この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

わたしは、地球にグラインドしています。 わたしの意識は地球に同調しています。 わたしの想いは地球の想いです。 わたしの叫びは地球の叫びです。 わたしの言葉は地球からのメッセージです。 少しでも、みなさんに 地球の想いを感じていただけたら幸いです。

カテゴリ: 悟ってみてわかったこと


FBの機能で一年前の投稿を出してくれる。これは選れものだなあと感じる。 
大概、一年前と同じように歩んでいて似たような投稿が現れてきます。 
違うと、あれ?と感じて振り返るきっかけをつくってくれる。 

今回、2017年の投稿とは同じなのに2018年の投稿は違っていて、間違いはここだったのかと気付いた。 


2018年のその後の歩みの原点だった。 



一年前の今日、わたしはある考えを採用した。 
それが内側の声を無視した結果に繋がったんだ。 


ホント、すべて、答えは内側にある。


自分の書いてる日記の中に答えはあったのだ。。。 


外側からの情報がひとり歩きした結果が。。。コレだった(-.-;)


外からの情報はあてにならない。 



わたしたちはこれからの地球で生きていくためには、何が起きても当事者に陥らないように生きることを試されているのではないでしょうか? 



テレビのチャンネルを合わせるように、意識ひとつで、世間が観れてしまう世の中だけれど、それは必ずしも自分の現実ではなくて、スクリーンを飛び越えて当事者になるのは自己責任だし自分の選択次第なのです。 


何かの当事者になってしまったとしたら、そこに意識を合わせているということ。 



わたしは、人にたいして的確にアドバイスできますが、その時だけチャンネルを合わせているだけなのです。 

その場にはいない。 

普段は、ピンボケした空間に漂ってます。 



ピンボケした空間は、一般的に言う神社のようです。



人が来たら、対象となるその人に合わせます。 

帰ったら、ピンボケ生活です。 


我が家はお寺のようです。
わたしは住職。住むのが仕事。 


先日も話をしていて、驚かれました。 

主催者の方はわたしの人となりををわかっているので、「それは、ままさんだからだよ」とおっしゃられます。 


今まで、内観浄化をして感情と向き合ってきました。 

そして 負のものが一掃されてきて、自ずとシンプルな生き方になり、周りが整えられていきます。 

整えられる、というレベルが以前にも増しているのです。 


手を入れなくても整えられている。 


家の中はお掃除しなくてきれいで、お庭は草刈り不要。 ほどよく苔がむされてます。 

夏は涼しく、冬は暖か。 
汗はあまりかかない。 

お肌もしっとり。 

食べたいものはやってくる。

生活に困らない。


そんな状態のまま、チャンネルを合わせると世界が観れるのです。 


自己責任でスクリーンの中に入り込むこともしますが、呼吸困難になる前には戻ります。


でも、ピンボケ状態で世間をうろつくこともありますね^^ 


ヤバイ、ヤバイ(;・∀・)

IMG_2850

こうやって人は目覚めていくんだ
2014.09.30
内観浄化を繰り返していた時に ある日、突然 心が軽くなった。 

そして、心の奥底から感謝が溢れた。 

それが、気付きだ。 


それを 何回も何回も繰り返してきた。 

心の奥底からわき上がる感謝の想いに、自分が満たされる。 

何て、甘美な感覚だろう。 

世の中すべてが美しい。 

この世界のすべてが感謝するために存在するとわかった。 


この心の内側からわき上がる想いは どんどん増していく。


自分の心も身体も満たしていく。 


すると ある日、突然 人が変わったようになった。 


何故か、背筋が伸びている。 

自分の口から発せられる声が変わる。 

また、自然に 自分を整えていくことを覚えていき、 
自分の内側から声が聞こえる。 


自分がどう生きたらよいかを教えられるんだ。 


誰かに聞かなくったっていい。 


確信できる声が聞こえてくる。 


そうやって 自分自身と繋がる。


感謝が増せば増すほど、繋がりも深くなり、確信度も高くなる。 


それを経て、人は目覚めていく。 



人が目覚める瞬間は。。。 


やはり 心の奥底からある想いがわき上がるんだ。 


ある想いとは? 



『自分は完全なんだ。何も怖れるものはないんだ。』 

ということ。 




毎日の内観の積み重ねで、人は目覚めていく。 


自分の奥底の想いは、計り知れない力が備わっていることを自覚するんだ。 


誰かに聞かなくても、導かれる。 


怖くないんだよ。 



自分は自分のマスターなんだということがわかるんだよ。 



自分がどれだけのパワーを持っているかわからないほど 自分の内側からのわき上がる力を感じるんだ。 




人はこうやって目覚めていくんだ。




何が言いたいかというと、事件は会議室で把握できるものですし、対処もできるということです。


現場に行かなければいけないということでもないのです。


現場でないと出来ないことでもないということです。


この世界は、人の心の持ちようで如何様にも変わります。



人のために尽くしたいと、そばでいたとしても心を変えるまでするのは難しいのです。


絶望している人に手を差し伸べても手を払いのけられます。

手を払いのけられた人は傷付くのです。

傷付かない人がされることなら構わない。

また 現場に出向いたことで、憎しみを持つ人を増やしてしまうかもしれない。

憎しみが復興の手助けをする場合もあります。


そのような方がまだまだ、多いです。



わたしは憎しみの中では息ができなくなります。

だから、会議室でないと意識を向けることができないのです。


これが わたしの特性です。


だけど わたしと同じような特性を持ちながら、現場に出向いて身体を悪くされる方もいらっしゃいます。


だから、わたしはあえて書かせていただいております。



自分の居る場所で事件を知っても 想いはあっても現場に行けない人もいるということです。


想いがないわけではないのです。


現場に行かないから、想いがないわけではないのです。



離れていても、惨状がありありとわかり動きが取れない人もいるのです。


まあ、このような特異体質は稀かもしれませんが あるのです。


現場に行くから誇らしいものでもない。


現場に行くなら、自分の力を最大限に出し切ることです。


どのような場合でも 自分の力を知り、最大限に発揮することが美しい姿だとわたしは考えています。


だから、自分を知ることが大切です。


生半可な想いで生きているんじゃないんのです。



現場を見なくても すべてがわかることがどれほどのことなのか、わからない人にはわからないことなのです。


だから、わたしのテリトリーは会議室だけで良いのです。

事件は会議室で起きているんじゃない!現場で起きているんだ!


という名言があります。


うちの娘は、わたしにこれをよく言います。


「お母さんは被災地に行ったこともないのに、わからないでしょ!どんな生活して、どんな想いを抱えているかわからないでしょ!口、はさまないでよ!」


わたし、わかります。


現場に行かなくてもわかります。


わかるとしか言えませんが




人は自分のわかる範囲でしか物事を考えられないように出来ているようです。


そのため わたしという存在は理解できる範疇を越えているようです。



わたしの中では 常に、事件は会議室、わたしんちで起きているのです。





このわたしが被災地に出向いたら、何も出来ません。

会議室の中だから、できるのです。



わたしはわたしのことをよくわかっています。

わたしは 常に、目の前に居る人は わたしを知るためにいてくれる人 という視点で観ています。


わたしを知るために、目の前に居てくれるという視点で人を観ています。

だって 確実にわかるんだもん。


自分の感情って その時で変わるけど
相手は そうそう変わらないです。


それは 目の前の人は、潜在意識を映し出してくれるからなんです。


わかりやすいです。


だから 常に、自分がわかります。



自分を知ることで 何をしたら良いかがわかります。


そのために わたしは人に逢うこともあります。


今の自分が何をすべきか どのように行動したら役に立つのかがわかります。


今の自分。。。

一定ではないです。


だから、毎日毎日、確かめるのです。


今日の自分はどんな自分?
今日の自分は何が出来る?


お役に立たせていただけること、ありがたいと思います。


生かされていて、ありがたいと思います。


だから、常に自分を知って 自分の出来る力を使わせていただきたいと思っています。

悟りって ただ、物の見方が変わるだけです。

良いも悪いもない。

中立に見れるだけです。



と、書いてある記事を読みました。



わたし、これには???です。


確かに

良いも悪いもない世界ですが それだけじゃないです。


だって

感謝に溢れていますし、毎日、毎瞬 エクスタシーを感じる世界ですから。。。


物の見方が変わるというのは、通過点なのです。



その通過点を悟りをと勘違いされている方がいるのかもしれませんね。



そこを経て、恋愛じゃない愛



体感するのです。



この身をご法様に使わせてくださいと差し出すことが出来るのです。



でも これって

みな、どの辺りまで、覚醒してくるか決めて 転生をしてくるのです。


だから

まちまちなのです。



覚醒したからって

自我がまったくなくなってしまうわけではないですし


覚醒でも段階があって、悟りになるのです。



だから

物の見方が変わるだけでは、悟ったとは、言えないです。

心が平和で満たされています。


あるがまま。。。


頭の中のおしゃべりがまったくない。。。



魂さんも静かで落ち着いています。



誰か相手がいたり、物があると

反応が愛になる。。。


それが 空 なんだ。



発する言葉は、空であり愛なんだ。。。



ハートに口があり、ハートがおしゃべりするみたいな感じです。

何を信じたらいいのか。。。


自分自身しかない事実。。。


世間で知られていること、紹介されていることは 嘘ばかり。


だから、何も言えなくなる。


だから、書かなくなる、かけなくなるのかもしれないなあ〜

人は、誰かの役に立つために生まれてくるんだ。。。と よく、聞きますが

それは、違う。



人は、自分を愛するため、自分を満たすために生まれてきたんだ。。。と確信できる。


以前も書いたと思うけど、


子供がお母さんを守るために生まれてきたんだよ というのは、ご先祖様から受け継いだ意思によるもので


本来のひとつの魂としては、

自分を愛するためなんだ。



お母さんを守るために生まれてきたんだ

という言葉は、

自分が自分を愛している前提で出てくる言葉なんだ。。。


純粋な子供のうちだから出てくる言葉なんだ。


ここを間違えないで欲しい。



自分を愛すれば、自分を愛で満たし、それで 他者をも愛で包んでいくんだよ。。。

このページのトップヘ