この世界にあるすべてのものは感謝するために存在する

わたしは、地球にグラインドしています。 わたしの意識は地球に同調しています。 わたしの想いは地球の想いです。 わたしの叫びは地球の叫びです。 わたしの言葉は地球からのメッセージです。 少しでも、みなさんに 地球の想いを感じていただけたら幸いです。

カテゴリ: 自分の居る位置を知る

『この世界にあるすべてのものは感謝するために存在する』



確かに、そうですが 心がやさぐれているときは、感謝出来ません。


そんな時は

「そっか〜 感謝するためにあるのか〜 でも、わたしは出来ないわ〜」
と言って、人に意地悪しちゃうのもアリなのです。

それを、「感謝するためにあるのに、わたしは感謝できない!感謝できない!わたしは最低だ!感謝しなければいけないのに」と 自分を責める必要はないのです。



「わたしには出来ないわ〜」と 人に意地悪しちゃうと 神様から、これでもか!と、カルマ返しをいただきます。


それで 人は「人に意地悪しちゃいけないわ。
教えてくださりありがとうございます。」

と気付けるのです。



それを
「感謝しなければいけない!」と 頑張ると

神様は、指摘しようがないのです。
形としては、感謝してるからです。
気付かせにくいのです。


わたしは 感謝できないやさぐれ女に成り下がると、頭をしこたま壁や柱に打ち付けます。

たんこぶつくってマス。


基本、「〜しなければいけない」と思って生きていないからです。


でも 世の中の人は、出来ないことでも無理をして、「〜しなければいけない」と頑張るようです。


気づきは起こりにくいです。


何故なら 素直にならないように、努力をすると心はどんどん捻れていくからです。


捻れるから気付かなくなるのです。



捻れをゆるめる努力をするのです。

素直になる努力をするのです。


「〜しなければいけない」という努力は、自分の内側に正直になる努力なら良いのですが 自分の内側に逆らう努力は必要ないのです。


「〜しなければいけない」は良くない

と言われますが それは、自分の内側の想いに逆らう努力のことを指すのです。



自分の内側に正直になる努力はしてもよいのです。


今、感謝できないなら 感謝できない自分を一生懸命にさらけ出すことです。


押し込めないのです。



すると 気付かされます。


槍も飛んできますし、頭をぶん殴られます。


気付くことを恐れないでください。


傷つけられているのではないのです。


気付かされているのです。



神様からの愛のムチを敵からのムチだと勘違いするようですね。


勘違いするのは、心が捻れている証拠です。


敵がいると勘違いするのは、心が捻れている証拠です。

『今、必要なこと』

というのは、人それぞれ違うことです。



癒しが必要だったり 支えが必要だったり 興味を持つことが必要だったり 厳しさが必要だったり皆、その時の段階、居る位置で違うものです。



わたしは常々、自分の位置を知ってください と伝えてきました。


自分の位置、がわからないと 何をしたらよいかがわからないからです。


癒しが必要な時に、厳しさを与えたら立ち直れなくなってしまいます。


それは 自立への道を潰すことにもなります。


依存は良くないと言います。


しかし、支えはあったほうがよいのです。


自分の足で立てないときは支えが必要なのです。


自分の足で歩む前に まず、立ち上がることです。


まだ 立てない人には立ち上がるための勇気が必要ですし、立ちあがった人には背中を押す風が必要になってくるのです。



人によって、何が必要かは違うのです。



しかし 他者を助けたいあまり 座り込んでいる人に癒しを与えてみたり、立ち上がっている人に対して寄りかかる先を与えたり 見当違いの手助けをしてしまう人が見受けられます。


いい迷惑です。

自分が良かれと思ってしていることでも相手にとって迷惑になることがあるのです。


癒されたい人は誰もが癒しを求めていると勘違いをしがちです。




自分自身に繋がるとそれがわかります。


だから まずは自分自身に繋がり 自立することが大切なのです。



自立していない人が癒しを与えたり依存させてしまうことは危険です。

立ち上がれなくさせてしまうからです。

依存というのは麻薬の一種です。

使い方を間違えると危険なのです。

麻薬なら麻薬らしくうまく使えばよいのですが使い方を間違えるから依存してしまうのです。


この世の中には、麻薬まがいのものがたくさん存在します。


使い方を間違えないように慎重にしていただきたいと思っています。


また 癒しを提供される方は 自分を律して、純粋さを高める努力が必要です。

常に 自分を見つめ、純粋さを高めていただきたいものです。


不純物があると 癒しにならず依存させてしまう傾向があります。


また、自己責任と言われますが、不純物を与えた場合には身に降りかかるものです。


それは自己責任の範疇ですが 与えた場合にはそれ相当のカルマ返しが働くようです。


不純物のなきようお願い申し上げます。

この自分の居る位置がわからない人がいらっしゃいます。


わたしがお電話を差し上げた方やフルネーム鑑定では それをお伝えしています。


それを知ることによって 自信や自覚ができますし、これからの課題がわかるからです。


自分が何をしたらいいのかわからない という人も多くみられます。


それは、自分という者が何者かもわかっていないし、何のためにこの地球にいるのかもわかっていないし、自分の進路もわかっていないし、自分の居る位置もわかっていないからです。



わからないずくめでは動きようがないですね。




また、自信を持つと、図に乗る人も多くみられます。


でも、お伝えしないと 違う方向に向かわれる方もいらっしゃるので
わたしから随時、お伝えさせていただいております。



自信を持って、自覚をして、謙虚さも備えた言動を心掛けてくださいね。

地に足をつけられない。。。


理由はあると思う。



向き合う現実が厳しくて逃げ出したくなる。


これから起こる現実に付随した前世の記憶からの引き付け。




今のわたしは、その地上で生きた前世の記憶に引っ張られています。


その時に生きた想いがこれからの現実を歩みなくないという想いをつくる。。。
それに、奔放されている今がある。




どうして 地に足をつけて生きるとよいかといったら 現実を生きやすくなるし、人生の最終目的の近道だからなのです。


だからといって
遠回りはしてはいけないということでもないのです。


ちゃんと、わかっていればいいのです。



今、自分は遠回りしてるなあ。。。


地に足がついてないなあ。。。



それがわかっていればいい。



自分が居る位置がわかっていること、それが大切です。

人間には感謝の段階があるなあ と思います。


何かをしてもらったら感謝するのは 基本ですが 感謝できない人もいるし、迷惑だ って考える人もいます。

何かをしてもらったら 感謝をするんじゃなくて 何もなくても 感謝する気持ちを持つ人がいる。

生かされていることに感謝できる人。

宇宙そのものに感謝できる人。

考えれば切りがないけど


できるから いいということではなくて

ただ その人の学びの段階だなあ と思うんです。

何かの本を読んだり 講演会に行ったりして 感謝しなさいって教えてもらったとしても 自分の内側が腑に落ちないと 内側から感謝の念が湧いてこないもんなんですよね。

そこを無理して『感謝しなくちゃ!』と思考だけで動こうとしても 実践できないと思うんです。

『感謝』でも『愛』でも 〜しなければいけないものではなく ただ ただ 湧き上がってくるものだから できないからといって 卑下することもなく ジャッジせず 今の自分の段階を楽しんでいれば 何かの気付きにおいて 違う感謝の念が湧き上がってくると思うんで そのまま 身を任せればいいんじゃないのかなあ〜 なんて思いました。

みんなみんな 成長段階にあり 良いも悪いもない。

人類みな兄弟\(^o^)/

このページのトップヘ