この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

「わたし」が今、なぜ、ここで生きているのか。 人は本来この世の中でただ一つの命として、自然で無垢な、すがすがしくも清らかな存在です。 しかし現代では、その姿を保つには相当の努力が必要なことのようです。 心身を清浄に保つためには、神や祭り、自然の力をかりて謙虚な気持ちに立ち返ることが必要です。 自分の目の前に差し出されたことを真摯に受け止めてください。 出来ないことは求められないものです。 息の本体に帰ってください。 息の本体に帰り、愛となれば、望んだことは一寸の狂いもなく叶えられるもので、望みが叶えられないのは、我が身が愛でない証拠。 だから、息の本体に帰ってください。 ご自身の「根っこ」を見極めるために、父母 をこえる存在として神や仏、自然の世界やご先祖様の存在が解ると、大きな心のよりどころを得ることになるものです。 日本の文化や風習、特に日本人のこころに脈々と受け継がれてきている信念を取り戻すことは、古くからある豊かな心をとりもどさせてくれるだけでなく、新たな価値観を生み出す大きな手段ともなるものなのです。 そのために出来ることを日々、お伝えしています。

カテゴリ: 奉仕について

他者への奉仕が喜びならいい。


他者への奉仕が 自分にストレスを感じることならば、やめた方がいい。


あなたにとって生きていくために必要なことはなんですか?


仕事をして収入を得ることを粗末にしてはいけない。

生きるとは、命の光を消さないこと。


自分の命の光を消さないために 人は働き、食料を得る。


それが、基本。



与えられた仕事をさせていただき、感謝をして 生かされる。



人はそうやって、生きていく。
生かされている。

自分の使命がなんであろうと ただ、生かされていることに感謝して生きていければ いいのだと思う。。。

他者への奉仕、魂の使命


と 書くと 非常に大袈裟なんですが


わたしは 何故だかわからないけど

魂からの使命というか指令を受け取って それをやってるぽいのですが

ひとつ終わると 次。

また、ひとつ終わると 次。

と 段階を経て、上がっているのです。


この度、フルネーム鑑定をさせていただきました。。。

もう、これっ 終わったのですっ

もう、次の段階に入っているのです。。。

いや、依頼があれば お受けしますが
でも、終わったのです。


正直 わたしがやりたいのは 対面での鑑定というか そこまで 大袈裟でもなく 立ち話程度の鑑定です。


それなのに、


今、違うやり方をしなさいと指令が入っているんです〜


え〜っ それって、超ヒマじゃん

と、思うのです。


正直、遠隔は嫌いです。 実感が湧かないのよね。

電車止めたり、靴の浄化したりは わたしにとってついでで できることです。

そんなの つまんな〜い

やっぱり
がっつり 向き合って、お話ししたいわな。


立ち話でいいから お話がしたいです。


そしたら、お目目に光も入れれるし。。。



そ〜なの!!!


最近のわたしは

誰彼構わず、 おめめをジッと 見つめます。

目の玉フェチ♪になってます。


ショップ店員さんがターゲットです。



きれいなおめめだね〜と見つめること 30秒

それで、おめめに光を入れます。

指が動きますが 怪しまれるため、隠します。



魂からの使命とは 違いますが。。。


楽しい♪♪♪デス



どーせ 指令を 送ってくるなら、 楽しめるものにしてくれたら いいのにね〜


ヒマな指令を受けても 素直に喜べない(>_<)



なんのかんのと言っても わたしは 人が好きなのかもしれません。

みんなみんな 地球に貢献。。。

なんて、大袈裟に言わなくても

いろいろやってますね。
自己犠牲で一生懸命に人に尽くしている人もいらっしゃるし

自分のことに一生懸命な人もいらっしゃるし



でも それって 魂的には わかってやってることで
回り道をしたくてやってることで



みーんなみーんな 自己責任で やってます。


魂的に自己責任で 生きてます。

地球に対して貢献したいという気持ちは だれもが持って生まれてきている。


自分の個性、特性を生かして貢献をする。


スピリチュアルな才能に目覚めた者は そういう方面で貢献するし

ボランティアに生きたい人は ボランティアするし
お金をたくさん稼いだ人は お金で貢献してる。


何も していないように見える人でも
この世に生きているだけで 貢献してる人がいる。


この地球で 目の前のことに一生懸命に取り組み、乗り越える。

それだけで 地球に貢献できているんだ。


わざわざ 〇〇〇まで行って ボランティアをしよう!と思うよりも お金もかからないし 時間もかからない。

ただ 目の前のことに一生懸命に取り組み悩み考えて乗り越えていく 。。。
それだけなんだ。


そんな人の力が地球には必要だと わたしは思うんだよ。


仕事に一生懸命に脇目もふらずに取り組む姿は 美しい。


それだけで すごいなあ。。。
と わたしは憧れてしまう。



地球に貢献するって こんなことだと思うよ♪



だから みんなみんな 地球に貢献してるんだよ♪♪♪



自信を持って 前に進んでいきましょうね〜

他者への奉仕は 余録でいいと書きました。


他者への奉仕は つい、手が出る、足が出る。

頭で考えずに 身体が つい 動いてしまう〜

ことだけで いいと思うのです。


これなら ストレスかからないよね?


動機は愛だ。とも言われますが 魂の衝動。。。

魂の衝動で動かされるもの

それが 本来、人間がしたいことなんだと思うのです。

わざわざ 他者への奉仕と 分けることではないと思いますが

あまりにも 自分のことをないがしろにして、他者に尽くす人が多いので あえて 分けて書いてます。



魂の衝動だけで、生きていくのが 本来の人間の姿だと思いますが

それを抑制する社会形態や 前世からのカルマやこの世での育てられ方が 入り交じって 本人が 形成されますので

魂の衝動が気が付かない人も多いですね。

他者への奉仕は その余録でいいのです。


と 先ほどの記事で書きました。


世の中の人達は 自分を大切にせずに 物質欲、金銭欲が強い人がいるかと思えば 自己犠牲が強く、他者への奉仕をしている人がいますよね。


なんで?なんで?


どちらも自分自身を大切にするということができてませんね。


地球にしっかりと繋がると

地球に守られている、支えられていることが 身に染みて感じることができます。


そうすると 自分自身が何者であるか、何のために生きているのかが 自分の内側からわかってきます。


それが 本当の自分です。

本当の自分がわかってから 他者への奉仕をすることは 自分自身にストレスがかかりませんから どれだけしてもいいのです。

しかし そうなるうちから 他者への奉仕を行うと 喜びよりも ストレスを感じることになります。

ストレスを感じては 継続はできません。
できますか?
できないはずです。
辛くなるはずです。

結果、やめることになる。
すると、
相手は、あなたに期待をしていたのに、やめられると困りますよね?

嫌みを言われるかもしれない。
がっかりさせることになるかもしれないですよね?


結局 相手を困らせることに繋がるのです。


継続できないことを他者にすることは 相手を困らせることになるのです。

だから 他者への奉仕は 自分が 確実に 継続できると思えることにすることなのです。

無理して 他者への奉仕をしても 続かなければ 相手を困らせるだけなのです。


だから 余録でいいのです。


世界の人々が 地球に繋がり 地球からの恩恵が受けられますように。。。


人の心の奥底は『助けて、助けて』と叫んでいるのに 言葉は 逆に 『助けてあげる。あなたを助けたい』と言う。


その相手は 『助けて』の声が聞こえなくて『助けてあげる』が聞こえる。
だから 助けてもらう。



真実の声を聞こうよ。


言葉は嘘をつくよ。。。


あなたは真実の言葉を話していますか?


『助けてあげる』の真実の声は、『助けてほしい』なのかもしれません。

だから 結局は 自分の足元固めをしなくちゃいけなくなるのだから


他者への奉仕を優先させるよりも

自分に対しての奉仕をするほうが近道なんですよ。


でも 人は 他者に認められたり、頼られることで 自分の存在価値をみいだそうとするんですね〜


それは 遠回り。


どうせなら 近道を走りたいです。



人への奉仕は 魂の衝動から起きるようになってから するのが 自分にとって望ましいです。。。

今を生きている人というのは

自分のことに精一杯で、人に奉仕をしようと 思わないのではないか?

と 考えてしまった。

なぜ、このように 考えるに至ったか は 長くなるので 書かないけど。。。

人に対する奉仕は まず、自分に対する奉仕。

余録があれば、他者への奉仕なんですよね。

自分に一生懸命になり、家族に一生懸命になり、次は おとなりさん、町内さん と 広げていけるのが理想だわ

やっとわたしは エゴからでなく 魂の衝動で 人に対して奉仕ができる人間になれたのかもしれないと 嬉しく思います。



続きを読む

このページのトップヘ