この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

わたしは、地球にグラインドしています。 わたしの意識は地球に同調しています。 わたしの想いは地球の想いです。 わたしの叫びは地球の叫びです。 わたしの言葉は地球からのメッセージです。 少しでも、みなさんに 地球の想いを感じていただけたら幸いです。

カテゴリ: 製本

この世界にあるすべてのものは、感謝するために存在するのです。

だから、ありがたいなあと自然と頭が下がるし

ありがたいなあと思えるから自分の身を正そうと努めるし

ありがたいなあと思えるからお口は慎もうと思えるし

ありがたいなあと思えるからお返しをしたいと言動に表れるのです。

みんな同じ存在で感謝、尊敬、尊重をしあえる仲間です。

だから、互いに謙虚でいられる。

わたしたちは、この地球に生かされています。

わたしたちすべて、生きとし生けるものすべてが この地球に生かされています。

感謝しかありませんね。



居てくれてありがとう。


いつもありがとう。


どうもありがとう。


本当にありがとう。


心からありがとう。


ままのまま





自然の恵みはいつもいつも 私たちを守ってくれています。

何も言わないけど、光を放ち、薫りを放っています。

いつも、変わらず、微笑むように守ってくれています。



朝、目覚めると 燦々と光が降り注ぎ、
それだけで 守られているなあ、愛されているなあ と感じます。


この光があるから
私たちは生きていける。


いつも、どんな時も 変わらず、光で包んでくれています。


どれだけのありがとうを伝えてもいいくらい 今まで、支えられてきました。


泣いている時も 楽しい時も
いつもいつも、光を放っていてくれる存在。




ありがとうと言葉で伝えるよりも
態度や行動で表したいです。


感謝とは
ありがたいと感じることでなく
わきあがる想いです。


その感謝を形に表す行動こそが人として生きるということかもしれませんね。

目標や夢は、その後からついてくるものだと思っています。

『ありがとうございます』 を漢字で表すと
『有り難く頂きます』と書きます。


この意味は

『有ることが容易ではないことを頭の上に載せて、敬意を示し押し頂くこと』

です。


ありがとうございます とは
『有ること』が『容易ではない』ことを頭の上に位置させて、敬意を示し押し頂く という意味になります。




だから、ありがとうございますと頭を下げるのですね。


『ありがとうございます』という言葉は、
『有ること』は容易ではないことを示されているのです。

そして 容易ではないから、頭の上に載せて敬意を示し頂きましょうと示されているのです。



本当に、有り難い言葉です。



『ありがとうございます』と、伝えるだけで わたしたちは有ることに敬意を示し頂くことが出来るのです。




誰もが『ありがとうございます』と伝えるだけで幸せでいられるのです。


だって、『有る』のですから。



幸せは、『有る』のです。

人として生きているのは、役目があると思うのです。。

まず、この世におぎゃ〜と生まれて 赤ちゃんとしての役目。

両親や家族に育てていただいてる代わりに その笑顔で癒すのです。

そして、自分を育ててもらいながら 親を 育児ができる親にさせる役目もあります。

お互いに 育ててもらいながら 成長して、親に守られるのです。

親に守られるという役目。

だから 子供は 親に守られる権利があるのです。

親は子供を守る義務があり、自立できるように育てる義務がある。

そうやって 子供は 家庭の中で 自立できるように 育ててもらうのです。

そして 社会に出るのです。

社会に出たら、社会人として それぞれの仕事につき それぞれの役目をこなすのです。

そして、愛する人ができたら 、愛する人を守る役目があり、
家族が できたら自分が親に育ててもらったように 、子供に癒され、親になっていくのです。

社会での役目もあり、大忙しです。


だけど、それまでは 頭も身体も動いていたけれど だんだんと 動かなくなって 家族の手を借りて 生活をするようになります。


そうすると、今まで 生かされてきた知恵を 子供や孫に伝えていく役目があり、


それが できなくなってくると 、介護をしてもらうようになります。


それでも 役目はあるのです。


それは、お世話をされるという役目。

お世話をされることによって 人は奉仕ができるのです。

人が奉仕ができるということは、

人に奉仕をさせていただけるということで お徳を積むことになるのです。

お徳というのは 人間にとっての貯金みたいなもの。


自分が お世話される側になり、相手に お徳を積まさせてあげられるのです。


素晴らしいことです。



こうやって、人は 自分の役目を全うしていくのです。


長い人生だから このようにうまく 進まないかもしれないけれど 、

最後は

人は老いる。


老いた人間は 必ず、誰かのお世話になるとは思うから、 そのときには 必ずお役目がある。


人間は 最後の最後まで 人の役にたちたいものなのです。

生まれてきてくれてありがとう。


ありがとう。


ありがとう。


あなたの心の奥の想いは感謝の気持ちでいっぱいなんだね。


嬉しい。
嬉しい。

生まれてきて嬉しい。

生まれてきて楽しい。

生まれてきてありがたい。




心の奥から聞こえます。



生まれてきてくれてありがとう。



あなたに出逢えて、よかった。


あなたと触れ合えてよかった。



ありがとう。


ありがとう。



あなたに出逢えてありがとう。


あなたが生まれてきてくれてありがとう。

このページのトップヘ