この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

「わたし」が今、なぜ、ここで生きているのか。 人は本来この世の中でただ一つの命として、自然で無垢な、すがすがしくも清らかな存在です。 しかし現代では、その姿を保つには相当の努力が必要なことのようです。 心身を清浄に保つためには、神や祭り、自然の力をかりて謙虚な気持ちに立ち返ることが必要です。 自分の目の前に差し出されたことを真摯に受け止めてください。 出来ないことは求められないものです。 息の本体に帰ってください。 息の本体に帰り、愛となれば、望んだことは一寸の狂いもなく叶えられるもので、望みが叶えられないのは、我が身が愛でない証拠。 だから、息の本体に帰ってください。 ご自身の「根っこ」を見極めるために、父母 をこえる存在として神や仏、自然の世界やご先祖様の存在が解ると、大きな心のよりどころを得ることになるものです。 日本の文化や風習、特に日本人のこころに脈々と受け継がれてきている信念を取り戻すことは、古くからある豊かな心をとりもどさせてくれるだけでなく、新たな価値観を生み出す大きな手段ともなるものなのです。 そのために出来ることを日々、お伝えしています。

カテゴリ: 物事の道理がわかる人

与えることや受け入れることをせずに、自分を受け入れてもらいたいとか〇〇がほしいということがおかしいのです。



欲の塊でありながら、自分を愛に溢れた人だと思い込むことが違うということです。



欲があるなら、まだまだわたしは欲があるんだわっと思って、そこに留まっておけばいい。


しかし、欲があることを正当化するために、わざわざ他者を攻撃したり批判しに出掛ける。


確かに、物事の道理がわからない人を利用する人もおります。


自分がわからないのに近づくから利用されるのです。



わからないなら、ウロチョロしないことです。


動き回るから利用されるのです。


結局、物事の道理がわからない人だけでつるんでいたところでは、そこから抜け出せないのです。


抜け出すためには、自分を叱ってくれる人の話をきちんと聞くことです。


叱ってくれる人を大切にすることなのです。


大切だから叱るのです。

大切だから守るのです。


自分を叱ってくれる人を疎かにしないでください。



何も言わないから優しいのではないのです。


何も言われないのは、大切にされていない証拠です。



信頼しているから、見守るの。。。って言う人に限って、見守る意味を知りません。


見守るとは いつでも手を差し伸べれる場所にいてじっと目をこらして観ていることを言うのです。

ぽか〜んと口を開けて、よそ見をしていることではありません。

物事の道理がわからない人は、自分こそが宇宙の根源と繋がっている と思い込んでいるのだと思います。


自分の主義主張こそが正しい!と思って、他者の発言を耳に貸さないです。


自分は宇宙人だから、という表現をされる方もいらっしゃいます。



ここは地球で人間の住む場所なのです。


人間のとして生きていくために生まれてきたにも関わらず、自分は宇宙人だと主張する。



人間の中味は誰もが宇宙人です。



自分が宇宙人だから、人間に受け入れてもらえなかったとを主張する。


自分が心を開かないことを横に置いて、自分が受け入れてもらえなかったことを主張する。



心を開かない者を誰が受け入れてくれるのでしょう。



自分が他者に何をしたか?努力して受け入れてもらおうとしたのか?人を助けたのか?人の話を親身になり聞いたことがあるのか?相手の立場になり心配りをしたのか?思いやりを示したのか?



自分がしてもらうことばかりを主張して、自分を出すことは拒否をする。



そのような者が宇宙の根源に繋がっていると思うことのほうがおかしい。


宇宙の根源に繋がっているということは、『愛に溢れた人』ということです。



愛に溢れた人というのは、受け入れるし許すことをします。



主義主張はしないものです。

物事の道理がわかって生きている人は それだけ物事を許すし受け入れるから恩恵も受けるのです。

だけど 物事の道理がわからない人は、恩恵を受けている様だけ見て、嫉妬したり羨むのです。


どれほど 人を受け入れ、許しているかは見えないのです。



だから、物事の道理がわからない人は、成長しないのです。



ちょっと考えればわかること と思いますが、考えないのです。


考える頭がないのです。

だから 教えようとしますが、意欲がなく継続力がありません。


根性もないのです。


だから、許し守ることしかできなくなるのです。




感謝がない、継続力がない、自分勝手、さみしがりや、


それでも、生きている限り尊重尊敬できる魂を持っているのだから、少しでも成長してほしい、守っていきたい と思えるのです。




誰もが幸せに満たされて生きていけますように、。



わたしの命の続く限り、守っていきたいなあ と思えるのです。

物事の道理がわからない人から見ると、道理がわかって生きている人は 怖い人とか威張っているとか上から目線に見えるらしい。


守られることの本質がわからないから、守られることが何であるかがわからない。


守られていることがわからないから恐怖を感じるようです。


物事の道理をわかって歩む人はそのような人を許していくことを求められます。


わからないならわからないなりに、切磋琢磨して学んで成長していく人もいれば、学ぶことをやめて気ままに生きていく人もいます。


成長したいと思う者には教え、気ままに生きていく者には許しを求められるのです。



物事の道理がわかっている人からすると 物事の道理がわからない人は、わからないながらも守られているから幸せだと感じます。

なぜなら、受け入れ、許すことを求められないし、責任感を求められないし、自分勝手に自由きままに生きても許されるから。



どちらが良いのかわからないけれど 物事の道理がわかって生きている人の気持ちはわからない人は一生わからないだろう。

守ることがどれほどの責任感を要するかなんて微塵もわからないのだと感じます。



良い世の中だね。

この世の中には物事の道理がわからない人が大勢います。


大勢です。


物事の道理がわからない多くの人が主義主張を繰り返し、結局は物事の道理がわかる人がそのような人を許していく世の中のようです。


道理がわからないから、言って良いこと悪いこと して良いこと悪いことがわからないです。


どれだけ教えても理解が出来ないのです。


理解が出来ない人が多いのです。


だから、わかる人が許していくより仕方がない世の中です。



でも 物事の道理がわからない人は許されていることもわかりません。


当然のことだと主張します。


そのことも、全部全部 許します。



許されるって守られていることなのです。



だけど わからないから、主義主張を繰り返します。

守られていることがわからないから主義主張を繰り返します。



物事の道理がわからない人は、守られていることをわからないまま主義主張を繰り返し生きていくようです。



感謝がなくても生きていけるのですね。。。



そんな世の中です。

自分を律すること

と、書きましたが

これを そのまま 自分を律っし続けていると、

ストレスを抱えて、体調を悪くしてしまうかもしれません。

だから

律しようとする自我の元を解放することが望ましいのです。

すると

自分をわざわざ 律することなく、自然体で そのような状態になれるのです。

だから わたしは グラウディングをお勧めするんです。

心が穏やかになり、相手に対しての印象もよくなります。

そして その状態で 相手を尊敬して、お付き合いされると
お相手も 癒され、気付きを得ます。

わたしは、実証済みです。

自分が 変われば 相手にいい影響を与えます。

相手から 尊敬されると 魂は喜びます。

そして、性格も変わるのです。

喜びの連鎖を起こしませんか?




悟りを開く。。。まではいかなくても、物事の道理がわかる人になることが大切です。


言っていいこと、悪いことの区別がつかず、なんでもべらべらおしゃべりするのは、困ったものです。


盗みを働いてはいけないことがわかっていない人も困った人です(不倫もです)。


わざわざ、言われなきゃわからない人、教えてもらわなきゃわからない人も困った人です。


現代人はこういう物事の道理がわからない人が多いです。


だから、HOW TO本が出たり、 講演を開くのでしょうが それでお金を取って、商売にしているのも 考えものです。


わたしが、なぜ グラウディングをお勧めしているかというと、誰に言われなくても 物事の道理がわかる人になるからです。


昔の人なら わかっていた事を 現代の人はわかっていないのは 意識レベルの低下で グラウディング不足なんです。


親に育てられるうちに 身に付くことが 親自体が 意識レベルが低いために 子供に教えていないのが 現状です。


まずは

物事の道理がわかる人になるために 意識向上は必須です。


グラウディングをしましょう。

このページのトップヘ