この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

「わたし」が今、なぜ、ここで生きているのか。 人は本来この世の中でただ一つの命として、自然で無垢な、すがすがしくも清らかな存在です。 しかし現代では、その姿を保つには相当の努力が必要なことのようです。 心身を清浄に保つためには、神や祭り、自然の力をかりて謙虚な気持ちに立ち返ることが必要です。 自分の目の前に差し出されたことを真摯に受け止めてください。 出来ないことは求められないものです。 息の本体に帰ってください。 息の本体に帰り、愛となれば、望んだことは一寸の狂いもなく叶えられるもので、望みが叶えられないのは、我が身が愛でない証拠。 だから、息の本体に帰ってください。 ご自身の「根っこ」を見極めるために、父母 をこえる存在として神や仏、自然の世界やご先祖様の存在が解ると、大きな心のよりどころを得ることになるものです。 日本の文化や風習、特に日本人のこころに脈々と受け継がれてきている信念を取り戻すことは、古くからある豊かな心をとりもどさせてくれるだけでなく、新たな価値観を生み出す大きな手段ともなるものなのです。 そのために出来ることを日々、お伝えしています。

カテゴリ: 神様の使いとして


わたしは自分の利益を考えずに動くし動かされます。 

だから、神様に使われるのです。 



また、自分の利益を考えずに動くわたしを人は使おうとします。 


わたしはそのように使わされます。



便利だから使えるだけ使ってやろう! 

そう思われる方も少なくありません。 



わたしは神の使いで神に使われてる存在です。 



そんなわたしをぞんざいに扱う者には宇宙の法則が働きます。 



働きます。 




最近 わたしが動かされるのはそのような理由もありますね。  





神に使われてる身ですからどこにでも行かされますが、ぞんざいに扱われることがわかっているときには戸を立てる時もあります。


そうやって、守らせていただくこともあります。 



だから わたしはわたしとの付き合い方を通して、人との付き合い方、自分との付き合い方を教えているのかもしれません。








このわたしの中に居るままのまま さんという存在はとても立派な方だと思う。(自分のことなのに、変f^_^;) 


自分に厳しくて それでいて他者にはそれを求めず、優しくて慈愛に溢れていて、とても親切なの。 
人が何か困っていたら率先して手伝い、重い荷物も軽々と抱えるの。 


何年か前、何回かの悟りの時に体験した『怖れるものは何もない。出来ないことは何ひとつ、ない。』という存在がそうだったんだ、、、と納得。 


とてつもなく大きくて安心できて、委ねられる存在。 



それがままのまま さんであり、わたしが目指すところなのだと思う。 



今のわたしでも、人から慕われるし安心できるし頼れる存在だと言ってもらえるけど 比じゃない。 

それでいて 女子力も高い。 


まるで、うる星やつらのラムちゃんみたいな存在。 



比じゃない。



たまに、そんなままのまま さんがうっかり顔を出す時がある。 


おちゃめでかわいい♪ 

2016年には、こうやって書いたけど わたしは、この神の愛を目指して修行をしていくのでしょう。





『人の愛』 この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま
URL:
http://mamanomama777.m.blog.jp/article/50837019?guid=ON


人の愛
2016.03.01

人間という外側の奥には、全知全能という魂部分が控えているから 


『怖れるものは何もない。 
出来ないことは何一つない。』 

と、思えるのですが 


この想いって、完全ではないのです。 



できないことは何一つない。。。という想いは、 

『すべてを受け入れます』 
という意味でもあるのです。


だけどね 


すべてを受け入れることができるから、全知全能なわけではなくて 

引き受けない強さもないと全知全能ではないのです。 



『すべてを受け入れる』って女性性で 

『引き受けない』のは男性性 

なのです。 



『すべてを受け入れる』想いと 
『引き受けない』想いの奥にあるのは、 

『すべてを受け入れるから引き受けない』という想いで 

『全知全能』というのは、『すべてを受け入れるから引き受けない』という意味なのですね。



『すべてを受け入れるから引き受けない』 


だから、 


見守れるし、待てるのです。 



見守る愛です。 


見守る愛って全知全能という意味なのです。 





見守る愛って 


継続して、相手を信じて待つことができる。


これが 神様の愛なのですね。 


人間の愛ではないのです。 



だから、 


この見守る愛を目指そうということは、もう 肉体を脱がないとできないことじゃないのかなあなんて わたしは思っています。 


いくら わたしの魂が神様だとしても 
肉体を着ている限りは、神にはなり得ないから。 



だから、 


人間においては


この『見守る愛』はできないけど 


ギリギリまで待つ。 

そして、いざというときは引き上げる。受け入れる。 



これが 

人の愛だとわたしは思うのです。 



人は肉体を持つから、最終的には 腕で抱きしめるし足で駆けつけるのだと思います。 



わたしの中の神様
昨日は、久しぶりにいろいろ歩いた。 

最近のわたしは自分のルーツを探っているような気がする。 

そのために 近場だがあちこち回ったのだろう。 


そのせいか、昨夜は 何かが一気に爆発した。 


一見、DVのフラッシュバックのような気がした。 


しかし それは、肉体を着た神には当たり前にあることだと気づいた。 


わたしたちは、「神様」というとどんな姿を想像するだろうか? 


わたしたちは 見たこともない神を勝手に自分の概念で作り上げているのではないのか と感じました。 


清濁合わせ呑む  


神というのは、清濁合わせ呑む存在だと感じるからです。



わたしは 今まで この世界に生きてきて、良いことも悪いことも辛いことも苦しいことも楽しいことも嬉しいことも経験して呑み込んできました。 

呑み込んできたのです。 

だから、わかる。 





神様のことなんて、自分が経験したことを呑み込まないとわからないのです。 


なぜなら 自分の心の中に神様がいるからです。 




自分の目の前に起こることはすべて 内側にいる神様が映し出してくださっている。 


そう思います。 



どんな自分も呑み込む。 

どんな自分も許している。 


だから、外側の自分が体験できるのです。 



内側に神様がいるから体験できるのです。 





あなたはこの世界でどんな体験をしていますか?



あなたの神様はどんな自分を映し出してくださっていますか? 



いつも内側に神様が居てくれてくださるから体験できる。 


それが幸せということだと思います。 









わたしは普段、日常的に誰とでもさまざまな話しをします。 


誰とでもします。 


日常話しなので、わたしの身に起きた話しも多々します。 


わたしの日常は、神と共存しているので少々、不思議話しも多いですが話して良い人悪い人があるので、言葉を選んで話します。 



そんな日常会話の中でわたしは驚かれる時もあれば誉められる時もあればいろいろです。 


わたしの日常話しだから、自慢するつもりじゃなくても自慢と受け取られることもあり、しまった〜っと思うこともあり、あとで反省します。 


また 素直に、スゴいね〜と誉められて わたしには到底できないと言われますが 「でも、◎◎さんだって◯*◯が出来るでしょ それは、◎◎さんしか出来ない個性だから同じだよ」と返答します。 


これは わたしのお口が勝手に喋るのです。 



その、わたしのお口が勝手に喋る内容というのが ドンピシャ相手に響き、本来の自分の目的を思い出す手掛かりになっています。 


そのため 喜ばれて、感謝されます。 




わたしの話しを聞き、卑屈になって話が続けられないのは素直じゃない証拠です。 


わたしの話しを素直に聞くと、相手の知りたいことをドンドン喋りだします。 


素直になるって大切ですよ。 



わたしは、誰とでも対等に話します。 


だって 立場はそれぞれありますが 魂はみんな対等だからです。 



こうやって毎日、暮らしているから いちいちフルネーム鑑定はしなくなったのです。 



勝手にお口が喋りだしちゃうし、手も足も動き出すから それで料金をいただくわけにはいかないですわね。 


結局 わたしはおだてられると つい、喋りだしてしまうので、わたしをおだてればおだてるほど  話が聞けるのかもしれませんね。 



ままのままさんの話しはわたしもへぇ〜って驚きます。


自分で話しておいて、いちいち驚きます^^ 




これがわたしの日常であり使命です。 


話を聞いてほしい、ハグしてほしい、浄化してほしい、治してほしい、等 日常的にオールマイティに対応します。 


わたしがお金を払って出向き、させていただくこともしばしばあります。 

人間のみならず、神様系からも求められています。 


万能薬みたいなものですね。 





わたしのポリシーで、自分の領域を大切にするというのがあります。 



わたしは端から見ると仕事をしていないように見えるようです。 


わたしとしては 自分の領分をわきまえて出来ることをしているだけなのですが、やみくもに動かないのと計算して動いているので 結果、効率よく動けていると思うのですが 端から見ると あくせくしていないので 仕事をしていないように見えるようです。 


結果重視で、長々、仕事もないのに居座り仕事をしているふりはしないです。 


一方、同僚は 認められたい気持ちが強く、わたしの仕事もとってでもしたい方です。 

そのため わたしの効率の良い動きを妨げます。 

迷惑です。 

その上 とにかくわたしのやることに口を挟み、指示や確認をしてきます。 

自分が上に立ってわたしに采配をふるいたいのです。 




わたしは人に采配をふられなくても 自分の領域を守り計画的に行動できるので よく衝突します。 


彼女はわたしの領域も自分の領域とみなして、自分で計画を立てて指示をするのです。 



このように 人との境界がわからず、人の領域まで仕事をしようとするとで とにかく長々と居座るのです。 


わたしは彼女がわたしの仕事を取るので暇になります。 




自分さえ認められればよい。 
わたしは認められたくないのです。 


しかし わたしはそこでいちいち仕事を取り返すことはしないので(認められなくてもよいから)彼女だけ忙しいです。 


でも それはわたしの領域ですので責任はわたしにあります。 
そのため、チェックします。 


彼女からしたら、わたしの仕事をしてあげたのに、いちいちわたしから確認をされるのです。 
いい気はしないようですが、それはわたしの責任領域だから当たり前です。 


勝手にわたしの仕事をするから嫌な気になるのです。 


そこがわからないので、毎回 嫌な気になっているようです。 


そろそろ気づいてほしいですなあ。 




認められたいと過程を大切にすることは勝手ですが結果ができていなければ何をやってるのかわかりませんね。 


わたしは身体が動かしていなくても頭は常に動いているので、端から見ると仕事をしていないように見えるようですね。 



自分で確実に結果を出していれば、時間をかけてやらなくても良いと思います。 


効率良く短的に動いた方が休みもうまく取れるのです。 


彼女のように認められたいが故に、わたしの仕事をとって仕事をして責任を増やしていっても やりきれなければ元の木阿弥です。 


彼女は認められたい気持ちからわたしの仕事を取るので 認められたい人がいない時には手を出してきません。 


わかりやすいです。 


自分の気持ちで仕事をするのでわたしは迷惑です。 



各々が自分の領域さえきちんと仕事をしていればそれで良いのです。 


自分の領域に責任を持つことが大切だと感じて、毎日お勤めをしています。 


与えられたお仕事をコツコツこなすことが自分の領域の幅を広げる秘訣です。 


人の仕事を取ることばかりを考えていたら 結局、ミスが増えるだけで自分の領域は増えませんね。





もうひとつ、わたしのポリシーで、物事を憶測で判断しない というのがあります。 


事実を尊重するためです。 


だから、人や物事を憶測で話をされても受け付けないです。 


事実に基づく仮定ならまだしも だろう話や誰かの考えは聞かないです。 


自分自身の考えも検証ないと表には出さないですから。 


でも わたしの内神様からの言葉は尊重しています。  



事実を見ればわかることは際限なくありますが そこに憶測は必要ないですし、惑わすだけだからです。 

惑わす感情も憶測もわたしには必要ないのです。 

だから 人と話すときは事実しか聞かない。 


だけど 人は自分の考えを述べようとする。 


それによって わたしが惑わされて正確な判断ができなくなるのは迷惑です。 


憶測や噂話しほど無駄なことはないと思うのです。 



事実をありのままに見るということは、こういうことだと思うのです。 



憶測や噂話しが嫌いとか苦手ということではなくて興味がないのです。 


事実しか興味がない。 


事実もそうですし、本物しか興味がないといったほうが良いかもしれません。 



わたしのポリシーのひとつに、わからないことをわからないままにしておかずに、わからないことがあったらその日のうちに解決しよう!というのがあります。 



わからないことをその日のうちに解決しようとする気持ちが大切だと思っているからです。。 


しかし その『わからない』という疑問をただ、相手にぶつけても良いか?といったらそれは考えものです。 


まずは 自分で調べる。 


この作業が大切です。 


それをしてもわからなければ、人に聞くのです。 



わたしが教えるといっているのは、そこなのです。 


すなわち、疑問を持った時に解決しようとする意欲、努力はとても良いことだと思いますが その手段も重要だと感じているということです。 


意欲や努力と手段です。 

手段を間違えないことです。 


それは 聴く相手を間違えないことでもありますし、時と場合もあります。 


わからないことを解決したい気持ちはやまやまですが 疑問をまずは飲み込み、どう解決したら 自分にとって最適かを考えてから 何事も望むことです。 


何も考えなく、能天気では自分を落とすことにもなりかねません。 



わからないことを解決したいという意欲は大切ですが それならば計画を立てることですね。 


筋道を立てて考えるのです。 


筋道を立てるためには、深読みができるようになることです。 



この宇宙に存在するすべての魂は、宇宙根源から分かれたひとつずつの魂です。 


だから、宇宙根源と同じ力が備わっています。 


しかし わたしたちはそれを忘れて生まれてきています。 


そして 忘れているだけならまだしも、違う存在だという認識している魂は少なくありません。 


要は、宇宙根源から分かれた魂故に同等の力を有しているため、この世で自分ほど強いものはない、愛ある存在はないと錯覚している魂がいるということです。 


これほど質が悪いものはありません。 


宇宙根源がいくらサインを送っても無視します。 

それどころか敵視してきます。 


我こそが神様だと見せつけてきます。 


それには 宇宙根源もたまったものではありませんね。 


しかし サインは送り続けるのです。 


根気のいる作業だと思います。  


様々なサインを送ります。 


自然災害もサインのうちです。 


我こそが神様ではない現実を見せつけられるのです。 



錯覚している魂は非常に多いですね。 



わたしは、そんな宇宙根源に使われる身です。  


そのため わたし自らが媒体となり気づかせることもしているので あちこち動かされます。 


お口も動かされます。 



そんなわたしに反抗してくる魂は実に多いです。 



わたしには肉体があるため手も足も口もあり それを駆使して使わされます。  


かなり体力を使います。 

錯覚している魂には、その錯覚を解く作業が必要で骨が折れる作業です。 


わたしの任務はひとりひとりの魂に丁寧に接することなのです。 



確実に錯覚を解かなくてはいけません。 




今朝もライザップの会社を紹介している番組を見ていて、結果にコミットすると言いますか  確実に成果を出していなければならない責務がわたしにはあります。 



忘れている魂は自信がない。錯覚している魂は自信過剰。  


錯覚している魂の中には、我こそが神様だからすべてを許さなければならないとストレスを抱えながら人を許している人も見られます。


わたしからしたら 相手に教えず許すから付け上がり気づけないのです。



指摘、注意、叱る、教える、伝えることは大切です。 



結局、気づかせずにただ許すのは、愛のない行為と言えるでしょう。




宇宙根源から分かれた魂としてあるまじき行為です。 


神の真似事はするものではありません。 




ままのままという存在
たいがい、マスタークラスともなると どんなことでも自分で解決できるからたいして困ることはありません。 


ただ、その位置というのは、相談する人がいないし、わかってくれる人がいないので孤独です。 


だから、認めてもらいたいわけではないのですが、わがままを言いたくなります。 



マスタークラスの人たちは、主に 人を守ったり教える立場の人が多いです。 


マスタークラスの人たちは、自分自身に向上心があるから教えることが出来るのですが、教えることばかりだと 苦しくなるのです。 


呼吸で言うところの呼気です。 


呼気ばかりですと、苦しいです。 

吸気がないと、苦しいですね。 


取り入れる場所が必要です。学ぶ場所が必要です。




最近のわたしは、このマスタークラスの人に関わることが多いです。 


マスターたちを癒したり教えたり、ホント ままのままの役目です。 


また 神様からも呼ばれます。 


上に立つ人や人を導く存在というのは、その立場になってみないとわからないもので ストレスを感じる人、存在がいるものです。 


そんな時には、無性に癒しが欲しくなるものです。



誰でもどんな存在でも癒しは必要なのです。 


神々やマスタークラスの人たちに、呼ばれます。



学びが足りない者には教えます。 

癒されたい人には、そばにいて語りかけます。 

ナデナデされたい人にはナデナデナデナデします。 

愚痴を言いたい人には、延々と聞きます。 




ほんと わたしってゴミ箱のように、扱われてます。 

マルチです。 



そんなわたしですが この2、3日の間ですが、その責任感故に、ある人との関係が悪くなってしまいました。


そのため 凹んでいたのです。 


わたしの大切な人を傷付けてしまったのです。。。 


えらいこっちゃです。。。 



こう言っちゃアレですが こうやって24時間働かされてるままのままの大切な人がその責任感故に傷付けてしまったというのは、宇宙の責任です。 
だから、今日はわたしの業務すべてがstopして、大切な方につきっきりです。。。 


親玉みたいなものですね。 



わたしは、ままのままです。 


わたしは、この役目を降りることはできません。


わたしは、ままのままとして生きるのです。 



わたしは、大いなる存在に遣われたり、降ろしたりするための器なのだと思います。


そして、神様の遣いをするためや器となって降ろすために修行を積んできました。


しかし わたしは人間だから、人間としての生活も大切で そちらも修行と呼べるもので今まで努力してきました。


でも 努力しても越えられないことがあります。


だから、わたしはこんな役目はもうイヤだと神様に直談判しました。


心が折れることの多々ありましたから。


でも 事態は一変したのです。


それは 大いなる存在そのものが姿を現してくれたからです。





わたしは、主人や娘には自分のそういうことは話していますが他の身内には一切話していません。
なぜなら、自分こそが神様だと思っている人たちだからです。


わたしが話をしても火に油を注ぐようなものです。


しかし 隠していても隠しきれないことがあり、そのため その都度、威嚇され続けてきました。


それでも わたしは、その人たちの意識を変えたいと挑んでいましたが なかなか変わらないので 大いなる存在そのものが直接、夢に現れて説かれたようです。。。



あなた方(身内)が怖れているだろう存在がわたしの内に居ることを明かしたのです。

そして わたしが日々の生活の中で神様の遣いとして行動していること。その恩恵を身内も受けていることなど。。。


つい、先日 その身内から「わたしよりもあんたが偉いわけがない!お前は何様のつもりだ!」と言われましたが、そのことにもふれたようです。



やっと 安堵しました。。。


が、なんのために 大いなる存在が姿を現したのでしょう。。。


わたしをかばうため?


それも少しはあったでしょうが、それだけではなくて わたしがこれからもっともっと、動きやすくするためです(-.-;)



安堵したのも束の間で これからのわたしはバシバシ働かされます。

このページのトップヘ