわざ、〜しなければいけない と思って実践しなくても


自然と、オートマチックに 身体が動くのです。



あら、不思議♪



そうすると、相手が変わります。




自分が受け入れると、相手が変わるのです。



認めるだけでは、相手は変わりません。


受け入れるから相手が変わるのです。



違いを認めただけでは 相手は変わりようがありません。


自分が変わらないからです。



相手を受け入れるということは、まずは 自分が変わることから始まります。


何だかんだと言っていても、わたしは 関わります。


無視。。。したふりは、します♪


エネルギーをぴゅんぴゅん飛ばしながら、無視したふりをします♪



ごめんあそばせ。

自分が信じているものがあるのは構わないが、
人が信じているものを否定してはいけない。



人の信じているものを否定するということは、
その人を否定する行為であり
認めていない、受け入れていない ということで
愛がない。



また、人を否定するということは
人が作り出している世界に介入することになるのです。



これは もっとも やってはいけないことです。


各々には、各々の世界がある。


自分の世界がある。



それを認める世界が地球です。


みんなを認め、受け入れて生きるために この地球に来ているのです。

このページのトップヘ