この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

「わたし」が今、なぜ、ここで生きているのか。 人は本来この世の中でただ一つの命として、自然で無垢な、すがすがしくも清らかな存在です。 しかし現代では、その姿を保つには相当の努力が必要なことのようです。 心身を清浄に保つためには、神や祭り、自然の力をかりて謙虚な気持ちに立ち返ることが必要です。 自分の目の前に差し出されたことを真摯に受け止めてください。 出来ないことは求められないものです。 息の本体に帰ってください。 息の本体に帰り、愛となれば、望んだことは一寸の狂いもなく叶えられるもので、望みが叶えられないのは、我が身が愛でない証拠。 だから、息の本体に帰ってください。 ご自身の「根っこ」を見極めるために、父母 をこえる存在として神や仏、自然の世界やご先祖様の存在が解ると、大きな心のよりどころを得ることになるものです。 日本の文化や風習、特に日本人のこころに脈々と受け継がれてきている信念を取り戻すことは、古くからある豊かな心をとりもどさせてくれるだけでなく、新たな価値観を生み出す大きな手段ともなるものなのです。 そのために出来ることを日々、お伝えしています。

カテゴリ: 自分の居る位置を知る


今夜の双子座満月のキーワードは、『理解する』です。 



自分のことがわかる、理解することが起きるでしょう。 


自分の位置を知るとも言います。 





********************** 

『自分の位置を知ること』 



今の自分を知ること、今 居る位置を知ること って大切です。 


それを知ることで 今の自分がわかるからです。 



先記事の礼儀を例に取ってみると 

今の自分は礼儀がないのだなあ 

とか 

何か問題が起きると自分はパニックになってしまうのだなあ 

とか 

人にたいして「ごめんなさい」の言葉がすぐに出てこないなあ 

とか 

わかりますね。


理解できる、自覚できますね。 


『今、自分は〜だ。』と自覚できるわけです。 



すると、自覚することで自分を見つめ直すことが出来るのです。 



どんな自分がわかったところで 自慢も卑下も要りません。 


『今、自分は〜だ。』と自覚出来ていればよいのです。 



自覚できたら、見つめ直したり、改善策を見つけたり対策がわかったりするものです。 




そんな双子座の満月です。 



どんな自分も好きでいればいい。

どんな自分も愛しているから謙虚でいられるし自慢もしないし卑下もしないのです。




『今、必要なこと』

というのは、人それぞれ違うことです。



癒しが必要だったり 支えが必要だったり 興味を持つことが必要だったり 厳しさが必要だったり皆、その時の段階、居る位置で違うものです。



わたしは常々、自分の位置を知ってください と伝えてきました。


自分の位置、がわからないと 何をしたらよいかがわからないからです。


癒しが必要な時に、厳しさを与えたら立ち直れなくなってしまいます。


それは 自立への道を潰すことにもなります。


依存は良くないと言います。


しかし、支えはあったほうがよいのです。


自分の足で立てないときは支えが必要なのです。


自分の足で歩む前に まず、立ち上がることです。


まだ 立てない人には立ち上がるための勇気が必要ですし、立ちあがった人には背中を押す風が必要になってくるのです。



人によって、何が必要かは違うのです。



しかし 他者を助けたいあまり 座り込んでいる人に癒しを与えてみたり、立ち上がっている人に対して寄りかかる先を与えたり 見当違いの手助けをしてしまう人が見受けられます。

自分が良かれと思ってしていることでも相手にとって迷惑になることがあるのです。


癒されたい人は誰もが癒しを求めていると勘違いをしがちです。




自分自身に繋がるとそれがわかります。


だから まずは自分自身に繋がり 自立することが大切なのです。



自立していない人が癒しを与えたり依存させてしまうことは危険です。

立ち上がれなくさせてしまうからです。

依存というのは麻薬の一種です。

使い方を間違えると危険なのです。

麻薬なら麻薬らしくうまく使えばよいのですが使い方を間違えるから依存してしまうのです。


この世の中には、麻薬まがいのものがたくさん存在します。


使い方を間違えないように慎重にしてくださいね。


また 癒しを提供される方は 自分を律して、純粋さを高める努力は必要です。

常に 自分を見つめ、純粋さを高めてください。

不純物があると 癒しにならず依存させてしまう傾向があります。

また、自己責任と言われますが、不純物を与えた場合には身に降りかかるものです。

それは自己責任の範疇ですが 与えた場合にはそれ相当のカルマ返しが働くようです。


自分の位置を知ると大切なものに気づきます。



17日の山羊座の新月はそんなエネルギーです。



自分の位置を知ることは現状を見せられることで事実を突きつけられることでもあるけれど 大切なものに気づくことでもあるということです。
 

大切なもの 大切なこと。


人それぞれ、大切なものが違います。


その、大切なものを育てていくだけです。


それをすることで、自分の人生を生きることになり、生き甲斐となります。



人それぞれ、自分らしく生き甲斐を持って生きていくだけなのです。


生き甲斐を見つけることのできる山羊座の新月です。

自分の今の感覚をうまく表現できずにいました。


自分自身に繋がり生きると、人生が生きやすくなります。


なのに、ここ最近のわたしは生きづらさを感じていました。


それは 今のわたしは、自分自身に繋がって生きているのではなくて 自分自身そのもので生きている ということに気付きました。


繋がっているのではなくて、自分そのもの。


このような状態になると、上がない感覚に陥ります。


今まで、見守ってくれていた存在になってしまったのですから、どうにもこうにも不安定な感覚です。


見守ることはできても、守られることが苦手です。


だから、外に外にと目を向けてしまっていました。


そして ようやく気付いたのです。



わたしは自分自身になってしまったんだと。


自分の位置を知ることって大切です。



まあ、自分自身になってしまったとしても その上はいますので そこに繋がればよいことにも気付きました。


楽になりました。

自称、仕事ができる人は必ず、人を見下して自分を上げたがる傾向がある。


責任の重みの違いはあるものの価値のない仕事をしていない人はいないし、価値のない人はいないのに。

責任感というものはその人の器に比例して持つものだけど、たまに、その人の器にふさわしくない責任を持ちたがる人がいる。


愚かだ。


いくら欲しても、神がお許しにはならないのに。

自分を知らなければ、やって良いこと悪いこと するべきことしてはいけないことはわかりません。


最近では、『〜しないこと』を勧める人もいらっしゃいますが、それは 自分を知っているから言えるだけで、自分を知らなければわからないのです。


人はそれぞれ個性特性あるのです。


体力のないわたしが身体を酷使しない生き方をするのは当たり前ですが、体力のある人は、少々 身体を酷使しても負担はかからないのです。


体質もありますね。


みんなみんな、一律 同じではありません。


だから、自分を知ることが必要なのです。


誰かと似ているといっても同じではないのです。

共通性があるからといっても同じではないのです。



いくら、自分の信用している人の話だからといっても すべて、信用することでもないのです。


人にはそれぞれ個性特性があるのです。



だから、『自分』を知ってください。


仲間だから同じではないし 家族だから同じではないのです。



自分の人生を生きていくためにも自分を知ることに興味を持ってください。


人に興味を持つよりも自分に興味を持ってください。



人の心配している人よりも自分は〇〇〇です、と正々堂々と生きているほうが輝いています。



自分を知って自分の人生を生きてください。

どのような生き方をしても自分次第
なんだなあ〜 と実感しています。



地に足をどっしりつけて歩もうが浮き足だって歩もうが、自分の選択した人生なら誰も文句は言わないのです。


自分が決めてきた人生から外れたり、忘れたりすると 違うよ〜 とお試しが降ってきたりするけれど その都度、反省して 本当の自分を思い出せば どのような生き方をしても間違いはないのです。



まずは、本当の自分(神聖)を思い出すことと反省できる自分になることです。



それがスタート地点です。




わたしが書いている記事を読まれてコメントをされても その内容がわたしが理解できない場合が多々あるので、メインブログはコメント欄を閉じています。



人というのは、ひとつの物事に対して、様々な意見を持つものです。


しかし、穿った物の見方をされる場合は、わたしは理解不能に陥ります。

対象物はまっすぐ見ないと理解はできないですよ。


まずは、まっすぐ物を見ることができるようになることが先決です。



本当の自分(神聖)を思い出すよりも 自分の行いを反省して、物事をまっすぐ見ることができるようになってください。



まだまだ 人類は、穿った物の見方をされる方が多いですから。



わたしが声をかけられないのは、そのような理由からです。



情報というのは、このように誰もが取り出せて見れるようになっていますが、穿った物の見方をされる方は、どのような情報を得ても同じだと思います。


情報を得ることに一生懸命になるのではなくて、その穿った物の見方を直してください。



そうでないと いくら良い情報を得ても、変わりはないです。


スピリチュアルな情報に翻弄されているだけで終わってしまいます。




物事には段階があるのです。



幼稚園児が大学で学ぶような書物を読んでも理解できないです。


自分には難しくて理解できないなら、まだ良いですが 部分的にわかるところだけピックアップして取り入れたところで 自身を翻弄させるだけで良薬が毒に変わってしまいます。


気をつけましょう。

『この世界にあるすべてのものは感謝するために存在する』



確かに、そうですが 心がやさぐれているときは、感謝出来ません。


そんな時は

「そっか〜 感謝するためにあるのか〜 でも、わたしは出来ないわ〜」
と言って、人に意地悪しちゃうのもアリなのです。

それを、「感謝するためにあるのに、わたしは感謝できない!感謝できない!わたしは最低だ!感謝しなければいけないのに」と 自分を責める必要はないのです。



「わたしには出来ないわ〜」と 人に意地悪しちゃうと 神様から、これでもか!と、カルマ返しをいただきます。


それで 人は「人に意地悪しちゃいけないわ。
教えてくださりありがとうございます。」

と気付けるのです。



それを
「感謝しなければいけない!」と 頑張ると

神様は、指摘しようがないのです。
形としては、感謝してるからです。
気付かせにくいのです。


わたしは 感謝できないやさぐれ女に成り下がると、頭をしこたま壁や柱に打ち付けます。

たんこぶつくってマス。


基本、「〜しなければいけない」と思って生きていないからです。


でも 世の中の人は、出来ないことでも無理をして、「〜しなければいけない」と頑張るようです。


気づきは起こりにくいです。


何故なら 素直にならないように、努力をすると心はどんどん捻れていくからです。


捻れるから気付かなくなるのです。



捻れをゆるめる努力をするのです。

素直になる努力をするのです。


「〜しなければいけない」という努力は、自分の内側に正直になる努力なら良いのですが 自分の内側に逆らう努力は必要ないのです。


「〜しなければいけない」は良くない

と言われますが それは、自分の内側の想いに逆らう努力のことを指すのです。



自分の内側に正直になる努力はしてもよいのです。


今、感謝できないなら 感謝できない自分を一生懸命にさらけ出すことです。


押し込めないのです。



すると 気付かされます。


槍も飛んできますし、頭をぶん殴られます。


気付くことを恐れないでください。


傷つけられているのではないのです。


気付かされているのです。



神様からの愛のムチを敵からのムチだと勘違いするようですね。


勘違いするのは、心が捻れている証拠です。


敵がいると勘違いするのは、心が捻れている証拠です。

ワクワクよりも心が穏やかになれることを選択してください。


ワクワクすることは 心が浮き足立つことに繋がります。


心が浮き足立つということは地に足のついていない様になりますね。



そうです。


ワクワクすることは、地に足がついていない ということなのです。


地に足をついていないから、ワクワクすることを選択すると、地に足をついていない現実を引き寄せることに繋がるということです。


これが 引き寄せの法則です。



ワクワクすることが悪いといっているわけではなくて

ワクワクすることを選択するということは、地に足をついていない状態である ということ自覚してくださいと言っているのです。


自覚、自分の位置を知ること が大切です。



ワクワク楽しい〜♪って浮き足立っているだけでは 地に足がついていないことはわかりません。


自覚できないのです。


自分のことがわからないのです。



ワクワク楽しい状態というのは、自分のことがわからない状態だと言うことです。




自分の位置を知ってください。



ワクワクしていても
自分は地に足をついていないんだなっと自覚をしてくださいね。



自分の位置を知ることが大切です。

この自分の居る位置がわからない人がいらっしゃいます。


わたしがお電話を差し上げた方やフルネーム鑑定では それをお伝えしています。


それを知ることによって 自信や自覚ができますし、これからの課題がわかるからです。


自分が何をしたらいいのかわからない という人も多くみられます。


それは、自分という者が何者かもわかっていないし、何のためにこの地球にいるのかもわかっていないし、自分の進路もわかっていないし、自分の居る位置もわかっていないからです。



わからないずくめでは動きようがないですね。




また、自信を持つと、図に乗る人も多くみられます。


でも、お伝えしないと 違う方向に向かわれる方もいらっしゃるので
わたしから随時、お伝えさせていただいております。



自信を持って、自覚をして、謙虚さも備えた言動を心掛けてくださいね。

このページのトップヘ