この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

「わたし」が今、なぜ、ここで生きているのか。 人は本来この世の中でただ一つの命として、自然で無垢な、すがすがしくも清らかな存在です。 しかし現代では、その姿を保つには相当の努力が必要なことのようです。 心身を清浄に保つためには、神や祭り、自然の力をかりて謙虚な気持ちに立ち返ることが必要です。 自分の目の前に差し出されたことを真摯に受け止めてください。 出来ないことは求められないものです。 息の本体に帰ってください。 息の本体に帰り、愛となれば、望んだことは一寸の狂いもなく叶えられるもので、望みが叶えられないのは、我が身が愛でない証拠。 だから、息の本体に帰ってください。 ご自身の「根っこ」を見極めるために、父母 をこえる存在として神や仏、自然の世界やご先祖様の存在が解ると、大きな心のよりどころを得ることになるものです。 日本の文化や風習、特に日本人のこころに脈々と受け継がれてきている信念を取り戻すことは、古くからある豊かな心をとりもどさせてくれるだけでなく、新たな価値観を生み出す大きな手段ともなるものなのです。 そのために出来ることを日々、お伝えしています。

カテゴリ: 認めることと受け入れること

認める、肯定する、認識する

って 感情抜きで、そのものをありのままに見ることなのです。


感情抜き。。デス。


感情抜き

ですから

その対象物に対して、嫌だなあ 苦手だなあ 好き 嫌い 辛い等 の感情は発生しないので

心は楽です。


個性を認めるって

その対象物を感情抜きで認識することなのです。



それはそれで、いいとは思いますよ♪


感情抜きですから


楽しいとも思います。



だけど、認めているだけじゃ発展性がない。


認められたら嬉しいと思います。

だけど、認められて肯定されたら、そこに留まってしまう。


自分はこれでいいんだ、このままでいいんだ と思い、成長を止めてしまう。


変化しよう!成長しよう!と思わなくなる。



それが

『個性を認める』ことの落とし穴だと思うのです。



感情抜きで相手のありのままを認めることは大切だと思うけれど、それ以上に大切なことは


『受け入れること』

『成長すること』

『成長を願うこと』

『変化を怖れないこと』




魂は成長したいのです。
魂は変化を起こしたいのです。




だから、魂の能力を落として、自分が何者であるかという記憶をなくして生まれてくるのです。



人は変われるんだ!


出来ないが出来るに変わる時、人は幸せを感じる。

個性を認める、認めあうって言うけどね



認めるだけじゃ成長しないよ


認めるって響きはいいけど、


そのものを肯定するだけで自分の中に取り入れるわけではないのです。


相手や他人の意見などを認めて,自分の中に取り入れたり、迎い入れることが受け入れるってことなのです。



だから、認めるって ただ、肯定するだけなのです。

自分は自分、あなたはあなたという境界線を引くことであり、対等であることを意識することなのです。



わたしたちは魂においては対等ですが
人間においては 上下関係、立場があります。



だから、人間同士の付き合いは必ずしも対等ではないのです。


だから、認めるだけでは手落ちで、受け入れてこそなのです。



相手を認めるだけだから相手は心を開かないのです。


相手を認めるだけだから、相手は成長しないのです。



まずは
自分が相手を迎い入れること、手を広げて引き入れる、取り入れることが必要なのではないでしょうか?



個性を認めるのではなくて


個性を受け入れるのです。



そうしたら
相手の個性も変化します。


認めるって
魂は信頼しても、人間的には信頼しないことだとわたしは感じています。


わたしは受け入れる。


あなたを受け入れる。

すべてを受け入れて、慈しむ存在になるためには。。。


自分の内側の中にある自我と向き合って、ひとつひとつ 丁寧に感謝して、手離すこと。


自分をとことん信じること。


自分という個のパーセンテージを落として、ワンネス意識になること。




意識変革をすることになりますね。。。



自分も大切だけど相手も同じように大切なの。

自分と相手を分けて考えられなくなるの。

自分勝手な行動はできなくなります。

自己主張もしなくなります。

いいよ♪いいよ♪なんでもいいよ♪が口癖になります。

個性を認める、認めあうって言うけどね、

認めるだけじゃ成長しない。


認めるって響きはいいけど、 そのものを肯定するだけで受け入れるわけではないのです。



相手や他人の意見などを認めて、自分の中に取り入れたり、迎い入れることが受け入れるってことなのです。


だから、認めるって ただ、肯定するだけなのです。


自分は自分、あなたはあなたという境界線を引くことであり、対等であることを意識することが認めるということなのです。



わたしたちは魂においては対等ですが
人間においては 上下関係、立場があります。



だから、人間同士の付き合いは必ずしも対等ではありませんね。


だから、認めるだけでは手落ちで、受け入れてこそなのです。



相手を認めるだけだから相手の心は開かないのです。


相手を認めるだけだから、相手は成長しないのです。



まずは、自分が相手を迎い入れること、手を広げて引き入れる、取り入れることが必要なのではないでしょうか?



個性を認めるのではなくて 個性を受け入れるのです。



そうしたら、相手の個性も変化します。



認めるって
魂は信頼しても、人間的には信頼しないことだとわたしは感じています。




認めても相手は変わらないけれど 受け入れたら相手は変えられるのです。


相手は変わる。

自分次第で変わるのです。



自分の内側を見つめて想いを手放しただけだと 相手は変わらない。

「手放したら感謝がわき上がってきた」

と、言われる方はいらっしゃいますが、本当に感謝していたら、相手は離れていかない。

相手の心が変わるから。


薄っぺらな感謝では相手は変わらない。


相手の心が変わってこその感謝だし、それが受け入れるということです。


相手は変えられる。

自分の想いひとつで変えられる。



それが受け入れるということ。

愛するということ。

感謝するということ。

今は、時代が変わってきています。



幸せの価値観が変わってきています。



経済的に豊かであれば幸せを感じる人もあれば

自分の地位重視の人もいるし

何もなくても幸せを感じる人もいて



幸せの価値観が変わってきています。



それは、どうやら自分の魂が決めてきたようですね。


だから、みんな違うし、違っていいし 人がとやかく言う必要はないのです。


自分の考えを押し付けることは、自分を傷つけることに繋がります。


だから、自分がこうだ!と思ったことでも
人によっては、当てはまらないのだから
関わらないほうがよいのです。



それが 違いを認めるということですね。


人をむやみやたらに傷つけないし、傷つけられないのです。



違いを認めるってそういうことです。



でも それは、対等な立場であるからできるだけで この世の中は、上下関係、師弟関係がありますね。


だけど その上下関係、師弟関係でも 違いを認めることをしています。


親子間で違いを認め合う。。。アホか!


そんな無責任なことをよく言えたモンだわ。



親子関係、上下関係、師弟関係は 認めるのではなくて 受け入れるのです。


家庭で上下関係を教えないから、人を敬うことが出来なくて また、親に対する安心感や信頼感を得ることができない子供が出来てきたのでしょう。



『認める』というのは、対等な立場であって出来ること。


魂は対等ですが 人間的立場があって わたしたちは生きているのです。

想いを推し量って気づかせる方法と
そこを手離すことによって気付かせる方法がある。


想いを推し量るのは、受け入れるやり方で
そこを手離して気付かせる方法は 引き寄せないやり方。



どちらも気づきを促すのだけど

想いを推し量る方法のほうが 愛を感じやすくて、反省しやすいように思います。


歩み寄ってもらえることで 寂しさからも抜け出せるようですね。


一方、引き寄せない方法は 何に応じても有効ですが、
自分が気付かせるわけではなく
他者との向きあいで気付いてもらおうとする方法なので、基本関わらないのです。


引き寄せないことは関わらないこと。


関係はシンプルで、人間関係を卒業した方用ですね。


人間関係を卒業していますので 人からの嫌みなエネルギーもすべて受け取りません。


だから、その人は誰か別の人と学ぶことになるのです。


一方 人への想いを相手が受け取る場合には、その人が愛をわかっていないと 難しいものです。


どちらも 人間関係は愛を受け取るレッスンのようですね。




スピリチュアルな指導者の間違えやすい点は


引き寄せの法則の鏡を自分がなってあげていると勘違いするものです。


これは 自分が鏡になってあげているとは おこがましくて、なかなか言えないことを言えてしまう意識レベルの低さから起こることです。


引き寄せの法則はただ自分にとって有効なだけです。


自分が鏡になるという神でさえも言わないことは慎まないとね〜



人の気持ちを推し量る方法は菩薩行と呼ばれるものです。


人の気持ちを推し量ることは 先記事でも書きましたように、テレパシー開発に向けての人類の必須に思われますので どうぞ人間関係を卒業される前にしっかりお学びください。



しかし、
今の世の中の人は、自浄作用がない人が多いから 受け入れることができないんだなあと思います。


受け入れたら、全部 かぶっちゃうからね。


自浄作用がないから、外側にそれを求めるようになっているんだわ。



だから、わたしって稀な人種だと思うわ。


吸っちゃうもん^^


何でもwelcomeで吸っちゃう〜



そっか


わたしは受け入れることが得意だし、吸っちゃうから
次は、待つことを求められているんだね。



スッキリしました。


ってことで、吸わないままのままもよろしく☆




どこまでも気高く、どこまでも可憐で、どこまでも可愛いままのままをよろしく←(^_^;)\('_')

このページのトップヘ