この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

わたしは、地球にグラインドしています。 わたしの意識は地球に同調しています。 わたしの想いは地球の想いです。 わたしの叫びは地球の叫びです。 わたしの言葉は地球からのメッセージです。 少しでも、みなさんに 地球の想いを感じていただけたら幸いです。

カテゴリ: 敬う心

想いに報いる。。。


人のために、と想いを込める。


人のために、と願う。


人のために、と祈る。



誰でも、願いを叶えるために、想いを込めて 祈ったことはあると思います。



だけど

逆の立場

想われて
願われて
祈られて


その想いに報いよう!と思ったことはありますか?




人から愛されたことがない、想われたことがないからわからない。。。と言われれば、それまでです。



愛される実感や信頼されている確信が起きますと、 その想いに報いようとする力がわき出てきます。



だから、愛されている感覚がある人は強いのです。
また、支えられていると人は強くなれるのです。



だけど、人は、発信者になりたがります。

自分が世界を変えたいとか世のため人のために動きたいとか考えます。


だけど、逆の立場になりたいとは、あまり思わないと思います。



それは

与えられる人というのは、とかく弱いと考えられがちです。



ご老人は、介護をされる側になりますし
病気になったら、治療を受けますし
障害者と呼ばれる方は人の助けを必要とされます。


人に迷惑をかける。。。との理由で、そうならないようにと思います。



だけど 実際は、そうならないと見えてこないこともあります。



そうなってこそ、人の想いを知るのではないでしょうか?


愛されている
支えられている


そう感じたら、人はどうなりたいと思うでしょうか?



そう感じたら、

そうそう、人の役に立ちたい!

とは、思わないと思います。



そう感じたら、


自分の行いを改めよう。
自分を律しよう。

規則正しい生活をしよう。

これ以上、人の迷惑にならないように努力しよう。
地道に、できることだけやろう。

身の回りのことをきちんとしよう。


と思うはずです。



その想いを感じたら

無茶はしない。

余計なことはしない。


感謝をするということは、基本 そういうことなんです。



自分の力を過信せずに、いただいた想いを大切に感じたら 心の底から 反省することができて
身を正すことができるのです。




人は 何者にもならなくてもいいんだ

ということがわかるのです。



それが

想いに報いる

ということなのです。




いただいた想いを感じたら それを無駄にはできないはずなのです。




だから、病気の人はしっかり治して、療養するのです。

病気が治るか治らないうちから働いて、命を無駄には使わないはずなのです。


ご老人は、その想いを感じたら、暴飲暴食を改め、少しでも長生きしようと努めます。


また、障害者と呼ばれる方は その想いを感じたら、生かされていることを無駄にしない生き方をされるでしょう。




生きていることがご恩返しです。



人に何かを与えることではないのです。



そういう人は、生きているだけで 人に与えられる人だから、それ以上しなくてもいいのです。



世の中って そのように回っているのです。




人はすぐに 自分を過信して、何者になりたがる。


それが 悪いとは言いませんが、わたしたちは 生きているだけで 人に与えられる存在だということを知って欲しいです。




わたしたちは 誰もが愛されている存在です。


それを感じようと、感じまいと、愛されている存在です。



生かされてありがたいと感じるなら、その想いに報いてください。




それが わたしたち人間の使命だとわたしは思っています。

確かに 取っ付きにくい人って居ると思います。


何を考えているのかわからない人

自分のことを話したがらない人



また、こんなことを言って失礼かな と思いつつ、言わなきゃいけない時もあるし


人を全否定してくる人もいるし


横柄な人


上から目線な人


攻撃的な人


初めから、疑ってくる人


こちらの話を聞かない、遮る人


言わないけど、しぐさでバカにし てくる人


感謝を求めてくる人


誉めてもらいたい人


威張る人




それなら そこを満たしてさしあげればよいのです。


その方が満たされるまで満たしてさしあげればよいのです。



満たしつつ、心の中でバカにしていてはいけません。



満たしつつ、相手を敬い、思いやるのです。


心から敬い、出逢いに感謝をするのです。


誰に対しても変わらず接するのです。



相手が何か自分にとって不利になることをしてきたとします、


そしたら それは、何かの間違いだ と思えばよいのです。


それか よほどの理由があるはずだと思えばよいのです。



そう思えば、いさかいはなくなります。





どなたも 大切に接してもらいたいのです。



自分が大切にされたいなら まずは、相手を大切に接することなのです。




それを 日常にすることです。



仕事だからじゃない。


特定の人だけに限定しない。


目に映るすべての人に、そう接するのです。




そうやって、生きていると 心が穏やかになってきますよ。



お試しください。


書き足したいことがありますので続いて書いていきますね。 



神様からの想いや歩みよりを感じるためには、
「自らの歩み寄り」と書きましたが ただ、仲良くしたい〜というような歩み寄りではなくて、根底に敬う心を備えての歩み寄りをしていくことです。


歩み寄りすればいいんだ〜と簡単に考えて、相手を逆に怒らせてしまうなら歩み寄らないほうが良いかもしれません。 




敬う心を持つことは、人として基本的なことで特別なことではありませんが それを持たない人が少なくないように思います。 



親子関係や師弟関係などこの世界には上下関係というものが存在します。 

あと 友達同士の対等な関係でも相手を敬う心は基本的なことです。 




歩み寄りと敬う心はセットなのです。 




先程は、受け入れようとか歩み寄ろうという概念がないと書きましたが、あることに気づくと思います。 


それは、ナイものは推し量れない。 


そうです。 
受け入れよう歩み寄ろうという相手からの気持ちがわからないのです。 

わからないならそれで良いのですがわからないからそこで不安になります。変な動きをされてる?と考えるようです。 




わたしの「グラウディング出来ていない直観は妄想だ」はこういうことです。 

いくら瞑想しても神様からの想いや歩みよりを感じられないのです。 



神様からの想いや歩みよりを感じるためには、人からの歩みよりや受け入れようとする気持ちが理解出来ないことには難しいのかもしれません。 



そのためには、自らが歩み寄ることからなのです。 


その実践、経験を積むことです。 




結婚して子供が出来てみて親の気持ちがわかるとはこういうことなのです。




これが出来て初めて人の気持ちがわかると言えるのです。 


エンパスの共感力の高い方やサイキックの能力で人の心を読む力が高い方でもこの歩み寄ろうとする気持ちのない方は正しく受け取れないですね。 




スピリチュアルな人と言われる人に多い傾向です。 



やはり、自ら歩み寄るという経験を増やすことで気付いていけるでしょうね。 



これはいわば、テレパシーを使う上での基本になるものです。




人から受け入れられたいと感じてる人は少なくないですが そのような方たちに自分から受け入れようとか歩み寄ろうという概念がないことに驚かされます。



受け入れてもらいたいしかない。 
自分から歩み寄るとかはない。



与えられたいしかないのです。  





◎◎すると人から受け入れてもらえるようだ。 

と聞くと、それが一見簡単そうに見えると手を出します。 

でも すぐにやめます。 



「自分には合わない」とか言って。 



それは、合わないわけではなくて 自分から歩み寄らなければならないことに気付くからです。 


人から与えられることは当たり前。 
だけど 自分が出すのは舌を出すのもイヤ。  


これはお金の観念とも関係しているようですね。 




先記事に投稿した歩み寄りは、豊かなままのままさんからの歩み寄りでした。 

ままのままさんは言わば神様ですから豊かさに溢れています。 


愛情たっぷりです。 



ままのままさんはわたし自身でもあります。 



わたしはわたし自身から愛情たっぷり注がれているのですが誰もが同様に自分自身から注がれているものです。 


気がついていないだけで。 


自覚もないですかね? 






一度、静かな場所で目を瞑り自分自身と対話をしてみてください。 



自分自身からたっぷりと愛情が注がれているのを感じとれるのではないでしょうか? 




これは真実のお話しです。 





人は誰しも救われたい。 だから 他宗教を受け入れてきた。 

「救われたい」想いがわかるからこそ他宗教を受け入れてきた先人逹。 

それが日本。



誰かに寄り掛かりたい、慰めてもらいたい、救われたいと何かに依存してしまうのは、それほどまでに辛い経験をしたからではないでしょうか? 



それを自分は選んで生まれてきたなんて知りたいわけではなくて ただただ、気持ちが楽になりたいだけ。。。 



人生で何故、そのようなことが起こるのかをわたしはわかっていても 辛い気持ちはわかります。 


ひとりになり自己と向き合うことが必要だとわかっていてもわたしは寄り添いたいと思う。 


それはわたしが経験してきているからだと思います。 





しかし 今は、悲しみを持たない子供が生まれてきているため、「救われたい」想いがわからない人が増えて、個としての自分を主張する人が増えています。 


悲しみを理解出来なくてもよいから、せめて否定しないで欲しいと願う。 


無宗教が良いことのように言ってる人が少なくない。 


信じるものがあることはいけないことなのか?


心の拠り所があってはいけないのか? 




わたしたちは信じたものを信じた人生を歩むのだ。 




悲しみを知らないことが良いことだとわたしは思わない。 


悲しみを知り乗り越えてこそ深みが出るものだから。 


「救われたい」想いがわからない者は人を思いやる心がないのと同じで、それはAIと同じでAI以上にはなれないだろう。 



今、この地球は過度期で悲しみがわかる人と悲しみがわからない人が共存しています。 



互いを思いやっていけたら良いね。。。 



今は悲しみを理解出来ない人の傍若無人さを悲しみがわかり思いやる心を持った人が許していく世の中なのだなあと感じています。



悲しみを持たない人たちには、そんな辛い想いをしてきた先人たちの歴史があり自身が成り立っていることを知ってほしいです。 





敬う心を忘れずに。 





人ってワガママだったり優柔不断であったり不真面目であったりお調子者であったり子供っぽかったり、なんらかあると思うのです。



そんな自分を好きか嫌いかで幸せは決まる、

そう感じます。




直せるなら直したい、そう思える性質もあると思います。


直せるなら直すにこしたことはない、と思いますが それよりも そんなところを否定しないことが大切です。



自分と向き合う、って否定しないことだと思います。 また 自信過剰にもならないこと。



以前も書きましたが、自慢もしないし卑下もしないために内観や瞑想をしていくのです。


自信過剰で自己肯定感が強すぎるとひとりよがりで幼稚なため、自分を省みることができなくなります。


自分を省みることがないと成長はできないのです。


これからは、その人にとっていちばん大切な「修行」が次々と起るようです。


そのため、反省する心や謙虚さがないと成長はしていかないのです。


いつまでも 叱られていたいですか?


いつまでも バカにされたいですか?


いつまでも 足踏みしていたいですか?



自分の本当に大切なものを握り続けているために、あなたは何をしますか?


大切なものがわかっていても 掴み続ける努力、継続力がなかったら離れていくのです。


それで良いのですか?



だから その大切なものを掴むためには まずは、自分を好きでいることです。


今の自分そのものを好きでいることなのです。


そこからがスタートです。

人の心の中には光りと闇の部分があり、闇があるからそれが自己主張に変わるのです。


ストレスです。


闇があるから、それを発散して光りに変えたい想いが魂にあるのです。



闇が全然ないという人間はいなくて
そこそこ持って生まれてきているのです。



その闇をうまく使うのはひとつですが、基本 発散させて光りに変えていければよいのです。



だけど 情報によって、闇を毛嫌いしている方もいらっしゃいますね。


そんな方は表に出すこともしなくて、くすぶらせているから よけいに、いびつな形で出やすいのです。


結局 あるものだから、伸び伸び出させればよいのです。



そしてまた、その闇を光りに変換させたいために
外側を探します。


魂が欲するので外側を探します。


だから、合コンやナンパ?←古い^^します。


相手を見つけて、光りに変換させたいのです。


癒されたいのです。


そのため、ソウルメイトをさがしますね。


ツインソウルを求める人もおられます。


だけど、外側を探しても引き寄せられません。


何故なら、闇が阻んでいるからです。


ならば、どうしたらよいかというと


寝る。

とにかく、眠ること。




そうやって 魂を落ち着けるのです。


そして 闇は、堅いです。
カチカチです。

だから、ストレッチや体操などで、身体を軟らかくするのです。


温泉に入る。

冷やすと、闇は頑丈になるので とにかく、温めます。


温めて温めて温めまくります。


そのあとは、
与えられた仕事をきちんとすること。

やるべきことをすること。

そのあとは、待つのです。



それが ソウルメイトやツインソウルを引き寄せる秘訣です。



耕して、種を蒔いて、待つのです。


最後に、大切なことを忘れていました。


それは。。。


おしゃれを楽しむことです♪


身だしなみではなくて、おしゃれ♪です。


キラキラジュエリーや女性らしい服装を身に付けましょう♪


心の中をいくら磨いたところで、花は開きません。

外見も必要です。



くら〜い地味な服を着て、部屋の中で そうじやストレッチや瞑想をしていては、花は開かないのです。


女は綺麗に、、、、
慎ましさも大切です。



殿方に見初めていただくには、外見や薫りも必要です。。。



花を開かせることです。。。。


先記事の 

『日本人の強さの本質は、主君に忠誠を尽くす特性そのものこそが日本人魂だったのです。

それは、

強さをくじき、弱きを助ける正義性、
嘘をつかない、
だまさない、
裏切らない、
うばわない、
親切にする
といった日本人に埋め込まれてきた遺伝子のはたらきです。』


これって モロ、わたしだし、これが元にわたしが創られています。。。 



今までわたしは『受け入れる』ことを題材に書いてきましたが、『受け入れる』ことは、闇雲に受け入れることではなく、礼節を重んじるながら受け入れるこです。




大和魂は縄文を思い出せば蘇るものではなくて、神様と呼ばれる存在、すなわち自然と共存していた時期に、自身が神様(自然)を畏れ多い存在だと思い出すことなのです。 



自然の前では、ただただひれ伏してしまう。。。 

そんな自分を思い出すことなのです。 





日本人の封建的特徴の一つは、「進んで人に従おう」とする性格にあり、日本人はアメリカ人のように、自分で考える訓練を受けていません。


また、「民は指導者に従うべきであり、そのため忠誠心以外はいかなる道理も与えられてはならない」という論理のうえに徳川幕府が築かれていたため、かなり闇雲に従うという本能によって、明治維新後の日本人はアメリカ的な考えを受け容れようと熱心に努力してきました。

そのため、かなり自分本位に権利ばかりに注意を集中し、本分と義務について考えていないという現状を生み出しました。。


そして、日本人大衆層は、自分の親戚縁者はその利益を追求すべき友人とみなし、他の人間はその利益を考慮するに値しない敵と考えるようにもなりました。


また、現代の日本人の間には宗教心が欠如していますが、その特性は「真の太陽神」に祀ろうことにより発揮されるようです。

そのため、
アメリカ(GHQ)は日本の精神性をコテンパンに打ちのめし、二度と立ち上がれないように洗脳しようしていましたが、日本人の強さの本質は、主君に忠誠を尽くす特性そのものこそが日本人魂だったのです。

それは、

強さをくじき、弱きを助ける正義性、

嘘をつかない、

だまさない、

裏切らない、

うばわない、

親切にする

といった日本人に埋め込まれてきた遺伝子のはたらきです。


その特性は神話や日本の伝承、伝説、おとぎ話に織り込まれるようにして刻み込まれています。



そして、
『闇雲に従うという本能』
これは言い換えれば、「主君に忠誠を尽くす」という日本人の特性そのものです。


日本人は全体として、自己の民主化に必要な教育に欠けており、さらに
真の宗教心にも欠けており、そのため一方の極端から他方の極端へと揺れやすいという特性がありますが それを「主君に忠誠を尽くす」という日本人の特性でカバーされているのです。 



禍転じて福となす




どこかのブログの転載です。

このページのトップヘ