この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

「わたし」が今、なぜ、ここで生きているのか。 人は本来この世の中でただ一つの命として、自然で無垢な、すがすがしくも清らかな存在です。 しかし現代では、その姿を保つには相当の努力が必要なことのようです。 心身を清浄に保つためには、神や祭り、自然の力をかりて謙虚な気持ちに立ち返ることが必要です。 自分の目の前に差し出されたことを真摯に受け止めてください。 出来ないことは求められないものです。 息の本体に帰ってください。 息の本体に帰り、愛となれば、望んだことは一寸の狂いもなく叶えられるもので、望みが叶えられないのは、我が身が愛でない証拠。 だから、息の本体に帰ってください。 ご自身の「根っこ」を見極めるために、父母 をこえる存在として神や仏、自然の世界やご先祖様の存在が解ると、大きな心のよりどころを得ることになるものです。 日本の文化や風習、特に日本人のこころに脈々と受け継がれてきている信念を取り戻すことは、古くからある豊かな心をとりもどさせてくれるだけでなく、新たな価値観を生み出す大きな手段ともなるものなのです。 そのために出来ることを日々、お伝えしています。

カテゴリ: 継続力


長年、取り憑かれているように誤解していたことがありましたが、やっと解けました。。。 



言葉とエネルギーが違うからと納得できなかったけれど 最近やっと、エネルギーと言葉が合致してきました。 



わたしは言葉では騙されないからより厄介だと思う。 

たぶん エネルギーが最近、変わったのだろう。 


相手が、何かに拘っていたことがあり、それを手放しスッキリしたのだろうな。 

それでエネルギーが変わって、わたしが納得出来るようになったんだと感じた。 



誤解は妄想を産み出すね。 



誤解していたから
希望を持ち続けることが難しかったし不安にもなった。 


希望を持てない環境に身を置いてると勝手に誤解していたんだ。 


あのまま、相手が握り締めていたものを手放さなかったら、あのまま希望のないものだった。 



こんな時が来るなんて想いもよらなかったな。 



希望を持つって大事だね。 




感謝の継続2
今まで誰かに頼って生きてきたから 自分で自分の行動の責任が持てない。 
失敗が成長させるきっかけになるのに、失敗したくない。 

失敗が怖いから行動できない。 

自分の行動に自信が持てない。 

人生を歩むについて知らないことやわからないことが多すぎる。 

失敗して恐怖を味わった経験から前に進めない。 
怒られるばかりで教えてもらえなかった経験がある。




これは、女性性が育っていないから起こることです。 


そのような方は、先記事の感謝の継続をお勧めします。 



男性性の強い男性にとっては 男性性が強くない女性を求めるのだと思う。 

だから、仕事ができても謙虚さがある女性か仕事ができなくて自信がない女性でもどちらでも構わないのだと思う。 


主張しない女性ならば。 



女性が主張するから男性はイヤなんだと思う。 


バカになれる女性か心底バカかは、どちらでも構わないのだなあ 



どうせなら、バカになれる女性で居たいものだ。 


家庭的な人が好きという男性は多いですが、何をするから家庭的なのでしょう。 



お料理、お掃除、共に男性性を使うことです。 



お料理が苦手、お掃除が苦手な人もいらっしゃいます。 


そういう人こそ女性的なのです。 







人は女性性と男性性とふたつ持っています。 


ふたつが協力しあってひとりの人格が生まれます。 


男性性の強い女性、女性性の強い男性 というパターンもみられます。 





人というのは、誰にも男性性と女性性があり、霊的成長していくとふたつが統合されていくのです。 


まずは女性性が育てられそのあとに男性性が育てられて統合します。 


ひとりの人間の中で両性が統合されて人となります。 





だから まずは女性性が育てられるようなことが現実的に起こるようになるのです。 


しかし まだ、男性性が育っていない方もおられますし 女性性すら育っていない方もおられます。 


それは 人それぞれ進化の違いはあるものです。 



しかし 女性性が育ち確立されてくると それが完全だと錯覚することがあるようです。 

そして それが完成形だと錯覚して伝える場合があるようです。 


男性性が確立されていないのに統合はあり得ないのです。 



しかし どちらも育っていない方は錯覚を鵜呑みにします。 



書籍やブログなど、人間の成長のことなどを書かれているものは多いですが、間違わないようにしてください。 


結局 わからないから間違うし鵜呑みにするしだまされるのです。 



わからないことがそもそもの原因です。 


だから、感謝の継続をお勧めします。


毎日のお詣りを続けたり、瞑想を続けたり、日記を書くことを続けたり、グラウディングを続ける。 


欠かさず、続けること。 


これは、人間の内側にある仏心を思い出すことに繋がります。 



毎日、欠かさずに感謝することを続けるのです。 



今まで、誰に支えられて生きてきましたか? 


すべての人に感謝することを欠かさず、続けるのです。 


自分に関わった人、苦手な人、嫌いな人にも感謝することを欠かさず続けるのです。 



それが仏心を思い出す近道です。 


好きな人や親切にしていただいた人にだけ感謝していても仏心は思い出しません。 


継続していてもなかなか進まないという人は人を区別しているからでしょう。 



人は感謝の継続を経て仏心を思い出し感謝がわき上がると自分のやりたいことや生きる目的がわかるようになるようです。 



逆に、やりたいことはたくさんあるけれど 感謝の継続をされていない人も見受けられます。 

そのような方はジャッジが強いようです。 

ジャッジが強いと、感謝の継続は出来ないようです。 

瞑想が続かない、継続することが難しいという傾向がありますね。 


また 権力的な傾向もあります。




感謝は、本来はわき上がるものですが 瞑想やグラウディング、お詣りをすることにより心を育てることで感謝がわき上がるようになるのでお勧めしています。 



瞑想だけではなくても感謝の心を育てる手段はあるので 自分に合ったことをみつけてみてはよいかと思います。 




神様との信頼感を得るためには、継続力と素直さ。


純粋に継続する素直さ。

そこに、神様が目をつけて、恩恵を与えてくださるのです。


恩恵を受けたら、素直に喜ぶ。


素直に喜ぶ気持ちや様が感謝に変わります。


お返しは、いらないのです。


神様だから。


神様とは対等な関係ではないから、お返しはいらない。

だけど、感謝は必要。

素直に喜び、引き続き継続する素直さが感謝となるのです。




また 一旦、感謝は誰にでもできます。


感謝し続ける心、を育てることが魂を磨くことになるのです。


それが、感謝して生きるということなのです。

継続することばかりが良いことではない。


自分が決めたことを守ることが大切なんです。


長年続けてきたことでも 合わないならやめる意思も必要です。


だから、3ヶ月は続けたほうがいいと書きました。


人は成長、変化するものだから 継続しなくてもよいこともあります。


その見極めができない場合には 宇宙が動いてくれます。


必要でなくなったことは外されるのです。


でも 何もしていない人は外しようがありません。



宇宙に身を任せることもひとつですが、自分で決めることは大切です。


1月31日は獅子座の満月です。


この満月のエネルギーは、必要のないものを取り払ってくれるそうですが、それは 今まで努力してきた人に起こるようです。


宇宙にお任せ。
流れに身を任せるだけと、鷹をくっていても 何も現実は動きません。


そうやって、二極化が進んでいくようです。

自分がやると決めたことは必ず守ることなんです。


例えば、毎日、呼吸法をやります、瞑想を続けます と自分と約束をしたら 必ず、続けることなんです。


やってるうちに、違うなあ と感じても 3ヶ月間は続けるのです。



自信をつけるって こんなちょっとした継続からです。


継続できない人は、心が弱いです。



毎日、ひとつのことを続けられない人は いつまでたっても弱いままです。

継続力がないのです。


勉強にしても仕事にしても すぐにあきらめてしまう人は、心が弱いです。

先記事の安請け合いしても続かないのも同じです。


わたしは、メールアドバイスをさせていただいていますが、毎日、日記を書くことが必須です。


それができない人は、元々 はじかれます。


というよりも 毎日、続ける自信がないから メールアドバイスを受けられない方もいらっしゃいます。

気まぐれでしか、何かをできない。



それが良い悪いの問題ではなくて、できることと出来ないことをはっきりさせることが大切なのです。


それが自分を知ることだから。



自分を知ってあきらめた人生を送るのか奮起するのかは、自分次第です。


良いも悪いもないのです。



どんな人生も自分に責任を持って生きればいい話です。



自分はダメだ〜ダメだ〜と言い続けている人生でも 自分が納得していれば良い話です。


ただ わたしは 奮起したい!成長したい!という想いの人の手助けをさせていただくだけなのです。


このままで良い、何もしなくて良いというのなら わたしは手も足も出しません。


ただ わたしは魂の想いがわかるから、魂からの要請があると 動かされてしまいます。

道を間違わないように、丁寧に導かれている。。。


わたしの歩む道に転がっている小さな石ころもひとつひとつ丁寧に取り払われていき、道も整備されていく。




今朝から、自虐の念に囚われていて、これからのわたしの進む道を頭で考えていたけれど、考えなくてもいいんだよ と言われている気がする。



〇〇〇〇が出来るようにならなければ、とか〇〇〇にならなければ、という想いに囚われていたけれど 今のわたしの姿で間違ってはいないのだと思う。



完璧さは求められてない。

わたしはひとりで多くのことをやろうとしていた。

苦手なこともやりきろうとしていた。



ただ、進むことを決めるだけなのだと感じた。



頭で考え過ぎていたから、恐れが出ていた。


自分が変わってしまうことへの恐れ。


本当は求めて止まないものなのに、、、、。



永遠を目指して、わたしは舵を切る。


もう、迷わないし 迷えない。


決めることって大切だと感じています。


常に生き続けることを選択するだけ。。。

わたしは人生の最終目的はわかって生きているけど、どうやって生きる ということまでは、しっかりわかっていなかったと思う。


それは、自分の個性特性を考えてのことだけど、最終目的ばかりが先に立って、どうやって生きる、何をして生きるということは軽く考えていました。


どうやって生きる、何をして生きるって大切だなあ〜


わたしは人生の目的を果たすために、自ら配役を決めて、周りに居てくれる人を設置しているんだなあ と改めて感じています。


次元が変わっても、わたしの周りが変わらないのは、そういうことなんだと腑に落ちました。


私みたいなのは珍しいと思うけど、わたしはこの場所以外では生きてはいけないのだと思います。

何故なら、どうしてわたしはここに居るんだろう?と疑問を持つと わたしはそれだけで生きる目的を失い、生きる意欲を失い、身体から生命力が抜けていくからです。


それを幾度と繰り返して、 わたしは、この場所で生きていかなければ 自分の人生の目的は果たせないんだということがわかりました。



世間では、様様な選択肢があると言われていますが、わたしにはこの道しかないのだと思います。



自分で生き方を決めてきているから、それに従うしかない!と腹を括らされています。



この世の中には、たくさんの情報が溢れていますが、情報に翻弄されて自分自身決めてきた道から外れている方もみかけます。



生きて為し遂げることは大切かなあと思います。


自分の命を差し出す生き方ではなくて、生きて生きて生き抜くことをわたしはやりたいのだと思います。




生き抜いた先に、永遠が見えるのだと思います。

生きよう生きていこうという意欲を持つことは大切だと思う。


生きるために、仕事をしようという意欲


生きるために、稼ごうという意欲



スピリチュアルに傾倒している人は、とかく意欲が薄いと思う。


タイミングが合った時にね。

と よく、言われるが そう言われる方とはタイミングが合わない。



会いたいと言われれば、わたしは何を置いてでも飛んでいくし、わたしは自分がやりたいことしかしない。


タイミングがどうこうない。



会いたいから会いに行く。

側にいたいから、離れない。

この人から学びたいから、学びにいく。



そういうものじゃないかな?



自分を輝かせるって、自分のやりたいをすることだと思う。


自分を輝かせるって、生き続ける意欲を持つことだと思う。

許された中にいると人は、自分が強くなった気になり感謝がなくなり傲慢になることがあります。



誰によって支えられているかを自覚できなくなり、その人に感謝も誠意もなくなるとお試しがやってくるものです。



許しを受けると人は、安心感を得ます。


感謝がわき上がります。


しかし それが続くと、当たり前になり 自分が神様になったかのように強くなったと錯覚することがあります。


周りに支えられている人ほど、錯覚します。



続けるって、ただ続けることではなく 意識して続けることです。


流されるとは違うものです。


誰に支えられて生きているかを自覚し続けて生きることが感謝するということです。



あなたは感謝していますか?

このページのトップヘ