この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

「わたし」が今、なぜ、ここで生きているのか。 人は本来この世の中でただ一つの命として、自然で無垢な、すがすがしくも清らかな存在です。 しかし現代では、その姿を保つには相当の努力が必要なことのようです。 心身を清浄に保つためには、神や祭り、自然の力をかりて謙虚な気持ちに立ち返ることが必要です。 自分の目の前に差し出されたことを真摯に受け止めてください。 出来ないことは求められないものです。 息の本体に帰ってください。 息の本体に帰り、愛となれば、望んだことは一寸の狂いもなく叶えられるもので、望みが叶えられないのは、我が身が愛でない証拠。 だから、息の本体に帰ってください。 ご自身の「根っこ」を見極めるために、父母 をこえる存在として神や仏、自然の世界やご先祖様の存在が解ると、大きな心のよりどころを得ることになるものです。 日本の文化や風習、特に日本人のこころに脈々と受け継がれてきている信念を取り戻すことは、古くからある豊かな心をとりもどさせてくれるだけでなく、新たな価値観を生み出す大きな手段ともなるものなのです。 そのために出来ることを日々、お伝えしています。

カテゴリ: 責任

求められることはできること

これからの時代は『責任』がキーワードになってきます。 



自分の人生に責任を持つとは、 
わたしたちひとりひとりは、生まれる前に自分に課してきた責任があり、それを思い出し遂行するということです。 


自分に課してきたことだから 得意なことで、難しいことではないのです。 

自分の個性特性に則られた責任なのでしょう。



責任を負うということは、任せる方は信頼しているから任せるのです。 


信頼されているから任せられる。 


その責任感。 


それが自分の特性であり個性だと信頼されているから、求められる。 


結果、出来るから それで認められて信頼されて責任を全うできる。 


これが求められることはできることの意味です。



自分以外の誰かができることは求められません。 


わたしたちひとりひとりのできることしか求められません。 


宇宙はそうやって わたしたちの信頼度を高めてくれるのです。 


個性を伸ばすことで信頼度が高まるのです。 






この宇宙に存在するすべての魂は、宇宙根源から分かれたひとつずつの魂です。 


だから、宇宙根源と同じ力が備わっています。 


しかし わたしたちはそれを忘れて生まれてきています。 


そして 忘れているだけならまだしも、違う存在だという認識している魂は少なくありません。 


要は、宇宙根源から分かれた魂故に同等の力を有しているため、この世で自分ほど強いものはない、愛ある存在はないと錯覚している魂がいるということです。 


これほど質が悪いものはありません。 


宇宙根源がいくらサインを送っても無視します。 

それどころか敵視してきます。 


我こそが神様だと見せつけてきます。 


それには 宇宙根源もたまったものではありませんね。 


しかし サインは送り続けるのです。 


根気のいる作業だと思います。  


様々なサインを送ります。 


自然災害もサインのうちです。 


我こそが神様ではない現実を見せつけられるのです。 



錯覚している魂は非常に多いですね。 



わたしは、そんな宇宙根源に使われる身です。  


そのため わたし自らが媒体となり気づかせることもしているので あちこち動かされます。 


お口も動かされます。 



そんなわたしに反抗してくる魂は実に多いです。 



わたしには肉体があるため手も足も口もあり それを駆使して使わされます。  


かなり体力を使います。 

錯覚している魂には、その錯覚を解く作業が必要で骨が折れる作業です。 


わたしの任務はひとりひとりの魂に丁寧に接することなのです。 



確実に錯覚を解かなくてはいけません。 




今朝もライザップの会社を紹介している番組を見ていて、結果にコミットすると言いますか  確実に成果を出していなければならない責務がわたしにはあります。 



忘れている魂は自信がない。錯覚している魂は自信過剰。  


錯覚している魂の中には、我こそが神様だからすべてを許さなければならないとストレスを抱えながら人を許している人も見られます。


わたしからしたら 相手に教えず許すから付け上がり気づけないのです。



指摘、注意、叱る、教える、伝えることは大切です。 



結局、気づかせずにただ許すのは、愛のない行為と言えるでしょう。




宇宙根源から分かれた魂としてあるまじき行為です。 


神の真似事はするものではありません。 





厳しいことを書いてるけど これが人から信頼されるための基本です。 


ダラダラおしゃべりできる人よりも口数は少なくても重要なことをわかっていて話す人のほうが信頼されます。 


お金持ちになりたい、豊かな心を持ちたいと思うなら実践すべきことです。 


豊かな人はこれを実践していますし、心の中はこう思っているものです。 

言わないだけで。 




言われなきゃわからないではなくて、気づかなきゃ。 


わたしたちは人と接することで成長していけるのだから、人から学ぼうと言う姿勢は必要です。 



豊かになればなった分、責任を負うのは当たり前。 


富が増えるのだから。 


ないときはわからない。 

あることの責任です。 


権利もあるけれど義務もある。 


権利と義務はセットです。 



ないと思っている時は権利を主張するけれど いざ権利を得たら義務はいらないという。 


そんな発想だから、豊かになれない。 


権利を主張したら義務があるのは当たり前。 



豊かになればなるほど 義務感が生まれます。 


義務感がないのは、受け取る器ができていないということだから、入っても出ていきます。  


自分の器を大きくするためには 自分の心の義務感を育てることです。 


豊かさがないと義務感は育たない。 




人が富を所有する理由は、人としての義務感を育てる目的だと思います。


そうやって 人は成長をするのです。 





お金が欲しい、お金持ちになりたい、収入を増やしたい と聞きますが、収入が増えたら増えただけ、責任も増えるってご存知ですか?  


満たされたら満たされただけ、背負うものは大きくなります。 


そのため、何かしたいとか何か欲しいとか思わなくなり、結果 入ってきても自分のために使おうと思わなくなるものです。 




最近のわたしは、まさにそんな状態で、前にも増して欲がなくなったと同時に 責任感?も以前にも増したので なんともどっしりとした生活を過ごしています。 


これには、自分としても不思議で、ゆったりどっしり過ごしています。 



また 特に重要でもない話をされると 雑音にしか聞こえないため、受け答えも億劫になり口数も少なくなりました。 


それなのに、自分都合でわたしの都合を伺うことなく矢継ぎ早に話してくる人もいます。 


わたしの都合は関係なく、自分の意見だけ先に言っておけば、あとはわたしが考えて行動してくれるだろうと、わたしがすべてを受け入れてくれるとタカをくっているのです。 


わたしは最終的には受け入れますが、わたしの都合を伺ってこない人は最初は受け付けません。 


相手都合では動かないのです。 



自分が100%受け入れOKになってから話を聞くようにしています。 





今、わたしたちは誰もが自制心を試されています。 


と先記事で書きましたが、 これからは自己責任の時代で 自らが気付いていく時代です。 


自らが気付いて修正しながら歩んでいくのです。 

誰かから指摘をされたりサインがあっても 見逃していたら、そのまま横道にそれていきます。 


そんな自由な世界に突入しました。 

外部かのら強制的な修正よりも自分の潜在意識の想いを何よりも尊重される自由な世界です。


まあ、自由な世界ですから間違いはないのです。 

自由ですから。 


何を選択しても自由です。 


だから 何も言われないのです。 


そして、自分自身が納得していようがしていまいが、どんな選択もアリなのです。 


だから それぞれが進む道が違うのです。 


細かく歩む道が分かれています。




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 


どんな自分をも引き受けることを生きるという。


どんな自分をも引き受けることができたらブレない。 


誰かのせいにしたりいいわけもしないようになる。 




結局は、そういう状態になると魂が自然に輝くのだと思うのです。



いいわけもしなくなるから感情で動かなくもなるのです。 


真剣に生きているから感情が出てくる隙間がないのです。 



そんな自分になると、人生本番です。 




自己責任を生きてこそ本当の自由は手に入れられるのです。 






自己責任と自立(自由)はセットです。 



自立したいけど 責任は取りたくないというのは無理な話です。 

自立したい!ともがいていても、周りに感謝できるようになると わざわざ、外に出て自立しようと思わなくなります。 


今、あるものを大切にしようという気持ちになるのです。 


そして 今、あるものを大切にするあまり それを手放そうとは思わなくなります。 



実は、その想いこそが自立を阻むのです。 



自立はしなければならないものではないです。


だけど なんらかの想いで自立したい!自由になりたい!想いが高まることがあります。 



先ほども書きましたが、自己責任と自立(自由)はセットですので 自立したい!(自由になりたい!)想いは自己責任を誘発します。 


しかし、責任を担う勇気や器が出来ていなければ、自立は出来ないのです。 



結局、責任感があれば自立も自由にもなれるのですが 責任感がないと自立も自由にもなれないのです。 




わたしは、今まで 内観浄化を通して成長してきました。 


何故、成長してきた、と言えるのかと言うと、責任感が生まれたからです。 


自分の人生に責任を持つことや自分を頼りにしてくれる人や魂を導いていく責任が持てるようになりました。 



自分の人生に責任を持って生きるということは、自分にあらゆるどんなことが降りかかっても諦めずに前を向いて進んでいくということです。


あらゆるどんなことでも、です。 

人のせいにすることなく、自分の言動に責任を持ち勇気や潔さを持つことです。 



自立をしたい!自由になりたい!と思うなら、責任を担うことのできる器をつくることです。 


どんなことでも請け負うことができる器をつくることです。 



そうしたら 自立したい!自由になりたい!と思わなくても、背中を押されて飛び出されていきます。 




今のわたしは、ぐいぐい背中を押されていますが 留まる力が強すぎて出ない状態です^^ 


器が大きくなり過ぎるのも考えものです(-.-;) 




器を大きくするためには、目の前の求められることを一生懸命にやりきることです。 

やりたい!ことより、求められることを一生懸命にやりきることです。


求められることはできることです。






先記事の通りに、これからの時代は自己責任の時代で 今まで、自分の不始末の責任も取ったこともなく過ごしてきた人でも これからはそうはいかない時代に入りましたね。 


ミスなく正確に、が当たり前です。 


そのために、自由を求める人が増えていました。 

結局は、本来の自分の責任領域へと向かっていたわけです。 

そのために、感情というものがあるのです。


自己責任領域は自由な領域です。 



ヌクヌクした生活を自由がないと飛び出て、自己責任を学ぶ人も増えました。 



本当に自由になって初めてわかるのです。 


今までどれだけ守られてきたのか、愛されてきたのかを。 



自己責任の時代は、同時に感謝を学ぶ時代です。 




愛されていることにあぐらをかいて感謝なく飛び出るのは、そこは自分の責任領域ではないということです。 

だから、本来の自分の領域に移動するのです。 


そこで自己責任を持ち感謝を学ぶことで、今まで愛してくれた人に感謝ができるのです。 


また 離れたいのに離れられないのは、そこが本来の自分の領域だということです。 


そこで、学びがないからといって離れられないのは、そこが自分本来の領域だということです。 


自己責任を発揮する場所だということです。 




わたしたちは、誰もが生まれる前に決めてきています。 


ひとつだけでなく、二つ、三つと決めてきている人は、自己責任領域も変わっていくものです。 




自己責任を学び、いずれは AIを越える人になっていくのです。 


脱落することないよう腹を据えて取り組んでくださいね。


これからの時代は完全に自己責任の時代に入りました。 


というのは、わたしたちは生まれる前に自分の領域を決めてきています。 

そして それが自分の責任の領域です。 


今まで、そこを誰かに手伝ってもらっていた人は、これからは自分の責任にかかってきますし、逆に 手伝っていた人は外されます。 


自分の領域ではないということですね。 


そして 本来の自分の領域を自己責任で守ることになるのです。 


それこそが役割なのです。 



今までは、手伝っていただけ。。。 


本来の自分の領域に居るときには、自然と責任感が生まれるものです。 



今まで、自分の領域にいなかったから責任が持てなかったけれど 本来の自分の領域では責任が生まれるものですよ。 


だから、不安になることはありません。 


自分が決めてきたのですから、責任感が生まれるのです。 


自然に委ねてくださいね。 



ままのままという存在
たいがい、マスタークラスともなると どんなことでも自分で解決できるからたいして困ることはありません。 


ただ、その位置というのは、相談する人がいないし、わかってくれる人がいないので孤独です。 


だから、認めてもらいたいわけではないのですが、わがままを言いたくなります。 



マスタークラスの人たちは、主に 人を守ったり教える立場の人が多いです。 


マスタークラスの人たちは、自分自身に向上心があるから教えることが出来るのですが、教えることばかりだと 苦しくなるのです。 


呼吸で言うところの呼気です。 


呼気ばかりですと、苦しいです。 

吸気がないと、苦しいですね。 


取り入れる場所が必要です。学ぶ場所が必要です。




最近のわたしは、このマスタークラスの人に関わることが多いです。 


マスターたちを癒したり教えたり、ホント ままのままの役目です。 


また 神様からも呼ばれます。 


上に立つ人や人を導く存在というのは、その立場になってみないとわからないもので ストレスを感じる人、存在がいるものです。 


そんな時には、無性に癒しが欲しくなるものです。



誰でもどんな存在でも癒しは必要なのです。 


神々やマスタークラスの人たちに、呼ばれます。



学びが足りない者には教えます。 

癒されたい人には、そばにいて語りかけます。 

ナデナデされたい人にはナデナデナデナデします。 

愚痴を言いたい人には、延々と聞きます。 




ほんと わたしってゴミ箱のように、扱われてます。 

マルチです。 



そんなわたしですが この2、3日の間ですが、その責任感故に、ある人との関係が悪くなってしまいました。


そのため 凹んでいたのです。 


わたしの大切な人を傷付けてしまったのです。。。 


えらいこっちゃです。。。 



こう言っちゃアレですが こうやって24時間働かされてるままのままの大切な人がその責任感故に傷付けてしまったというのは、宇宙の責任です。 
だから、今日はわたしの業務すべてがstopして、大切な方につきっきりです。。。 


親玉みたいなものですね。 



わたしは、ままのままです。 


わたしは、この役目を降りることはできません。


わたしは、ままのままとして生きるのです。 



あきらめない、間違えない をモットーに生きてるわたしですが、わたしはこの生き方が自分らしいし楽なのです。


楽と聞いて、不思議に思うかもしれませんが 楽なのです。


だから、自慢することでもなく書いてます。


自分を律することや自分に厳しいことも わたしは楽なのです。


難しくないし楽しいのです。


自分らしく生きてるだけだから。


だから、継続できるのです。



わたしは基本、できないことはやらないし、首も突っ込まないです。


楽だから、やってるんです。


なぜなら、感情がないから。


自分の行動を邪魔する感情がないから、サクサク動けるのです。




わたしは、内観浄化を繰り返してきて 感情がほとんどないので このように動けるようになり、一目置かれることになったに過ぎないのです。


だから、威張ったり自慢することでもないのです。



ホント、わたしは内観浄化を繰り返してきたおかげで 今まで苦手だったことが出来るようになったというだけです。


最初は、努力は必要ですが 加速がつけは誰でもできます。


サクサク出来るようになります。


「克服してきました」と先記事では書いたけど、そんなたいそうなことでもないのです^^



だって わたし、基本は、できないことはやらないし、首も突っ込まないです。


出来るようになってきたから、手が出る足が出て、お口も達者になってしまった ってだけです。




だから ホント、改まって感謝されると 恥ずかしいのです。


自分としては、自由に楽に生きてるだけで 一目置かれたり感謝されるのですから。。。



これがわたしにとっての楽で自由な生き方です。

このページのトップヘ