この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

「わたし」が今、なぜ、ここで生きているのか。 人は本来この世の中でただ一つの命として、自然で無垢な、すがすがしくも清らかな存在です。 しかし現代では、その姿を保つには相当の努力が必要なことのようです。 心身を清浄に保つためには、神や祭り、自然の力をかりて謙虚な気持ちに立ち返ることが必要です。 自分の目の前に差し出されたことを真摯に受け止めてください。 出来ないことは求められないものです。 息の本体に帰ってください。 息の本体に帰り、愛となれば、望んだことは一寸の狂いもなく叶えられるもので、望みが叶えられないのは、我が身が愛でない証拠。 だから、息の本体に帰ってください。 ご自身の「根っこ」を見極めるために、父母 をこえる存在として神や仏、自然の世界やご先祖様の存在が解ると、大きな心のよりどころを得ることになるものです。 日本の文化や風習、特に日本人のこころに脈々と受け継がれてきている信念を取り戻すことは、古くからある豊かな心をとりもどさせてくれるだけでなく、新たな価値観を生み出す大きな手段ともなるものなのです。 そのために出来ることを日々、お伝えしています。

カテゴリ: 誠意を尽くすこと


今は、誰にとっても覚悟を決める時で それによって望む未来を手に入れる時なのです。 


頑張ってきた証をいただけるので 遠慮なくいただきましょう〜。 



なんて 昨日も、友人宅で熱く語り合っていました。 



友人は、今 その覚悟が足りない状態だったので、ほんの少し背中を押したら、感謝されてしまいました。 


感謝って人を確信に導くんですね。 


家に戻ってからのわたしは、自分のやりたいこと望むことが間違いではないんだ、という確信が出来たように思います。 


覚悟や確信って、何か一回、心を決めるものではなくて 幾度となく、繰り返し 確信に導かれ覚悟を決めていく。。。 


だから、覚悟って怖くないんだなあと思います。 


一度、やんわりとでも心が決まったら、その想いは本物だよ、あなたの覚悟は間違いじゃないよ という確信が繰り返しいただけるから、より覚悟が出来るのだなあ と思いました。 


昨日は、わたしの唯一のスピ友との再会だったのでバカ話しをするつもりでしたが、サプライズで感謝をいただけたお陰で確信が生まれました。 


わたしの源を再確認しました。 


これからどう生きたら良いか、をわかってはいたけれど 再確認ができました。  



わたしは空ちゃんからコテコテに愛されている。その確信で生み出される豊かさ、わたしたちの愛をふりまくために この地球に生まれてきたんだなあ と再確信できました。 


空ちゃんは、男のメンツにかけて 好きとは絶対に言ってくれないけれど、 好きだと思ってくれてるんだと確信ができました。 



確信は人を強くするのですね。 


こうやって 強靭なわたしがつくられていくのです〜

誠実さとは常に透明な心を持ち続けることです。


ありのままの自分自身で居続けることです。


そして大勢いる他人の中でも自分ひとりだけでいるときでも、常に変わらない一貫性をもった行動をとることが高いスピリチュアルな存在であり誠実さと言えます。


魂の導きと自分の真実に従い、誠実さを持った行動をすることで4次元5次元、さらに高次元の意識を持った存在になれるのです。



自分自身が真実であり続け、心をオープンにして、誠実であり続け自分の内面にある光をもっと輝かせば、他の人も輝けられるようになります。


それが人を助けることになり、魂の真の自由につながるのです。



誠実であればあるほど、自身が透明な光りを放ちます。


それは、正直さとは違います。


正直さとは、自分自身の正しさですが 誠実さとは真心を込めることなのです。


相手を敬うのに、自身の正しさは必要ないのです。真心があればよいのです。

我慢しなくていいんだよとか自由にしていていいんだよって言われるけれど わたしは、人に誠意を示していいんだよって言いたいです。


誠意を尽くしていいんだよ。

感謝していいんだよ。




本当は 素直になって、人に誠意を示したいはずなのに、しない。。。


何故?


それは 傷つけられたから。

傷つけられたから、自分も傷つけたら癒されると勘違いしているから。



自分が傷つけられたからといって、相手にも同じように思わせたい。。。なんて、本当は思っていないくせに。


本当は、相手に誠意を示したいのにね。

守るってどういうことがわかりますか?


相手に最善を尽くすことなんです。


相手が子供であれば、相手が反抗しようとも 同じ土俵に上がらずに 見守り、最善を尽くすことです。

相手の立場になって考えて、導くことでもあります。


相手をとことん信用することも守ることだと思います。


だけど、いざというときには、引き上げる強さがないと 守るとは言いません。


その強さに守られているから、安心できるのです。



わたしは 地球にしっかり守られています。
だから 安心して、世のため人のために動けるのです。



わたしがぐらついていては ライトワークできまへ〜ん^^





このページのトップヘ