この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

「わたし」が今、なぜ、ここで生きているのか。 人は本来この世の中でただ一つの命として、自然で無垢な、すがすがしくも清らかな存在です。 しかし現代では、その姿を保つには相当の努力が必要なことのようです。 心身を清浄に保つためには、神や祭り、自然の力をかりて謙虚な気持ちに立ち返ることが必要です。 自分の目の前に差し出されたことを真摯に受け止めてください。 出来ないことは求められないものです。 息の本体に帰ってください。 息の本体に帰り、愛となれば、望んだことは一寸の狂いもなく叶えられるもので、望みが叶えられないのは、我が身が愛でない証拠。 だから、息の本体に帰ってください。 ご自身の「根っこ」を見極めるために、父母 をこえる存在として神や仏、自然の世界やご先祖様の存在が解ると、大きな心のよりどころを得ることになるものです。 日本の文化や風習、特に日本人のこころに脈々と受け継がれてきている信念を取り戻すことは、古くからある豊かな心をとりもどさせてくれるだけでなく、新たな価値観を生み出す大きな手段ともなるものなのです。 そのために出来ることを日々、お伝えしています。

カテゴリ: 思いやり

確かに 取っ付きにくい人って居ると思います。


何を考えているのかわからない人

自分のことを話したがらない人



また、こんなことを言って失礼かな と思いつつ、言わなきゃいけない時もあるし


人を全否定してくる人もいるし


横柄な人


上から目線な人


攻撃的な人


初めから、疑ってくる人


こちらの話を聞かない、遮る人


言わないけど、しぐさでバカにし てくる人


感謝を求めてくる人


誉めてもらいたい人


威張る人




それなら そこを満たしてさしあげればよいのです。


その方が満たされるまで満たしてさしあげればよいのです。



満たしつつ、心の中でバカにしていてはいけません。



満たしつつ、相手を敬い、思いやるのです。


心から敬い、出逢いに感謝をするのです。


誰に対しても変わらず接するのです。



相手が何か自分にとって不利になることをしてきたとします、


そしたら それは、何かの間違いだ と思えばよいのです。


それか よほどの理由があるはずだと思えばよいのです。



そう思えば、いさかいはなくなります。





どなたも 大切に接してもらいたいのです。



自分が大切にされたいなら まずは、相手を大切に接することなのです。




それを 日常にすることです。



仕事だからじゃない。


特定の人だけに限定しない。


目に映るすべての人に、そう接するのです。




そうやって、生きていると 心が穏やかになってきますよ。



お試しください。


人から見るとここ最近のわたしは“変わった”と思われるかもしれない。 

だけど それは他者からの評価でわたし自身はまるで変わっていない。 


ただ 優先順位がハッキリしてきたようで、より自分のしたいようにしていて、自分らしくなってきてるに過ぎないのだ。 


自分らしくというのは際限がないと思う。 


どこまでも自分らしくいられる。。。 



**************** 


相手の立場になって考えるということは、友達同士と知り合い程度では異なるもので、雇用主と従業員や店主と顧客といった利害関係の有無でも異なるもので、それは、礼儀に通じることでもあると思う。 


そして、このような関係で相手の立場になって考えることは、冒頭にも書いた自分らしさが根底になるものです。 


自分らしく生きているから、相手の立場になって考えることが出来るのだと思うし自分らしく生きてるから、相手の立場を理解出来るのだと思うのです。 


相手の気持ちや立場を理解出来るということは、同時に自分がわかり、自分らしく生きることがどういうことかが理解出来ていること。 



自分のことが理解出来ているから相手のことが理解出来るのですね。 



昨日も少し書きましたが、主語や目的語がなく、脈略もない話や質問をされる人は、自分というものを理解出来ていないから、自分の言葉を相手がどんな気持ちで受け取るかが想像できないのだと思います。 

想像することと理解することは、違うものですが、似通っている のだなあと感じます。 



どんなことでも想像したり理解することで次に駒を進めるように感じます。 


理解するというのは、理解しようという意欲があるから出来ることであり、そこには対象となる者への礼儀や感謝がないと出来ないことなのです。 


このように、理解しようという意欲や想像しようとする意欲を示すことが感謝を表すことなのです。




意欲が見られないのは感謝がないと思われるかもしれないということです。 

意欲は自己主張とは違うものなので。 



〇〇さんは優しい人だから好き。。とか〇×さんは相談に乗ってくれるから優しい人だ とか言われますよね?


自分にとって優しく接してくれるから、優しいと人は感じていると思いますが、本当のところはどうなんでしょ。



わたしは人と接する時 その人の内部まで読み取るので わたしに気に入られたいから言ってるのか営業で言ってるのか本心からの言葉なのかを瞬時に読み取ります。


そんなわたしのことを知ってる人はわたしには嘘はつかないです。

嘘はバレるし、見透かされるのか怖いし恥ずかしいと思っているからです。

だから、わたしには皆、比較的 正直に話をしてくれます。




人に対して正直に話をするって 自分にとっても正直になることなのです。

嫌だなあと感じたら言わなくても顔に出てしまったり、自分の正直な気持ちを相手に伝えることって 自分にとっては本当は楽なことなのです。


だけど 人は、人の目や評価、世間体を感じて 自分を繕って人に優しく接する傾向があります。


疲れてしまいませんか?

本音で喋れたらどんなに楽なのか知れません。


自分の正直さを隠して優しく演じているのって、自分を偽っていることなのです。




悪口を言う人は嫌いだ と言われます。

だけど 悪口を言えるだけ自分に正直なのです。

だからわたしは悪口を言うことは悪いとは思わず正直だわと思うだけです。


←←←←←←←←←←


ここまでは、先記事と同じです。



自分に正直になることって 人生を歩むためには非常に大切なことなのです。


だから 自分に正直になれる時間を持つことが 人生において大切だと思うのです。


わたしは 一日、24時間すべてを自分に正直になる時間として使っていると思います。


だから、毎日 楽に生きているのだと思います。


取り繕うことは苦手だし、隠そうという発想がないから。



わたしは そのためにミクシーではメールアドバイスをしているのだと思います。


わたしにとってミクシーは昔から自分の気持ちに正直になる場所でした。

だから、4月にアメブロをやめたときもミクシーでは書くよ と言っていたし メールアドバイスの方々には わたしの本音を読んでいただいております。
だから どんなわたしになってもミクシーは続けていくのだと思います。




話しは戻りますが

自分にとって優しく接してくれるから、優しいと人は感じていると書きましたが
人の気持ちがわかるようになってくると
気を使っているのか本音か嫌われたくないと思われているのかがわかるようになると思います。


優しいと人から評価される人って 往々にして 優しいと評価されたいと思われている人が多いです。


繕わなくていいのに、と正直に感じます。

そう感じたらわたしはつい、言っちゃいます。

以前のわたしはそこで嫌われてました。

正直者はバカを見るです^^


人は見抜かれたくないのです。

わたしごときの人間に見抜かれたくないのです。
だから 怒ってきますし、威嚇もしてきます。

その経験を経て わたしは、わたしが感じたりわかっちゃうことって 正直に言ってはいけないんだ ということがわかりました。

そして 威嚇してくるのは、わたしの正直さがこわいんだ ということもわかりました。

そこで わたしは自分の正直さは、刃物に変わることを知りました。

だから わからないほうが優しいし、曖昧なほうが優しいんだと感じました。
だから 伝え方を考えるようにもなったのです。



優しいと思われたい

良い人と思われたい


誰にでも持っている感情かもしれません。


だけど 自分に正直になることから考えたら その想いはないほうが良いのかも知れません。


現に、わたしにはないですから。



優しいから良いわけではなくて
親切だから良いわけではなくて

その評価は、他者からの評価で、確かに自分は他者から傷つけられないかも知れないけれど
自分の自分に対する評価はどうなの?



相手から受ける評価のことを考えるあまり 自分が自分のことを考えることに疎くなっていませんか?


相手が自分を作ってくれるわけではなくて
自分が自分を作るんだということはわかっていないような気がします。


自分の人生は自分が創るのです。



わたしは相手ありきの人生ですけど これは、自分が決めたことです。


相手のために尽くすこと って わたし自身が決めたことなのです。


人それぞれ、自分の人生は違うのです。



自分の人生を歩むために、 自分の評価で自分の意思で頭を働かせてみてください。



自分がどうしたいか?



そのために 自分に正直になれる場所をひとつ作ってみてくださいね。


それが より良い人生を歩むことができる秘訣だと思います。

人を応援したり共感したり認めたりすることは 人から応援されることに繋がります。



自分の人生をよりよく生きたいと願っている人は目標があります。


そこで 相手が何を望んでいるのか、どうやったら相手を応援できるのかを考えてみてください。


相手の立場を考えて動くわけです。


ひとりでも 多くの人を応援したり その人の立場になって行動することで やがて、あなたのやりたいことを応援してくださるようになるのです。


お互いに応援しあえるようになるのです。



目の前の人に共感したり、出掛けていって共感することで 人から共感される人になるということですね。



ブログのアクセス数を伸ばしたい人はぜひ、出掛けていっていいね♪をしてくださいね〜

まあ、今まで押さえつけられてきた人は

日の目を見たいと、

ここぞとばかりに、自分を表に出して 認められたい欲を満たします。



それが 悪いと言っているわけではないのです。




自分は今、そんな状態なんだとわかっていれば 罪悪感を持つことなく、大いに発揮できるのです。



それが 自分の位置を知ることなのです。



自分の位置を常に、意識して 愛を巡らせるのです。


自分の位置を知ることで人は謙虚になれるのです。


どんな自分でも良いのです。

その位置を知ってさえいれば。



そうやって 人は自分の愛を発揮できるのです。



自分の位置を知らずにいると 人からのぼせ上がっていると叩かれます。


人から攻撃されないためにも、自分の位置を知ることは大切ですね。

記事を書いていて、なぜか脱線してしまい 私事になってしまいました^^


愛の循環


これは、難しく考えることでもなくて ただ、その時の自分の喜びを伝えるだけなのです。


自分の知ってる人、自分が興味がある人、自分に興味を持ってくれている人以外にも 目を向けて、その愛を伝え、配るのです。



道行く人に、挨拶をすることと同じです。



しかし 人は友人や自分の知ってる人にしか声をかけたりしないのは、何故でしょうか?



それだけでも 自分を制限していることになるのです。



人からの評価を気にし過ぎてしまうからではないでしょうか?



愛のエネルギーを満たす。。。とか 見えない世界のことばかりを考えていないで 実際に、直接手渡しで出来ることをしたらどうですか?



自分のヒーリングのエネルギーで世の中を満たすの。。。と言っていないでも 自分が自ら、握手をしにいけば良いだけです。


また、自分に興味のある人だけに無料で配りますって セコくないですか?



自分のエネルギー、自分のあるものを どうして制限して 届けようとするのでしょうか?



あなたは何者ですか?


偉大な人は、そんなことはしないはずです。



結局、人間は自分を何様だと評価されたいがために、自分を制限する。


それを悪いといっているわけではありません。



そんな自分を知りなさいと言っているのです。




自分がやっていることは 最良最善だと思っている。。。


そんな自分の愚かさを知ることが自分を高めることでもあるのです。




常に、上を観て 自分を発揮したいと努力をすることで 自分も人も豊かになれるのです。




何か大きな事をしていなくても 道行く人に笑顔で挨拶ができる人に わたしは惹かれます。





そんな方に出逢ったら、わたしは後にも先にもネギを背負って出掛けます^^



わたしはカモです〜♪

わたしは 何でも人にポイポイあげます。



どこかで 面白いものを見つけると 『話の種』に いくつか買って、誰かにあげます。



こないだも お忍びで出掛けた先で 美味しいお豆をみつけたので お忍びなのに、そのまま いつものカフェに出掛けて 話の種のお豆を持っていきました^^



わたしは こんなことはザラにあります。



例えば、こちらでも紹介させていただきましたイヤシロソルト。

一本、300円です。

大量買いしていまして、いつもどこでも ポイポイあげてます。


還元塩が還元されてます^^



人との付き合いってこういうものです。


物で釣るわけではありませんが わたしは昔から人とは、話の種にとなんやかんかあげてました。


ただの話の種です。


ありがたいと思ってもらいたいわけではなく
喜んでもらいたいわけでもなく
ただ、これがわたしなのです。



自分がいらないものは人にも上げません。



自分に感動、喜びをもたらしたものを ただ、配るだけです。



喜びってそうやって、配るものだと思います。



読者の皆様は、わたしのブログや他の方の記事を読んで、ほ〜っ そういうものか と感心したりしませんか?


そう、自分が感心したり感動したものを 人に話をしたりはしませんか?




わたしは人に話をさせていただくときに

わたしの話で感心したなら、それを人に話しなさい と言っています。



自分だけが幸せになればいいというものではないのです。




わたしは 今まで、膨大な記事を書いています。


それは わたしだけのものではなくて、
読んでいただいている皆さんのものでもあるのです。



だから、それを話の種にして 人に話をしてみてください。



わたしがわざわざ、どこかに出向いて話をしなくても
これだけの記事をしっかりと読んでいたら
誰とでも、スピ話しはできるでしょう。




そうやって 自分が感心したり感動したことを伝えるだけで 自分に還元されていくのです。



そういうものです。



仕事で いくらスピリチュアルな記事を書いていても プライベートで実践していない方も見かけます。



もったいない話です。



話の種、幸せの種を自分だけ、ヒン握っていても仕方がないでしょう。



自分に与えられた幸せの種を分け与えることで 幸せは花を咲かせるのです。


まあ、分け与えるとはオーバーな話で

こんな面白い話があったよ♪って伝えたり
こんな美味しいものがあるよ♪って配るだけなのです。



それは 自慢材料には、ならないです。




大きなことをやろうとするから
大きなものを探そうとするけれど
小さなものでも人に伝えたり配ることで、巡るのです。



自分の小さな感動、想いが巡るのです。



それだけで 心がほっこりするものです。



愛の循環ってほどのことでもなくて

不特定多数の人にTwitterなどでつぶやくのではなくても

自分に関心を持ってくれている人にだけに振る舞うのではなくて


誰でも、誰にでも 自分の感動を直接、手渡しで配るのです。



ちなみに、美味しいお豆を売ってくれたお兄ちゃんにもイヤシロソルトをあげました^^




どんだけ、あげるんや〜♪




わたしは 見かけたら 誰にでも イヤシロソルトを配ってます。


ちなみに、あっイヤシロソルトさんの回し者ではありません。



ただのままのままです♪

施しには施す側と施される側があります。 



思いやりの気持ちが込められた施しと認められたい気持ち等条件付きの想いのある施し。 


どちらも施しですが想いは違います。 

だからと言って良い悪いはないのです。 


施しを受ける側は有り難く受け取ります。

受け取る側が条件付きだから良くないと考えるのは間違いです。


認められたい気持ちや条件付きの施しでも受け取る側が施しを受けることには変わりはありません。 

しかし、それが正しいわけではないのです。 


善悪はないのです。 


与えることが良いわけでも与えないことが悪いわけでも愛ある施しが良くて条件付きの施しが悪いわけではないのです。 



施しとはできる者がさせていただくことだからです。 


想いがあるからさせていただく。 


それは、感謝と同じです。 



感謝にも種類があるということです。 


思いやりの気持ちから起こる感謝と認められたい気持ち等条件付きの感謝は違います。 


これは種類が違うだけですね。 




種類が違うと巡りが変わってきます。 


与えたものが巡ってくるだけですね。 






無償で受け取れるはずの恵みを、受け取ることが出来る人と出来ない人との違いがあるものだなあ、とつくづく感じます。 

そこで、対価を支払って受け取れるように学んでいるのでしょうね。 



しかし、本物の感謝を理解していなくて、無償の愛を発揮できないのに、感謝を語る人がいる。 


間違った感謝が横行してる。 



間違った感謝を学んでも無償の愛は受け取れない。 


間違った感謝を学んでも無償の愛は発揮できない。 



自分の真実は無償の愛と繋がっているものです。 

自分の真実を見つけて無償の愛に繋がってくださいね。


人を思いやる心とか自分の魅力を発揮することとか伝えたい思いを素直に伝えることとか、今、全体的に そんなことを求められているんだなあと思います。 


根底に求められていることは思いやり、感謝の心です。 


人とのコミニュケーションが取れなくて悩んでる人は感謝の心が芽生えていないからだなあと感じています。 


だから、相手の気持ちがわからないし、想い図ることができない。 
だから、何を話したらよいかわからない。 
堂々としていられない。 

感謝の心が芽生えていないから自信が持てないのです。 



求められているのは思いやり、感謝の心です。 




どなたにたいしても平等に愛は降り注がれているのに受け取れないのは感謝の心がないからです。 

だから、お金を支払って受け取るのでしょう。


本来なら、無償で受け取れるはずの恵みを、お金を支払って受け取っている方も多いですね。 


だから、お金が必要になるのではないでしょうか? 



感謝の心を育てましょう。 
思いやる心を持ちましょう。 




このページのトップヘ