この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

「わたし」が今、なぜ、ここで生きているのか。 人は本来この世の中でただ一つの命として、自然で無垢な、すがすがしくも清らかな存在です。 しかし現代では、その姿を保つには相当の努力が必要なことのようです。 心身を清浄に保つためには、神や祭り、自然の力をかりて謙虚な気持ちに立ち返ることが必要です。 自分の目の前に差し出されたことを真摯に受け止めてください。 出来ないことは求められないものです。 息の本体に帰ってください。 息の本体に帰り、愛となれば、望んだことは一寸の狂いもなく叶えられるもので、望みが叶えられないのは、我が身が愛でない証拠。 だから、息の本体に帰ってください。 ご自身の「根っこ」を見極めるために、父母 をこえる存在として神や仏、自然の世界やご先祖様の存在が解ると、大きな心のよりどころを得ることになるものです。 日本の文化や風習、特に日本人のこころに脈々と受け継がれてきている信念を取り戻すことは、古くからある豊かな心をとりもどさせてくれるだけでなく、新たな価値観を生み出す大きな手段ともなるものなのです。 そのために出来ることを日々、お伝えしています。

カテゴリ: 自己価値

先記事はわかりやすく表現するために 強い弱いと書き表しました。


しかし 実際には、強弱はなく それは、自分の心の中の思い込みで造られてしまうものです。


わたしが言いたいのは 人は皆、強弱という違いはないんだ ということなんです。


人それぞれ個性は違いますが 強弱、善悪という違いはないのです。


強弱善悪は人の心が決めていることです。


強いと表される人間であっても弱いと表される人間でも何かに立ち向かう心は持っているものです。


強い女、弱い女なんて存在しない。


誰もが愛される存在で守られなければならない存在なんていない。


守られなければいけないものは人としての尊厳です。

こうやってみると、SNSというのは自己主張して認められたい人の集まりで 自分に自信のない人の集まりなんだろうなあ ということがわかる。



自信がないと自己価値が低くて、自分に値段をつけることができない。


自分の作品を極端に低く見積もったり、相手に値段をつけさせたり、こだわりの〇〇〇という明らかに価値がわかるものを取り入れたりして、いかに自分の自信のなさを隠すことをしようてする人が多い。



こだわりのお米で握らなくてもわたしのお握りは、非常に価値あるとわたし自身は思っている。


だから、価値がわかる人にしか握らない^^




自分の価値って値段をつける云々じゃなくて、どれだけ自分は価値ある人かをわかっていればいいのだと思う。


だれもが価値ある存在だから、それに気づいてほしいなあ と思います。

自己価値は心の裕福さで計ることができます。


そして 心の裕福さは現実的なお金に比例するものです。



心が貧しくて お金を毛嫌いしている人は裕福になることを制限しているのです。


また、今までの心の貧しさから脱出できたとしても、今のままで十分だと謙虚にならなければいけないと思っていると豊かさは遠退くものなのです。



『足るを知る』
という諺があります。


本当に今のままで十分だと謙虚に生きている人はお金も増えていくもので、 謙虚にならなければいけないと我慢している人は 現実的な金銭面には反映してこないものなのです。


自己価値が低いと、自分の意見をハッキリ言えない傾向があり、また 低いが故に覚られたくなくて、見栄を張る人もおられます。


自己価値が低いと、自分に自信がなくて自分の意見を言えなくなるか自己主張が強くなるかどちらかになります。



自己主張と自分の意見を伝えることは違うのです。


それを履き違えている方も多いです。



それ故に 自己価値の低い人は経済観念がしっかりしていないという特徴に出やすいですね。


自己価値が低いから、物質で補おうとします。

そのために、お金を使います。

結果、お金はなくなります。


だけど、自己価値が高ければ 補おうとしなくなりますので、お金が減ることはなくなります。


また 自分は裕福になる価値がないんだと制限すると 豊かさ(お金)は巡っては来ないものなのです。



自己価値の高い人=自信のある人は、高ければ高いほど 謙虚になるものです。


それは 何を言われても何が起ころうとも自分の価値は下がらないということがわかっているので、頭を下げることが出来るのです。


しなければいけないと頭を下げるのではなくて 自分の意志で自ずと頭が下がるのです。


結果、より豊かになるのです。



お金が欲しい、裕福になりたいと思っている人は多いです。



裕福になりたければ、まずは経済観念をしっかり持って自己価値を上げることです。


いくらお金を稼いでも 自己価値が低いと、使いすぎてしまい 豊かさからは遠退きます。


まずは、経済観念をしっかり持つことで 自己価値を上げて、自分に自信が持てるようにもなりますよ。


お金のお勉強は大切ですね。

わたしは 人の魂を観てお付き合いをするため 発せられる言葉が魂の想いと異なる時は 理解不能に陥ります。


魂を観て、とは 魂的には皆、お友だちであり兄弟なのです。

通じあっている仲間、なのですね。

でも 各々の魂には、別々の人格があり自我もあります。


だから 通じ合えなくても仕方がないのですが、それでも ついつい、魂を観てしまうので 魂の想いと自我から発せられる言葉が違うとがっかりしてしまうのです。



いつの頃からかわからないけど
ひょっとしたら、生まれてからかもしれないけれど 魂を観て人付き合いをしています。



だから、これは わたしに身に付いているもので、特殊能力とは言えないのです。


そのため 人の自我を読み取る力に疎いところもあります。


人の気持ちがわからないのです。



わたしに対して、嫌悪感を抱いている人がいても わたしは スルスルと近寄り、話し掛けます。


怖くないのです。


でも それをしちゃうので、よけいに爆弾を落とされる傾向もあります。


でも 魂しか観ていないので懲りなくて、何度でも繰り返しちゃいます。




このわたしが10年ほど前は、エネルギーにすごく敏感になったことがあります。


自我、エゴのエネルギー読み取り能力が強くなった時があります。



そんな自我、エゴエネルギー読み取り能力というのが 超能力というもののような気がします。


今のわたしは 自我、エゴがほとんどないので 超能力的なものもなくなっているような気がします。


割方、騙されやすい^^



なので 最近は、また その超能力的な部分がわかるような流れになってきているため いろんな体験をしています。




この魂を観て話をするということは たぶん、誰もが赤ちゃん、幼児の頃はやっていたことだと思います。


だけど いつしか魂を観ることよりも その人の言葉や態度を優先して信じてしまうようになっていくのではないでしょうか?


子供の頃は 皆、魂を観てコミニュケーションを取っていたような気がします。



この自我やエゴを読み取るエネルギーを受けたり感じたりすることって

肉体を持っていると結構、疲れる作業です。



でも これからのわたしの人生に必要だからやっているのでしょうね。



だから 昨日書いたショックを受けたことしかり、以前書いた、わたしに上から目線で挑発してきたことしかりですが それは人間として生きる上では必要なものなのです。


それを度外視しては 先に進めないような気がしています。



だから わたしは一旦は、自我、エゴがなくなったものの 付けられていくのです。


付いたり外れたり忙しい自我エネルギーですね。


しかし、先記事でも書いた通り、
魂の尊厳はわかっていますので

自我、エゴエネルギーに乗っ取られることはないです。




このように 魂の尊厳を思い出してから 自我、エゴエネルギーと遊ぶのが望ましいと言えるでしょう。



みんな見ると、乗っ取られてしまっていますね〜



魂的には まあ、楽しんでいますが
あまりにも深みにはまるのはイヤみたいです。


だけど それでも魂は寄り添ってくれているものです。



ありがたい限りです。

相手は鏡だと言われる所以は

相手を観て、我がふり直せ というのもあるし

相手の言葉に 自分の改善点が隠されているからです。



人から非難される時は、自分自身が自分を批判している時なのです。


相手の言葉は忠実に示してくるから
よその誰かに相談するよりも その言葉をきちんと受け止め、指摘されたことを直したり、改善するだけなのです。


だけど 人は感情の生き物だから 感情を乗せて伝えてくるから 聞き入れられないけど 言葉から感情を外したら 誠に、自分の改善点を示した言葉になるわけです。


指摘されたことを 改善するだけで ステップアップするのです。


それで 自分に自信がつくのです。


自分に自信がついたら相手にも感謝ができるというものです。



物事をこのように第三者的に捉えることができるようになると 気づきが増えて 人に対して感謝ができるわけです。


結局 相手の言葉で 自信がつくことに繋がるわけですから 人間関係も円満に進みます。



このように 考えられないといつまでたっても 人を感情で判断してしまうのです。


自信はない。

人は批判する。


って、そんな人間で居たいのですか?ってことです。



いつまでも されたことを根に持って生きることをしたいわけじゃないのではないですか?


わたしは魂を観ますから、ホント そばに寄り添っている魂がかわいそうです。



魂は人を憎んでいたいわけではないし、人を批判したいわけではないのです。


魂の尊厳はないのか?とも思います。



そこをわからない人がいるので書いています。

この『自己責任』ですが

ますます、このエネルギーが強くなってきているのを 最近、感じます。




わたしは 元々、責任感がある方でなく いい加減な人間でしたので ここのところ鍛えられて、今があります。


以前は 責任感のなさを突っ込まれて右往左往していましたが 最近はどっしりしてきました。



しかし
今までそれなりに責任感を持って仕事をしてきた人にとっては 最近のエネルギーの高まりはプレッシャーを感じるようです。


そのため そこから逃れたくて、嘘をつこうとされる方も見かけるようになりました。


今までは それなりに仕事をしてきているのに、それ以上を求められるから 自分自身プレッシャーをかけられて よく見せようとつい、嘘をついてしまったり頑張り過ぎます。


どうしてそんな嘘をつくの?
と思うような嘘をつきます。


よく見られたい!よりも きちんと仕事をすることを求められているのです。


きちんと

という意味は、

出来ないことは潔く、出来ないと認めて
出来ることに一生懸命に取り組むことです。



出来ないことは求めてられないのです。



そこをわかっていない人は多いです。


今まで コツコツ真面目に仕事をしてきた人に限って、多いです。


そのため 嘘をつくことで それまでしてきたことが帳消しされてしまいます。


よく見せたい

よりも

きちんと、仕事をいたしましょう。



人には、分相応というものがあります。


自分の分をわきまえることは必要です。


自分がそれに相応しくなれば 自ら求めなくても、求められるものです。



真面目に仕事をコツコツしていれば、求められるのです。


求められないのに、自分から求めることは リスクを伴うものです。


挑戦 ですか?


挑戦ならば 嘘をつくことなく自信を持って挑みたいものです。



ここで 自己価値をどこに求めるかが重要となってきます。



こけでは、自信はなくても良いのです。


嘘をついたりゴマかさなければ、下手な自信はなくても良いのです。


下手な自信があるから、ごまかすのです。


自己価値については、昨日書いています。


参考になさってくださいね。




成長することと自分の価値を上げること この世界にあるすべてのものは感謝をするために存在する

http://mamanomama777.m.blog.jp/article/50842975?guid=ON

このページのトップヘ