この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

「わたし」が今、なぜ、ここで生きているのか。 人は本来この世の中でただ一つの命として、自然で無垢な、すがすがしくも清らかな存在です。 しかし現代では、その姿を保つには相当の努力が必要なことのようです。 心身を清浄に保つためには、神や祭り、自然の力をかりて謙虚な気持ちに立ち返ることが必要です。 自分の目の前に差し出されたことを真摯に受け止めてください。 出来ないことは求められないものです。 息の本体に帰ってください。 息の本体に帰り、愛となれば、望んだことは一寸の狂いもなく叶えられるもので、望みが叶えられないのは、我が身が愛でない証拠。 だから、息の本体に帰ってください。 ご自身の「根っこ」を見極めるために、父母 をこえる存在として神や仏、自然の世界やご先祖様の存在が解ると、大きな心のよりどころを得ることになるものです。 日本の文化や風習、特に日本人のこころに脈々と受け継がれてきている信念を取り戻すことは、古くからある豊かな心をとりもどさせてくれるだけでなく、新たな価値観を生み出す大きな手段ともなるものなのです。 そのために出来ることを日々、お伝えしています。

カテゴリ: 委ねること

人生は、魂よりも自分の意思を優先して歩むものなのですが その意思を魂に委ねることによって より幸せに歩むことができるのだと思います。



自分の意思全開で進むのは、自分のエゴ全開で進むことにもなるので お試しが降ってくることも多いですね。


その場合には、そこと向き合って乗り越えていけばよいのですが、どちらかというと人は、お試しを避けて通りたい気持ちがあるようで エゴ全開で進むよりも、諦める方が多いように思います。



さて この魂に委ねて生きるということはどういうことかを書きたいと思います。



例えば、 〇〇〇に行きたいと思っていたけれど、電車がストップしたから、これは出掛けてはいけないというサインだから無理強いして行かないようにする。。ということをよく聞きます。


進んではいけないという時にはサインが必ずありますが、それを見逃すと とんでもないことがおきますね。


しかし、エゴ全開でいると、無理強いして出掛けていこうとします。
自我が強いのです。
やりたい!が強過ぎて、失敗するのです。


逆に、もともと自我がそれほど強くない人は、諦めも早いです。



この場合は、魂に委ねているというよりも欲が少ないというだけなのです。


注意していただきたいのは、欲が少ないからすぐに諦めることができるだけで魂に委ねた人生を歩んでいるわけではないということです。


ただ、欲がない ことと魂に委ねることは、違います。別物なのです。



確かに、魂に委ねる生き方をするときには 欲はほとんどなくなりますが、だからといって 欲のない生き方=魂に委ねる生き方ではないのです。



なぜなら、魂に委ねる生き方をするときには、必ず 自分を律することを求められるからです。


必ずです。


欲がなくなったから、楽だ〜
とは、思えないのです。


自分を律するとは、誰に言われるわけでもなく、自らがつくった箱に自分をすっぽりとおさめる作業です。


それを継続して行うことなのです。


終わりはありません。



魂に委ねて生きることは、自分を律して生きることなのです。


自分の意思が魂に委ねると決めたのです。


冒頭にも書きましたが、優先されるのは、自分の意思です。

決して、魂自らが指揮を取るわけではないのです。


自分の意思で魂に委ねると決めて、自らつくった箱に自分を入れて歩むことが魂に委ねる生き方なのです。



自由奔放に生きることが魂に委ねる生き方ではないということを覚えておいてくださいね。



どんな生き方をしても自由です。

魂はわたしたちの自由意思を尊重します。

取られることによる恐怖心を持っていると、取られる現実を引き起こしてしまうようです。



だから、それに執着してしまうのですね。



わたしの身近に、そんな想いを抱えた人がいます。

一定の距離を置いて付き合わないとわたしもそこに引き込まれてしまいます。


結果、わたしの波動を落としてしまう結果になります。




せっかく、浄化ワークをしても
付き合う人によって、戻されてしまいます。



だから、プロテクトすることは 非常に大事ですね♪



そこで 自分自身で居ることが重要になりますが

自分自身で居ることって具体的にどうしたらよいかといったら



とにかく、出す。


出して出して出しまくる。


もったいないと思っちゃダメ。


もったいないと思うと、最終的に 悪いものをもらっちゃうから。



もったいないと思うと 人に関わって もらっちゃうのです。



人に関わって 波動を落とす人の多くは、もったいない精神の人だと思います。



エネルギー交換以前の問題で、要らないものは出せばいいのです。


必要なものは出しても戻ってくる、この世の仕組み。


難しいことは考えずに、出しましょう♪



そして 人からもらわないことです。



人からありがとうと言われなくてもいいから、出すのです。


感謝を求めず、出しましょう♪



それが 楽な生き方です。



物であれ想いであれ、出しましょう。


手放しましょう。

大事なことは

人のためになることではなくて、自分を輝かすこと。




それぞれが この想いで生きれば きっと、世界は良くなる。




自分を輝かすこと。。。


自分を輝かすには、自分に忠実に生きること。


自分の自己主張は自分ではない。


自分の本質を見極めること。




自分は本当は何をしたいのかどう在りたいのか見極めること。



ただ、ヒーリングがしたいとか 人様のために役に立つことがしたい という自分は、本当の自分ではなく

本当の自分は、自分のために動くのです。



自分自身のためにどう動くのか?

真実を知ると、抵抗する心が生まれます。。。



それは、身体にとって不調和を生み出す原因にもなります。



それよりも 受け入れて、委ねていくのです。



抵抗すると、強張ります。



固くなりますね。。。



必要のない情報は取り入れないのです。


それは、逃げていることにはなりません。


わかった時点で受け入れるだけです。


許すだけなのです。




それが、委ねるということなのです。。。




愛して、身も心も委ねると リラックスできて、必要ないものは、去っていき、必要あるものは入ってきます。




そのためには、出すこと。
惜しみなく、出すこと。


委ねていくと、自然と去っていきます。。。

このページのトップヘ